発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【グループホーム(共同生活援助)開業ガイド】必要な資格、費用、資金調達のすべて

author:dekkun
【グループホーム(共同生活援助)開業ガイド】必要な資格、費用、資金調達のすべてと記載されたイラスト

私たちの社会は多様性に富み、様々な背景を持つ人々が共生しています。その中で、特に支援が必要な方々に安心して暮らしていただける場を提供するグループホームは、社会的な貢献度が高く、需要も増えている重要な施設です。しかし、グループホームを開業するには、どのような準備と手続きが必要なのでしょうか?本コラムでは、グループホームを開業するために必要な資格、開業にかかる費用、そして資金調達の方法について、これからグループホームを開設しようと考えている方々に向けて解説します。夢の実現に向けての第一歩を踏み出すためのガイドとして、この記事が役立てば幸いです。

障害者グループホームの種類とその特徴

障害者グループホームは、障害のある方が地域社会で自立した生活を送るための重要な支援施設です。それぞれのニーズに応じた様々なタイプのグループホームがありますので、その特徴を理解することが、適切なサービス選択の第一歩となります。

【介護サービス包括型グループホーム】豊富なサポートで快適な生活を

介護サービス包括型グループホームでは、特に夜間や休日に職員が常駐し、入浴、食事、トイレの介助などの日常生活のサポートから、家事の支援、就労先や日中活動場所への連絡など、生活全般にわたる手厚いサービスを提供します。重度の障害をお持ちの方でも、安心して生活できる環境が整えられています。

対象となる方

主に、日常生活や社会生活において、常時または頻繁に介護や支援が必要な、比較的重い障害を持つ方が対象です。安全かつ快適な生活空間で、各個人のニーズに合わせたサポートを受けられます。

【外部サービス利用型グループホーム】 外部の専門スタッフとの協力体制

このタイプでは、グループホームの職員だけでなく、外部のヘルパーや専門スタッフが介護サービスを提供します。これにより、より多様なサービスが可能となり、利用者一人ひとりのさまざまなニーズに柔軟に対応できるようになります。

対象となる方

認知症の症状がある方や、比較的軽度の障害を持つ方が多く利用されています。外部サービスとの連携により、利用者に合わせた細やかなサポートを受けることが可能です。

【日中サービス支援型グループホーム】 日中も継続したサポートで安心

日中サービス支援型グループホームは、日中も介護や支援が必要な方向けの施設です。夜間や休日だけでなく、平日の昼間も手厚いサポートを提供し、一時的な宿泊サービスも可能です。これにより、家族が仕事で留守の間も、安心して生活できる環境を提供します。

特徴

他のタイプのグループホームと比較して、職員の配置数が多く、利用者一人ひとりに対する手厚い介護が実現されています。これにより、日中から夜間にかけて、継続的なサポートを受けることができます。

【サテライト型グループホーム】 自立した生活へのサポート

サテライト型グループホームは、グループホームの近くにあるアパートやワンルームマンションで、一人暮らしをする障害者を支援するタイプです。日常生活に必要な最低限の設備が整えられており、緊急時にはグループホームへ通報ができる通信機器を備えています。これにより、自立した生活を目指しながらも、必要に応じてサポートを受けられる環境が提供されます。

基準と利用制限

サテライト型施設では、一人一室での生活が基本で、部屋の面積や設備に一定の基準が設けられています。また、利用制限として原則3年間という期間が設定されており、この期間を過ぎると再評価が行われます。

これらのグループホームの種類を理解することで、自分や家族が必要とするサービスを選ぶ際の大きな助けになります。それぞれの特徴を踏まえ、最適な生活支援を受けられる環境を見つけましょう。

グループホームを開業しよう!

グループホームを開業するには、いくつかの大切なステップがあります。ここでは、そのプロセスを子育てウェブサイトの読者の皆さんにも理解しやすいように説明します。

  1. 法人を立ち上げる

    まず最初に、グループホームを運営するためには、個人ではなく「法人」として運営する必要があります。法人とは、例えば「株式会社」や「合同会社」、「社会福祉法人」、「一般社団法人」、「NPO法人」などのことです。もし、すでに法人を持っている場合は、新たに作る必要はありません。

  2. 資金を集める

    次に、開業資金や初期運営資金をどうやって集めるかを考えましょう。一般的に、グループホームを立ち上げるのには数百万円から1000万円程度が必要です。資金を集める方法としては、自分のお金を使う、国や自治体からの補助金や助成金をもらう、銀行からお金を借りる、日本政策金融公庫からの融資を受けるなどがあります。

