発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

離婚原因ランキング:最もよくある離婚の理由とは?

author:dekkun
離婚原因ランキング:最もよくある離婚の理由とは?と記載されたイラスト

離婚は多くの夫婦にとって考えられない事態ですが、現実にはさまざまな原因や理由から離婚が起こることがあります。このコラムでは、離婚原因の中から最もよくあるものをご紹介します。夫婦関係を構築する上での課題や問題点、そして離婚を回避するためのヒントについて考えてみましょう。

女性側の離婚理由ランキングとその背後にある問題

女性側の離婚理由ランキングをご紹介します。

1位:性格が合わない

男性が離婚理由の第1位でもある「性格が合わない」が、女性側でも同様に1位です。細かい価値観の相違が生活の中で大きな問題に発展することがあります。女性の場合、夫の家事や育児への非協力的な態度も性格の不一致と考えることがあります。

2位:生活費を渡さない

女性側の離婚理由第2位は「生活費を渡さない」という問題です。女性は家事や子育てをしながら、専業主婦やアルバイト・パートタイマーとして働くことが多いです。そのため、夫婦間で経済的な格差が生じることがあります。夫からの生活費がもらえないことは大きなストレスとなります。

3位:精神的に虐待する

男性では離婚理由の第2位であった「精神的に虐待する」は、女性側の離婚理由の第3位にランクインしています。モラルハラ(精神的虐待)に悩む女性は増加傾向にあり、夫からの嫌がらせや侮辱的な態度に我慢できなくなり、離婚を選ぶことが増えています。

4位:暴力を振るう

女性側の離婚理由の第4位は「暴力を振るう」ことが挙げられます。これはDV(ドメスティック・バイオレンス)の問題で、男女間の力の格差から女性がDVの被害に遭うことが多い現実があります。

5位:異性関係

女性が挙げる離婚理由の第5位は「異性関係」です。夫の不貞行為に悩む女性は多く、相手を特定できるケースもあれば、不特定多数の異性交遊に悩んでいる方もいます。また、スナックやキャバクラなどの遊びに悩まされることもあります。

これらの理由により、女性が離婚を選ぶ場合が増加しています。

離婚の理由と統計データ:離婚を考える際に知っておくべきこと

離婚の決断に至る理由は何でしょうか?一般的には、離婚と聞くと、浮気や暴力などのネガティブな要素を想像するかもしれませんが、実際の離婚理由は多岐にわたります。

司法統計データによると、離婚を検討する際には、離婚の動機を明示する必要があります。最高裁判所のデータによれば、離婚調停の動機について、以下のような結果が示されています(複数選択可)。

申立ての動機総数に対する割合
性格が合わない夫:59.2%、妻:37.2%
異性関係夫:12.7%、妻:13.8%
暴力を振るう夫:8.6%、妻:19.2%
酒を飲み過ぎる夫:2.3%、妻:5.9%
性的不調和夫:11.2%、妻:6.3%
浪費する夫:12.0%、妻:8.6%
病気夫:3.9%、妻:1.6%
精神的に虐待する夫:20.8%、妻:25.8%
家庭を捨てて省みない夫:4.6%、妻:6.2%
家族親族と折り合いが悪い夫:12.1%、妻:5.8%
同居に応じない夫:8.8%、妻:1.5%
生活費を渡さない夫:4.6%、妻:31.1%
その他夫:20.6%、妻:10.5%
不詳夫:4.6%、妻:7.9%

これらのデータからわかるように、離婚の理由は多様であり、不倫や暴力以外にも性格の不一致や経済的な問題、精神的虐待などが挙げられます。離婚を考える際には、個々の事情をよく理解し、適切な判断を下すことが重要です。

アメリカの離婚原因トップ10

アメリカは離婚率が高い国として知られていますが、その背後にはさまざまな理由が存在します。離婚専門の弁護士や専門家の記事を参考にまとめたところ、主な離婚の理由は以下の通りです。

  1. コミュニケーションの問題
  2. 愛情が冷めた
  3. 性の不一致
  4. 年齢が若すぎた
  5. 薬物やアルコール依存症
  6. 家庭内暴力(DV)
  7. 浮気
  8. 金銭の問題
  9. 性格の不一致

これらの理由は、アメリカと日本で共通するものも多いですが、特にアメリカで顕著なのは「薬物の問題」と「若すぎた年齢」が挙げられます。

「性格の不一致」だけでは離婚難しい!?

