発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

個々のペースで成長!発達遅延や学習障害に対するSSTの具体例と対人関係スキルの重要性

author:dekkun
個々のペースで成長!発達遅延や学習障害に対するSSTの具体例と対人関係スキルの重要性と記載されたイラスト

発達遅延や学習障害を抱える子どもたちにとって、学習や社会的なスキルの発達は挑戦を伴うものです。このコラムでは、その中でも特に有効なソーシャルスキルトレーニング(SST)の具体例と、対人関係スキルの重要性について解説します。子どもたちが個々のペースで成長し、豊かな人間関係を築くための支援方法をご紹介します。

ソーシャルストーリー

子どもが本を読んでいるイラスト

ソーシャルストーリーは、子どもたちが社会的なルールや行動を理解しやすくするための方法です。以下の手順で行います。

具体的なシナリオを作成

具体的なシナリオを作成します。例えば、公園で友達と遊ぶ場面やクラスでの協力の場面などです。

公園で友達と遊ぶ場面 の例

「公園で友達と遊ぶときは、相手と挨拶をすることから始めましょう。『こんにちは』と声をかけると、友達も嬉しそうに返事をしてくれるよ。次に、遊ぶことや遊び方を相談しましょう。どんな遊びがしたいかを言ったり、相手のアイデアも聞いてみましょう。お互いの意見を尊重しながら、楽しい遊びを考えましょう。遊びの途中でトラブルが起きたら、冷静に話し合って解決しましょう。言葉で相手の気持ちを伝えることが大切です。公園での遊びは楽しい思い出になるよう、友達と仲良く遊びましょう。」

クラスでの協力の場面の例

「クラスでの協力はとても大切です。授業中やグループ活動で、先生やクラスメイトと協力する機会があります。まずは、指示をよく聞いて理解しましょう。先生やクラスメイトの話を真剣に聞くことで、どんな仕事をするかを理解できます。次に、役割分担を決めましょう。自分の得意なことや貢献できることを考えて、グループの役割を決めます。仲間と協力して、お互いに助け合いながら課題に取り組みましょう。途中で問題が起きたら、冷静に話し合って解決策を見つけましょう。皆が協力して取り組むことで、クラス全体がより良い成果を出すことができます。クラスでの協力は楽しく学ぶためにとても重要です。」

以上のように、具体的なシナリオを通じて子どもに適切な行動やルールを伝えることで、ソーシャルスキルの発達を支援します。シナリオは子どもの特性や興味に合わせて調整し、彼らの理解を深めるためのツールとして活用しましょう。

ストーリーテリングを活用

ソーシャルストーリーでは、子どもたちが適切な行動やルールについて具体的に理解しやすくするために、ストーリーテリングを活用します。以下の手順で進めます。

ストーリーテリングは子どもの教育や発達支援にも有効です。子どもたちは物語に興味を持ち、想像力や共感の力を養うことができます。また、ストーリーテリングは複雑な概念を分かりやすく伝える手段としても活用されます。

ストーリーテリングとは?
物語やストーリーを通じてメッセージや情報を伝える手法です。言葉やイメージを使い、登場人物や出来事を通して具体的な状況を描き、聞く人や読む人の興味や感情に訴えかけます。ストーリーテリングは、情報の理解や共感を深め、心を動かす力を持っています。要するに、ストーリーテリングは物語を使って伝えたいメッセージを魅力的に伝える方法です。ストーリーテリングは子どもの教育や発達支援にも有効です。子どもたちは物語に興味を持ち、想像力や共感の力を養うことができます。また、ストーリーテリングは複雑な概念を分かりやすく伝える手段としても活用されます。
ストーリーテリングは子どもの教育や発達支援にも有効です。子どもたちは物語に興味を持ち、想像力や共感の力を養うことができます。また、ストーリーテリングは複雑な概念を分かりやすく伝える手段としても活用されます。

具体的なシナリオを作成

子どもが日常生活で遭遇する社会的な場面や問題を選び、その場面における適切な行動やルールに焦点を当てたシナリオを作成します。例えば、公園で友達と遊ぶ場面やクラスでの協力の場面などが挙げられます。

