発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

放課後等デイサービスの開業ガイド:条件、基準、開業資金の解説

author:dekkun
放課後等デイサービスの開業ガイド:条件、基準、開業資金の解説と記載されたイラスト

放課後等デイサービスは、障がいのある6〜18歳の子どもたちを対象にした、大切な障がい福祉サービスです。学校の放課後や長期休暇中に利用でき、その特性から「障がい児の学童」とも呼ばれています。この記事では、放課後等デイサービスの開業条件と基準についてわかりやすく説明します。

放課後等デイサービス:成長する市場と経済的な機会

放課後等デイサービスは、社会的貢献と経済的成功を両立できるビジネス機会です。障害を持つ子どもたちへのサービス需要が増加し、市場は急速に拡大しています。財務的にも有望で、適切な運営とコスト管理で十分な利益を得る可能性が高まっています。

市場の急成長

放課後等デイサービスは、特に6歳から18歳の障害を持つ子どもたち向けのサービスで、近年、その需要が劇的に増加しています。2014年から2021年にかけて、利用者数と事業所の数が3倍以上に増えており、このサービスの市場は急速に拡大しています。

財務的見通し

このビジネス分野の財務的な見通しは明るく、2021年のデータによると、放課後等デイサービスの収支差率は全国平均で5.9%に達しています。これは、他の障害福祉サービスの平均を上回る数字であり、適切な運営とコスト管理により、十分な利益が期待できることを示しています。

成功への鍵

ただし、すべての事業所が成功しているわけではありません。赤字の事業所も存在するため、効率的な経営が成功の鍵となります。これは、社会的な影響と経済的な利益を求める起業家にとって、挑戦に満ちたが魅力的なビジネス機会です。

放課後等デイサービスを始めるための条件

?マークのスーツの女性

放課後等デイサービスを新たに開業するには、次の2つの条件が必要です。

法人であること

放課後等デイサービスを運営するためには、まず法人を設立する必要があります。法人の種類にはいくつか選択肢があり、例えば株式会社、合同会社、NPO法人などが挙げられます。それぞれにはメリットとデメリットがあるので、どの法人形態が最適かよく考えましょう。もしすでに法人を持っている場合は、児童福祉法に基づいて児童発達支援事業を目的とすることを定款に明記し、変更手続きを行う必要があります。

指定基準を満たしていること

放課後等デイサービスを始めるには、法人であるだけでなく、以下の3つの指定基準を満たす必要があります。

人員基準

職種最低配置人数追加情報
管理者1人以上資格不要、兼務可能
児童発達支援管理責任者1人以上(事業規模により増加)常勤、研修修了者
児童指導員・保育士必要な人数に応じて配置児童数による
機能訓練担当職員必要時配置機能訓練を行う場合のみ

設備基準

設備規定
指導訓練室自治体の規定に合致するスペース
事務室、相談室、洗面所・トイレ適切なスペースと設備

運営基準

基準規定
利用定員最低10名以上(重症心身障がいの場合は最低5名以上)
個別支援計画の作成個々に合わせた支援計画の作成
サービス内容の説明と同意の取得利用者と保護者への説明と同意の取得
指導・訓練の提供子どもたちへの指導と訓練の提供

これらの条件を満たすことにより、安全で効果的な放課後等デイサービスの準備が整います。

放課後等デイサービスを新たに始める際には、これらの条件と基準を理解し、確実に実践することが大切です。障がい児とその家族にとって、価値のある支援を提供するビジネスの一環として、準備を進めましょう。

必要な手続きと準備

開業に向けた第一歩:指定申請のプロセス

放課後等デイサービスを開業する際、最初に必要なのが「指定申請」という行政の許認可プロセスです。この申請は、あなたの事業所が法定の基準(スタッフ、設備、運営など)を満たしていることを証明するためのものです。申請書類は、市町村によって異なる期限が設定されていますが、多くの場合、開業希望月の2か月前の末日までに提出する必要があります。

