発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法

author:dekkun
熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法と記載されたイラスト

子どもが熱を出したとき、ただの発熱とは違う異変を感じたことはありませんか?熱によって引き起こされる「熱せん妄」は、子どもの健康に一時的ながらも混乱をもたらす可能性があります。このコラムでは、熱せん妄が何であるか、そしてどのような子どもがなりやすいのか、その傾向と予防法について解説します。

熱せん妄とは? – 高熱による一時的な心の混乱

熱せん妄の定義

熱せん妄は、38.5度以上の高熱が引き起こす一時的な精神状態の混乱です。幼児期から学童期にかけての子どもに多く見られ、熱が引くと症状も自然に治まります。

主な症状

子どもが熱せん妄になると、以下のような症状が現れることがあります。

  • 意識の混濁
  • 幻覚の体験
  • 不安や興奮状態
  • 混乱や理解が難しい行動

熱せん妄になりやすい子の特徴

年齢の傾向

熱せん妄は、特に3歳から7歳の幼児期から学童期の間の子どもに多く見られます。この年齢層の子どもは、高熱によるせん妄状態を経験しやすいとされています。

体質的な特徴

体質的に熱が出やすい子どもや、免疫反応が特に活発な子どもは、熱せん妄になりやすいと考えられています。これらの子どもは、体温の上昇に伴い、精神的な混乱を経験するリスクが高まります。

既往歴の影響

過去に一度でも熱せん妄を経験した子どもは、再び同様の状態になる可能性があるとされています。一度熱せん妄を経験すると、高熱時に同じ反応を示しやすくなる可能性があります。

熱せん妄の対処法

熱せん妄は、子どもにとっても保護者にとっても不安な状態です。しかし、適切な対処を行うことで、子どもの快適性を保ち、早期に症状を改善することが可能です。以下は、熱せん妄に対する効果的な対処法です。

1. 速やかな医師の診断

熱せん妄の兆候を発見した際は、迅速に医師の診断を受けることが最優先です。専門家による正確な評価と適切な治療の提供が、子どもの状態を安定させるために重要です。

2. 体温の管理

高熱が熱せん妄を引き起こす主な原因であるため、解熱剤の使用や冷却方法によって体温を効果的に下げることが必要です。これには、冷たいタオルでの拭き取りや、適切な服装の調整が含まれます。

3. 安心できる環境の提供

子どもが不安や興奮を感じやすい状態にあるため、静かで安心できる環境を整えることが大切です。熱せん妄を経験している子どもにとって、落ち着ける空間は、心身のリラックスに役立ちます。

4. 水分補給の徹底

熱せん妄による興奮状態や高熱は、脱水のリスクを高めます。定期的な水分補給は、脱水を防ぎ、子どもの体調を維持するために不可欠です。

熱せん妄の予防策

熱せん妄を完全に予防する確実な方法は存在しませんが、発熱への迅速な対応や日頃からの体調管理により、リスクを低減させることが可能です。子どもが高熱に見舞われた際には、以下の予防策を講じることが推奨されます。

発熱時の迅速な対応

子どもが熱を出し始めた際は、早期に対応し、必要に応じて解熱剤を使用するなどして体温を管理します。

体調管理の徹底

日頃から子どもの健康状態に注意を払い、予防接種を含めた健康管理を適切に行います。

症状の早期発見

熱せん妄の症状に早期に気づくことができれば、適切な対応をとることで、状態の悪化を防ぐことができます。

高熱への適切な対処

高熱が見られる場合は、子どもの状態を慎重に観察し、症状が重い場合は速やかに医療機関を受診します。

熱せん妄は、子どもと保護者にとって不安を感じる状態ですが、知識を持つことで冷静な対応が可能になります。高熱に対する迅速かつ適切な対応を心がけ、子どもの安全と健康を守りましょう。

まとめ

熱せん妄は驚くほどの速さで現れ、そして消え去りますが、その短い期間は子どもにとっても親にとっても大きなストレスとなり得ます。しかし、適切な知識と対応があれば、この不安定な状態を乗り越えることができます。熱せん妄に対する理解を深め、子どもが快適に回復へ向かうための支援を心掛けましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today