発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

時間を区切って、集中力を高めよう!ADHDの子どもに効果的なポモドーロテクニック

author:dekkun
時間を区切って、集中力を高めよう!ADHDの子どもに効果的なポモドーロテクニックと記載されたイラスト

注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもたちは、集中力やタスク管理に課題を抱えています。そこで、ご紹介するのはポモドーロテクニックという効果的な時間管理法です。このコラムでは、ADHDの子どもに対してポモドーロテクニックをわかりやすく解説し、集中力を向上させる方法をご紹介します。家族で取り組むことで、効果的な学習や作業習慣を身につけましょう。

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロテクニックは、時間を区切って作業や学習に集中するための方法です。以下の手順で行います。

ポモドーロ・テクニックの手順
1タイマーを25分にセットします。
2子どもに特定のタスクに集中して取り組むよう促します。
325分が経ったら、5分間の休憩を取ります。
4この25分の作業と5分の休憩を繰り返します。
54回の作業セット(ポモドーロ)が終了したら、長めの休憩(通常は15〜30分)を取ります。

ポモドーロテクニックを活用することで、子どもは集中力を高め、作業や学習に効果的に取り組むことができます。時間を区切ることで、長時間の作業に疲れずに集中できるようになります。また、短い休憩を挟むことでリフレッシュし、次のポモドーロに向けて準備ができます。

家族での取り組み方

女性と!マークのアイコン

家族でポモドーロテクニックを取り入れることで、子どもの集中力をサポートしましょう。

タイマーを使おう

子どもが集中するためには、時間の区切りを明確にする必要があります。タイマーを使って25分の作業時間と5分の休憩時間を設定しましょう。子どもは時間の経過を把握しやすくなります。

協力しよう

家族全員でポモドーロテクニックに参加しましょう。子どもにとって、家族が一緒に集中して取り組む姿が励みになります。お互いに声をかけ合い、作業や学習に集中しましょう。

休憩の活用

休憩時間はリフレッシュのチャンスです。子どもがリラックスしたり、好きなことに取り組んだりする時間を作りましょう。また、休憩中に子どもの進捗や成果に対して褒めることも大切です。

ポモドーロ・テクニックのメリットとデメリット

女の子の驚くイラスト

ポモドーロテクニックは、ADHDの子どもたちにとって効果的な時間管理法です。しかし、実践する前にそのメリットとデメリットを理解することが重要です。

メリット

集中力の向上

ポモドーロテクニックは、25分という短い時間で集中して作業することを繰り返します。このように時間を区切ることで、子どもの集中力を高める効果があります。

タスクの達成感

25分の集中作業をポモドーロと呼び、4回のポモドーロ後に長めの休憩を取ります。このサイクルを繰り返すことで、タスクの達成感が得られます。子どもは短期目標を達成することで自信を持ち、モチベーションも高まります。

タイムマネジメントの向上

ポモドーロテクニックは、時間を区切ることで時間の使い方を意識する機会を提供します。子どもは自分の時間を管理するスキルを身につけ、効率的なタスクの進め方を学ぶことができます。

デメリット

柔軟性の制限

ポモドーロテクニックは時間を厳密に区切りますが、一部の子どもにとっては作業や学習の流れを途切れさせることで集中力が途切れてしまう場合もあります。個々の子どもの特性に合わせて調整する必要があります。

長時間の作業に対応できない

ポモドーロテクニックは25分という短い時間で作業を区切りますが、一部の課題やプロジェクトには長時間の集中が必要な場合もあります。長期的な計画や大規模な作業には別の時間管理法が適しているかもしれません。

ワンポイントアドバイス

女の子と!マークのアイコン

柔軟性を持たせる

ポモドーロテクニックを実践する際には、子どもの特性や課題に応じて柔軟に調整しましょう。集中できる時間や休憩の長さを調整することで、子どもに最適なスケジュールを作りましょう。

長期的なプロジェクトへの対応

ポモドーロテクニックは短期的なタスクに適していますが、長期的なプロジェクトには別の時間管理法が必要かもしれません。必要に応じてポモドーロテクニックを組み合わせたり、別の時間管理法を取り入れることも検討しましょう。

まとめ

ポモドーロテクニックは、ADHDの子どもたちにとって集中力の向上に役立つ方法です。時間を区切り、休憩を挟むことで効率的な作業や学習が可能になります。タイマーを使い、お互いに協力し、休憩時間を活用することで、効果的なポモドーロテクニックを実践しましょう。メリットを最大限に活用しながら、子どもの特性に合わせた調整を行いましょう。ポモドーロテクニックは集中力の向上やタイムマネジメントの向上に貢献します。家族で協力し、効果的な学習環境を整えましょう。

こちらのコラムも参考にどうぞ

ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)を持つ子どもの過集中は、彼らの日常生活や学習に影響を及ぼす特徴の一つです…
calendar_today
子どもたちの成長を促進!発達の特性別のソーシャルスキルトレーニング(SST)と記載されたイラスト
子どもたちの成長を促進するためには、発達障害別のアプローチが重要です。発達障害の子どもたちに特化したソーシャル…
calendar_today

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today