発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子どもの発達が気になる?12歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

author:dekkun
子ども発達が気になる?12歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

発達障害のチェックリストとは?

女性医師のイラスト

発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価するために使用されるツールの一つです。発達障害を持つ子供を早期に発見することは、適切な支援を提供するために非常に重要です。

発達障害のチェックリストには、言語発達、社会的スキル、注意力、運動発達、知能などが含まれています。これらの項目は、年齢に応じて調整されています。以下では、10歳の子供に関するチェックリストについて解説していきます。


12歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

リストアイコン

12歳の子供たちは、友情関係や自己肯定感、学習やスポーツなど、様々な分野で成長を遂げています。友情関係は、同年齢の子供たちとの交流や遊びを通して発展し、自己肯定感は、自分の強みや特性に気づき、自分自身を肯定することで育まれます。学習においては、学校での授業や宿題に加え、自分自身で学ぶことの喜びを発見することも大切です。また、スポーツやクラブ活動などの外部活動を通して、新しい友人を作ったり、新しい経験を積んだりすることも成長の一環です。

しかし、発達障害を抱える子供たちは、その成長において支援が必要となる場合があります。例えば、言語発達に課題がある場合は、コミュニケーション能力が未発達で友情関係が築けないことがあります。社会的スキルに課題がある場合は、相手の気持ちや感情を理解できず、トラブルを起こすことがあります。注意力に課題がある場合は、学校生活や日常生活に支障をきたすことがあります。運動発達に課題がある場合は、スポーツや外部活動に参加できないことがあります。

発達障害チェックリスト:12歳児の言語、社会性、注意力、運動能力の評価ポイント

言語発達

勉強をする様子の写真
語彙力

言葉の意味を理解できるかどうか、複雑な言葉を使用できるかどうかなどが評価されます。この時期には、約5,000~6,000の単語を理解し、使いこなすことが期待されます。

文法的な正確性

正しい文法を使用し、文章を作成する能力が評価されます。例えば、文法的に誤った文章を作成する場合や、主語と動詞の一致などの基本的な文法ルールに従えない場合には、課題があると判断されることがあります。

読解力

文章を読み取り、意味を理解する能力が評価されます。例えば、文章の主旨を把握したり、情報を正確に把握したりできるかどうかが評価されます。

発話能力

表現力やコミュニケーション能力が評価されます。例えば、自分の意見を適切に表現できたり、相手の意見を聞き取ったり、適切な場面での発言ができるかどうかが評価されます。

聴覚処理

音の高さや強さ、音声の速さやリズムを理解できるかどうかが評価されます。例えば、教室の中で先生の話を聞いているときに、音声を正確に聞き取れるかどうかが評価されます。

以上のような項目が、12歳の子供に関する言語発達のチェックリストに含まれます。このようなチェックリストをもとに、子供たちの発達を評価することで、早期に発達障害の疑いがある場合には、適切な支援を提供することができます。

社会的スキル

友だちと関わっている様子の写真

まず、相手の気持ちや感情を理解することができるかどうかが評価されます。これには、相手の表情や言葉から感情を読み取る能力が含まれます。また、相手の視点を理解し、共感することも重要です。

次に、自分自身の感情や思考を適切に表現することができるかどうかが評価されます。これには、自己表現能力が含まれます。自己表現能力が低い場合、思いや意見をうまく表現できず、他人との意見交換やコミュニケーションが上手くいかないことがあります。

また、コミュニケーション能力も評価されます。これには、言葉を使ったコミュニケーションだけでなく、非言語的なコミュニケーションやコミュニケーションスタイルも含まれます。例えば、過剰な自己主張や相手を攻撃するような発言をしてしまう場合、周りからの受け入れがたくなり、友情関係を損ねることがあります。

これらの社会的スキルが未発達の場合、友情関係の構築や維持、学校生活でのトラブル解決、将来的な職業生活での社会的な適応などに影響を与えることがあります。そのため、早期に発見し、適切な支援を行うことが大切です。具体的には、コミュニケーション能力を高めるトレーニングや、自己表現能力を高めるアクティビティなどが有効です。

注意力

びっくりマークのアイコンの写真
集中力

特定のタスクに集中して取り組む能力です。例えば、宿題や試験、読書などで長時間集中できるかどうかが評価されます。

注意力

周囲の環境や刺激に敏感に反応し、それらを認識・把握する能力です。例えば、クラスでの授業中に先生の話を聞き逃さず、周囲の騒音や騒動に影響を受けずに授業に集中することができるかどうかが評価されます。

記憶力

情報を受け取り、保持する能力です。例えば、宿題を覚えておくために重要なポイントをメモすることができるかどうか、試験前に勉強した内容を正確に思い出すことができるかどうかが評価されます。

注意力に課題がある場合、学校生活や日常生活に支障をきたすことがあります。例えば、学校での授業中に先生の話を聞き逃したり、宿題を忘れたり、周囲の刺激に影響を受けて落ち着かない場合があります。

適切な支援とは、その子供たちの個性や特性に応じた支援を提供することです。例えば、注意力に課題がある子供たちには、学習環境を整えることで学習意欲を高めることができます。また、学習においては、短い時間で集中して取り組めるように誘導することも大切です。

運動発達

みんなで運動をしている写真
運動のコントロールや調整

身体の各部位を適切にコントロールして動かす能力や、複雑な動作を実行する能力が含まれます。例えば、ボールを正確に投げたり、キックしたりする能力や、階段を上り下りする時に必要な足の着地のコントロールなどが評価されます。

