発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

author:dekkun
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ独自の興味や強みを持っており、それに合わせた遊びを提供することで、子どもたちの潜在能力を引き出し、成長を促すことができます。この記事では、室内外で楽しめる遊び方と、それをサポートするおもちゃのおすすめをご紹介します。発達障害の子どもたちが夢中になり、遊びを通して学び、成長できるアイデアを紹介していきましょう。

発達障害の子どもが楽しめる遊び方アイデア

発達障害のあるお子さんでも心から楽しめる、創造性を育む室内遊びや体を動かす外遊びのアイデアをご紹介します。触感遊びから外でのアクティビティまで、お子さんの好奇心を刺激し、新しい世界へと誘う遊び方と、そのためのおすすめおもちゃを紹介します。

触感遊びで感覚を広げよう

粘土やスライムで感覚を鍛える

粘土やスライムを使った遊びは、触感に敏感な発達障害のお子さんにとって、新しい感覚に触れる良い機会です。色々な素材を触ることで、好奇心を育み、日々の生活に新たな楽しみを見つけましょう。

異なる質感を楽しむ

さまざまな質感の物を触らせて、どのような感触が好きか、お子さんの反応を見てみましょう。これは、お子さんが自分の好みや興味を発見する過程でもあります。

外遊びで世界を広げる

ブランコや砂場での遊び

室内だけでなく、公園でのブランコや砂場遊びも大切です。外の空気を吸いながら、自然との触れ合いを通じて、心身ともに健やかな成長を促しましょう。

自然との触れ合いを大切に

自然の中で遊ぶことは、お子さんにとって多くの発見と学びがあります。外遊びを通じて、季節の変化を感じたり、様々な生き物に触れたりすることで、豊かな感性を育むことができます。

発達障害のあるお子さんにとって、触感遊びや外遊びは、新しい世界を体験する貴重な機会です。お子さんの好奇心を尊重しながら、一緒に楽しむことで、お子さんの世界を一緒に広げていきましょう。

発達障害のお子さんが楽しめる室内遊び3選

発達障害のあるお子さんのための室内遊びを3つ紹介します。これらの遊びは、触感を通じてお子さんの感覚を豊かにし、創造力を刺激します。手先の感覚が鋭い、または鈍感なお子さん、人や物によくぶつかるお子さんに特におすすめです。

粘土遊び

粘土の柔らかな感触を楽しみながら、形を作ることにこだわらず、手の感触を感じる時間を持ちましょう。

ボールプール

自宅で小さなボールプールを作り、ボールの触り心地や動きを体感します。ボールの予測不可能な動きが、お子さんの好奇心を刺激します。

スライム遊び

スライムのユニークな質感を探索します。手で触ったり潰したりすることで、感覚の過敏性を和らげ、感覚統合に役立てます。

絵本の読み聞かせと物語作り

絵本を読むことは、視覚と聴覚を通じてお子さんの想像力を刺激します。さらに、一緒にお子さんとオリジナルの物語を作り上げる活動は、言語能力と創造力の発展に役立ちます。

音楽とリズム遊び

簡単な楽器を使った音楽活動や手拍子、歌を歌うことで、聴覚刺激と共にリズム感や協調性を養います。音楽は感情を豊かにし、非言語的なコミュニケーションスキルの向上にもつながります。

これらの遊びは、「触感を意識する」、「触った時の感覚を覚える」、「力加減を調節する」、「距離感の調節」といった能力を、楽しみながら育てることができます。お子さんが嫌がる場合は、無理をせずに少しずつ慣れさせていくと良いでしょう。

室内遊びがおすすめな発達障害のお子さんの特徴

触感過敏や鈍感を持つ子ども

粘土やスライムなどの触感遊びは、触感に敏感なお子さんや、逆に触感をあまり感じ取れないお子さんの感覚調整に役立ちます。触れるものの範囲を広げ、日常生活での快適さを高める手助けとなります。

集中力が短い子ども

短時間で完了する遊びや、段階的に難易度を変えられるパズルは、集中力を伸ばすトレーニングになります。遊びの成功体験を通じて、集中力の持続を促します。

想像力や創造力を伸ばしたい子ども

絵本の読み聞かせや物語作りは、言葉を通じた想像力の促進に最適です。お子さん自身が物語の主人公になったり、新しい結末を考えたりすることで、創造力を育みます。

社会性やコミュニケーション能力を高めたい子ども

音楽とリズム遊びやボール遊びなどは、他者との協調性や順番を待つことの大切さを教えます。また、共同で遊ぶことで自然とコミュニケーションの取り方を学ぶ機会にもなります。

