発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子供を守る未来の計画、障害を持つお子様のための『親亡き後』の準備

author:dekkun
子供を守る未来の計画、障害を持つお子様のための『親亡き後』の準備と記載されたイラスト

親として、私たちが最も望むことは、子供が安全で幸せな未来を持つことです。しかし、障害を持つお子様を育てる際には、特別な配慮と計画が必要となります。特に、「親亡き後」の準備は、早期から考えるべき重要な課題です。このコラムでは、障害を持つお子様のための「親亡き後」の準備について、実用的で心温まるアドバイスを提供します。

障害を持つ子どもの未来を守るための資産管理

障害を持つお子様の未来を安心させるために、親亡き後の資産管理と法的保護について、家族のための実践的ガイドを提供します。

親がいない後の子どもの金銭管理

障害のある子どもをもつ親の大きな心配事は、自分がいなくなった後の子どもの生活費や金銭管理です。特に判断力に課題がある場合、子ども自身での管理は難しいです。しかし、幸いにも親が生前に準備できる方法があります。

遺言、後見制度、信託の組み合わせ

「親亡き後問題」への対応は、遺言、成年後見制度、家族信託という3つの要素を上手く組み合わせることで可能になります。遺言は公正証書遺言として正確に作成することが重要です。しかし、遺言だけでは十分ではなく、子どもが財産を適切に管理できるかは、別の対策が必要です。

財産管理のための信託と後見制度

信託は、定期的にお金を子どもに給付する仕組みを作るのに有効です。信託銀行などへの財産の委託も一つの方法です。さらに、第三者による財産管理や支援が必要であれば、成年後見制度の利用も考えられます。

負担付き遺贈の活用

負担付き遺贈は、特定の義務を条件に財産を遺す方法です。これにより、法人や施設に対してお子さんへの定期的な給付やケアを義務付けることができます。ただし、負担付き遺贈をする際は、相手方との事前の合意が必要で、信頼できる相手を選ぶことが重要です。

障害を持つお子様の将来を守るためには、適切な金銭管理と資産の準備が不可欠です。親としてできる準備をして、お子様の安心した未来を確保しましょう。

安心の成年後見制度:適切な選択で子どもの未来を守る

成年後見制度を通じて、障害を持つお子様の安心と保護を確実にする方法をわかりやすく解説します。

成年後見制度の基本

成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の2種類があり、どちらを選ぶかは大切な決定です。この制度を利用するかどうかは、子どもの状況に合わせて慎重に検討する必要があります。利用すると、原則として途中でのやめることが難しいためです。

法定後見と任意後見の違い

任意後見のメリットは、子ども本人が自由に後見人を選べる点です。一方で、法定後見は家庭裁判所が後見人を選任し、専門家が後見人になることが多いです。しかし、親族が後見人に選ばれることも多く、決定は裁判所によります。

任意後見制度のデメリット

任意後見制度には取消権がないことが大きなデメリットです。不当な契約や高額な商品の購入を防ぐことが難しいため、慎重な検討が必要です。

子どもの未来のために、成年後見制度の選択は重要です。適切な選択を行い、子どもの安全と幸福を確保しましょう。

障害を持つお子様のための任意後見制度:安心の選択肢

法人を後見人にするメリット

任意後見制度では、社会福祉法人などの法人を後見人に選ぶことも可能です。個人後見人に比べて、法人ならば財産管理におけるリスクが少なくなるというメリットがあります。

判断能力と契約締結

知的障害があるお子様が任意後見の契約を結ぶためには、契約の判断能力が必要です。契約内容を理解できるかどうかは公証人が個別に確認しますが、明確な基準はありません。

未成年者の任意後見契約

未成年のお子様の場合、親権者である親が代わって契約を結ぶことが可能です。この場合、お子様の判断能力は問題になりません。

任意後見制度を活用することで、障害を持つお子様の未来を安心かつ確実に守ることができます。適切な後見人の選択が大切です。

親亡き後の子どもの住まいと生活:安心のための準備

親亡き後の障害を持つお子様の住まいと生活のための準備方法を、具体的に紹介し、安心の生活基盤を築くためのポイントを解説します。

親と同居している場合の準備

親と同居している障害を持つ子どものために、親がいない時の生活環境に慣れるための準備が重要です。ショートステイなどを利用して、第三者の支援を受ける環境に徐々に慣れさせることをお勧めします。

成年後見人の早期準備

親が健在なうちに、信頼できる成年後見人を探し、指名することも重要です。後見人は、親が認知症になった場合でも子どもの住まいや財産管理をサポートできます。

施設に住む子どもの金銭管理

すでにグループホームなどに住んでいるお子さんの場合、金銭管理のサポート方法を考える必要があります。施設の金銭管理サービスの利用や、成年後見制度を活用して後見人に管理を依頼する方法があります。

親亡き後のお子様の生活に備えて、住まいや金銭管理について早期から準備を始めることが重要です。将来への安心を得るためのステップを踏んでいきましょう。

親亡き後の手続きをスムーズに: 遺言執行と死後事務委任の重要性

親亡き後の子どものための重要な手続きについて、遺言執行と死後事務委任契約の準備とその効果をわかりやすく解説します。

遺言執行者の役割

親が亡くなった後の葬儀や相続手続きをスムーズに行うためには、信頼できる「遺言執行者」を選ぶことが重要です。遺言執行者は、遺言書により指定され、相続に関する手続きを代行します。

死後事務委任契約の活用

遺言執行者とは別に、葬儀や病院の費用精算などを担う「死後事務委任契約」を結ぶことも有効です。この契約では、死後の事務を専門家に任せることができます。

死亡届の提出と任意後見契約

死亡届の提出は特定の人に限られているため、死後事務委任契約を結ぶ際は、同時に任意後見の契約も検討することが重要です。

親亡き後に生じる様々な手続きに備えて、遺言執行者や死後事務委任契約の準備をしておくことで、子どもの未来を安心させることができます。

まとめ

親亡き後の準備は決して容易な道ではありませんが、愛するお子様の未来を考えることは、親としての最大の責任です。今日ご紹介したステップを踏むことで、子供の安心と幸福を確実なものにしましょう。次の世代へ愛を継承する旅は、今日から始まります。

こちらも参考にどうぞ

成年後見人の役割と責任、生活から法的保護までと記載されたイラスト
成年後見人とは、判断能力に制約がある方々を支援し、彼らの生活を守る重要な役割を担う人々です。このコラムでは、成…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today