発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

放課後等デイサービス成功の鍵:収益モデルと損益分岐点の徹底解説

author:dekkun
放課後等デイサービス成功の鍵:収益モデルと損益分岐点の徹底解説と記載されたイラスト

放課後等デイサービス事業は、社会的意義とともに経済的な機会も提供します。しかし、成功への道は財務戦略の理解から始まります。このコラムでは、放課後等デイサービスの収益モデル、売上形態、そして事業が利益を生むための損益分岐点について詳しく解説します。これらの要素を理解することで、事業計画の立案と実行がより確実なものとなります。

放課後等デイサービスの増加する需要と市場のチャンス

放課後等デイサービスの需要は急増し、市場は拡大しています。法改正により民間企業も参入可能になり、子どもたちの支援を通じて社会的な意義と経済的な利益を享受できるチャンスが広がっています。

需要の背景と法改正の影響

放課後等デイサービスは、6歳から18歳までの障害を持つ児童が放課後や休校日に利用する施設です。以前は限られた団体のみが運営可能でしたが、発達障害を持つ子どもたちの増加に伴い、施設が不足してしまいました。これを受けて、民間企業もサービス提供が可能となるよう法改正が行われました。

明確な市場の成長

厚生労働省の社会福祉施設等調査によると、放課後等デイサービス事業所の数は、平成26年に5,267事業所だったのが、令和2年には15,519事業所に大幅に増加しました。この数字は、社会全体でこの事業の必要性が高まっていることを示しています。

開業への大きなチャンス

この需要の高まりは、放課後等デイサービスを開業することを検討している方にとって大きなチャンスです。法改正により参入障壁が低くなり、市場の拡大が見込まれています。子どもたちの発達支援という社会的意義を持ちながら、経済的にも魅力的なビジネス機会を提供しているこの分野に、積極的に参入することをお勧めします。

放課後等デイサービスの安定した収益モデルと利用者の負担

公金による安定収入

放課後等デイサービスの収益モデルの大部分は、国や自治体からの公金によって成り立っています。サービスの売上の約90%が公金でカバーされ、残りの10%は保護者の負担となっています。この構造は、事業の安定した運営に大きく貢献しています。

利用者の負担上限とその影響

利用者の負担は、所得に応じて上限が設定されています。例えば、生活保護受給世帯や市民税非課税世帯では、利用料は全額免除され、年収890万円以下の世帯では月額4,600円、890万円以上の世帯では月額10,000円の上限が設けられています。このような制度設計により、多くの家庭が手軽にサービスを利用でき、事業所にとっては安定した顧客層を確保できます。

事業所開設のメリット

放課後等デイサービスを必要とする家庭が増えている現状では、新たな事業所の開設は大きなチャンスです。国や自治体からの安定した支援と利用者からの適度な負担により、サービス提供者は経済的安定性と社会的貢献を同時に実現できます。この収益モデルは、開業を考えている方にとって、放課後等デイサービスのビジネスが魅力的な選択肢であることを示しています。

放課後等デイサービスの魅力的な収益モデル詳解

放課後等デイサービスは安定した収益モデルを持ち、大部分の収入は国や自治体からの公金によって支えられます。所得に応じた利用者負担制度により、広範な家庭がサービスを利用しやすくなっています。

安定的な収入源:公金と利用者負担

放課後等デイサービスの大部分の収入は、国や自治体からの公金によって支えられています。売上の約9割が公金で、残りの1割は保護者の負担となっています。利用者の所得に応じて負担上限が設定されており、サービスの量にかかわらず、負担が一定以上になることはありません。

利用者負担の詳細

利用者の負担は、世帯所得によって異なります。生活保護受給世帯や市町村民税非課税世帯の場合は利用料が0円、年収890万円までは月額4,600円、890万円以上では37,200円が上限となっています。この仕組みにより、さまざまな家庭が利用しやすくなっています。

自治体からの報酬単価

自治体からの報酬は、平日と休校日で異なります。2022年3月現在、重心児放課後デイの1日の報酬単価は、平日18,300円、休校日21,120円と設定されています。例えば、定員100%の5名を預かる場合、平日の売上は91,500円、休校日は105,600円となります。

収益の安定性

自治体が9割以上の利用料金を負担しているため、売上の不安定さは他業種に比べて少なく、安定的な経営が可能です。この収益モデルは、放課後等デイサービスを開業する上で大きな魅力となり、多くの保護者からの需要が見込めます。