運動能力や協調性を養いたい子ども

ボールプールやトランポリンは、身体を使った活動で、運動能力や体のバランス感覚を養うのに適しています。また、親子で遊ぶことで、お子さんの社会性の発達にもつながります。

発達障害の子が楽しめる外遊び5選

外での活動は、発達障害のある子どもたちにとって、新しい体験や発見がいっぱい。感覚統合や運動能力の向上に役立ち、日々の生活にも前向きな影響をもたらします。以下の5つの遊びは、外で楽しみながら成長を促すことができるおすすめのアクティビティです。

砂遊び

砂遊びは感覚的な体験が豊富で、砂の感触や温度を通じて、さまざまな感覚を刺激します。砂の中で形を作ることにこだわらず、砂を触ること自体を楽しむことがポイントです。

肩車

肩車は、高い視点から周りを見ることができるユニークな体験を提供します。風を感じたり、視界が変わることで空間認識能力を養います。

ブランコや滑り台

ブランコや滑り台は、速度や高さの感覚を楽しみながら、体幹の強化にもつながります。安全性を考慮しながら、子どもが自信を持って楽しめるようサポートしましょう。

バブル遊び

シャボン玉を吹くことは、視覚的な楽しさはもちろん、息を吹き込むことで呼吸制御にも良い影響を与えます。風に乗って飛んでいくシャボン玉を追いかけることは、運動能力の向上にもつながります。

自然探索活動

公園や森での自然探索は、子どもたちに多様な感覚刺激を提供します。葉っぱの色や形、木の肌触り、小さな生き物の観察など、自然の中での新しい発見は子どもの好奇心を刺激します。

どんな特徴を持つ子におすすめか?

感覚過敏や感覚鈍麻を持つ子

砂遊びやバブル遊びなど、さまざまな感覚刺激の活動を通じて、感覚の調整を促します。

運動能力や体幹強化を目指す子

肩車やブランコ、自然探索活動は、身体能力の向上に役立ちます。

社会性やコミュニケーション能力の向上を望む子

外遊びを通じて他の子どもたちとの交流や、親子での共同作業を楽しむことができます。

コミュニケーション能力を伸ばす遊び5選

発達障害のある子どものコミュニケーション能力を伸ばすには、日常の中で楽しみながら相互理解や言語能力を高める活動が有効です。ここでは、親子で楽しみながらコミュニケーション能力を育てることができる5つの遊びを紹介します。

真似っこ遊び

子どもの行動や言葉を大人が真似ることで、子どもは自己表現の楽しさや効果を体験します。また、大人の真似を見て、子どもは自分の行動が他者に影響を与えることを学びます。

パラレルトーク

子どもの行動や感情を大人が言葉で説明することで、子どもは自分の感じたことを言葉にする方法を学びます。これにより、感情表現や言語能力が育まれます。

シンボルカードを使ったゲーム

絵カードや写真を使って、特定の物や感情を示す遊びです。これにより、子どもは言葉以外のコミュニケーション手段を理解し、語彙力を増やすことができます。

ストーリーテリング

お話を読んだり、一緒に物語を作ったりする活動です。子どもが登場人物の感情や行動を理解することで、共感力や想像力が養われ、言語表現能力も向上します。

ソーシャルストーリー

子どもが日常で遭遇するさまざまな社会的状況をシンプルなストーリーで説明する方法です。これにより、子どもは社会的状況を理解しやすくなり、適切な反応を学びます。

どんな特徴を持つ子におすすめか?

言語表現に課題を持つ子

パラレルトークやストーリーテリングを通じて、言葉を使った表現方法を学びます。

社会的相互作用に苦手意識がある子

真似っこ遊びやソーシャルストーリーを通じて、他者との関わり方や適切な社会的行動を体験します。

感情表現が豊かではない子

全ての遊びが、感情を認識し、表現する力を育てる手助けをします。

読み書き能力を伸ばす遊び5選

発達障害のある子どもの読み書き能力を伸ばすためには、楽しみながら学ぶことが重要です。ここでは、親子で取り組むことができ、読み書き能力の基礎を固めるのに役立つ5つの活動を紹介します。

