発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

モロー反射の強さに驚くママ必見!モロー反射が赤ちゃんに与える影響とは?見分け方やおくるみの正しい巻き方を学んで安心育児

author:dekkun

新生児には、モロー反射という特別な反射があります。この反射は、刺激があると自動的に引き起こされる反応で、手足を突然広げ、突っ張り、そして急に縮こまるという動きをします。この反応は、赤ちゃんが神経系を正常に発達させるのに役立ち、生存に必要な反射の一つです。

モロー反射の強さに驚くママ必見!モロー反射が赤ちゃんに与える影響とは?見分け方やおくるみの正しい巻き方を学んで安心育児と記載されたイラスト

モロー反射とは?

赤ちゃんには、モロー反射という特別な反射があります。この反射は、手足を広げ、突っ張り、そして急に縮こまるという動きをするもので、赤ちゃんが生まれたばかりの頃から見られます。

モロー反射は、赤ちゃんが神経系を正常に発達させるために重要な役割を果たしています。具体的には、赤ちゃんが刺激を受けたときに、自分自身の身体を感じることができ、身体の動きをコントロールすることができるようになるためです。

新生児の発達段階に合わせたモロー反射の解説

男性医師のイラスト

出生〜1ヶ月

赤ちゃんは、刺激に敏感で、モロー反射がより強く現れます。寝返りや腹ばいにはまだ対応できず、首が座っていないため、頭を支える必要があります。

2〜3ヶ月

首が座り、赤ちゃんの動きが活発になります。モロー反射が徐々に弱くなり、赤ちゃんは手足を意図的に動かし始めます。

4〜6ヶ月

赤ちゃんは、手足の動きをコントロールし、自分で物をつかんで持つことができるようになります。モロー反射は消失し、赤ちゃんは意図的に動かすことができるようになります。また、この時期には寝返りを始め、腹ばいからうつ伏せになることができるようになります。

モロー反射が消失するまでの期間と個人差について

モロー反射は生後2〜4ヶ月ごろから段階的に弱まり、5〜6ヶ月ごろには消失するとされていますが、個人差があります。早い子では1〜2ヶ月で消失する場合もあれば、遅い子では8〜9ヶ月まで残る場合もあります。しかし、健康な子どもであれば、消失の遅さが問題になることはありません。ただし、モロー反射が消失しない場合や、消失が遅い場合は、医師に相談することが必要です。

モロー反射は、赤ちゃんの成長過程において非常に重要な役割を持っています。消失するまでの期間は、個人差があるものの、適切な刺激を与え、子どものペースに合わせた対応をすることが大切です。また、モロー反射が消失する様子を見守りながら、赤ちゃんの成長を楽しむこともできます。

大切な赤ちゃんの安全を守るために知っておきたい!モロー反射とてんかんの見分け方

赤ちゃんのモロー反射とてんかんの発作は、似たような症状を引き起こすことがあります。しかし、その原因や症状の出方には大きな違いがあります。ここでは、モロー反射とてんかんの見分け方について解説します。

モロー反射とてんかんの症状の違い

モロー反射は、手足を広げ、突っ張り、そして急に縮こまるという動きをします。この反射は、赤ちゃんが刺激を受けたときに自分自身の身体を感じるための重要な反射であり、身体の発達にとって非常に重要な役割を果たします。一方、てんかんの発作は、身体が痙攣し、意識を失ったり、咀嚼運動をしたり、不随意な動きをすることがあります。てんかんは、脳の異常によって引き起こされる疾患であり、治療が必要な場合があります。

モロー反射とてんかんの違いは、発生するタイミング、原因、発生する反応などが異なることです。モロー反射は、赤ちゃんが健康的に発達するために必要な反射であり、てんかんは病気です。赤ちゃんの健康を守るためには、モロー反射とてんかんの違いについて正しく理解し、適切なケアを行うことが大切です。

夫婦と赤ちゃんが並んでいるイラスト
  • モロー反射
    • 手足を広げ、突っ張り、そして急に縮こまるという動きをする
  • てんかん
    • 身体が痙攣し、意識を失ったり、咀嚼運動をしたり、不随意な動きをする