  3. 設置基準を満たす施設を作る

    グループホームは「障害者総合支援法」という法律に基づいて設置されるため、特定の基準を満たす必要があります。これには、適切な管理者やスタッフを配置すること、地域との交流ができる場所に建てること、定員や居室の基準を守ることなどが含まれます。例えば、スタッフは利用者30人につき1名以上いる必要があり、居室は原則1人部屋でなければなりません。

  4. 事業者指定を受ける

    最後に、施設とスタッフが準備できたら、その地域の自治体から「事業者指定」を受ける必要があります。これには、法人情報、施設の住所や人員配置、管理者やサービス管理責任者の経歴など、多くの書類を提出することが求められます。

グループホーム開業に必要な資格について

グループホームを始めたいと思ったとき、最初に気になるのが「特別な資格が必要かどうか」ですよね。実は、グループホームを開業するためには、特定の資格を持っている必要はありません。でも、話はそれだけでは終わりません。

開業者が管理者になる場合

多くの場合、グループホームを開業する方は自分自身が管理者として運営に携わることを考えます。この時、特別な資格は必要ありませんが、福祉の世界では専門的な知識や経験が非常に大切になります。だからといって、その知識や経験がなければ開業自体が不可能というわけではありません。しかし、成功するためには、福祉に関する深い理解が必要です。

専門知識や経験の重要性

グループホームを運営する上で、福祉に関する知識や経験はとても重要です。たとえば、利用者の方々のニーズに応じたサポートを提供するためには、福祉の基本的な知識が必要ですし、日々の運営で直面する様々な問題に対処するためにも、実践的な経験があると非常に役立ちます。

経験者の採用

自分自身に福祉の専門知識や経験がない場合でも、心配はいりません。専門知識や経験を持つスタッフを採用することで、グループホームを成功させることができます。経験豊富なスタッフがいれば、利用者の方々に適切なサポートを提供し、安心して運営を任せることができます。

グループホーム開業にかかる費用とその詳細

グループホームを立ち上げるには、いくつかの大きな費用がかかります。具体的にどれくらいのお金が必要か、そしてそのお金は何に使われるのか、子育てウェブサイトの読者のみなさんにもわかりやすく解説します。

法人設立の費用

まず、グループホームを運営するためには法人としての体制が必要です。たとえば、「株式会社」を立ち上げる場合、登記などの手続きに約30万円程度が必要です。これはグループホームを開設するための最初の一歩となります。

物件に関する費用

次に、グループホームの運営には適切な物件が必要です。グループホームは利用者に快適な生活空間を提供するため、原則として1人部屋を4部屋以上用意する必要があります。加えて、トイレ、お風呂、キッチンなどの共有設備も整えなければなりません。物件の賃貸料は立地にもよりますが、初期の家賃や敷金、礼金、保証金などで数十万円かかる場合があります。

内装や設備の費用

物件が決まったら、内装や必要な設備の準備が必要です。これには、火災報知器や利用者の生活に必要な備品などが含まれます。これらの費用には約100万円程度を見込んでおくと良いでしょう。

人件費・運営費

グループホームの運営では、生活支援員などの人件費が大きな割合を占めます。利用者が入居する前からスタッフを雇用する必要があるため、開業初期の数ヶ月は利用者からの収入がない状態で人件費やその他の運営費を賄う必要があります。

まとめ

グループホームの開業は、社会に対する大きな貢献だけでなく、運営者にとっても大きなやりがいとなります。しかし、開業までの道のりは複雑であり、準備には多大な努力と時間が必要です。このコラムが、グループホーム開業に必要な資格の取得、費用と資金調達の方法についての理解を深め、計画を具体化する一助となることを願っています。最後に、開業はゴールではなく、新たなスタートです。開業後も継続的な運営管理、サービスの質の向上、そして利用者とその家族からの信頼を得るための努力が求められます。グループホームを成功させるためには、情熱と献身が不可欠です。夢を現実に変える旅に出る皆さんを全力でサポートします。

開業コンサルのご相談・お問い合わせ

ご相談は無料です。気軽にお問い合わせください

開業コンサル専用ダイヤル

※ 受付時間:平日 10:00 ~ 20:00

開業コンサル専用メールフォーム

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today