発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【知的障害の全体像】原因、特徴、診断方法までを理解する

author:dekkun
【知的障害の全体像】原因、特徴、診断方法までを理解すると記載されたイラスト

知的障害は、学習、理解、問題解決などの知的機能において顕著な制限が見られる状態を指します。この状態は、個々の発達過程や日常生活に大きな影響を及ぼし得ます。しかし、知的障害を持つ人々が直面する課題は、適切なサポートと理解によって大きく軽減されることも事実です。このコラムでは、知的障害の基本的な特徴や症状、診断方法について掘り下げ、なぜ知的障害が生まれるのかという疑問にも迫ります。

知的障害の基本理解

知的障害、または精神遅滞は、知的発達における障害を指し、個人の知的能力や日常生活、社会生活をこなす適応機能に影響を与えます。この障害は、知能指数(IQ)に基づいて軽度から最重度までの範囲で分類されることがあります。

支援の重要性

知的障害を持つ子どもたちに対しては、彼らの特性を理解し、適切な支援を提供することが非常に重要です。支援は、子どもたちが日常生活や社会生活で直面するさまざまな課題に対処し、社会的適応性を高める手助けとなります。

知的障害の幼児期の特徴と発見

知的障害は幼児期に発見されることが多く、特に言葉の遅れ、遊びや生活習慣の発達が遅いといった特徴を通じて気づかれることがあります。

心理的な特徴

認知能力上の障害

理解や判断、思考、課題解決の能力に弱さが見られます。

言語活用能力上の障害

言葉の理解や読み書き、言葉の操作に難しさがあります。

社会関係理解の遅れ

感情や情緒、社会関係における理解に一部遅れがあります。

知的障害の原因と症状

原因は、遺伝子要因や出生前の環境要因、さらには脳の中枢神経系疾患によるものが挙げられます。

出生前要因

ダウン症などの染色体異常、代謝変性疾患など遺伝子要因が多く、脳形成異常症も含まれます。

環境要因

周産期感染症や中毒など、子宮内発育遅延や新生児仮死が原因である場合もあります。

幼少期に見られる症状の程度

最重症

目が合わない、笑わない、首が座らないなど、知的及び運動発達に顕著な遅れが見られます。

中度

3歳児健診で言葉の遅れが発見されることがあります。乳幼児健診でこれらの症状が発見されることが多いです。

軽度

就学後に対人関係や学習面での困難が目立ち始め、この時期に発見されることがあります。

知的障害を持つ子どもたちの発達は個々に異なり、適切な時期に発見し、必要な支援を提供することが重要です。早期発見と早期介入によって、子どもたちの生活の質を向上させ、可能性を最大限に引き出すことができます。

知的障害の理解と診断

知的障害は、知的能力の発達に関する障害であり、「知的障害」や「精神遅滞」とも称されます。この障害は、知的能力と日常生活や社会生活で必要とされる適応機能に顕著な制限がある状態として定義されます。重要なのは、この障害が教育やしつけの結果ではなく、発達期から存在する脳機能の特性に基づくものであるということです。

主要な診断基準

知的障害の診断には、世界保健機構(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)やアメリカ精神医学会(APA)の診断統計マニュアル(DSM-5)など、国際的に認められた基準が用いられます。これらは、知的機能の評価と適応機能の両方を考慮し、個人の状態を多面的に捉えるための指針を提供します。

ICD-10

精神遅滞として知的障害を記述し、知的機能と日常的な適応能力の制限を強調します。

DSM-5

発達期に始まる知的機能と適応機能の欠陥を基に知的能力障害を定義し、これまでの「知的障害」という用語を「知的能力障害群」として更新しました。

診断のための評価

診断過程では、知能検査や適応能力検査などが行われます。これらは、個々の知的能力や日常生活での対応能力を測定し、支援が必要な程度を判断するために重要です。知的障害の診断は、単に知能指数(IQ)の数値によるものではなく、個人が社会生活や学校、職場などで遭遇する実際の困難に焦点を当てて行われます。