放課後等デイサービスの成功への道:市場調査から見える経営戦略

市場調査に基づき、放課後等デイサービス事業の差別化と収益性の高さを明らかにします。損益分岐点を超えるための稼働率の目安と経営のヒントを提供します。

差別化が成功のカギ

放課後等デイサービス市場は安定性を誇りますが、利用者の負担額は変動しないため、サービスの質、独自のコンセプト、特色ある療育プログラムで他社と差別化を図ることが不可欠です。

市場データを活用したビジネスモデル

市場調査から得られた1年間の収益データを基にすると、サービス業界では開業後の運営ノウハウが確立するまで稼働率が徐々に上昇する傾向にあります。開業初期には試行錯誤が必要ですが、時間と共に安定した運営が見込めることが示されています。

稼働率と損益分岐点の重要性

理想的な稼働率を100%としつつも、実際の業界動向を踏まえると約80%の稼働が現実的です。市場調査に基づくビジネスモデルでは、稼働率40%を損益分岐点としており、多くのサービス提供者が開業から半年以内にこのポイントを超え、収益化を実現しています。

開業への道:放課後等デイサービスの経済的魅力

財務的負担を軽減する初期投資

放課後等デイサービスは、他業種と比較して初期投資が少ないビジネスモデルを提供しています。経済産業省のデータによると、フランチャイズ事業の平均開業資金は3200万円ですが、放課後等デイサービスでは800万〜1000万円で開業可能。

放課後等デイサービス開業:市場調査に基づくフランチャイズvs独立開業

開業タイプメリットデメリット
フランチャイズ1. 初期投資が比較的少ない
2. 運営ノウハウの提供
3. 既存のブランド力を利用
1. ロイヤルティ費用が発生
2. 運営の自由度に制限
3. 地域性とのミスマッチの可能性
独立開業1. 運営の自由度が高い
2. 収益の全額獲得
3. 独自ブランドの構築
1. 初期投資の負担が大きい
2. 運営ノウハウの不足
3. 集客の課題

フランチャイズ開業のメリット

低い初期投資

放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟店は、独立開業に比べて開業資金が少なくて済む場合が多いです。

運営ノウハウの提供

フランチャイズ本部からの運営ノウハウの提供により、事業開始時のリスクを低減できます。

ブランド力

既存のブランド力を活用できるため、集客や信頼獲得が容易です。

フランチャイズ開業のデメリット

ロイヤルティ費用

売上の一部をフランチャイズ本部へ支払うロイヤルティが発生します。

運営の自由度

本部の規定に従う必要があり、サービスや運営の自由度が制限されます。

地域性の考慮

フランチャイズ本部の方針が地域の特性に合わない場合、調整が難しいことがあります。

独立開業のメリット

運営の自由度

サービス内容や運営方針を自由に決定でき、地域のニーズに柔軟に対応可能です。

収益の全額獲得

ロイヤルティの支払いがないため、収益を全額自社で再投資や分配が可能です。

独自ブランドの構築

長期的な視点で独自のブランド価値を築き上げることができます。

独立開業のデメリット

初期投資の負担

フランチャイズに比べて、初期設備投資や運転資金が大きくなる可能性があります。

ノウハウの不足

運営ノウハウがない場合、事業開始初期の失敗リスクが高まります。

集客の課題

独自ブランドの知名度がないため、集客に時間と労力がかかります。

独立開業の鍵:dekkun.コンサルティングと賢い資金調達

独立開業の際、dekkun.の専門コンサルティングと政策金融公庫などの資金調達が、開業の大きな障壁を取り除きます。フランチャイズの運営制限を克服し、自由度と利益率を最大化する道を示します。

dekkun.のコンサルティングサービスの利点

独立開業を考える際、dekkun.の開業コンサルティングサービスを利用することには大きなメリットがあります。専門的なノウハウとサポートを提供することで、開業プロセスをスムーズに進めることができ、運営初期のリスクを最小限に抑えることが可能です。dekkun.のサービスは、特に事業計画の策定、資金調達のアドバイス、そして運営のベストプラクティスを提供することにより、独立開業の成功率を高めます。

