発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害やグレーゾーンの子どもがいじめに遭った場合の対応とサポート

author:dekkun
発達障害やグレーゾーンの子どもがいじめに遭った場合の対応とサポートと記載されたイラスト

発達障害やグレーゾーンに該当する子どもたちは、学校でいじめの標的になることがあります。彼らは他の子どもと異なる行動やコミュニケーションの特性を持っているため、理解や受け入れが難しい場合があります。このような子どもたちがいじめに遭ったとき、どのような対応やサポートが必要なのでしょうか?本記事では、発達障害やグレーゾーンの子どもがいじめに遭った場合の具体的な対応策と、彼らをサポートする方法について探っていきます。

発達障害やグレーゾーンの子どもの特性といじめリスク

子どもたちが発達障害やグレーゾーンに該当する場合、彼らの個性や行動パターンを理解することが重要です。以下では、彼らがいじめの標的になる要因やリスクについて考えてみましょう。

個性の違いを理解する

発達障害やグレーゾーンに該当する子どもたちは、他の子と比べて異なる特性や能力を持っています。彼らのコミュニケーションスタイルや感じ方が独特であることを理解しましょう。これにより、他の子との間にコミュニケーションのギャップが生じ、いじめのリスクが高まることがあります。

弱みへの攻撃に注意する

発達障害やグレーゾーンの子どもたちは、学習や社会的なスキルの面で苦労することがあります。これにより、他の子から弱みをつけられたり、いじめの対象にされたりする可能性があります。例えば、コミュニケーションの困難さや学習の遅れなどが攻撃の対象になることがあります。

学校の役割と教師の意識改革

学校はいじめを防止するためにどのような取り組みを行っているのか、知っておきましょう。 教師が発達障害やグレーゾーンの子どもたちを理解し、適切にサポートするためにはどのような意識改革が必要なのでしょうか。

学校のいじめ予防プログラムの実施

学校では、いじめの予防や早期発見に向けてさまざまな取り組みを行っています。例えば、いじめ防止ポリシーの策定や生徒への啓発活動、教師や職員の研修などがあります。学校のいじめ予防プログラムについて詳しく知り、取り組みの実施状況を確認しましょう。

教師の専門知識の向上と意識改革

教師は発達障害やグレーゾーンの子どもたちを適切に理解し、サポートするために専門知識と意識改革が必要です。教師研修や専門家からのアドバイスを通じて、彼らの特性やニーズを理解することが重要です。また、差別や偏見のない教育環境を作り出し、全ての子どもたちが安心して学べるように心掛けましょう。

親や保護者の役割と支援方法

いじめに遭った子どもを持つ親や保護者はどのようにサポートすることができるのでしょうか。 情報収集や関係者との連携、専門家のサポートなど、具体的な方法を紹介します。

子どもの気持ちに寄り添う

いじめに遭った子どもは心身に大きな負担を抱えています。親や保護者は、子どもの気持ちに寄り添い、話を聴くことが重要です。子どもが自分の気持ちを表現しやすい環境を作り、安心感を与えましょう。また、子どもが適切なサポートを受けるために、学校や関係者との連携を図ることも大切です。

専門家や相談機関の利用

親や保護者は、専門家や相談機関のサポートを受けることで、適切な対応をすることができます。いじめの相談窓口や専門のカウンセラー、心理学者など、専門知識を持つ人々が親や保護者を支援します。彼らと協力し、子どもの心理や対応策について相談しましょう。

専門家の支援と相談機関の活用

ビジネスマンが並んでいるアイコン

発達障害やグレーゾーンの子どもたちをサポートする専門家や相談機関はどのような役割を果たしているのでしょうか。 彼らの専門知識や経験を活用し、子どもと家族に必要なサポートを提供する方法について解説します。

専門家のアドバイスと支援

専門家は、発達障害やグレーゾーンの子どもたちとその家族に対して、専門的なアドバイスと支援を提供します。心理学者、教育カウンセラー、臨床心理士などの専門家は、子どもの特性やニーズに合わせた適切なサポート策を提案します。彼らとの協力を通じて、子どもの成長と健全な発達を促すことができます。

相談機関の利用方法

相談機関は、いじめに遭った子どもやその家族が相談や支援を受ける場所です。教育相談所、子ども相談センター、地域のカウンセリングサービスなどがあります。これらの機関では、カウンセリングや情報提供、適切な専門機関への紹介などが行われます。相談機関を利用することで、子どもと家族は適切なサポートを受けることができます。

発達障害やグレーゾーンの子どもといじめの関係性

発達障害やグレーゾーンに該当する子どもたちがいじめに遭う確率は、一般の児童生徒と比べて高いとされています。日本の文部科学省が行った調査によれば、注意欠陥・多動性障害(ADHD)を持つ児童のいじめの経験率は一般児童の約2倍、自閉スペクトラム障害(ASD)を持つ児童のいじめの経験率は一般児童の約3倍と報告されています。

さらに、発達障害やグレーゾーンの子どもたちは、社会的なコミュニケーションや対人関係の困難さを抱えているため、いじめの標的になりやすいとされています。彼らの特性や行動パターンが、いじめのリスク要因となることが多いのです。

ただし、具体的な地域や学校のデータは一律に統計されることは難しく、個別の状況によって異なる可能性があります。それでも、学術論文や研究報告などでは、発達障害やグレーゾーンの子どもたちがいじめを受ける頻度や影響についての情報が報告されています。

参考資料・文献

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申):文部科学省 令和3年1月26日中央教育審議会

保育所・小中学校におけるASD傾向及びADHDといじめ被害及び加害との関連:国立研究開発法人 科学技術振興機構

まとめ

発達障害やグレーゾーンに該当する子どもたちがいじめに遭うことは、彼らの心身の健康や学校生活に深刻な影響を与える可能性があります。学校や家庭、専門家など関係者の協力と理解が不可欠です。私たちは、彼らの個性を尊重し、適切なサポートを提供することで、いじめの予防や対応に取り組むべきです。発達障害やグレーゾーンの子どもたちが安心して学び成長できる社会を実現するために、私たち一人ひとりができることを考えましょう。

こちらのコラムも参考にどうぞ

いじめに遭った子供への学校や教育委員会の対応方法とは?と記載されたイラスト
子供がいじめを受けることは、心を痛める問題です。しかし、幸いにもいじめ防止対策推進法によって、学校や教育委員会…
calendar_today
子どもの権利を守るための交渉代理支援:法テラスの役割と学校との協議と記載されたイラスト
学校における体罰やいじめは、子どもたちの心身に深刻な影響を及ぼす問題です。そんな子どもたちが学校との間で問題を…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today