発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子どもの学習障害(LD)の理解と支援!特徴と教科別対策ガイド

author:dekkun
子どもの学習障害(LD)の理解と支援!特徴と教科別対策ガイドと記載されたイラスト

学習障害(LD)は子どもたちが直面する教育上の大きな障壁の一つです。LDは特定の学習領域における能力が期待される年齢や学年レベルよりも著しく低い状態を指し、読み書き、算数、または聞くことなどの学習活動に影響を与えることがあります。このコラムでは、LDの基本的な特徴と、子どもたちが学校や日常生活で直面する可能性のある挑戦、そしてその挑戦に対処するための教科ごとの勉強方法について解説します。

学習障害(LD)の基本

学習障害(LD)は、知能には問題がないにもかかわらず、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」などの学習過程に特定の困難がある状態を指します。この障害は学校生活や日常生活に影響を及ぼし、子どもたちが全力を発揮することを妨げることがあります。

学習障害の主な3つのタイプ

ディスレクシア(読字障害)

文字や単語の読みが困難な状態で、文字の形や読み方を認識することが難しいです。

ディスグラフィア(書字表出障害)

手書きの文字を正確に書くことが困難で、視覚情報の処理が難しいです。

ディスカリキュリア(算数障害)

数の概念や計算が困難で、数を順番に数えることはできるものの、数の理解が苦手です。

学習障害の理解と対応

学習障害のある子どもたちは、それぞれの強みと課題を持っています。LDを持つ子どもたちに対しては、その個々のニーズに合わせた支援が必要です。適切な教育的介入、個別の学習プランの策定、そして学習の過程で彼らの自信を育むことが重要です。

学習障害(LD)の背景

学習障害(LD)の正確な原因はまだ特定されていませんが、脳の情報処理に関わる機能の障害が影響しているとされています。これは、目や耳などの感覚器官から得た情報を脳が受け取り、整理・関連付け・表現する過程に何らかの問題があることを意味します。

学習障害の誤解

学習障害は、家庭環境や育児方法に由来するものではありません。しつけや家庭での教育スタイルが原因で起こるものではなく、個々の脳の機能の特性に関連しています。そのため、学習障害を持つ子どもたちに対する支援や対応は、個人のニーズに応じてカスタマイズする必要があります。

対応策

適切な環境の調整や学習方法の工夫により、学習障害のある子どもたちが直面する困難を軽減することが可能です。理解と適応が鍵となり、子どもたちが自身の能力を最大限に発揮できるよう支援することが重要です。

学習障害(LD)の診断プロセス

学習障害(LD)は、子どもたちが小学校に入学し、学習活動が本格化する段階で明らかになるケースが多いです。保育園や幼稚園時代には、学習内容が文字や計算に限られず、遊びや日常の活動が中心であるため、LDの兆候を見逃しやすいのです。

学習障害の兆候

  • 似たような文字の間違いが頻繁に起こる
  • 数の数え方は理解していても、計算が苦手

診断を受けるために

LDが疑われる場合、専門の医療機関で診断を受けることが推奨されます。しかし、どの医療機関に相談すれば良いか迷うこともあります。その場合は、かかりつけの小児科や地域の発達支援センター、自治体の障害福祉サービス窓口などに相談することから始めましょう。

診断のプロセス

初期面談

学習の苦手な部分や成育歴、既往症について聞かれます。

心理検査

知能検査や発達検査が行われ、子どもの知的能力や発達の状態を評価します。

追加検査

必要に応じて脳波検査などが行われ、脳の状態を確認します。

診断は複数日にわたって慎重に行われ、最終的にはすべての検査結果を踏まえて医師が診断を下します。通常、『DSM-5』に基づいた「限局性学習症/限局性学習障害」という診断名が用いられます。

学習障害(LD)の子どもの特徴と対応

学習障害(LD)は、知的発達に問題がないにもかかわらず、学習の特定の側面で困難を抱える発達障害です。これらの特徴は子どもによって異なり、国語や算数、さらにはコミュニケーションの面で顕著に現れます。

国語での困難

  • 文字や行の読み飛ばし、読み間違いが多い
  • 文字の形を覚えるのが難しい、書き取りに苦労する
  • 漢字の部首の誤り、文章ルールの理解不足

算数での困難

  • 暗算や繰り上げ、繰り下げの計算が苦手
  • 九九の暗記が計算に活かせない
  • 文章問題や図形問題に対する理解が難しい

コミュニケーションでの困難

  • 集団内でのコミュニケーションが苦手、仲間との交流が困難
  • 相手の言葉の理解やルールの把握が難しい
  • 話題が飛んでしまい、会話が一貫しない

運動面での困難

  • 全身協調運動や団体競技が苦手
  • 基本的な動作の遅さ、指先の不器用さ

LDの特徴への対応

教科ごとの勉強方法

国語視覚的な支援ツールの利用、話し言葉としての言語の強化
算数具体的な操作を伴う学習活動、視覚支援による問題解決スキルの育成
コミュニケーション一対一での練習、社会的スキルの教育プログラムの導入
運動面個別に対応した運動プログラム、日常生活での細かな動作の練習

