発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

人見知りが激しい子どもたち、発達障害のサインなの?克服のヒントとサポート方法

author:dekkun
人見知りが激しい子どもたち、発達障害のサインなの?克服のヒントとサポート方法と記載されたイラスト

親として、我が子が他人との交流に苦手意識を持っている様子を見ると、心配になるものです。特に、人見知りが激しいと、日常生活や将来の社会生活に影響を与えかねないと考えるかもしれません。「人見知りが激しいのは発達障害のサインなのでは?」と疑問を持つ親御さんもいるでしょう。しかし、人見知りが必ずしも発達障害を意味するわけではありません。このコラムでは、人見知りの背景にあるさまざまな要因を探り、子どもたちがより快適に社会と関わっていけるように支援する方法について考えていきます。

人見知りが始まる時期とその原因、子どもの発達における自然な過程

困っている夫婦

赤ちゃんが養育者以外の人と接する際に、ぐずったり泣いたりする人見知りの行動に悩む親御さんは多いです。この人見知りは子どもの発達の過程で自然に起こるもので、人を区別できる能力が育つにつれて現れます。では、人見知りはいつから始まり、その背後にはどのような原因があるのでしょうか?また、この段階をどのように理解し、対応していけば良いのでしょうか。

人見知りが始まる時期

6ヶ月頃の愛着関係の形成

生後6ヶ月頃になると、赤ちゃんは身近な大人の顔を認識し、特定の人と愛着を深めます。この時期は、赤ちゃんが養育者との関係を楽しみ、安心感を得る一方で、見知らぬ人との接触に対して警戒心を示すようになります。

8~9ヶ月頃の人見知りの増加

この時期の多くの子どもが人見知りをします。子どもによって反応の程度には差がありますが、見慣れない人との接触に強い不安を感じるようになります。

10ヶ月~1歳半の人見知りのピーク

この時期は、養育者と離れることへの不安が最も強くなり、人見知りも激しくなると言われています。しかし、2~3歳頃になると、子どもはさまざまなコミュニケーションスキルを身につけ、他者との関わりに慣れていくため、人見知りの度合いも自然とおさまってきます。

人見知りの原因

人見知りは、子どもが周囲の人々を識別し始め、特に親しい人との愛着関係が強くなることで起こります。また、見知らぬ人との接触が不安を引き起こす原因となり得ます。これは子どもの社会的、情緒的発達の一部であり、彼らが安全と感じる環境と人々を学ぶ過程です。

人見知りが激しい子ども、個性か発達障害のサイン?

夫婦が悩んで居る様子のアイコン

「うちの子は人見知りが激しいけど、これって発達障害の可能性があるの?」こんな疑問を持つ保護者の方は少なくありません。子どもの行動や性格に対する微細な変化や特徴が、時には不安の種となることもあるでしょう。今回は、人見知りと発達障害の関連性に焦点を当て、どのように対処すればよいのかを考えてみます。

人見知りは個性の一つ

人見知りは、単に個性の一つと捉えることができます。大人だって、新しい人と会ったときに緊張することはよくあります。子どもたちも、まだ社会に慣れていないため、見知らぬ人や環境に対して警戒するのは自然な反応です。このような行動は、多くの子どもが成長過程で経験することであり、年齢や性格によってその程度は異なります。

発達障害との関連

一方で、発達障害を持つ子どもの中には、人見知りが特に強いケースがあります。自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どもは、社会的コミュニケーションの難しさから他者との交流に対して不安を強く感じることがあります。また、注意欠如・多動性障害(ADHD)の子どもは、周りとの調和を取ることが困難であり、結果として人見知りのような行動を示すこともあります。

発達障害がある子どもの特徴

  • 癇癪が激しい
  • 単独で遊ぶことを好み、他の子どもとの交流が少ない
  • 新しい環境や急な変化に強い不安を感じる
  • 感覚過敏がある(特定の食物を拒否したり、音に敏感だったりする)
  • 日常生活の自立支援が必要な場合がある

上記の特徴は一例に過ぎません。もし人見知り以外にも発達に関して気になる点があれば、次のような機関で相談を検討してみてください。

相談先の例

  • かかりつけの小児科
  • 療育センターや児童精神科、小児神経科などの専門医療機関
  • 市町村保健センター
  • 児童相談所
  • 子ども家庭支援センター
  • 発達障害者支援センター

多くの場所では、対面だけでなく電話やインターネットを通じての相談も可能です。地域のWEBサイトなどで、具体的な相談方法や支援内容を確認してみましょう。

子どもの人見知りをサポートする5つの方法

5のアイコン

子どもが新しい社会的環境に慣れるまでの時間は個々に異なります。特に人見知りが強い子は、新しい人や場所への適応に時間がかかることがありますが、これを社会的な成長への一歩と捉え、適切にサポートしていきましょう。

