発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

自分の力を最大限に発揮しよう!ADHDの子どもたちのためのSST具体例

author:dekkun
自分の力を最大限に発揮しよう!ADHDの子どもたちのためのSST具体例と記載されたイラスト

注意欠陥多動性障害(ADHD)を抱える子どもたちは、集中力やタスク管理に課題を抱えています。そんな子どもたちが自己統制や成果を最大化するために、ソーシャルスキルトレーニング(SST)が役立ちます。このコラムでは、ADHD向けのSSTの具体例を2つご紹介します。

タスク管理と時間管理

男の子と!マークのアイコン

ADHDの子どもたちにとって、タスク管理と時間管理のスキルは重要です。以下は具体的なSSTの例です。

プランニングツールの使用

プランニングツールやカレンダーを活用して、タスクや予定を管理します。家族と一緒に、毎日のタスクや予定を書き出しましょう。子どもたちが自分で予定を確認し、タスクを進めることで自己統制力が養われます。また、達成した目標について自己評価を行って成果を実感することは大切です。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス
子どもと一緒に週間や日々のスケジュールを作成しましょう。家族全員が参加し、予定やタスクを共有することで、子どもが自己管理をするためのサポートができます。また、目標設定やタスクの優先順位付けも一緒に考えましょう。進めるべきタスクを目に見える形で表示し、達成感を共有することでモチベーションも高まります。

集中力の向上

女の子と!マークのアイコン

フォーカスを保つテクニック

ポモドーロテクニックを活用して、一定時間集中してタスクに取り組み、短い休憩を挟みます。これにより、集中力が続く時間を確保しやすくなります。また、外部刺激の制限や静かな環境の提供など、集中を妨げる要素を最小限に抑えることも重要です。

ポモドーロ・テクニック

ポモドーロテクニックは、時間を一定の区切りで管理する方法です。以下のような手順で行われます。

  1. タイマーを25分にセットします。
  2. 集中して特定のタスクに取り組みます。
  3. 25分経ったら、5分間の休憩を取ります。
  4. 25分の作業と5分の休憩を繰り返します。
  5. 4回の作業セット(ポモドーロ)が終了したら、長い休憩(通常は15〜30分)を取ります。

ポモドーロテクニックは、集中力を高め、タスクに取り組む時間を区切って疲労を軽減する効果があります。時間を区切ることで、目標に集中して取り組むことができます。また、短い休憩を挟むことでリフレッシュし、集中力を維持することができます。このようにポモドーロテクニックを活用することで、効率的な作業や学習ができるようになります。

ADHDの子どもたちが集中力を向上させるためには、特定のテクニックや環境の調整が必要です。以下は具体的なSSTの例です。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス
集中力を高めるための環境を整えましょう。静かな場所で作業するために、家族全員が理解し協力することが大切です。また、子どもが興味を持ちやすいテーマや活動に集中できるような環境づくりも意識しましょう。例えば、集中して取り組む時間帯や、集中力を刺激する音楽を選ぶことも有効です。子どもの集中力が高まるような工夫をして、一緒にサポートしましょう。

こちらのコラムも参考にどうぞ

時間を区切って、集中力を高めよう!ADHDの子どもに効果的なポモドーロテクニックと記載されたイラスト
注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもたちは、集中力やタスク管理に課題を抱えています。そこで、ご紹介するのはポ…
calendar_today

まとめ

ADHDの子どもたちにとって、SSTは自己統制力と集中力の向上に役立ちます。プランニングツールの活用やポモドーロテクニックの導入など、具体的な方法を取り入れながら、自分の力を最大限に発揮しましょう。家庭でもADHD向けSSTの具体例を取り入れながら、子どもたちのタスク管理と集中力の向上をサポートしていきましょう。家族の協力や理解、環境の整備が重要です。週間スケジュールや優先順位の設定、集中力を高める環境の整備など、子どもたちが自己統制力を発揮しやすいサポートを提供しましょう。一緒に成果を享受し、子どもたちの自信を育みましょう。

こちらのコラムも参考にどうぞ

子どもたちの成長を促進!発達の特性別のソーシャルスキルトレーニング(SST)と記載されたイラスト
子どもたちの成長を促進するためには、発達障害別のアプローチが重要です。発達障害の子どもたちに特化したソーシャル…
calendar_today
個々のペースで成長!発達遅延や学習障害に対するSSTの具体例と対人関係スキルの重要性と記載されたイラスト
発達遅延や学習障害を抱える子どもたちにとって、学習や社会的なスキルの発達は挑戦を伴うものです。このコラムでは、…
calendar_today
一緒に成長しよう!ASDの子どもたちのためのSST具体例と記載されたイラスト
自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもたちは、コミュニケーションや社会的な関わりに課題を抱えています。そんな…
calendar_today

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today