dekkun.の提供するメリット詳細
専門的なビジネスノウハウ独立開業に必要な事業計画策定や運営ノウハウを提供し、開業リスクを軽減。
資金調達の支援政策金融公庫などの資金調達方法についてのアドバイスを提供し、開業資金の調達をサポート。
運営の自由度フランチャイズの制約を受けず、地域のニーズに合わせたサービス提供が可能。
独自ブランドの構築独立開業による自社ブランドの価値創造と長期的なブランド戦略の支援。
長期的な利益確保ロイヤルティや本部への利益分配がないため、収益を全額事業再投資や分配に使用できる。
地域密着型の運営地域に根差したサービスを展開し、地域社会への貢献と顧客の獲得を目指す。

dekkun.が提供する開業支援のメリット

dekkun.のメリット詳細
法的サポート提携している弁護士法人からの専門的なアドバイスとサポートを提供。
不動産サービス物件探しにおいて仲介手数料が半額になるなど、コスト削減を実現。
総合的な開業支援法人設立、行政手続き、物件選定、備品調達、職員採用に至るまでの全面的なサポート。
経済的メリット物件探しの際の仲介手数料削減により、開業初期の大きな経費を抑えることが可能。
専門知識を活用開業に関するあらゆる疑問や不安に対し、専門知識を持つチームが対応。

資金調達の容易さ

政策金融公庫などの資金調達オプションが利用しやすい現在、独立開業時の費用は以前に比べて大きな障壁ではありません。これらの融資制度を活用することで、必要な初期投資をカバーしやすくなり、起業家精神に溢れる個人でも事業開始の機会を得ることができます。

フランチャイズ開業における懸念点

フランチャイズで最も問題になりがちなのは、運営の自由度の制限です。フランチャイズ本部の厳格な規定に従う必要があり、地域のニーズに応じた柔軟な対応が困難になる場合があります。また、フランチャイズ本部との利益分配やロイヤルティの支払いが、事業の利益率に影響を与える重要な要素となり得ます。

dekkun.の開業コンサルティングサービスを利用することで、これらのフランチャイズ特有の問題を回避し、独立開業の自由度と利益率を最大化することができます。これにより、起業家は自身のビジョンに忠実な事業を築き上げることが可能になり、市場で独自の立ち位置を確立することができるでしょう。

まとめ

放課後等デイサービス事業の収益モデルと損益分岐点に関する知識は、ビジネスの成功に不可欠です。このコラムを通じて、それらの重要な側面についての理解を深めていただけたことでしょう。これから開業を目指す皆さんには、これらの情報が事業計画を練る際の強力なツールとなり、成功への道を切り拓く助けとなることを願っています。次は、具体的な計画を立て、夢を現実に変える時間です。

放課後等デイサービスの開業ガイド:条件、基準、開業資金の解説と記載されたイラスト
放課後等デイサービスは、障がいのある6〜18歳の子どもたちを対象にした、大切な障がい福祉サービスです。学校の放…
calendar_today

弁護士法人AURAは福祉のパートナーです

弁護士法人AURAは福祉のパートナーですと記載されたイラスト

書籍が発売されました

本の表紙画像

障害者総合支援法は、障害者および障害児の日常生活や社会生活の支援、福祉の増進、障害の有無にかかわらず安心して暮らすことのできる地域社会の実現などを目的とした法律です。
法律(の条文)がわかりにくいのは、効果が発生するための要件(条件)をすべて網羅しなければ誤解を生じるため、日常用語の用法には従えないからです。読みやすくすれば正確性が犠牲になるため、難解でも正確性を優先せざるを得ないのです。本来、国民に周知しなければならない法律の条文が、とても一般人に判読できる代物ではなく、あたかもできの悪いジグソーパズルのようなものなのです。
本書は、読者が障害者総合支援法をなるべくカンタンに理解できるようにいろいろな工夫をすることで生まれましたが、今回の改訂では、まず最初に超重要なポイントを2行にまとめ、これを図表を用いて見開き2ページにまとめるという本書のコンセプトを踏襲しつつ、新たな章をもうけ、かつ、従前のものといれかえるなど全体を再構成することにより、旧版よりも読者の理解を早めるようにしました。関連する法律についてもその概要を解説しています。
本書が、障害者施設等で勤務する方々や利用者のご家族の一助となれば幸いです。

開業コンサルのご相談・お問い合わせ

ご相談は無料です。気軽にお問い合わせください

開業コンサル専用ダイヤル

※ 受付時間:平日 10:00 ~ 20:00

開業コンサル専用メールフォーム

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today