事前相談の重要性

開業プロセスの初期段階で、市町村の担当窓口との「事前相談」が推奨されています。開業希望の3か月前から6か月前に相談を行うことで、スムーズな申請プロセスを進めることができます。

必要書類の概要

開業に際しては、以下のような書類が必要となります(東京都の例):

  • 指定申請書
  • 運営に関する様々な届出書
  • 法人関連の書類(会社登記簿謄本など)
  • 賃貸契約書、建物の平面図、写真
  • 備品一覧
  • 管理者や児童発達支援管理責任者の経歴書、資格証、実務経験証明書
  • 従業員の勤務体制や資格に関する書類
  • 運営規定、苦情解決方法、協力医療機関リスト
  • 事業計画書、収支予算書

これらの書類を用意し、適切に申請プロセスを進めることで、放課後等デイサービスの開業は現実のものとなります。開業に向けてしっかりと準備を行い、市場におけるこの成長分野で成功を目指しましょう。

放課後等デイサービスの経営:資格不要でスタッフと連携する効果的なアプローチ

OKサインの社員

放課後等デイサービスの経営には特定の資格は必要ありませんが、適切なスタッフ配置が求められます。以下で、資格要件のない経営者が効果的に運営するためのアプローチを説明します。

スタッフ配置と資格要件

放課後等デイサービスの運営には、児童発達管理責任者や児童指導員・保育士などの特定の資格が必要です。しかしながら、これらの資格を持つスタッフを適切に配置すれば、経営者自身には資格が必要ない点がポイントです。

児童たちとの直接的な関わりや支援は、経験と資格を備えたスタッフに委ねることが大切です。その一方で、経営者はスタッフとの連携を強化し、効果的な経営を推進することに専念できます。

経営者の役割と責任

経営者としての役割は、子どもたちのケアにおいて直接的な関与ではなく、以下の点に集中することが重要です。

1. 働きやすい環境の提供

スタッフが安心して働ける環境を整えることは大切です。適切な労働条件や研修の機会を提供し、スタッフのモチベーションを高めましょう。

2. 外部との連携

保護者や地域の関係者との良好なコミュニケーションを築くことが、サービスの信頼性を高める一因です。定期的な連絡やイベントの企画を通じて、関係を深めていくことが大切です。

3. 経営戦略の構築

事業計画の策定や成長戦略の構築も経営者の役割です。効果的なプログラム提供や経済的な側面を考慮し、サービスの向上を目指しましょう。

放課後等デイサービスの経営者には特定の資格は不要ですが、適切なスタッフの配置と連携が鍵です。経験や資格を持つスタッフにサービス提供を任せつつ、経営者自身は働きやすい環境作りや外部とのコミュニケーションを重視し、効果的な運営を実現していくことが成功への道です。

放課後等デイサービスの開業資金について:成功のための計画と準備

放課後等デイサービスの開業には、初期費用と運転資金が必要です。こちらで具体的な金額や必要な項目を詳しく解説します。

初期費用(イニシャルコスト)

放課後等デイサービスをスタートする際にかかる初期費用は、以下の要素から構成されます。

法人の設立費用

適切な会社形態を選び、登録免許税や定款認証代として約20万円程度の費用がかかります。法人を設立する際のスケジュールにも注意しましょう。

不動産に関する費用

不動産の賃貸費用や内装費用がかかります。都市部で約300万円以上、その他地域で約200万円以上の予算を確保することが推奨されます。

施設の保険費用

施設賠償保険や火災保険に約8万円程度を見積もりましょう。さらに、特定の保険への加入も検討しておくと良いです。

職員の求人広告費用

スタッフの募集にかかる広告費は約50万円程度を考慮しておきましょう。身内や知り合いからのスタッフ採用も検討の余地があります。

集客の費用

集客にはWebサイト・パンフレット・名刺の制作や広告媒体への掲載などが必要です。50万円〜70万円程度の費用を視野に入れておきましょう。

備品の購入費用

必要な備品はロッカーから運動用具、調理器具まで多岐にわたります。100万円以上の予算を確保し、消防設備などの安全対策にも注意しましょう。

送迎車の購入費用

送迎サービスを提供する際には車両購入が必要です。車両1台あたり50万円〜500万円程度を見込んでおきましょう。

運転資金(ランニングコスト)

