発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

author:dekkun
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょうか?このコラムでは、2歳児の成長目安について解説しつつ、奇声を出す原因に迫ります。奇声はただのイタズラなのか、それとも何か意味があるのか、ぜひ読み進めてみてください。

2歳児の成長目安〜奇声を上げる原因について知ろう

困っている夫婦

2歳児で奇声を上げるだけでは発達障がいかどうか判断しづらい

2歳児が奇声を上げる行動は、発達障がいというわけではなく、一般的な成長段階に含まれることがあります。奇声を上げる主な原因は、言語やコミュニケーションの未熟さから来るもので、周りの人とのコミュニケーションを取りたいという意欲から生じることがあります。

特に2歳は「イヤイヤ期」として知られる時期で、子どもが自分の気持ちを上手く伝えられなかったり、感情をうまく表現できないことがストレスとなり、奇声を発することがよくあります。

2歳児の発達障がい判断の難しさ

しかし、発達障がいと判断するには慎重になる必要があります。2歳児の行動は幅広く、その中には「グレーゾーン」と呼ばれる特性が見られることがあります。そのため、今後の成長をじっくり観察し、専門家との相談が重要です。

そもそも2歳児の発達障がいの判断は難しいものです。発達障がいの兆候は成長に伴い明確になる場合が多いため、2歳児の行動に対しては注意が必要です。発達障がいの兆候が目立ち始めるのは、通常4歳ごろからであり、その前の段階では判断が難しいことがあります。

2歳児の発達・成長について理解しよう

子どもの成長には個人差があるため、心配しすぎずに2歳児の成長を理解しましょう。以下は2歳児の発達・成長の目安です。

言葉の発達

言葉の発達は個人差が大きく、2歳児でもまだ言葉が少ない場合があります。一般的な目安として、2歳児は2語文が話せるようになり、約300語の語彙を持ちます。また、簡単な質問に答えられるようになります。言葉の成長は個々のペースで進むため、子どもとコミュニケーションを大切にし、自然なペースで成長させることが重要です。

身体の発達

2歳児の身体の発達では、運動能力が向上してきます。基本的な動作をマスターし、走ったりジャンプしたりできるようになります。階段の上り下りやボールを投げる・蹴ることも覚えてきます。身体の成長は子どもの健康と発達にとって重要であり、適切な遊びや活動を通じて身体能力を伸ばすことが良い影響を与えます。

社会性と性格の発達

2歳児は自己主張が強くなり、自分の意志を表現しようとします。時には「イヤ」と言ったり、癇癪を起こすこともあります。また、友だちとも遊べるようになり、社会性も発達してきます。保護者は子どもの自己肯定感を育むために、積極的な関わりと理解を示すことが大切です。

子どもの成長段階は個人ごとに異なるものです。子どもが健やかに成長するためには、親が適切なサポートを提供し、成長のペースを尊重することが重要です。親と子どものコミュニケーションと愛情が、成長の基盤を築く鍵となります。

奇声を上げる2歳児の行動に影響する3つの要因

メガネをかけてポーズしている子ども

2歳児が奇声を上げる行動には、発達障がいとは限らない要因が関連している場合もあります。以下では、奇声を上げる子どもの行動に影響を与える3つの要因について詳しく解説します。

自己表現とコミュニケーション

2歳児は言葉やコミュニケーションが未熟なため、自分の気持ちや意図を適切に伝えることが難しい場合があります。奇声を上げることは、自己表現や周囲とのコミュニケーションを試みる反応の一つと言えます。これは、成長段階において一般的な行動であり、発達障がいとは直接的に関連しないことがあります。

感情の表現とストレス

2歳児は感情を上手に表現できず、ストレスを感じることもあります。イヤイヤ期に入ることで、自己主張が強くなり、思い通りにいかない状況に対して奇声を発することがよく見られます。これは、自分の気持ちを伝える手段が限られているため、ストレスを解消する方法として奇声を上げることがあると考えられます。

探求心と興味

2歳児は新しいことや自分の能力を試すことに興味を持ちます。奇声を上げる行動は、大きな声を出すことが楽しいと感じたり、自分の声に興味を持ったりすることから生じる場合があります。周りの大人の注意を引くことで、自己肯定感を高めたり、自己表現を楽しんだりすることもあります。このような行動は子どもの好奇心と探求心が影響している場合があります。

結論として、2歳児が奇声を上げる行動は発達の一部であり、必ずしも発達障がいを示すものではありません。親は子どもの行動を理解し、適切なサポートを提供することで、健全な成長を促進できるでしょう。ただし、奇声が持続したり、他の行動とともに特異な場合は、専門家との相談が必要となる場合があります。

2歳児の奇声に隠された可能性?発達障がいの種類とチェックリスト

!マークの家族

2歳児の奇声が発達障がいを意味するわけではなく、子どもの発達には個人差があることを理解しましょう。しかし、奇声を発する子どもには発達障がいの可能性もあるため、以下で2歳児に見られる発達障がいの種類とチェックリストをご紹介します。

2歳児の発達障がいの種類とチェックリスト
ASD(自閉スペクトラム症)
ADHD(注意欠陥/多動性障がい)
LD(学習障がい)

ASD(自閉スペクトラム症)

ASD(自閉スペクトラム症)は、人への関心が乏しい、コミュニケーションや社会的な関わりが苦手な発達障がいの一つです。

2歳児のASDの特性チェックリスト

  • 言葉の発達が遅れているかもしれない
  • 好き嫌いがはっきりしている
  • 特定の物事にしか興味を示さないことがある
  • 常同行動をすることがある(手をひらひらと動かす、同じ場所をぐるぐる回るなど)

2歳児では、言葉の発達の遅れや好き嫌いがはっきりしている場合があります。また、特定の物事にこだわり、常同行動をすることも見られることがあります。

ADHD(注意欠陥/多動性障がい)

2歳児に見られる発達障がいの一つとして、ADHD(注意欠陥/多動性障がい)が考えられます。

2歳児のADHDの特性チェックリスト

  • じっとしていられないことがある
  • 多動的な行動をすることがある
  • 衝動的な行動が目立つことがある
  • 注意力が散漫で一つのことに集中できないことがある

2歳児では、じっとしていられないことや多動的な行動が見られる場合があります。また、衝動的な行動が目立つことや注意力が散漫で一つのことに集中できないことも考えられます。

LD(学習障がい)

LD(学習障がい)は、全般的な知的発達に遅れは見られないものの、特定の学習に困難を示す状態です。

LD(学習障がい)の3つのタイプ

  • 読字障がい:読みの困難
  • 書字障がい:書きの困難
  • 算数障がい:算数、推論の困難

2歳児では、学習障がいの特性はまだ見られにくいです。学習障がいは本格的な学習に入る前には判断が難しく、成長に伴いより明確になることがあります。

子どもの個々の成長をよく観察し、専門家の意見を仰ぎながら適切なサポートをしていくことが大切です。

まとめ

2歳児が奇声を上げる場面に直面すると、保護者は心配や混乱に陥ることがあります。しかし、奇声を上げるだけで即座に発達障がいと結びつけるのは早計です。成長段階や個人差を考慮し、子どもの様子をじっくりと観察してみてください。適切な理解とサポートが子どもの成長を豊かに導く鍵となることを忘れずに、子育てを楽しんでいただければ幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today