発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ミュンヒハウゼン症候群解明!チェックリストと発達障害・パーソナリティ障害との関連性

author:dekkun
ミュンヒハウゼン症候群解明!チェックリストと発達障害・パーソナリティ障害との関連性と記載されたイラスト

「ミュンヒハウゼン症候群」という言葉を耳にしたことはありますか?この謎に満ちた精神障害は、時として発達障害やパーソナリティ障害と合併し、患者やその周囲の人々に深刻な影響を与えることがあります。今回のコラムでは、ミュンヒハウゼン症候群の基本的な特徴、それを自己診断するためのチェックリスト、そしてこの症候群が他の精神障害とどのように関連しているのかについて深く掘り下げていきます。「かまってちゃん」という俗語に隠された真実も明らかにしていきましょう。

ミュンヒハウゼン症候群って何?

ミュンヒハウゼン症候群は、心の病気の一種です。この病気では、人が自分が病気やケガをしていると嘘をついて、周りの人から注目や同情を引き出そうとします。この病気は、ちょっと変わったドイツの貴族の名前からきていて、実は医学的な正式な名前ではないんですよ。ふだんは「虚偽性障害」と呼ばれています。

日本でのミュンヒハウゼン症候群

日本では、この病気になる人の割合ははっきりしていません。でも、ほんの少しの人に、この病気の特徴が見られると言われています。

代理ミュンヒハウゼン症候群もあるんです

代理ミュンヒハウゼン症候群というのは、自分じゃなくて他の人、たとえば自分の子どもをわざと病気にして、注目を集めようとする病気です。日本でも、母親が自分の子どもを病気にして、献身的な母親のように見せかけた悲しい事件がありました。この母親は、子どもがずっと病気であることで、入院を続けさせようとしていたのです。

ミュンヒハウゼン症候群の症状ってどんなもの?

ミュンヒハウゼン症候群の人は、他の人から注目を集めるために、自分が病気や怪我をしていると嘘をついたり、小さなことを大げさに話したりすることがあります。この病気の特徴は、お金や物を得るためじゃなく、ただ人々の関心を引きたいという気持ちから行動することです。

ミュンヒハウゼン症候群の主な症状

注目を引くための行動

ミュンヒハウゼン症候群の人は、他の人の注意を引くために、病気や怪我をしていると嘘をつくことがあります。これには、小さなことを大げさに話すことも含まれます。

精神的な満足を求める動機

この病気の大きな特徴は、お金や物質的なものではなく、人々の関心を引きたいという精神的な動機から来ています。

自己傷害や検査の操作

自分をわざと傷つけたり、病気の人の検体と自分の検体を入れ替えたりして、病気のふりをすることがあります。

仮病との違い

仮病はお金や休暇を目的としていますが、ミュンヒハウゼン症候群の場合は、注目を集めるために、リスクのある手術や検査にも積極的に協力する傾向があります。

ミュンヒハウゼン症候群が起こる原因って何?

ミュンヒハウゼン症候群の原因はまだ完全には解明されていませんが、いくつかの可能性について考えられています。

幼少期の経験

この病気を持つ人の中には、子供の頃に精神的、身体的な虐待を受けた経験がある人がいます。このような辛い経験が、後に病気を装う行動につながることがあるのです。

小児期の疾患や家族環境

また、幼い頃に自分自身が重い病気を経験したり、重病の家族がいたりすると、その影響でミュンヒハウゼン症候群が発生することもあります。

発達障害やパーソナリティ障害との関連

発達障害やパーソナリティ障害(特に境界性パーソナリティ障害)と関連があることも指摘されています。

病気を装う理由

人が病気を装う理由はさまざまですが、その一つには、人間関係や仕事上の問題を病気のせいにすることや、医療関係者との関わりを通じて自分を特別な人間と感じたり、自尊心を保つための行動として病気を装うことがあります。

ミュンヒハウゼン症候群かもしれないと思ったらチェックしてみよう

ミュンヒハウゼン症候群を疑う時、以下のような点に注意してみましょう。

誇張された病歴

この病気を疑う時、まず注目したいのは、その人の病歴です。本当に起こっているように話すけれど、内容が大げさで、時間が経つと話が変わっていたり、矛盾していたりすることがあります。このように、一貫性がない病歴は、ミュンヒハウゼン症候群の典型的な特徴の一つです。

治療で悪化する症状

通常、治療を受ければ症状は改善するはずですが、この病気の場合は逆に悪化することがあります。これは、本人が治療を受けても症状を改善させようとしない、あるいは意図的に悪化させる行動をとるからかもしれません。

症状の絶え間ない変化

治療が終わるとすぐに新しい症状が出たり、一つの病院での治療が終わるとすぐに別の病院に行ったりするのも特徴です。これは、病気や治療を通じて注目を集め続けようとする心理が働いているためです。

医療知識が豊富

意外に思われるかもしれませんが、ミュンヒハウゼン症候群の人は医療に関する知識が豊富なことが多いです。これは、医療従事者を説得しやすくするため、または自分の症状をより信じさせるために、医療に関する情報を深く学ぶことによるものです。

検査や手術への異常な積極性

この病気の人は、通常の人が避けがちな手術や検査を、逆に積極的に受けることがあります。これは、医療行為を通じて注目を集めたい、あるいは病気の「役割」を演じ続けたいという心理があるからです。

多くの医師や病院を転々とする

過去に多くの異なる医師や病院を訪れている歴史がある場合も、ミュンヒハウゼン症候群の可能性があります。これは、新しい医療環境で病気の存在を再確認しようとする行動から来るものです。

医師との情報共有に抵抗

以前の医師や家族との情報共有に抵抗することも、この病気の特徴の一つです。これは、自分の病気に関する嘘や誇張が露見することを恐れるためかもしれません。

ミュンヒハウゼン症候群の治療方法

ミュンヒハウゼン症候群の治療は少し難しいですが、理解しておくと役立ちます。

患者が求める治療への対応

患者さんが偽っている病気のために治療を受けると、一時的には楽になることもあります。しかし、その後、新しい症状を訴えて別の治療を求めることが多いんです。だから、本当に必要のない治療をしないことが、治療の大切なポイントになります。

根本原因の治療

ミュンヒハウゼン症候群の背後にある発達障害やパーソナリティ障害の治療が、問題解決に効果的です。この病気の根底にある心の問題を治療することで、症状の改善が期待できます。

精神科の受診

自分自身がミュンヒハウゼン症候群かもしれないと感じたら、精神科の受診がおすすめです。カウンセリング治療を通して、症状の悪化を防ぎ、他の精神的な問題がないかも診断できます。

周囲の対応

周りの人がミュンヒハウゼン症候群である可能性に気づいた場合、本人が精神科を受診するように勧めることが大切です。ただし、本人の気持ちを尊重し、自尊心を傷つけないようにする必要があります。例えば、本人が通っている医療機関に相談して、そこから精神科の受診を勧めてもらうのが良い方法です。

まとめ

ミュンヒハウゼン症候群は複雑で、時には他の精神障害と交錯することがあります。今回のコラムを通じて、この症候群の深層に触れ、それが発達障害やパーソナリティ障害とどのように結びついているかを理解していただけたことでしょう。もしあなたやあなたの周りの誰かがミュンヒハウゼン症候群の兆候を示していると感じたら、専門家の助けを求めることが重要です。この症候群を理解することは、それを抱える人々への理解と支援につながります。私たちは皆、より健康で理解し合える社会を目指すべきです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today