放課後等デイサービスの運営には、日々の運転資金が必要です。1ヶ月の運転資金を例に説明します。

典型的な施設での1ヶ月の運転資金は約108.5万円です。この金額には家賃、光熱費、人件費、その他の営業費が含まれます。事業の軌道に乗るまでの3ヶ月分の運転資金を用意することを考慮しておくと安心です。

経営を成功させるためには、計画的な資金調達と効果的な資金の運用が欠かせません。早めの準備と確実な計画を立て、安定した運営を目指しましょう。

放課後等デイサービスの開業スケジュール:スムーズなスタートへの道筋

ポイントの男性と女性

放課後等デイサービスの開業には計画的なスケジュールが必要です。以下の手順で、成功に向けて準備を進めましょう。

  1. 事業内容の検討・指定基準の確認

    まず、事業内容を明確にし、運営に必要な指定基準や規定を確認します。必要なスタッフの資格や施設の要件を把握しておきましょう。

  2. 法人の設立

    適切な会社形態を選び、法人設立手続きを開始します。登録免許税や定款の作成に時間がかかるため、早めに取り組むことが大切です。

  3. 行政機関との事前協議

    地域の行政機関と連携し、事前に協議を行います。許可手続きや認定申請に必要な情報を確認し、スムーズな進行を図りましょう。

  4. 物件の準備・内装工事・備品設置

    適切な物件を見つけ、内装工事や備品の準備を進めます。安全性と快適性を考えた施設づくりが重要です。

  5. 申請書類の作成・提出

    必要な申請書類を作成し、行政機関へ提出します。正確な情報と必要書類の提出を心掛け、審査をスムーズに進めましょう。

  6. 管理者の研修・障がい児支援事業者の指定

    管理者は必要な研修を受け、資格を取得します。また、障がい児支援事業者としての指定手続きも進めます。

  7. 運営前の最終準備

    運営に必要なシステムやプログラムの準備を整えます。スタッフの配置や業務の調整も行い、オープンに向けての準備を完了させましょう。

  8. 事業の開始

    準備が整ったら、放課後等デイサービスの運営を開始します。利用者や保護者とのコミュニケーションを大切にし、サービス提供をスタートさせましょう。

法人の設立や行政手続きには時間がかかることがあります。計画的にスケジュールを組み、余裕をもって準備を進めることで、開業のスタートを成功させることができます。

放課後等デイサービス開業はdekkun.のプロフェッショナル支援で成功へ

dekkun.は放課後等デイサービス開業を検討している方へ、経済的なメリットと専門的な法的サポートを提供します。物件探しのコスト削減や提携弁護士法人による専門アドバイスで、開業プロセスがよりスムーズに。

dekkun.での準備期間:安心と効率の最適化

放課後等デイサービスを開業するためには、法人設立から行政手続き、物件選定、備品調達、職員採用に至るまで、半年から1年のしっかりとした準備が不可欠です。dekkun.では、これらの複雑なプロセスを効率的かつスムーズに進めるための専門的な支援を提供しています。

dekkun.の強み:提携弁護士法人と不動産サービス

dekkun.の特長は、提携している弁護士法人と不動産サービスにあります。法的な側面でのアドバイスやサポートを受けることができるだけでなく、物件探しにおいても特別なサポートが可能です。開業に際して最もコストがかかる部分の一つである物件探しについて、仲介手数料が半額になるなど、経済的なメリットも提供しています。

