発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

赤ちゃんの発育に欠かせない!ずりばいはいつから?始まりと練習法

author:dekkun
赤ちゃんの発育に欠かせない!ずりばいはいつから?始まりと練習法

赤ちゃんが成長するにつれ、ずりばいが始まります。ずりばいは、四つんばいの姿勢からお尻を前に滑らせる動きで、ハイハイに繋がる重要なステップです。今回は、ずりばいについて詳しく解説します。

ずりばいってなに?赤ちゃんにとって重要なステップ!

赤ちゃんがずり這いをしている様子の写真

赤ちゃんが成長するにつれ、ずりばいという動きが始まります。この「ずりばい」という言葉、聞いたことがありますか?

赤ちゃんにとってずりばいは、体幹の安定や筋力の発達に欠かせない重要なステップです。また、ずりばいの練習は視覚・聴覚・触覚など、五感を刺激するため、脳の発達にも大きく関わっています。

さらに、ずりばいの練習はママやパパとのコミュニケーションを深める良い機会でもあります。楽しみながら赤ちゃんとずりばいの練習をし、成長を見守りましょう。

ずりばいは、赤ちゃんが自分で動くための一歩として、魅力的なステップです。赤ちゃんの成長を促進するためにも、ぜひずりばいの練習を始めてみてください。

赤ちゃんの五感を刺激する!ずりばいの練習がもたらす驚くべき効果

女性医師のイラスト

赤ちゃんがずりばいの練習をすることで、五感が刺激され、脳の発達に大きく貢献していることをご存知ですか?今回は、ずりばいの練習がもたらす赤ちゃんの五感刺激と脳の発達について詳しく解説します。

ずりばいっていつから始まるの?

赤ちゃんがずりばいを始めるのは、おおよそ6ヶ月頃からです。この時期になると、首が座って体幹が安定するようになり、四つんばいの姿勢を取ることができるようになります。

五感刺激とずりばいの練習

ずりばいの練習は、赤ちゃんの五感を刺激することができます。手で地面を触る感覚や、目で周囲を見渡すことによる視覚刺激、自分の身体を感じる触覚刺激など、多くの感覚を同時に刺激することができます。これらの刺激は、脳の神経回路を活性化させ、健やかな発達に繋がります。

ずりばいの練習法

赤ちゃんがずりばいを始めるためには、まずは四つんばいの姿勢を保つことが大切です。その後、お尻を前に滑らせるように促すと、自然にずりばいの動きが出てきます。また、ママやパパが手を添えて支えることで、赤ちゃんが安心してずりばいを練習できる環境を作ることも重要です。

脳の発達とずりばいの練習

ずりばいの練習は、脳の発達にも大きく貢献します。脳は、外界からの刺激によって発達していきます。ずりばいの練習によって刺激される五感は、脳にとって必要不可欠な刺激です。また、ずりばいによって促される運動により、脳の神経回路が発達し、思考力や認知能力の向上にも繋がります。

ずりばいとハイハイの違いは?

ずりばいとハイハイは、どちらも移動するための重要なステップですが、違いがあります。ずりばいはお尻を前に滑らせる動きで、ハイハイは腕と足を使って這うように移動します。また、ずりばいは移動速度が遅いため、ハイハイよりも手の届く範囲が狭いです。

赤ちゃんの成長に欠かせないずりばいの練習は、五感を刺激することで脳の発達に大きく貢献します。手で地面を触ったり、周囲を見渡したりすることで、赤ちゃんの感覚を豊かに刺激し、脳の神経回路を発達させることができます。ぜひ、赤ちゃんと楽しくずりばいの練習をして、成長を見守りましょう。

赤ちゃんがずりばいをしない理由とその対処法

家族の表情セット 全身

ずりばいは、赤ちゃんの成長に欠かせないステップですが、赤ちゃんがずりばいを始めない場合があります。その理由と対処法について、詳しく解説します。

ずりばいは、赤ちゃんの成長に欠かせないステップですが、赤ちゃんがずりばいを始めない場合があります。首の未発達や体幹の不安定、足の筋力不足などが原因となることがありますが、適切な対処法を見つけるためにも、医師や専門家に相談することが重要です。早期に対処することで、赤ちゃんの成長を促進することができます。

