発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

大人の自閉スペクトラム症(ASD)とは?特性を理解し、サポートを強化しよう

author:dekkun
大人の自閉スペクトラム症(ASD)とは?特性を理解し、サポートを強化しようと記載されたイラスト

大人の自閉スペクトラム症(ASD)は、多くの場合、特有の挑戦と機会を伴います。このコラムでは、大人のASDの特性と、それらを理解することの重要性に焦点を当てます。自閉症のある大人たちが直面する日常の困難や、彼らを取り巻く環境の適応について探ります。適切なサポートと理解によって、彼らの潜在能力がどのように引き出されるかを見ていきましょう。

大人の自閉スペクトラム症(ASD)ってどんな状態?

大人になってから自閉スペクトラム症(ASD)と診断される人が増えていますが、この状態はどのような特徴を持つのでしょうか?大人のASDの特性、コミュニケーションの困難さや特定のこだわり、そしてそれが人生にどのように影響するかを探ります。

自閉症の特徴とスペクトラム

自閉スペクトラム症(ASD)は、対人関係の困難や特定のこだわり、限られた興味といった特徴を持つ発達障害です。「スペクトラム」という言葉は、ASDが自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群など、さまざまな状態を含んでいることを示しています。

ASDって何?

自閉スペクトラム症(ASD)は、発達障害の一種で、人によっては知的障害を伴うことも、伴わないこともあります。特に、知的障害がない場合、子どもの頃は成績や行動に目立った問題が見られないことが多く、大人になるまで診断されないことがあります。

大人になってからの診断

ASDは子どもの頃から症状が現れることが多いですが、大人になってから初めて診断される人も増えています。子どもの頃には症状が目立たず、知的能力が平均以上であるために見過ごされがちですが、社会人になってから、職場や対人関係の困難さに気づくことがあります。近年では、大人になってからASDと診断されるケースが増えているのです。

診断を受けて安堵する人も

大人になってからASDと診断されると、「自分だけが問題を抱えているわけではない」と理解し、安心する人もいます。自分の特性を知ることで、得意なことや苦手なことを理解し、それに合わせて対処法やスキルを身につけることができます。

大人の自閉スペクトラム症とコミュニケーションの課題

大人の自閉スペクトラム症(ASD)は、対人関係やコミュニケーションに特有の課題を持ちます。言葉を文字通りに受け取る傾向や他者の感情を理解する難しさなど、ASDの特徴とその影響について解説します。

他者の視点を理解する難しさ

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ大人は、しばしば他者の立場や感情を理解することに苦労します。例えば、職場での会話において、自分の興味や目的に沿った発言をして、周囲を戸惑わせることがあります。彼らにとっては無害な発言でも、相手には不快感を与える場合があります。

言葉を文字通りに受け取る

ASDの特徴として、言葉をそのままの意味で解釈する傾向があります。日常的な冗談や比喩表現、社交辞令を文字通りに受け取ってしまい、誤解を招くことがあります。そのため、業務上の指示は具体的で明確にすることが重要です。たとえば、「少し手伝って」というあいまいな表現よりも、「10分間、この資料の整理を手伝ってください」と具体的に伝える方が理解しやすいです。

大人の自閉スペクトラム症と「強いこだわり」の影響

大人の自閉スペクトラム症(ASD)を持つ人々は、強いこだわりや限られた興味を持つことが特徴です。それらが日常生活や職場でどのような影響を及ぼすかを探り、理解を深めるための情報を提供します。

限られた興味の範囲

ASDを持つ大人は、特定の趣味や活動に強く没頭する傾向があります。この強いこだわりは、時に仕事や他の活動を忘れさせるほどです。例えば、ゲームや特定の趣味に熱中しすぎて、職務の責任を忘れることがあります。

融通が利かないと見られることも

このようなこだわりは、日常生活や職場での柔軟な対応を難しくすることがあります。ASDの人々はいつもと違う状況や変化に対応するのが苦手で、そのために「融通が利かない」と思われることがあります。例えば、急なスケジュールの変更や未知の状況に直面すると、適切に対応できないことがあります。

大人の自閉スペクトラム症と二次的な症状

大人の自閉スペクトラム症(ASD)は、周囲とのコミュニケーションの困難さから二次的な心の問題を引き起こすことがあります。孤立やうつ病、さらにASDとADHDの併存など、ASDに関連する二次的な症状とその影響を探ります。

