発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

言葉の成長を待つ家族へ、遅れが見られる子どもたちの特徴と原因、そしてサポートの方法10選!

author:dekkun
言葉の成長を待つ家族へ、遅れが見られる子どもたちの特徴と原因、そしてサポートの方法10選!と記載されたイラスト

子どもの言葉の発達は、個々に大きなばらつきがあります。しかし、親としては、言葉が遅れていると感じると不安になることも少なくありません。「言葉の成長を待つ家族へ」では、言葉の発達に遅れが見られる子どもたちの特徴とその原因を探り、家族ができるサポートの方法について解説します。このコラムを通じて、言葉の発達に不安を感じるご家族が、子どもの成長を見守り、適切なサポートを提供するための一助となることを願っています。

言葉の成長における年齢別の目安

子どもの言葉の成長は一人ひとり異なり、特定の段階で何を話すべきかに関する一般的なガイドラインが存在します。不安を感じる前に、子どもがその成長段階で適切な発達をしているかどうかを知ることが大切です。以下は、言葉の発達の一般的な目安を年齢別にまとめたものです。

6か月前後

赤ちゃんが「アー」「ウー」といった音を出し始める時期です。この時期には、赤ちゃんが喜びや興奮を表現するために、「バッブ」「プップー」といった音を使うこともあります。また、親が話しかけたときに、それに応えるような声を発することがあります。

2歳

「パパ」「ママ」など、身近な人や物の名前を言い始めます。「ワンワン」「ブーブー」といった簡単な言葉で、犬や車などに対する反応を示すようになります。また、「パパどこ?」と聞かれたときに、理解して指をさすような行動を見せることもあります。

〜3歳

「これなに?」と質問するようになり、興味を持った物の名前を知りたがります。「まんま、たべた」「ブーブー、きた」といった二語文で、自分の経験や見たことを表現するようになります。

3歳以上

「どうして空は青いの?」「なぜ雨が降るの?」といった、さまざまな疑問を持ち始めます。友達とのコミュニケーションが発展し、「今日は公園で遊んだよ」といった日常の出来事を話すようになります。

4歳以上

会話が一層豊かになり、「今日、先生が面白いお話をしてくれたよ」「明日はお友達と一緒に図書館に行くんだ」といった、具体的な計画や体験を話すようになります。

言葉の成長をゆっくりと歩む子どもたちの特徴

子どもたちの言葉の発達には、それぞれに固有のペースがあります。しかし、いくつかの共通する特徴を把握することで、言葉の発達が遅れがちな子どもを理解する手がかりを得ることができます。

主な特徴

自発的な言葉の使用が少ない

言葉が遅れがちな子どもたちは、自分から積極的に言葉を使ってコミュニケーションを取ろうとすることが少ない傾向にあります。他の子どもたちと比較して、声を出して表現することに消極的であることが多いです。

3歳を過ぎてもカタコト

3歳を過ぎても、まだカタコトで話す言葉が多い、または理解できる言葉に比べて話す言葉が少ないという特徴があります。言葉の組み合わせが単純であったり、文法的な構造が未発達であることが指摘されることもあります。

理解力と表現力のギャップ

言葉の発達が遅れがちな子どもたちは、しばしば理解力は比較的良好であるにも関わらず、自分の思いや要求を言葉で表現することに苦労します。彼らは質問の意味を理解し、指示に従うことができても、自分の考えや感情を言葉にすることが困難な場合があります。この表現力の遅れは、コミュニケーションの取り組みに影響を及ぼし、時にはフラストレーションの原因となることもあります。

親としてできること

もし、お子さんが上記のような特徴に当てはまる場合は、まずは焦らず、子どものペースを尊重することが重要です。言葉の発達に遅れが見られる場合でも、個々の子どもにはそれぞれ独自の成長のタイミングがあります。ただし、心配な場合は専門家に相談し、適切な評価やサポートを受けることも一つの手段です。

言葉の発達遅延の背後にある原因を理解する

子どもの言葉の成長は多様であり、時に発達の遅れが見られることもあります。この遅れには様々な原因が潜んでおり、それらを理解することは、適切なサポートを提供するために重要です。以下に、言葉の発達が遅れる可能性がある原因を解説します。

単純性言語遅滞

これは、言葉の発達における単なる遅れを指し、他の発達領域(聴力や知能)に問題が見られない場合によく見られます。この状況では、2〜3歳頃に言葉の発達が急速に進むことが多いです。

内向的な性格による言葉数の少なさ

内向的な性格の子どもは、自らを積極的に表現することが少なく、その結果、言葉の使用が少なくなることがあります。この場合、周囲の言葉を理解している限り、特に心配は不要です。