首の未発達

首がまだ座っていない場合、ずりばいが難しいことがあります。首の筋力が弱い場合は、首を支えるための筋肉を鍛えるための運動を行うことが大切です。

体幹の不安定

ずりばいをするためには、体幹が安定していることが必要です。体幹が不安定な場合は、体幹の筋肉を鍛える運動を行うことが有効です。

足の筋力不足

ずりばいの動きには、足の筋力が必要です。足の筋力が不足している場合は、赤ちゃんが寝返りを打つなどの運動をすることで、筋力を鍛えることができます。

専門家のサポート

赤ちゃんがずりばいを始めない場合は、医師や専門家に相談することをおすすめします。早期に専門家のサポートを受けることで、適切な対処法を見つけることができ、赤ちゃんの成長に繋がります。

発達障害とずりばいの関係

男性医師のイラスト

発達が気になるまたは発達障害の子どもたちにとって、ずりばいは特に重要なステップです。ずりばいの練習により、脳や神経系の発達が促進され、ハイハイや歩行につながります。

しかし、発達が気になるまたは発達障害の子どもたちは、ずりばいを始めるのが遅かったり、困難があることがあります。発達障害には、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、発達障害(DD)、知的障害(ID)などがあります。これらの障害に共通しているのは、感覚情報の処理が不十分なことです。そのため、発達が気になるまたは発達障害の子どもたちは、ずりばいを始めるのが遅かったり、困難があることがあります。

例えば、ASDの子どもたちは、感覚過敏・過少の症状があるため、手で地面を触る感覚が苦手だったり、音に敏感でブーンという音に反応しなかったりすることがあります。また、ADHDの子どもたちは、運動制御が難しいため、四つんばいの姿勢を保つことができなかったり、興味を引く刺激がないと集中が途切れたりすることがあります。そのため、専門の支援を受けながら、個々のペースに合わせたずりばいの練習が必要となります。

発達が気になる子どもとずりばいの練習

発達に遅れがある子どもたちには、ずりばいの練習が必要ですが、個々のペースに合わせた支援が必要です。例えば、感覚情報の処理が不十分な子どもたちは、手で地面を触る感覚が苦手だったり、音に敏感だったりすることがあります。また、運動制御が難しい子どもたちは、四つんばいの姿勢を保つことができなかったりすることがあります。

ずりばいの練習と発達支援

発達が気になる子どもたちは、ずりばいの練習が必要ですが、個々のペースに合わせた支援が必要です。専門の支援を受けながら、子どもたちが自分のペースでずりばいの練習を進めることが大切です。ずりばいの練習は、体幹の安定や筋力の発達に欠かせないだけでなく、視覚・聴覚・触覚などの五感を刺激することで、脳の発達にも大きく関わっています。適切な支援を受けながら、ずりばいの練習を通して、子どもたちの成長を促進しましょう。

赤ちゃんと一緒に楽しむ!飛行機ブーンでずりばいの練習

赤ちゃんが両手を広げている写真

赤ちゃんと一緒に楽しくずりばいの練習ができる方法として、「飛行機ブーン」があります。これは、赤ちゃんを寝かせた状態から持ち上げ、ブーンと飛行機の音を出しながらお尻を前に滑らせる動きをするものです。赤ちゃんは楽しみながらずりばいの動きを覚えることができます。

飛行機ブーンとは?