あらゆる疑問や不安をdekkun.が解消

「開業についての情報が少ない」「どこから始めていいかわからない」という不安を抱えている方に、dekkun.は最適な解決策を提供します。私たちの専門チームが、あなたのビジネス計画を現実のものに変えるために全力でサポートします。

dekkun.による全面的なサポートで理想の開業を

もしあなたが放課後等デイサービスの開業を考えているなら、ぜひdekkun.にご相談ください。経験豊富なプロフェッショナルチームが、あなたの開業を成功に導くための支援を惜しみません。夢の実現への第一歩を、dekkun.と共に踏み出しましょう。

dekkun.が提供する開業支援のメリット

dekkun.のメリット詳細
法的サポート提携している弁護士法人からの専門的なアドバイスとサポートを提供。
不動産サービス物件探しにおいて仲介手数料が半額になるなど、コスト削減を実現。
総合的な開業支援法人設立、行政手続き、物件選定、備品調達、職員採用に至るまでの全面的なサポート。
経済的メリット物件探しの際の仲介手数料削減により、開業初期の大きな経費を抑えることが可能。
専門知識を活用開業に関するあらゆる疑問や不安に対し、専門知識を持つチームが対応。
障害福祉サービス事業所の開業と運営コンサルティング 私たちは、障害福祉サービス提供事業所の開業と運営においても…
calendar_today

まとめ

両手を広げている男の子と女の子

放課後等デイサービスを開業するためには、法人設立や指定基準の確認、運営資金の準備など、様々なステップがあります。計画的な準備と情報収集を行い、子供たちとその家族にとって安心できる場所を提供することを目指しましょう。成功の鍵は、信頼と安全を基盤に据えた質の高いサービス提供です。

dekkun. – 障がい福祉サービス事業所の開業と運営のパートナー

未来への支援の一翼を担い、障がい福祉サービス事業所の成功に向けて尽力いたします。dekkun.は、経験豊富な専門家が揃い、熱意と知識をもって新規事業所の開業と効果的な運営をサポートいたします。

なぜdekkun.を選ぶべきか?

  1. 幅広い専門知識: 障がい福祉サービスの専門知識に裏打ちされたチームが、業界のトレンドや規制に精通しています。これにより、適切なアドバイスとステップを提供し、スムーズな事業開始と継続的な成功をサポートします。
  2. カスタマイズされたアプローチ: 各事業所は独自のニーズを持っています。dekkun.はその理解を重視し、クライアントの目標に合わせた個別の戦略と計画を提供。最適なソリューションで事業所の強みを最大限に引き出します。
  3. 継続的なパートナーシップ: dekkun.は開業だけでなく、長期的な成功を見据えています。事業所の運営が安定し、成果を上げるためにも、コンサルティングの提供だけでなく、継続的な指導とサポートを提供いたします。
  4. 業界内のネットワーク: dekkun.は業界内で幅広いネットワークを築いています。これにより、各種プロフェッショナルの紹介や情報提供が可能。業界において有益なつながりを提供します。

dekkun. – 未来を創造するパートナー

dekkun.は、障がい福祉サービス事業所のビジョンを共に実現するために、経験、情熱、専門知識を駆使してお手伝いいたします。ご相談や詳細については、お気軽にご連絡ください。私たちが成功への一歩を共に踏み出すお手伝いをさせていただきます。

放課後等デイサービスの立ち上げ・開業に活用できる助成金と補助金:違いと注意点と記載されたイラスト
放課後等デイサービスを立ち上げる際、資金面での支援を受ける手段として助成金と補助金があります。これらの支援制度…
calendar_today

開業コンサルのご相談・お問い合わせ

ご相談は無料です。気軽にお問い合わせください

開業コンサル専用ダイヤル

※ 受付時間:平日 10:00 ~ 20:00

開業コンサル専用メールフォーム

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today