言葉を発する機会の不足

家族や周囲の大人が子どもの代わりに行動を先回りしてしまい、子どもが自ら言葉を発する機会を失うことがあります。言葉を通じて学ぶことが重要なため、子どもが自発的に言葉を使える環境を整えることが大切です。

言葉の理解の欠如

子どもが特定の単語やフレーズの意味を理解していない場合、その言葉を自ら使用することはありません。言葉の理解を促すために、単語ごとに具体的な意味を示す活動が有効です。

聴力の問題

言葉が聞こえない、または十分に聞こえていない場合、言葉を発することが困難になります。子どもが外部からの刺激にどのように反応するかを観察し、必要に応じて聴力検査を受けることを検討しましょう。

発達障害や知的障害

3歳を過ぎても言葉が出ない場合、発達障害や知的障害の可能性を考える必要があります。特に、自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなどの症状が見られる場合は、専門の機関での評価が推奨されます。

家庭でできる!言葉の発達促進策10選!

子どもの言葉の成長には、日々の家庭生活の中でのコミュニケーションが大きな役割を果たします。以下では、家族が心がけることで子どもの言葉の発達を支援する具体的な方法を紹介します。

1. コミュニケーションの機会を増やす

子どもが興味を持っているものや活動について、積極的に話しかけましょう。例えば、散歩中に見かけた花や動物について、子どもの目線で興味を示しながら話すことが大切です。また、子どもと目線を合わせることで、より親密なコミュニケーションが可能になります。

2. 子どもの話を最後まで聞く

子どもが話している間は、話を遮らずに最後まで聞いてあげましょう。言葉を選びながら話す過程で、子どもは自分の考えを整理し、表現する能力を養います。親が耳を傾けることで、子どもは自分の言葉に価値があると感じ、さらにコミュニケーションを楽しむようになります。

3. 言葉を使った遊びを取り入れる

絵本の読み聞かせや指差し遊び、おままごとなど、言葉を積極的に使う遊びを日常に取り入れましょう。これらの活動は、子どもに新しい単語やフレーズを自然な形で紹介し、言葉の理解と使用を促します。

4. 子どもの身振りを言葉に変える

子どもが何かに興味を示した時、その興味の対象を言葉で表現してあげましょう。たとえば、「あ、猫がいるね!」と言いながら子どもが指を差した猫を指摘することで、物事の名前とそれを指し示す行為を結びつけます。

5. 間違いを指摘しない

子どもが言葉を間違えたとしても、すぐに訂正するのではなく、その言葉を受け入れて会話を続けましょう。子どもは試行錯誤を繰り返す中で、自然と正しい言葉の使い方を学んでいきます。

日常生活を言葉で説明する

日常の様々な活動や出来事を、子どもに向けて言葉で説明します。例えば、食事の準備をしながら、何をしているのかを簡単な言葉で話してみましょう。このような説明は、子どもの語彙を豊かにし、日常生活の中で言葉がどのように使われるのかを理解するのに役立ちます。

7. 正のフィードバックを与える

子どもが新しい言葉を使ったり、意欲的にコミュニケーションを取ったりした時は、積極的に褒めて正のフィードバックを与えましょう。この肯定的な反応は、子どもに自信を与え、さらにコミュニケーションを楽しむ動機付けとなります。

8. インタラクティブな読み聞かせを行う

読み聞かせの際には、単に本を読むだけでなく、子どもが話の内容について質問したり、感想を言ったりできるようにします。物語の中のキャラクターについて話し合ったり、絵から見える情景を一緒に想像したりすることで、言葉を使ったインタラクティブな体験を提供しましょう。

9. 音楽やリズム遊びを取り入れる

歌やリズム遊びを通じて、楽しみながら言葉と親しむ機会を作りましょう。音楽に合わせて簡単な歌詞を覚えたり、手拍子や体を動かしながらリズムを感じる活動は、言葉のリズム感や韻を踏む楽しさを教えてくれます。

10. 複数の言葉で同じことを説明する

同じ物事を表す際に、複数の異なる言葉や表現を使ってみましょう。例えば、「大きい」と言う代わりに「巨大」「広大」といった言葉を紹介することで、子どもの語彙の幅を広げ、言葉の多様性に触れる機会を提供します。

まとめ

言葉の発達には個人差があり、遅れが見られる子どもも多くいます。重要なのは、その遅れが子ども自身のペースである可能性を理解し、焦らずに支援することです。「言葉の成長を待つ家族へ」で紹介した特徴や原因、サポートの方法を参考にしながら、お子さん一人ひとりのニーズに合わせた寄り添い方を見つけていきましょう。家族の理解とサポートが、子どもたちの言葉の発達を豊かに育む土壌となります。子どもの小さな一歩一歩を大切に見守り、共に成長の旅を歩んでいくことが、最も価値のあるサポートとなるでしょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today