支援のポイント

  • 個々の子どもの特性とニーズに基づく個別化された教育計画(IEP)の作成
  • 学習方法や環境の調整、適切な技術の導入
  • 家庭と学校の連携、適切な支援サービスへのアクセス

学習障害のある子どもたちは、適切な支援と理解があれば、自分の能力を最大限に引き出し、成功することができます。親や教師、支援者は、子どもたちが直面する困難を理解し、それに応じた支援を提供することが重要です。

学習障害(LD)を持つ子どもへの学習サポートの5つの工夫

学習障害を持つ子どもたちは、学習において困難を抱えがちです。しかし、家庭での適切なサポートと工夫を通じて、これらの困難を乗り越える手助けができます。ここでは、教科ごとに異なるアプローチと、子どもたちの特性に合わせた学習方法の工夫を新たな順序で提案します。

1. コミュニケーションの強化

集団ではなく一対一での会話を重視

集団よりも個別の対話で、子どもが表現しやすい環境を作ります。

非言語的なサインの活用

言葉だけでなく、身振り手振りや表情を使って意思疎通を図ります。

2. 国語学習のサポート

絵本や図表を利用

視覚情報を用いることで、文字の理解を深めます。

文章の構造を視覚化

色分けやマーキングを使って、文の構造を明確にします。

3. 数学学習の工夫

実物を使った数の学習

物を数える活動を通じて、数字の概念を身につけます。

計算のプロセスを段階的に

算数の基本から応用まで、小さなステップで進めます。

4. 書く力の向上

工作活動を通じた手先の訓練

細かい動作を要する工作活動で、筆記技術の基礎を固めます。

文字の構造を分析

漢字などの構成要素を理解するための活動を取り入れます。

5. 理解の深化

日常生活への応用

学んだ知識を日常生活に活かす練習をします。

反復学習と応用

学んだ内容を反復し、異なる状況での応用を試みます。

家族へのワンポイントアドバイス、忍耐と理解の重要性

学習障害(LD)を持つ子どもを持つ家族へのワンポイントアドバイスは、「忍耐と理解」の重要性です。子どもが学習において困難を抱えているとき、その背景には見えない努力や挑戦があります。子どものペースを尊重し、小さな進歩や成功も大いに称賛することが、彼らの自信と学習意欲を育む鍵となります。

子どもの感情を共有する

子どもが学習でつまずいた時、そのフラストレーションを理解し、共感を示すことで、心の支えとなります。

ポジティブなフィードバックを: 子どもが努力していること、小さな成果にも注目し、肯定的なフィードバックを与えましょう。

一緒に学ぶ楽しさを見つける

学習が苦手な子どもでも、興味や好奇心を引き出せる活動を一緒に探求することで、学習への新たなアプローチを見つけることができます。

サポートの利用を

学校や地域の支援サービス、専門家からのアドバイスを積極的に求め、家庭でのサポートに活かしましょう。

子どもが直面している学習の困難を乗り越えるためには、家族の理解とサポートが不可欠です。忍耐強く子どもの成長を見守り、一緒に学習の旅を楽しむことで、子どもは自分自身の能力に自信を持ち、学習障害を乗り越える力を育てることができます。

学習障害(LD)のある子どもへのサポート戦略

学習障害(LD)のある子どもたちをサポートするためには、家庭や学校が連携し、個別に適した支援を提供することが重要です。ここでは、特に学校で受けられるサポートに焦点を当てて、実施可能な支援方法について解説します。

学校での合理的配慮

合理的配慮とは、障害のある子どもが学校生活や学習において遭遇する困難を軽減するための個別の支援策を指します。この配慮は、障害の有無にかかわらず、学習に困難を抱えるすべての子どもに適用されます。

合理的配慮の例

  • プリントの文字を大きくし、フリガナを付ける。
  • 音声読み上げソフトの利用。
  • テストの時間延長や別室での受験。
  • 学習を支援する電子機器の使用許可。

学校でこれらの支援を受けるには、まず担任教師や学年主任、スクールカウンセラーに相談することがスタートポイントです。

通級指導教室の活用

通級指導教室は、特定の学習困難を持つ子どもたちに対して、専門的な指導を提供するための制度です。普段は通常のクラスで学びながら、特定の時間だけ専門的なサポートを受けることができます。

通級指導教室でのサポート

  • 苦手な科目やスキルに特化した指導。
  • 個々のニーズに応じた学習計画の作成。
  • 学習方法や戦略の個別指導。

通級指導教室への参加を希望する場合は、地域や学校によって手続きが異なるため、在籍校にて詳細を確認しましょう。

まとめ

LDを持つ子どもたちへの支援は、彼らが持つ可能性を最大限に引き出し、自信を持って学習に取り組むことができるようにするために不可欠です。正しい理解と適切な支援があれば、LDを持つ子どもたちも自分の強みを活かし、困難を乗り越えていくことができます。このコラムが、学習障害に直面している子どもたちを支援するための一助となれば幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today