モロー反射とてんかんの発生するタイミングの違い

モロー反射は、赤ちゃんの身体の発達段階に関係しており、特定の刺激に反応して発生する反射です。一方、てんかんは、脳に異常がある場合や、脳に外傷がある場合、遺伝的な要因などが関係して発生する病気です。てんかんは、生まれた時点で既に発症している場合がありますし、生後数ヶ月から発症することもあります。てんかんは、赤ちゃんの身体の発達段階に関係はありません。

てんかんが疑われる場合

てんかんが疑われる場合には、早期発見・早期治療が重要です。てんかんの症状が見られた場合には、小児科医や神経科医などの専門医を受診し、適切な治療を受けることが必要です。

さらに、赤ちゃんの健康を守るためには、適切な栄養や十分な睡眠を提供することが大切です。赤ちゃんが健康的に成長するためには、バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動、そして親の愛情が必要です。

  • モロー反射
    • 赤ちゃんが刺激を受けたときに、反射的に起こる
  • てんかん
    • 発作が起こるような刺激があった場合に起こる

モロー反射とてんかんの原因の違い

モロー反射の原因は、生まれたばかりの赤ちゃんがまだ身体をコントロールできないため、身体の発達過程で必要な反射として発生することが考えられます。

一方、てんかんは、脳の異常によって引き起こされる疾患です。脳には、神経細胞同士が信号をやり取りするための電気信号がありますが、てんかんの場合、この電気信号が異常になり、脳が過剰な電気刺激を受けることが原因となります。具体的には、脳に異常がある場合や、脳に外傷がある場合、遺伝的な要因などが関係して発症することがあります。

男性医師のイラスト
  • モロー反射
    • 正常な発達過程において重要な役割を果たす反射
  • てんかん
    • 脳の病気や障害によって引き起こされる疾患

モロー反射とてんかんの対処法の違い

モロー反射とてんかんの対処法には、大きな違いがあります。

モロー反射期間中には、おくるみを巻くことで赤ちゃんの不快感を和らげることができます。おくるみを巻くことにより、赤ちゃんの身体が包まれ、落ち着いて眠ることができます。また、モロー反射が発生する刺激を減らすために、静かな部屋で寝かせたり、柔らかい寝具を使用したりすることも有効です。

一方、てんかんの場合には、症状に応じて医師の指示に従うことが大切です。てんかん発作が起こった場合には、まずは落ち着かせるように心がけます。赤ちゃんの周りには、危険なものがないように注意してください。また、必要に応じて医師が処方した薬を使用することがあります。

いずれの場合も、赤ちゃんが健康的に成長するためには、適切なケアが必要です。赤ちゃんが快適に眠れる環境を整え、バランスの取れた食事や適度な運動を提供することが大切です。また、赤ちゃんの健康状態を定期的にチェックし、医師の指示に従って適切なケアを行うことが重要です。

夫婦と赤ちゃんが並んでいるイラスト
  • モロー反射
    • 特別な対処は必要ないが、適切なおくるみの巻き方や寝かしつけ方法をすることで、不快感を和らげることができる
  • てんかん
    • 医師の診断が必要であり、適切な薬物療法や手術が必要な場合がある

モロー反射とてんかんには大きな違いがあります。モロー反射は、赤ちゃんの正常な発達過程において重要な役割を果たす反射であり、特別な対処は必要ありません。一方、てんかんは脳の疾患や障害によって引き起こされるため、医師の診断が必要です。赤ちゃんの健康と安全のために、モロー反射とてんかんの違いをしっかりと把握し、必要な場合は早めに医師に相談しましょう。

おくるみを巻くメリットとデメリット!赤ちゃんの健康に配慮したおくるみの使い方

モロー反射は、生後2〜4ヶ月ごろから段階的に弱まり、5〜6ヶ月ごろには消失する反射です。この期間中、赤ちゃんは寝ているときに突然身体が跳ね上がるような動きをすることがあります。このような場合、おくるみを巻くことで、赤ちゃんが不快感を和らげることができます。しかし、おくるみを巻くことによって、赤ちゃんに与えるメリットとデメリットがあります。

