発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

学習障害は小学生になって診断されることが多い!早期発見の重要性とは?

author:dekkun
学習障害は小学生になって診断されることが多い!早期発見の重要性とは?と記載されたイラスト

子供の学習に関する課題を早期に発見することの重要性についてと、一体学習障害はいつ分かるのでしょうか?小学生になって診断される人が多いという事実についてこのコラムでは解説をします。

学習障害の特徴が顕著に現れる小学校時期

子どもが本を読んでいるイラスト

学習障害(LD/限局性学習症)は、子供の学習において特定の困難がある状態を示しています。学習障害は一般的には小学生になってから診断されるケースが多いのです。学校での学習の進行や成績などにより明確に問題を浮き彫りとなりやすいことから小学校時期で学習障害の特徴が顕著に現れることが多いです。

子どもの様子を観察し、専門機関での正確な診断を受けましょう。

小学校時期に学習障害の兆候が現れる場合、学校の先生や保護者が気がつくことがほとんどです。学習障害に関する正確な診断は専門機関で実施しています。学校生活での様子、子供の学校の成績、行動観察などの情報を持って、専門家との面談を通じ、子供の個別のニーズに基づいた正確な診断を受けることは生きづらさを感じている子どものためにも大切なステップとなります。

こちらのコラムも参考にしてください

学習障害(LD/限局性学習症)の疑いがある場合、専門機関での相談が大切な第一歩!と記載されたイラスト
子供の学習に関する不安や疑問がある場合、学習障害(LD/限局性学習症)の疑いが浮かぶかもしれません。このコラム…
calendar_today

早期発見と適切なサポートの重要性とは

学習障害は小学生になってから診断されるケースが多いことがあるため、早期に発見し適切なサポートを提供するこは、将来のためにも大切なことの1つです。早期発見により、子供の学習困難に対する適切なサポートや教育プランが立てられ、課題を克服し成長するための道が開けます。適切なサポートにより子供は自信を持つことをきっかけに、自己肯定感を高め、自分らしい生活を実現していくことが可能でしょう。

ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)と学習障害(LD)の関係

子どもが本を読んでいるイラスト

ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)の子供たちは、学習面でも課題を抱える場合があります。

学習障害との併存割合

ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)の特性を持つ子供たちは、行動面や情緒面の問題が注目されがちです。しかし同時に学習面で困難を感じていることも少なくありません。その要因のひとつに学習障害(LD/限局性学習症)を併せ持っていることがあります。ADHDの子供の30~40%、自閉スペクトラム症(ASD)の子供の約26%が学習障害(LD)も抱えていると報告されています。

普通学級における学習障害と発達障害の割合

文部科学省の報告によると、普通学級に在籍し知的発達に遅れはないが学習面や行動面で著しい困難を抱える児童生徒の割合は8.8%です。そのうち、学習面と行動面の両方に著しい困難を抱える子供たちの割合は2.3%です。これらの子供たちは、学習障害(LD)とADHDや自閉スペクトラム症(ASD)といった他の発達障害を併せ持っている可能性があります。そのため、学習上の支援を行う際には、ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)の特性にも配慮しながら、学習障害(LD)に対する支援を行うことが重要です。

文部科学省:通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について

学習困難の背景に学習障害があるケース

ADHDを持つ子供は、不注意や多動性、衝動性といった特性から、先生の話に集中できず授業に参加できない、勉強から逃げたがるなどの課題を持っています。一方、自閉スペクトラム症(ASD)を持つ子供は、コミュニケーションの苦手さから集団行動に参加のしづらさや対人関係などのトラブルが多い傾向があります。どちらも学習上の困難を引き起こす特性ですが、学習障害(LD)が背景にある場合、学習がさらに課題となってしまうことがあります。

