発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

夜驚症の子どもは頭がいい?なりやすい子や発達障害との関係について知ろう

author:dekkun
夜驚症の子どもは頭がいい?なりやすい子や発達障害との関係について知ろうと記載されたイラスト

夜驚症(睡眠時驚愕症)とは?

男性医師のイラスト

夜驚症(睡眠時驚愕症)は、睡眠中に突然激しい恐怖感や驚きを感じ、大声を出して飛び起きる現象です。この症状は、子供から成人まで誰にでも起こりうるもので、一般的には無害ですが、その頻度が高い場合や睡眠の質を著しく低下させる場合は治療が必要となります。

症状

夜驚症の典型的な症状は、睡眠中に急に大声を出して飛び起き、周囲が混乱することです。これは、目を覚ましても驚きの症状が持続するため、まるで夢を見ているかのような状態が続くことがあります。症状が起こる時間帯は、通常、就寝後1〜3時間以内に起こることが多く、深い眠りから浅い眠りに移るときにもよく発生します。

診断

夜驚症は、医師による診断が必要です。患者の症状を聞き、身体検査を行った後、睡眠専門家によるポリソムノグラフィー(PSG)という検査を行うことがあります。 PSGは、患者の睡眠中の身体的反応を測定するために、脳波、心拍数、呼吸などを記録する方法です。

治療法について

女性医師のイラスト

夜驚症の治療には、通常、特別な治療は必要ありません。ただし、症状が頻繁に発生する場合や、患者の日常生活に大きな影響を与える場合は、医師の指示に従って治療を行う必要があります。治療の方法は、以下の通りです。

ストレスの軽減

ストレスの軽減 ストレスが夜驚症を引き起こす可能性があるため、ストレスの軽減が必要です。ストレスを軽減するためには、瞑想、ヨガ、運動などの方法が有効です。

睡眠環境の改善

快適な睡眠環境を整えることで、夜驚症の発生を防ぐことができます。例えば、寝室の温度を調節し、快適なマットレスや枕を使うことが挙げられます。また、睡眠前にはリラックスするための習慣を取り入れることも効果的です。

睡眠薬の処方

夜驚症の症状が重い場合は、医師から睡眠薬の処方を受けることができます。ただし、これらの薬剤は依存症のリスクがあるため、長期間使用することは避ける必要があります。

行動療法

行動療法は、夜驚症を引き起こすトリガーを特定し、それらを回避するための方法を学ぶことです。例えば、ストレスのトリガーを特定して、ストレスを軽減する方法を学ぶことができます。

夜驚症って子供に起こることが多い睡眠障害なの?

子供の睡眠障害の一つである夜驚症は、睡眠中に突然激しい恐怖感や驚きを感じ、大声を出して飛び起きる現象です。夜驚症は、子供から成人まで誰にでも起こりうるもので、特に3歳から8歳の子供に起こることが多いとされています。子供の場合は、夜驚症が自然に治る場合があるため、適切なサポートとともに観察することが重要です。

夜驚症になりやすい子どもには、緊張感の高い性格や、心理的なストレスを感じやすい性格の子どもが挙げられます。また、睡眠環境が悪い場合や、睡眠不足の場合にも夜驚症が発生することがあります。

疑問を持っている家族の表情セット 全身

子どもの主な症状とは

夜驚症は、どの脳でも発達途中であれば起こり得る症状であり、大人でも発症することがあります。

脳の発達途中にある子どもは、特に2歳〜8歳ごろに夜驚症が多く見られます。日常生活で脳に刺激を与えることが重要で、怖い体験や恐怖映画、初めての経験などが夜驚症の原因となることがあります。また、日中のストレス、不安、緊張などを感じ続けている子どもは夜驚症を発症しやすくなります。特に疲れている場合は注意が必要です。

子どもの主な症状とは
夜間の泣き叫び
パニック症状
恐怖の表情
悲鳴
泣きじゃくり
歩き回る
階段を歩行する

夜驚症の子どもが発達障害の可能性がある場合の様子とは

夜驚症の子どもが発達障害の可能性がある場合、以下のような様子が見られることがあります。

驚いている様子の家族の表情セット 全身
  • 言葉の話し方が遅かったり、はっきり話せなかったりすることがある
  • 人と話すときに、おかしな行動をとることがある
  • 注意を集中している時間が短いことがある
  • 手や体の動きが何度も繰り返されることがある
  • 日常生活の習慣や習慣にこだわりがあることがある。また、変化に適応するのが難しいことがある

夜鷹症は、睡眠障害の一種で、必ずしも発達障害だから発症するわけではありません。ただし、発達障害のある人に、睡眠障害が見られることがあります。夜驚症と発達障害の関係については、研究が進んでいます。自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害と夜驚症が関連していることが報告されています。しかし、その関連性についてはまだ詳しく研究されておらず、解明される必要があります。

夜驚症の子どもは頭がいい?