人見知りへの対応策

小さなステップから始める

多人数との交流に押し込むのではなく、最初は1対1での関わりから始めましょう。徐々に慣れさせることが重要です。

安心感の提供

子どもが自分自身を安心して表現できるような環境作りを心がけてください。信頼できる大人がそばにいることで、子どもは安心して新しい環境に挑戦できます。

共通の関心事で繋がる

子どもが好きな活動や趣味を通じて、他の子どもや大人との関わりを持たせましょう。共通の関心事がコミュニケーションのきっかけになります。

役割を与える

グループ活動での小さな役割を子どもに任せることで、自然と他者との交流が生まれやすくなります。責任感を持って取り組むことで自信にもつながります。

ポジティブなフィードバックを積極的に行う

子どもが少しでも他人との交流にチャレンジしたら、その努力を認めてあげましょう。成功体験を褒め称えることで、子どもの自信を育み、人見知りを克服するモチベーションにつながります。ポジティブなフィードバックは子どもの心に大きな影響を与え、新しい環境への適応を促進します。

人見知りは性格の一部

人見知りをするからといって、すぐに発達障害を心配する必要はありません。人見知りは性格の特徴の一つであり、多くの子どもは年齢と共に変化していきます。ただし、人見知りと他の気になるサインが重なる場合は、専門家への相談を検討しましょう。

子どもの人見知り克服のヒント

子どもの人見知りは、適切なサポートと理解があれば克服可能です。以下は、子どもが人見知りを乗り越えるためのヒントをまとめたものです。これらのアプローチを試しながら、子どもが自分らしく社会的な環境に順応できるようにサポートしましょう。

安全な環境の提供

子どもが安心して自分を表現できる環境を整えます。最初は家庭内や親しい人が集まる小規模な環境からスタートし、徐々に慣れさせていきましょう。

具体例
家庭でリラックスできる「安心スペース」を作る。子どもが好きなおもちゃや絵本を置いて、いつでもそこに戻れるようにします。

小さなステップを踏む

いきなり大勢と交流するのではなく、1対1の関わりや少人数での活動から始めます。子どもが一つずつ成功体験を積むことが大切です。

具体例
他の子どもと目を合わせたり、簡単な挨拶ができたりしたときに、「よくできたね!」と積極的に褒めます。

共通の関心事を見つける

子どもが興味を持つ活動や趣味を通じて、他の子どもや大人との自然な交流を促します。共通の話題がコミュニケーションのきっかけとなります。

具体例
子どもが好きな恐竜に関する本を読んだ後、恐竜が好きな友達とその話題で会話をするよう促します。

役割を与える

グループ活動において子どもに小さな役割や任務を与えることで、自然と他者との関わりが生まれ、自信につながります。

具体例
家庭内でペットの世話やテーブルセッティングなど、小さな任務を任せる。また、友達との遊びでは「ゲームのリーダー」などの役割を与えてみます。

ポジティブなフィードバック

他人との交流にチャレンジしたり、新しい環境に適応しようとする努力を認め、積極的に褒め称えます。子どもの自信を育むことが重要です。

具体例
子どもが人との交流を試みた後に、「勇気を出して話しかけたね、素晴らしいよ!」と励ます。

ソーシャルスキルの学習をサポートする

社会的スキルを学ぶ機会を提供し、適切な振る舞いやコミュニケーションの方法を教えてあげましょう。遊びや日常生活の中での練習を通じて、子どもが人との関わり方を学べるようサポートします。

具体例
家族でのロールプレイを通して、友達にどのように声をかけたり、遊びに誘ったりするかを練習します。

具体的な日常の例

友達との遊び

子どもが友達を家に招いて一緒に遊ぶ際に、事前に計画を立てさせ、どんな遊びをしたいかを話し合います。親は遊びの準備を手伝いつつ、子どもが主体的に活動できるようサポートします。

新しい活動への参加

子どもが興味を持っている新しい習い事やクラブ活動に参加する際、最初の数回は一緒に付き添って安心感を提供します。徐々に子どもだけで参加できるように促します。

まとめ

人見知りが激しい子どもたちをサポートする道のりは、一筋縄ではいかないかもしれませんが、理解と愛情をもって接することで、確実に前進できます。発達障害が関係している場合もそうでない場合も、個々の子どものペースとニーズに合わせた支援が鍵となります。このコラムが、人見知りを抱える子どもたちとその家族にとって、有益な洞察と具体的なサポート方法を提供する一助となれば幸いです。子どもたちが自分らしく社会と関わっていけるよう、我々大人ができる支援を惜しまず、一緒に歩んでいきましょう。

言葉の成長を待つ家族へ、遅れが見られる子どもたちの特徴と原因、そしてサポートの方法10選!と記載されたイラスト
子どもの言葉の発達は、個々に大きなばらつきがあります。しかし、親としては、言葉が遅れていると感じると不安になる…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today