学習困難の背景に注意を払う重要性

ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)を抱える子供は、行動面の特性が強く、学習困難に気づかれにくいこともあります。しかし、子供の困りごとの背景に学習障害(LD)がある可能性を頭の片隅に置いておくことも必要です。学習障害(LD)を抱える子供たちの特性とニーズを理解し、適切な学習支援を提供することで、子どもたちの自分らしい生活の実現への道がより明るく開いていけることでしょう。

こちらのコラムも参考にどうぞ

学習障害(LD/限局性学習症)は、子供の学びにおける困難を指す総称です。しかし、症状が明確でない場合や他の発達…
calendar_today

疑いを放置するとどうなる?二次障害を予防するために

学習障害(LD/限局性学習症)の疑いがある場合、放置してしまうと深刻な二次障害を引き起こす可能性があります。学習の困難さからの自信の低下をきっかけに、子供は学校や社会とのつながりを失い、孤立感や学校への抵抗感を抱いてしまうことがあります。

放置すると起こる可能性とは

学習障害(LD/限局性学習症)の疑いがある場合、放置すると深刻な二次障害が引き起こされる可能性があります。学習困難や自信の低下から子供は学校や社会とのつながりを失い、心の負担や孤立感を抱くことがあります。勉強への意欲や自尊心が低下し、学習への取り組みが困難になるかもしれません。また、この状況から他の適応上の問題が発展することもあります。放置せず早期の発見と適切なサポートを受けることで、子供は自信を取り戻し、学習への意欲を取り戻すことができます。子供の将来のために、学習障害に向き合い適切な支援を行うことが大切です。

学習障害と二次障害の関係

学習障害(LD/限局性学習症)による学習困難や自信の低下は、子供の学校や社会とのつながりに悪影響を及ぼし、二次障害を引き起こす可能性があります。学校での成績の低下や集団行動への参加の難しさ、自己評価の低下などが現れ、子供は心の負担や孤立感を抱くことがあります。このような状況から、学校への抵抗感や対人関係の問題などが発展することがあり、不登校などのきっかけになってしまうことも。しかし、早期の発見と適切なサポートによって、子供の自信を取り戻し、学習への意欲を少しでも見出すことができるでしょう。子供が自分らしく成長し、将来に希望を持つためには、現状と心身に向き合い、適切なサポートを受けることは手段の一つです。

早期の発見と適切なサポートの重要性

習障害(LD/限局性学習症)を放置せず、早期の発見と適切なサポートを受けることは非常に重要です。早めの介入により、子供の学習困難や心の負担を軽減し、二次障害の予防が可能となります。適切な評価や専門家のアドバイスを受けることで、子供の個別のニーズに合わせたサポートが提供され、学習環境が整えられます。子供は自己肯定感を高め、学習への意欲を取り戻し、自分らしい成長をしていくことができます。

まとめ

学習障害(LD/限局性学習症)の特徴は、特に小学校時期に顕著に現れます。この時期は学習の基礎を築く大切な時期であり、学習障害の早期発見と適切なサポートが重要です。また、学習障害とADHDや自閉スペクトラム症(ASD)は関連があり、併存することもあります。

学習障害を放置すると、深刻な二次障害が引き起こされる可能性があります。学習困難や自信の低下から、子供は学校や社会とのつながりを失い、心の負担や孤立感を抱くことがあります。これにより、学校への抵抗感や対人関係の問題などが発展することがあります。

しかし、早期の発見と適切なサポートによって、子供の自信を取り戻し、学習への意欲を喚起することができます。適切な評価や専門家のアドバイスを受けることで、子供の個別のニーズに合わせたサポートが提供され、学習環境が整えられます。

親や教育関係者は子供の学習上の困難に敏感になり、早めの介入に努めましょう。放置せずに学習障害の早期発見と適切なサポートを行うことで、二次障害の予防が可能となります。子供の未来を明るくするために、現状と真摯に向き合い、適切なサポートを受けましょう。早期の発見と適切なサポートが子供の成長と学びの道を切り開いていきます。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today