知的障害に対する正確な理解と適切な診断は、個々のニーズに合わせた支援を提供し、その人が持つ可能性を最大限に引き出すために不可欠です。各人の状況や背景を丁寧に評価し、必要なサポートを行うことが重要であり、社会全体での理解と支援体制の充実が求められます。

特別支援学校における教育のアプローチ

特別支援学校では、知的障害を持つ児童生徒の日常生活や将来の自立と社会参加を支援するための教育を行います。ここでは、生活スキルの向上と社会で活躍できる能力を育てるための教え方について解説します。

知的障害の学習上の特性

知的障害を持つ児童生徒は、認知や言語の理解、社会的な関係構築に困難を感じることがあります。これにより、意思疎通、安全意識、労働能力、余暇の利用において、同年齢の子どもと比べて適応能力が低い場合があります。成功体験が得られにくく、学習に対する意欲が低下することもあります。

自立と社会参加を目指した教育

特別支援学校では、実生活に即した教育プログラムを通じて、児童生徒が日常生活で必要なスキルを学びます。教育内容は、生活の自立を目指し、以下のような目標が設定されます。

数学日常生活に必要な計算能力や金銭、時計、カレンダーの使用方法を学びます。
言語基本的なコミュニケーションスキルの習得を目指します。
社会社会のルールや役割について理解を深めます。

教育方法の工夫

特別支援学校の教育では、以下のような工夫を凝らしています。

教科を統合した指導実生活で遭遇する状況を模倣し、複数の教科の知識を統合して学びます。
実践的な学習「買い物の仕方」など、実生活で直接使える知識や技術を重視します。
個別のニーズに応じた支援児童生徒一人ひとりの特性に合わせた教育を行います。

教育の目的は、学習内容がどのように実生活に反映されるかを重視し、児童生徒が日常生活で自立して活動できるようにすることです。知的障害を持つ子どもたちが、学校で学んだ知識や技能を生活に活かし、社会の一員として充実した生活を送れるよう支援します。

発達期における様々な障害への理解と支援

知的障害だけではなく、発達期に長期的な支援を必要とする障害は多岐にわたります。これらには自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、脳性まひなどが含まれます。これらの障害を持つ子どもたちは、社会生活や社会への参加を支援するための特別な配慮や支援が求められます。

発達障害の多様性

発達障害は一つ一つが異なる特性を持っています。例えば、ASD(自閉スペクトラム症)を持つ子どもは、社会的コミュニケーションや柔軟な思考に困難を感じることがあります。ADHDを持つ子どもは、注意の維持や衝動性の管理に課題を抱えることが多いです。LD(学習障害)は、特定の学習活動(読む、書く、計算する)において困難が見られます。脳性まひは、運動機能に障害があるため、身体的な支援が必要になることがあります。

支援の必要性

これらの障害を持つ子どもたちには、幼児期からの環境改善や教育的な支援が極めて重要です。早期からの適切な介入によって、子どもたちの社会参加や自立の可能性を高めることができます。家庭、学校、地域社会が連携し、各障害の特性に合わせた支援を行うことで、子どもたち一人ひとりの可能性を最大限に引き出すことが期待されます。

総合的な支援の視点

発達障害を持つ子どもたちへの支援は、単に教育や療育にとどまらず、社会的な参加や生活全般にわたる包括的なものであるべきです。それには、障害への正しい理解と共感、社会全体での受け入れの促進が不可欠です。発達障害のある子どもたちが、それぞれの能力に応じて充実した生活を送れるよう、社会全体で支援の手を差し伸べることが大切です。

まとめ

知的障害を理解することは、当事者やその家族だけでなく、社会全体にとって重要です。適切な支援や教育、就労機会の提供は、知的障害を持つ人々が自分らしく、充実した人生を送るために不可欠です。このコラムを通じて、知的障害についての理解が深まり、より包括的なサポート体制の構築へと繋がることを願います。知的障害に対する正しい理解と対応が、より公正で包摂的な社会への第一歩となるでしょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today