離婚に際して最も一般的に挙げられる理由の一つが「性格の不一致」です。ただし、この理由だけを持ってして離婚が認められるわけではありません。離婚裁判において、「性格の不一致」を正当な理由と認めてもらうためには、夫婦関係が修復不可能であることを法的に立証する必要があります。「性格の不一致」という言葉は簡潔で使いやすいものの、法的には認められるのが難しい理由の一つと言えます。離婚の際には、この点に注意が必要です。

「精神的虐待」が増加中:離婚原因の変化

また、最近では「精神的虐待」を理由にする離婚が増加しています。性格の不一致に代わり、精神的虐待が離婚原因としてよく見られます。DV(ドメスティック・バイオレンス)の形態も多様化しており、より間接的な虐待も問題とされています。また、「モラルハラスメント」の認知度が高まっていることも注目されます。

離婚を本気で考える人々の一般的な行動パターン

夫婦関係が改善できない場合や、モラハラなどの問題が解決難しい場合、離婚を本気で検討する人たちがとる一般的な行動パターンについて紹介します。

家庭内別居や別居への行動

離婚を考える人は、別居や転居などの行動をとることがあります。これにより、離婚の意思が明確になります。

家にいる時間を減らす

仕事から遅く帰宅したり、出張を増やしたりして、家にいる時間を減らすことが一般的です。

子供に積極的に関わろうとする

子供がいる場合、親権を獲得するために子供の養育に積極的に関わろうとします。

財産状況を整理する

離婚を匂わせている場合、法律相談を受けたり、夫婦の財産状況を整理したりすることがあります。

裁判で認められる法定離婚原因とは?

裁判所で認められる法定離婚原因とは何でしょうか?

我が国の民法において、夫婦が協議離婚や家庭裁判所の調停によって離婚できない場合、裁判所の判断が必要です。裁判所が離婚を認めるには、以下の法定離婚原因が必要です(民法770条1項)。

  1. 配偶者に不貞行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

この中で、最も広範な適用があるのは「5. 婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」です。裁判所における離婚原因として最も一般的とされています。

離婚の法的根拠とは?一般的な離婚原因の解説

離婚の法的根拠とは、どのような理由で離婚が認められるのか気になりますよね。一般的な離婚原因について解説します。具体的な状況や法的要件について知識を深めてみましょう。

お金の問題は離婚原因になりますか?

通常、金銭的な問題、例えば借金だけが離婚の正当な理由とはされません。離婚原因として認めるには、その金銭的な問題が夫婦生活に深刻な影響を及ぼすほど深刻である必要があります。単に借金が存在するだけでは離婚の根拠にはなりません。ただし、「生活費をまったく支給しない」というケースは、「配偶者から悪意で遺棄されたとき」として離婚の理由とされることがあります。

嫁姑問題は離婚原因になりますか?

嫁姑問題は、多かれ少なかれすべての夫婦に影響を与える可能性がある問題です。したがって、嫁姑問題だけが前記「5.」の「婚姻を継続するのが難しい重大な理由」として認識されることはまれです。ただし、嫁姑の関係が極端に悪化し、夫が調停しない場合や、嫁姑問題が別居や長期にわたる関係の悪化につながる場合には、例外的に「婚姻を継続するのが難しい重大な理由」とみなされることもあります。

浮気・不倫はどこからが離婚原因とされますか?

浮気や不倫の基準は人によって異なりますが、通常、裁判所は「性的行為」の有無に基づいて判断します。性的行為の証拠がなくても、メールの内容などから性的行為があったかのように推定される場合、「不貞行為」と認識されることがあります。

子供ができないことは離婚原因になりますか?

子供ができないことだけでは離婚の理由とはされません。通常、子供ができないことを離婚の理由とするには他の法的根拠が必要です。

子育てしないことや育児ノイローゼは離婚原因になりますか?

子育ての問題だけでは離婚の理由とはされません。ただし、子供への虐待が生じる場合、「婚姻を続けるのが難しい大きな理由」とみなされることがあります。

モラハラは離婚原因になりますか?

モラハラは裁判例がまだ少ないため、一般的な基準は確立していませんが、一般的に「婚姻を続けるのが難しい大きな理由」がある場合に離婚の理由とみなされることがあります。証拠の収集が重要で、録音やメモなどが役立つ場合があります。

まとめ

離婚原因ランキングを通じて、夫婦関係における様々な課題や問題に対処するための洞察を得ることができたでしょうか?離婚は決して希な出来事ではありませんが、相手とのコミュニケーションや努力によって問題を解決し、夫婦関係を強化することも可能です。お互いの幸福を考え、健全な夫婦生活を築くために、今後の人生に役立つ情報となったことを願っています。

【女性が離婚を決めたらする事】ママのための離婚準備ガイドと記載されたイラスト
離婚を検討しているママたちに向けて、この大切な変化の時期をどのようにナビゲートするかをご案内します。離婚は感情…
calendar_today
カサンドラ症候群:アスペルガー症候群の夫との関係での心の葛藤と記載されたイラスト
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群を持つ夫との関係に悩む女性にとって、理解すべき重要な概念です。アスペルガ…
calendar_today
離婚後の面会交流における調停申立て―話し合いがまとまらない場合の対処法と記載されたイラスト
離婚後、子供との面会交流は親と子供の関係を維持するために重要な要素です。通常は親同士の話し合いによって合意が図…
calendar_today
離婚や親権争いにおける子どもの手続代理人制度:法的な保護と費用援助による支援と記載されたイラスト
離婚や親権を巡る争いは、子どもにとって大きな影響を及ぼす重要な問題です。子どもの意見や利益を尊重するためには、…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
4
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today