協調性

チームスポーツなどのグループ活動において、他の人と協力して目的を達成する能力です。競技的なスポーツに参加したり、合奏や合唱などの音楽活動に参加したりすることで、協調性を身につけることができます。

バランス感覚

身体の中心を保ってバランスをとる能力であり、立ち姿勢や歩行に影響を与えます。体操やダンスなどの運動を通して、バランス感覚を改善することができます。

運動発達に課題がある場合、スポーツや体育授業などの運動に取り組むことが難しくなる場合があります。運動が苦手な子供たちには、個別に適切な支援を提供することが重要です。例えば、個別に運動の基本的な動作を教えることで、運動の楽しさを発見し、自信をつけることができます。

12歳の子供に関する発達障害の特徴

男性医師のイラスト

12歳の子供には、さまざまな発達障害の特徴が見られることがあります。以下では、代表的な発達障害である注意欠陥・多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害(ASD)について、12歳の子供に見られる特徴を説明します。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

ADHDは、注意力や衝動性、多動性などに特徴がある発達障害です。12歳の子供には、以下のような特徴が見られることがあります。

  • 集中力や注意力が持続しない
  • 課題に取り組む時間が長く感じられる
  • やる気が出ない、やりたくないといった行動が頻繁に見られる 他人を邪魔するような行動や、衝動的な行動が多い
  • 落ち着きがなく、静かに座っていられない

自閉症スペクトラム(ASD)

ASDは、社会的相互作用の障害や言語・コミュニケーションの発達に特徴がある発達障害です。12歳の子供には、以下のような特徴が見られることがあります。

  • 社会的なルールやマナーを理解していない
  • 相手の気持ちや感情を理解できない
  • 興味関心が狭く、特定のことにこだわる 言葉や表情、ジェスチャーなどのコミュニケーションが苦手

学習障害(LD)

12歳の子供には、学習障害が見られる場合があります。学習障害とは、読み書きや計算などの学習において、特定の能力に問題がある状態のことを指します。以下では、学習障害の代表的なものである読み書き障害(ディスレクシア)や計算障害(ディスカルキュリア)について、12歳の子供に見られる特徴を説明します。

読み書き障害(ディスレクシア)

12歳の子供に見られるディスレクシアの特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 読み書きの速度が遅く、時間がかかる
  • 文字の形が曖昧で、見分けがつかないことがある
  • 読んだ文章を理解することが難しい
  • つづりや句読点の誤りが多い
  • 筆記用具の使い方が不適切で、字が乱れることがある
  • 読み書きが苦手で、学校の成績が低いことがある

計算障害(ディスカルキュリア)

ディスカルキュリアは、数の理解や計算において問題がある発達障害です。12歳の子どもには、以下のような特徴が見られることがあります。

  • 数字の大小や順序が理解できない
  • 足し算や引き算、乗算や除算など、計算方法に課題がある
  • 時間やお金の計算が苦手で、間違いが多い
  • 絵や図を使って表現された数学的な問題に対処するのが難しい
  • 数学的な概念や理論を把握するのが困難で、数学的な知識を身につけるのが遅い

これらの特徴があるからといって必ずしもディスカルキュリアであるとは限りませんが、評価や診断を受け、適切な支援を受けることが重要です。適切な支援とは、数学的な概念を実物を使って体験させたり、数学的な問題を解くためのストラテジーや技術を教えることなどが挙げられます。

数学的な問題を解くためのストラテジーや技術には、例えば次のようなものがあります。

  • 図形や模様を使って数学的な概念を視覚的に理解することができる方法
  • 計算手順を明確にすることで、計算の途中で道に迷わないようにする方法
  • 計算過程を説明することで、自分がどこで間違ったのかを見つける方法

また、発達障害を抱える子どもたちには、学校での授業だけでなく、家庭や社会での学びの場を提供することも重要です。例えば、数学的な問題を解くことができる実生活の場面を探し、子どもたちに体験させることができます。これにより、数学的な概念が身近なものとなり、学習意欲が高まることが期待できます。

まとめ

発達障害に関する誤解や偏見もまだまだ存在します。例えば、12歳の子供たちも、自分たちの特性を理解してもらえず、苦しんでいる場合があります。また、周囲の人たちから「ただのわがまま」「怠け者」と思われたり、いじめや不登校のきっかけなることもあります。

そのため、発達障害に関する正しい知識を広めることが大切です。保護者や教育者は、子供たちの特性や個性を理解し、適切な支援を行うことが必要です。また、周囲の人たちにも、発達障害について正しい知識を共有することが求められます。

このチェックリストはあくまでも参考程度であり、子供たちの発達や成長は個人差があります。チェックリストに該当しない発達上の課題がある場合もあります。そのため、保護者や教育者は子供たちの個性を理解し、状況に合わせた適切な支援を行うことが大切です。

最後に、12歳の子供たちは、学校生活や社会生活の中で、さまざまな課題に直面することがあります。保護者や教育者は、子供たちの個性や特性を理解し、適切な支援を行うことで、彼らが自信を持って成長できるように支援することが大切です。

こちらのコラムも参考にどうぞ

子供の成長や発達は、年齢に応じて進みます。この中でも、友だちとの関わり方が大切な時期になると、さらに身体的・精…
calendar_today
発達障害のチェックリストとは? 発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価…
calendar_today
発達障害のチェックリストとは? 発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today