飛行機ブーンとは、赤ちゃんを寝かせたまま、手足を持ち上げて上下に揺らしながら、「ブーン」という音を出して遊ぶ方法です。この遊びは、赤ちゃんの体幹の安定性や筋力の発達につながるとされています。

ずりばいの練習にも効果的

飛行機ブーンは、赤ちゃんがずりばいをする際の体幹の安定性や筋力の発達に効果的です。また、飛行機ブーンを行うことで、赤ちゃんの身体の重心移動を促進し、ずりばいの練習にもつながるとされています。

注意点

飛行機ブーンを行う際には、以下の点に注意が必要です。

  1. 赤ちゃんの身体に負担がかかりすぎないように、優しく揺らしましょう。
  2. 飛行機ブーンの音量には注意が必要です。赤ちゃんの聴覚が敏感なため、大きな音が苦手な場合があります。
  3. 赤ちゃんが眠っている場合には、突然の揺れや音が驚かせてしまうことがあります。そのため、ゆっくりと優しく揺らしながら行うようにしましょう。

以上の点に気を付けながら、赤ちゃんと一緒に楽しく遊びながらずりばいの練習を促進する飛行機ブーンは、赤ちゃんの成長に役立つ遊び方の一つです。

障害児通所支援での発達支援

赤ちゃんと一緒に楽しくずりばいの練習ができる方法として、「飛行機ブーン」があります。これは、赤ちゃんを寝かせた状態から持ち上げ、ブーンと飛行機の音を出しながらお尻を前に滑らせる動きをするものです。赤ちゃんは楽しみながらずりばいの動きを覚えることができます。

障害児通所支援は、発達に課題を抱える子どもたちが専門の支援を受けながら、社会性や自立心などの発達を促進するためのサービスです。この中で、児童発達支援というサービスがあります。児童発達支援は、発達に課題を抱える子どもたちが、個別に支援を受けながら、適切な発達を促進するためのサービスです。ずりばいの練習も児童発達支援の一環として行われます。

児童発達発達支援を利用するメリット

障害児通所支援での児童発達支援には、以下のようなメリットがあります。

①のアイコンを持つ子ども

専門的な支援が受けられる

児童発達支援では、専門の支援者が子どもたちの発達状況を把握し、個別に支援を行います。そのため、より適切な支援が受けられることがメリットの一つです。

 

② のアイコンを持つ子ども

他の子どもたちとの交流ができる

障害児通所支援には、複数の子どもたちが参加しています。児童発達支援を通して、他の子どもたちとの交流ができることで、社会性やコミュニケーション能力の向上が期待できます。

③ のアイコンを持つ子ども

親や家族にとっても支援が受けられる

障害児通所支援では、子どもたちだけでなく、親や家族にも支援が受けられます。児童発達支援では、支援者との面談やアドバイスなどが行われることがあります。また、支援を受けることで、子どもたちの成長に対する不安やストレスが軽減されることが期待できます。

以上のように、障害児通所支援での児童発達支援には、専門的な支援が受けられることや他の子どもたちとの交流ができること、また親や家族にとっても支援が受けられることなど、多くのメリットがあります。

1歳半検診での相談も

赤ちゃんのずりばいに関する相談は、赤ちゃんの1歳半検診での相談や保健師などに気軽に相談することができます。赤ちゃんの成長には個人差があり、ずりばいが始まるタイミングや進み具合も異なります。保健師は、赤ちゃんの発達を総合的に評価し、適切なアドバイスをしてくれます。また、必要に応じて、医師や専門家への紹介も行ってくれます。赤ちゃんの健康や成長に関する相談は、早めに相談することで、適切な支援を受けることができます。

まとめ

ずりばいは、赤ちゃんが成長する上で重要なステップです。6ヶ月頃から始まり、四つんばいの姿勢を保ちながらお尻を前に滑らせる動きを練習します。ハイハイとは異なる動きで、赤ちゃんが手の届く範囲が狭いため、安全に見守ることが大切です。赤ちゃんがずりばいを始めない場合は、医師に相談することをおすすめします。また、発達障害の子どもたちにとっても、ずりばいは重要なステップであり、専門的な支援が必要となることがあります。楽しみながら赤ちゃんと一緒にずりばいの練習をしましょう。

参考サイトとしては、以下のものがあります。

  1. 「ずりばいの始まり時期はいつから?赤ちゃんがずりばいをするときの気になる疑問」(出典:Baby Calendar) https://www.babycalendar.jp/feature/detail/id=164
  2. 「ずりばいを促進する!飛行機ブーンの効果と注意点」(出典:赤ちゃんの成長応援団) https://www.akaiku-support.com/article/167103948.html

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today