子どもの勉強しているイラスト

夜驚症について、「夜驚症の子どもは頭がいい」という説がありますが、これには科学的な根拠はありません。夜驚症は神経質なお子さんに多く見られる傾向があります。一方で、周りからの期待などを敏感に感じやすく、学力が伸びる傾向があると言われることがありますが、現時点では医学的な根拠はありません。夜驚症は睡眠障害の一つであり、発生する理由は不明な部分が多いため、このような説は信憑性に欠けます。

夜驚症は子供だけでなく、親にも起こり得る睡眠障害

夜驚症は、子供だけでなく、大人にも起こり得る睡眠障害です。特にストレスや疲れがたまっているときに発生することが多く、睡眠の質を低下させる可能性があります。

子どもの夜驚症の治し方、治療方法について

次を参考にしてみてください。

  • 心身共に負担をかけすぎないようにしましょう
  • 病気のサインを早めに見つけるため、よく話を聞いてあげましょう
  • 安心して眠れる環境を整えましょう
  • 発症しても数分程度で落ち着くことが多いため、落ち着いて見守りましょう
  • 途中で起こすと余計にパニックを起こすことがあるため、無理に起こさないようにしましょう
男性医師のイラスト

治療法には、家庭でのケア方法が指導されることが一般的です。具体的には、安心して眠れる環境を整える、規則正しい生活リズムを作る、ストレスを軽減するなど、日常生活の中で配慮する方法があります。また、症状が深刻である場合には、医師から睡眠障害の内服薬が処方されることもあります。ただし、薬物療法は、副作用がある場合があるため、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。

治療期間ってどのくらい?

夜驚症は、だいたい小学校高学年に上がる頃には自然に治まることが多いです。ただし、個人差があります。疲れや脳の発達が落ち着くことなどが原因で、発症が減少することがあります。

病院に行くタイミングとは

夜驚症が繰り返し発生し、子どもや家族の睡眠に深刻な影響を与えている場合は、専門家に相談することが重要です。医療機関では、夜驚症の原因や症状を詳しく聞き取り、必要に応じて検査や治療を行います。例えば、ストレスが原因の場合はカウンセリングやリラクゼーション法が効果的なことがあります。また、睡眠環境の改善や適切な睡眠時間の確保など、日常生活における対策も提案されます。専門家のアドバイスをもとに、夜驚症に対して適切な対処方法を見つけていきましょう。

夜驚症に悩んでいる場合は、小児科を受診しましょう。診察時には、夜驚症の症状や継続期間、原因と思われるものについて詳しく説明することが大切です。また、夜驚症以外にも、子どもがストレスを感じるような環境の変化や、今頑張っていることなどがあれば、医師に伝えることも重要です。それによって、医師は適切な治療法や対処法を提案することができます。

まとめ

夜驚症について、「夜驚症の子どもは頭がいい」という説は信憑性に欠けます。夜驚症になりやすい子どもには、緊張感の高い性格やストレスを感じやすい性格の子どもが挙げられます。夜驚症と発達障害の関連性については、研究が進んでいますが、詳細は不明な点が多くあります。治療には、ストレスの軽減や睡眠環境の改善、睡眠薬の処方、行動療法などがあります。夜驚症が発達障害と関連している場合は、発達障害の治療も同時に行う必要があります。親が子供の睡眠環境を整えることで、夜驚症が改善する場合があるため、親も積極的に関わることが大切です。

夜驚症に悩んでいる場合は、小児科を受診しましょう。診察時には、夜驚症の症状や継続期間、原因と思われるものについて詳しく説明することが大切です。また、夜驚症以外にも、子どもがストレスを感じるような環境の変化や、今頑張っていることなどがあれば、医師に伝えることも重要です。それによって、医師は適切な治療法や対処法を提案することができます。

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today