主人公の視点で説明

ストーリーの主人公として子ども自身を登場させ、その場面でどのような行動を取るべきかを具体的に説明します。子どもが主人公の目線で物語を進めることで、自分自身の行動をイメージしやすくなります。

視覚的な描写を活用

イラストや写真などの視覚的な描写を活用することで、子どもが情景をイメージしやすくなります。具体的な場面やキャラクターの表情を描くことで、子どもの興味や関心を引きつけることができます。

シンプルな言葉と明確なメッセージ

ストーリーの内容はシンプルで理解しやすい言葉を使い、明確なメッセージを伝えるようにします。適切な行動やルールを具体的に説明し、子どもが自分がどのように行動すれば良いかを明確に理解できるように工夫します。

子どもと一緒に話し合い

ストーリーを読みながら子どもと一緒に話し合いをします。子どもがストーリーに登場する主人公として自分自身を重ね合わせ、自分の行動や考え方について考えるきっかけとなります。子どもの意見や質問にも丁寧に応え、理解を深めるように心掛けましょう。

以上の手順により、ソーシャルストーリーを通じて子どもが適切な行動やルールを理解しやすくなります。ストーリーテリングは子どもたちの興味や関心を引きつけながら、社会的なスキルの発達を促す有効な手法です。

子どもと一緒にストーリーを読みながら話し合う

子どもと一緒にストーリーを読みながら話し合うことは、彼らの理解を深める貴重な活動です。物語の主人公に重ね合わせながら、経験や感情に共感し、自己理解や他者理解を促します。質問や経験の共有を通じて、子どもは考えや感情を表現し、コミュニケーション能力を発展させます。彼ら自身の行動や選択肢を考えることで、自己啓発や問題解決のスキルも養えます。ストーリーの選択や対話の工夫により、子どもの興味や成長に合わせた学びを促しましょう。

対人スキルを養う

手をする男女の子供

発達遅延や学習障害を抱える子どもたちにとって、対人関係スキルの育成は重要です。以下のアドバイスを参考にしましょう。

聞く力を育てる

子どもに他者の話を真剣に聞く習慣を身につけさせましょう。相手の話を理解し、共感することでコミュニケーションが円滑になります。

表現する力を促す

子どもが自分の気持ちや意見を適切に表現できるようにサポートしましょう。感情を言葉で表現する練習や、自己主張の方法を教えることが重要です。

協力する力を養う

チームプレイやグループ活動を通じて協力する力を育みましょう。役割分担や他者を助ける意識を促すことで、協力的な態度が身につきます。

対人関係スキルの育成は、子どもたちが良好な人間関係を築き、自己肯定感を高めるために不可欠です。家族全員が子どもをサポートし、積極的な対人関係を促しましょう。

まとめ

ソーシャルストーリーと対人関係スキルの育成は、発達遅延や学習障害を抱える子どもたちにとって、自信を持ち、豊かな人間関係を築くための重要な手段です。ソーシャルストーリーを通じて社会的なルールや行動を理解し、対人関係スキルを育むことで、子どもたちが自己成長するサポートをしましょう。家族全員の温かいサポートが子どもたちの成長を後押しします。

こちらのコラムも参考にどうぞ

子どもたちの成長を促進!発達の特性別のソーシャルスキルトレーニング(SST)と記載されたイラスト
子どもたちの成長を促進するためには、発達障害別のアプローチが重要です。発達障害の子どもたちに特化したソーシャル…
calendar_today
一緒に成長しよう!ASDの子どもたちのためのSST具体例と記載されたイラスト
自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもたちは、コミュニケーションや社会的な関わりに課題を抱えています。そんな…
calendar_today
自分の力を最大限に発揮しよう!ADHDの子どもたちのためのSST具体例と記載されたイラスト
注意欠陥多動性障害(ADHD)を抱える子どもたちは、集中力やタスク管理に課題を抱えています。そんな子どもたちが…
calendar_today

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today