発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

自閉症スペクトラム障害の理解、特徴の現れる時期とクレーン現象について

author:dekkun
自閉症スペクトラム障害の理解、特徴の現れる時期とクレーン現象についてと記載されたイラスト

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、子どもたち一人ひとりの世界観を形成する複雑な発達障害の一つです。この障害は、社会的コミュニケーションの困難や繰り返しの行動パターンといった多様な特徴によって定義されます。保護者や養育者にとって、子どもの発達におけるこれらの兆候を早期に認識することは、適切な支援と理解の基盤を築く上で非常に重要です。近年、特に注目されているのが「クレーン現象」と呼ばれる特徴的な行動で、これによって自閉症の兆候を見つけ出すことが可能となります。本コラムでは、自閉症スペクトラム障害の特徴が最初に現れる時期と、その症状やクレーン現象について詳しく解説していきます。

クレーン現象とは?

子どもが大人の手を使って何かを指し示したり、何かを取らせようとする行動のことを指します。この現象は自閉症スペクトラム障害(ASD)や知的障害を持つ子どもに多く見られると言われていますが、必ずしもこれらの障害を意味するわけではありません。

「クレーン現象」と自閉症スペクトラム障害(ASD)の理解

一人の男性のアイコン

自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どもたちによく見られる行動の一つに「クレーン現象」があります。これは、子どもが他人の手を使って物を指したり、取ろうとする行動を指します。ASDの子どもたちは、言葉での要求表現や指差しといった非言語的コミュニケーションが苦手なため、このような行動が見られることがあります。

クレーン現象の背景

クレーン現象は、子どもが自分の欲求や興味を伝えたいときに見られます。例えば、りんごを取ってほしいが、「りんご」という単語をまだ覚えていない、または指差しでその欲求を伝える方法を知らない場合に、保護者の手を引いてそのアクションを代わりに行おうとします。

クレーン現象だけではASDと断定できない

重要なのは、クレーン現象が見られるからといって、すぐに自閉症スペクトラム障害であるとは限らないという点です。この現象は、定型発達をしている幼い子どもにも見られる行動です。特に、言葉を使ってコミュニケーションを取る前の段階では、このような行動を取ることが一般的です。

クレーン現象は問題ないのか

クレーン現象自体は、子どもが自分の欲求を伝えるための一つのコミュニケーション手段です。定型発達の子どもでも、言葉や指さしで要求を伝えられない場合には、この行動を取ることがあります。したがって、何度かクレーン現象が見られたとしても、すぐにASDや知的障害の存在を疑う必要はありません。

総合的な観察が必要

クレーン現象が見られたとしても、それを自閉症スペクトラム障害の確定的な証拠と捉えるのではなく、子どもの全体的な発達や他の特徴的な行動と合わせて考慮することが大切です。もし、言葉の発達の遅れや社会的な相互作用の困難さなど、他にも気になる点があれば、専門家に相談することをお勧めします。

子ども一人ひとりが持つ独自の発達のペースを尊重し、必要に応じて適切なサポートを提供することが、子どもの健やかな成長につながります。クレーン現象を通じて、子どもたちのコミュニケーションの試みを理解し、支援することが、親や養育者に求められる大切な役割です。

自閉症スペクトラム障害の早期兆候、気付きやすい症状とサポートの重要性

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、典型的には子どもが生後2年目(12~24ヶ月)の間に、その初期症状が観察され始めることが多いとされています。ASDは生まれつきの脳の発達障害であり、決して教育やしつけの問題ではありません。主に「社会的コミュニケーションの困難」と「反復的な行動や興味の狭さ」という二つの大きな特徴で認識されます。

社会的コミュニケーションの困難

ASDを持つ子どもは、以下のような特徴を示すことがあります。

人見知りが特に激しい

状況によっては、他者との接触を極端に避けたり、警戒したりします。

想像力を要する遊びに参加できない

ごっこ遊びなど、他の子どもたちと共有する想像上の活動を行うのが難しい場合があります。

非言語的コミュニケーションが苦手

視線を合わせたり、身振り手振りで意思疎通を図ることが困難な場合があります。

反復的な行動や興味の狭さ

また、ASDの子どもは以下のような行動が見られることがあります。

一定のパターンで遊ぶ

おもちゃを一列に並べる、同じ動作を繰り返し行うなど、特定のパターンでの遊びに興じます。

変化に対する不快感

日常のわずかな変更に対しても強いストレスを感じることがあります。

感覚の過敏性または鈍感

特定の音や触感に対する過度の反応や、逆にあまり反応しないことがあります。

自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴が現れる時期

自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴は、通常、子どもが生後数ヶ月から数年の間に初めて明確に現れ始めます。これらの特徴やサインが観察される時期は、子どもによって異なりますが、以下に一般的なタイムラインと具体的な発達のサインを示します。

時期特徴
生後6ヶ月社会的微笑みの欠如、視線の共有が少ない
生後9~12ヶ月バイバイの挨拶や手をたたく模倣行動が見られない、名前を呼んでも反応しない
生後12~24ヶ月指差しやジェスチャーの使用が少ない、言葉の遅れ
生後2年以降反復的な行動や興味の限定、社会的相互作用の困難

自閉症スペクトラム障害(ASD)への気付きとそのタイミング

自閉症スペクトラム障害(ASD)に気づくタイミングは、子どもの成長過程において重要なポイントです。多くの場合、この気付きは乳幼児健康診査や、保育園や幼稚園での先生からの指摘によってもたらされます。この初期の気付きが、その後のサポートや対応の方向性を決定づけることになります。