ASDによる周囲との誤解

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ大人は、時に配慮が足りないとか、空気が読めないと思われがちです。これにより職場などで孤立し、孤立が原因で二次的な心の問題を抱えることがあります。特に、「引きこもり」や「うつ病」へとつながることがあります。

ストレスに敏感な性質

ASDの人は不安や恐怖に敏感で、強いストレスを受けやすいため、「パニック障害」や「対人恐怖症」といった問題を抱えることがあります。これらは、日常生活や職場環境でのストレスによるものです。

ASDとADHDの併存

ASDと注意欠如・多動症(ADHD)を併せ持つケースも少なくありません。感情のコントロールの難しさや衝動性など、ASDとADHDの症状が似ていることがあります。実際、成人のASDの多くがADHDの診断基準を満たすことがあるとされます。このようなケースでは、両方の状態に適切に対応することが重要です。

大人の自閉スペクトラム症、輝く場所を見つける方法

大人の自閉スペクトラム症(ASD)に特化した治療法はまだ確立されていませんが、彼らが社会で輝くための道は存在します。ASDを持つ人々が社会生活や職場で成功するためのスキル習得や、彼らに適した職種の探し方を探ります。

ASDの治療とは?

現在、自閉スペクトラム症(ASD)の特定の治療薬はありません。そのため、治療は本人の思考や行動パターンを理解し、改善することに重点を置きます。社会生活を送る上で必要なソーシャルスキルの習得が特に重要です。医療機関では、就職を目指す人や既に働いている人向けに、目標に合わせた専門のグループケアを提供しています。

就職支援の利用

ハローワークや障害者職業センター、発達障害者支援センターなどでは、発達障害に適した職業相談や就職支援を行っています。自分の特性を理解し、得意な面を活かすことで、ASDの「こだわり」や「熱中できる興味」を強みに変えることが可能です。

適した職種を見つける

ルールやマニュアルがはっきりしている職種(経理や法務など)、または論理的思考が重要な職種(プログラマーなど)は、ASDの特性に合う可能性があります。自分の得意なことや不得意なことを把握し、適した職業を具体的に探ることが重要です。

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ人へ5つのサポート方法

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ大人へのサポートは、彼らが快適に生活し、能力を発揮するために不可欠です。タスクの管理から感覚過敏への配慮、明瞭なコミュニケーション、日常のルーチンの確立、そして強みを活かす機会の提供まで、効果的な5つのサポート方法を探ります。

1. タスクを明確にし一つずつ順番に

ASDのある人は、一度に複数のタスクを処理するのが難しい場合があります。そのため、仕事の指示は具体的にし、一つのタスクが完了するごとに次のタスクに移るように促すと良いでしょう。これにより、彼らは仕事に集中しやすくなり、効率的にタスクをこなすことができます。

2. 感覚過敏への配慮

光や音に敏感な感覚過敏を持つASDの人には、環境の調整が重要です。例えば、明るすぎる照明は避け、必要に応じて調光可能な照明を用意する、騒音の少ない静かな作業スペースを確保するなどの配慮が有効です。快適な環境が、彼らのストレスを減らし、生産性を向上させます。

3. 明瞭なコミュニケーション

ASDの人に対しては、直接的で明瞭なコミュニケーションが求められます。複雑な指示や比喩的な表現は避け、具体的で明確な指示を与えることが重要です。これにより、誤解を防ぎ、彼らが求められるタスクを正確に理解しやすくなります。

4. ルーチンの確立

変化に対応するのが苦手なASDの人にとって、日々のルーチンの確立は安心感を与えます。毎日同じ時間に同じタスクを行うような一貫したスケジュールを作成し、それに従うことで、彼らは安定した環境の中で効果的に作業することができます。

5. 強みを活かす機会の提供

多くのASDの人は、特定の分野に深い関心や顕著な才能を持っています。彼らの興味や強みを理解し、それを活かせる機会を提供することで、彼らは自身の能力を最大限に発揮できます。たとえば、細かいデータの分析や論理的な思考が求められる業務など、彼らの特性を活かせる職種を見つけることが有効です。

まとめ

大人の自閉スペクトラム症(ASD)を持つ人々の特性を理解することは、彼らがより充実した生活を送るために不可欠です。今回のコラムを通じて、ASDの特性とその対応方法についての洞察を深めることができました。家族、友人、職場の同僚として、また社会の一員として、私たちはそれぞれの役割を果たし、ASDを持つ大人たちをサポートし、彼らの才能と可能性を最大限に引き出す手助けをすることができます。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today