絵本の読み聞かせ

子どもに絵本を読んであげることで、言葉に親しむ機会を増やし、語彙力を向上させます。起承転結がはっきりしている物語を選び、物語の流れを理解する力を養います。

アルファベットやひらがな遊び

アルファベットやひらがなのカードを使って遊びます。カードで単語を作ったり、文字を並べ替えて遊ぶことで、文字に親しみ、基本的な読み書きのスキルを育てます。

簡単な書き取り練習

子どもが楽しめるようなイラスト付きの書き取り練習帳を使用します。線をなぞって形を作ることから始め、徐々に簡単な文字の書き取りに挑戦させます。

聴き取りクイズ

物語を聞かせた後、内容に関する簡単な質問をします。この活動は、聞いた内容を理解し、それに基づいて回答を考える力を養います。

絵日記をつける

日々の出来事を絵と簡単な文で日記に記録する活動です。この遊びは、体験を言葉にする練習になり、文章を作る基本的なスキルを育てます。

どんな特徴を持つ子におすすめか?

語彙力を増やしたい子

絵本の読み聞かせやアルファベット・ひらがな遊びを通じて、新しい単語を学びます。

基本的な読み書きスキルを身につけさせたい子

書き取り練習や絵日記をつける活動で、文字を書く基礎を固めます。

聞く力や理解力を高めたい子

聴き取りクイズで、聞いた内容を理解し、それに基づいて考える力を養います。

これらの活動を通じて、発達障害のある子どもたちが読み書きの楽しさを見つけ、能力を自然と伸ばしていくことが期待できます。

遊び方別に楽しく遊べるおもちゃ各5選

発達障害のある子どもたちにおすすめの、遊び方別のおもちゃを紹介します。これらのおもちゃは子どもたちの興味を引き、感覚や認知能力を刺激するものを選んでいます。

触覚を刺激するおもちゃ

感覚ボール

さまざまなテクスチャーが子どもの触覚を刺激します。

スライムキット

手で触って遊ぶことで、触覚の感度を高めます。

砂遊びセット

湿った砂を使って形を作ることで、感触を楽しめます。

粘土セット

色とりどりの粘土で、自由に形を作りながら触覚を鍛えます。

水遊びおもちゃ

水の感触を楽しみながら、触覚と視覚の両方を刺激します。

視覚を刺激するおもちゃ

光るおもちゃ

色彩豊かな光で視覚を刺激し、注意を引きます。

カラフルなビーズセット

さまざまな色のビーズを使ってアート作品を作ります。

パズルゲーム

色や形を認識しながら、視覚的な問題解決能力を高めます。

絵本

鮮やかな絵とストーリーで、視覚と想像力を刺激します。

視覚トレーニングカード

図形やパターンを識別することで、視覚認識能力を鍛えます。

聴覚を刺激するおもちゃ

音楽楽器セット

ドラムや鍵盤ハーモニカで自分で音を出しながら楽しめます。

音が出る絵本

ページをめくるたびに音が出ることで聴覚を刺激します。

リズムおもちゃ

リズムに合わせて遊ぶことで、聴覚と運動能力を同時に鍛えます。

言葉を学ぶおもちゃ

音声ガイド付きのおもちゃで新しい単語を学びます。

動物の鳴き声おもちゃ

さまざまな動物の声を聞き分けることで、聴覚認識を高めます。

どんな特徴を持つ子におすすめか?

触覚が敏感な子

触覚を刺激するおもちゃは、触れることに慣れさせて、過敏さを和らげるのに役立ちます。

視覚的な学習が得意な子

色や形を使ったおもちゃは、視覚情報から学ぶのを助けます。

音に敏感な子

音楽やリズムのおもちゃは、聴覚の発達を促し、音への反応を改善するのに適しています。

これらのおもちゃは、子どもたちが自分のペースで遊び、同時に様々なスキルを発達させるのに役立ちます。

まとめ

発達障害のある子どもたちとの遊びは、ただ楽しむだけでなく、彼らの社会性やコミュニケーション能力、さまざまなスキルの発達を促す重要な機会を提供します。今回紹介した室内外での遊び方やおもちゃを活用して、子どもたち一人ひとりの個性や興味に合った遊びを見つけてください。遊びを通じて、子どもたちが新しいことに挑戦し、成功体験を積み重ねていく中で、自信を持ち、さらなる成長を遂げていくことでしょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today