子どものイラスト

おくるみを巻くメリット

快適な睡眠を促すことができる

おくるみを巻くことによって、赤ちゃんが自分自身の身体を感じることができ、安心感を得ることができます。また、赤ちゃんの身体が動きすぎないようにすることで、質の良い睡眠を促すことができます。

赤ちゃんの不快感を和らげることができる

おくるみを巻くことによって、赤ちゃんの身体が突然跳ね上がるような動きを和らげることができます。これは、モロー反射によって引き起こされる反射的な動きであり、おくるみを巻くことで赤ちゃんが安心できる環境を提供することができます。

・赤ちゃんの不快感を和らげることができる ・眠りが浅くなることを防ぎ、質の良い睡眠を促すことができる ・赤ちゃんが身体を動かしすぎて疲れすぎないようにすることができる ・外部からの刺激を遮断することで、赤ちゃんの安心感を高めることができる

子どものイラスト

おくるみを巻くデメリット

呼吸を妨げる可能性がある

おくるみをきつく巻くと、赤ちゃんの呼吸が妨げられる可能性があります。おくるみを巻く際には、きつすぎないように注意することが重要です。

赤ちゃんの身体の発達に悪影響を与える可能性がある

おくるみをきつく巻くと、赤ちゃんの身体の発達に悪影響を与える可能性があります。おくるみを巻く際には、適切な方法で巻くことが重要です。

・おくるみがきつすぎると、呼吸を妨げることがあるため、巻く際には注意が必要 ・おくるみがきつすぎると、赤ちゃんの身体の発達に悪影響を与える可能性があるため、適切な方法で巻くことが重要

注意点

  • おくるみを巻く際には、きつすぎないように注意することが重要です。おくるみがきつすぎると、呼吸を妨げることがあります。
  • おくるみを巻く期間は、モロー反射が消失するまでの期間に限定しましょう。
  • おくるみを巻く際には、赤ちゃんが暑くなりすぎないように、通気性の良い素材を選ぶことが望ましいです。
  • おくるみを巻く前に、赤ちゃんが飲み終わった後やおむつを交換した後に行うようにしましょう。
  • おくるみを巻く際には、首にスペースを作ってあげることが大切です。首にスペースを作らないおくるみの巻き方は、赤ちゃんの首の発達に悪影響を与える可能性があるため、避けるようにしましょう。

まとめ

モロー反射は、新生児に見られる自動反応の一つであり、正常な神経系の発達に役立ちます。一方で、反射が強い場合は赤ちゃんに不快感を与えることがあります。おくるみを巻くときには、子どもの動きを妨げないように注意しましょう。また、モロー反射が激しい場合は、てんかんや発達障害の症状の一部である可能性があるため、医師に相談することが重要です。

モロー反射やてんかんに関する情報を探す際に参考になるウェブサイトをいくつかご紹介します。

  • 日本小児神経学会 https://www.childneuro.jp/ 小児神経学に特化した専門の学会で、小児てんかんや脳性麻痺、小児神経障害などに関する情報が充実しています。
  • 日本小児科学会 https://www.jpeds.or.jp/ 小児科に特化した学会で、小児の健康に関する情報や疾患についての最新情報が掲載されています。
  • 赤ちゃん本舗 https://www.akachan.jp/ 育児用品を販売するショップが運営するサイトで、育児に関する情報や相談コーナーなどがあります。

これらのサイトには、小児医療に関する情報や育児に役立つ情報が多く掲載されています。ただし、インターネット上には正確でない情報も存在するため、必ず信頼できる情報源から情報を入手するようにしましょう。

こちらも参考にどうぞ

赤ちゃんが成長するにつれ、ずりばいが始まります。ずりばいは、四つんばいの姿勢からお尻を前に滑らせる動きで、ハイ…
calendar_today
夜驚症(睡眠時驚愕症)とは? 夜驚症(睡眠時驚愕症)は、睡眠中に突然激しい恐怖感や驚きを感じ、大声を出して飛び…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
4
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
5
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
6
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today