気付きのタイミング

乳幼児健康診査

定期的な健康診査は、子どもの発達段階をチェックする良い機会です。この時期に専門家がASDの初期兆候を見逃さないように注意深く観察します。

保育園や幼稚園での指摘

日常的な教育環境の中で、先生が子どもの社会的相互作用やコミュニケーションに関する特徴的な行動を指摘することがあります。

地域の専門家との連携

気付きのタイミングで重要なのは、地域の専門家との連携を図り、子どもにとって最適なサポートを模索することです。そのためには、次のステップが役立ちます。

早期の相談

気付きをきっかけに、小児科や地域の発達支援センターなど、専門的な相談窓口を利用しましょう。

包括的なサポートの検討

子どものニーズに合わせたサポートプランの立案が重要です。これには教育的な支援だけでなく、家庭でのサポートの強化も含まれます。

注意点

2013年に改訂された『DSM-5』により、「自閉症」「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」などの診断名が「自閉症スペクトラム障害」として統合されました。この変更は、ASDが広いスペクトラムを持つことを反映しており、子ども一人ひとりの状態に合わせた柔軟な対応が求められています。

自閉症スペクトラム障害への気付きは、子どもとその家族にとって新たな道を切り開く第一歩です。早期の気付きと適切なサポートが、子どものポテンシャルを最大限に引き出し、豊かな成長を促す鍵となります。

コミュニケーション発達の促進方法、指さしや言葉を育む

コミュニケーション能力の発達は、子どもの社会的成長において欠かせない要素です。特に、クレーン現象のような非言語的なコミュニケーション手段を用いる子どもに対しては、指さしや言葉による意思疎通のスキルを育むためのサポートが重要になります。

指さしの意味を教える

大人の指さしに注目させる

親や保護者がおもちゃや絵本に指をさしながら、「これ、かわいいね」「犬だね」と具体的に言葉を添える。これによって、子どもは指さしとそれが伝える意味に気づくことができます。

選択肢から選ばせる

二つのおもちゃや食べ物を提示して、「どっちがいい?」と尋ねる。子どもが興味を示す方向に手を伸ばしたら、「これがいいのね」と確認し、選択を尊重する。

欲しいものを指さしで伝える

複数の物を並べ、どれが欲しいかを子どもに選ばせてみる。これは、子どもが自分の欲求を指さしで伝える練習になります。

反応を示して教える

子どもが何かに指をさしたとき、その指さしに対して積極的に反応を示しましょう。たとえば、「あ、犬を指さしているね!犬が好きなの?」と言いながら、子どもの興味に共感することで、指さしのコミュニケーション的な価値を教えます。

日常の中で指さしを取り入れる

食事の時に「どれが食べたい?」と尋ねながら、食べ物を一つずつ指さしして選択肢を提示するなど、日常生活の中で自然に指さしを取り入れることで、その意味や使い方を学ばせます。

言葉の発達を促す

音や言葉に耳を傾けさせる

日常の中で聞こえてくる音(楽器、動物の鳴き声、電話の音など)に注目させ、それについて話をすることで、子どもの聴覚への注意を促します。

見たり聞いたり体験したりして理解を深める

実際に体験することで、「分かる」力を育む。例えば、プールで水遊びをして「水の感触」を学ぶ、玄関に行くと「靴を履く」と分かるようにするなど、繰り返しの体験から学ぶ。

子どもの興味に合わせた言葉かけ

子どもが興味を持っていることに対して、それに関連した言葉をかけることで、言葉への関心を高めます。

名前を呼んで反応を促す

子どもの名前を呼び、目を見て反応があるかを確認します。名前を呼ばれたときに反応することで、自分に関連する言葉の理解を深め、コミュニケーションへの参加意識を育みます。

日記やアルバムを使う

子どもとの日常の出来事を写真に撮り、それを見ながら「これは公園で遊んだ日だね」「砂場でお城を作ったね」と言葉を添えて話をする。この活動を通じて、体験と言葉を結びつけることができます。

子どものコミュニケーション能力を育むためには、日々の関わりの中で、さまざまな方法で言葉や指さしを通じた意思疎通の機会を提供することが大切です。子どもが人と関わりたい、分かりたい、伝えたいと思えるような環境を整え、一緒に楽しみながら学んでいくことが重要です。

まとめ

自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どもたちは、独自の発達の道を歩みます。その特徴が最初に現れる時期や表れ方は個々に異なり、一人ひとりが持つ個性と能力は無限の可能性を秘めています。クレーン現象などの特徴的な兆候を理解し、早期に適切なサポートを提供することで、これらの子どもたちが自分らしく成長し、社会に貢献できるよう支援することが私たちの願いです。自閉症に対する理解と知識が深まることで、より包括的なサポート体制を築き、子どもたち一人ひとりがその能力を最大限に発揮できる環境を整えていくことが重要です。このコラムが、自閉症スペクトラム障害に対する理解を深め、子どもたちとその家族への支援に役立つ一助となれば幸いです。

大人の自閉スペクトラム症(ASD)とは?特性を理解し、サポートを強化しようと記載されたイラスト
大人の自閉スペクトラム症(ASD)は、多くの場合、特有の挑戦と機会を伴います。このコラムでは、大人のASDの特…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today