発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子どもの発達が気になる?7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

author:dekkun
子ども発達が気になる?7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

発達障害のチェックリストとは?

女性医師のイラスト

発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価するために使用されるツールの一つです。発達障害を持つ子供を早期に発見することは、適切な支援を提供するために非常に重要です。

発達障害のチェックリストには、言語発達、社会的スキル、注意力、運動発達、知能などが含まれています。これらの項目は、年齢に応じて調整されています。以下では、7歳子供に関するチェックリストについて解説していきます。

7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

7歳の子供は、学校生活での学びや友だちとの関わりが深まる年齢です。しかし、中には言葉や運動、社会的なスキルなどに問題がある子供たちもいます。これらの問題が発達障害に関連している可能性もあるため、早期に療育や支援を受けることが大切です。

そこで、7歳の子供に関する発達障害のチェックリストについて解説します。

7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

言語発達

言語発達に関する項目は、単語や文の理解、話すことができる言葉の数や種類、文法的な正確性などが評価されます。7歳になると、学校生活での言語能力も求められるようになります。例えば、教科書の文章や問題文を読み、理解し、考えることが必要となります。また、クラスメイトとの会話や発表などでも、十分な言語能力が必要となります。言語能力に問題がある場合には、早期に療育を受けることが大切です。

社会的スキル

社会的スキルに関する項目は、同年齢の子供との遊びや交流、相手の気持ちや感情を理解することができるかどうか、自分の気持ちを適切に表現できるかどうかなどが評価されます。7歳になると、学校生活での集団生活が始まるため、社会的なスキルがより重要となってきます。例えば、クラスメイトとの遊びやグループワーク、また、トラブルが発生した場合にも、相手の気持ちを理解し、自分の気持ちを適切に表現できるスキルが必要となります。

注意力

注意力に関する項目は、集中力や注意力、記憶力などが評価されます。7歳になると、学校生活での授業や学習時間が増えるため、より多くの注意力が必要となります。例えば、長時間の授業中や、課題や宿題の時間には、集中力や注意力が必要となります

運動発達

運動発達に関する項目は、基本的な運動能力、運動のコントロール、協調性などが評価されます。7歳になると、学校での体育の授業や運動会など、運動量が増えることが多いです。また、友だちと遊ぶ遊具やスポーツでも、基本的な運動能力が必要となります。例えば、ボールを投げたり、キャッチしたり、跳び箱や縄跳びなどの基本的な運動をコントロールすることが必要となります。また、グループで遊んでいる場合には、協調性が必要となります。

以上のように、7歳の子供には言語発達、社会的スキル、注意力、運動発達などについて、多くの評価項目があります。これらの評価項目をチェックリスト化することで、保護者や教育者が子供たちの成長や発達を俯瞰的に理解し、必要な支援を行うことができます。しかし、発達障害に関連した問題がある場合には、早期に療育や支援を受けることが大切です。

7歳の子供に関する発達障害の特徴

注意欠如・多動性障害(ADHD)

ADHDは、集中力や注意力、衝動性のコントロールなどに問題がある発達障害の一つです。7歳の子供では、授業中や宿題の時間に集中力が持続しない、席を立ちたがる、自分の番を待つことができない、遊びのルールを守れないなどの特徴が見られることがあります。

自閉スペクトラム(ASD)

ASDは、社会的相互作用やコミュニケーションの困難、こだわりなどが見られる発達障害の一つです。7歳の子供では、友だちとのコミュニケーションや遊びが苦手である、興味やこだわりが狭いなどの特徴が見られることがあります。

学習障害(LD)

LDは、読み書きや計算などの学習に問題がある発達障害の一つです。7歳の子供では、教科書の文章や問題文を理解することが難しい、文字を書くことが苦手、計算ができないなどの特徴が見られることがあります。

以上のように、7歳の子供にも様々な発達障害が存在します。これらの発達障害に関連した問題がある場合には、早期に療育や支援を受けることが大切です。また、保護者や教育者は、子供たちの個性や特性に目を向け、適切なサポートを行うことが必要です。

まとめ

発達障害に関する誤解や偏見もまだまだ存在します。例えば、発達障害を持つ子供たちは、自分たちの特性を理解してもらえず、苦しんでいる場合があります。また、周囲の人たちから「ただのわがまま」「怠け者」と思われたり、イジメの対象にされたりすることもあります。

そのため、発達障害に関する正しい知識を広めることが大切です。保護者や教育者は、子供たちの特性や個性を理解し、適切な支援を行うことが必要です。また、周囲の人たちにも、発達障害について正しい知識を共有することが求められます。

最後に、発達障害を持つ子供たちは、他の子供たちと同じように、自分らしく成長していく権利があります。私たちは、子供たちの多様な個性や特性を尊重し、支援することが求められています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today