発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

再婚後の養育費

author:dekkun
「再婚後の養育費支払いについて」とのタイトルの記載があり、背景にブーケの画像がある

第1 はじめに

再婚は、離婚後の新たなステップとして多くの人にとって訪れる可能性があります。しかし、再婚する際には、前の結婚から生まれた子供との関係や養育費についての問題が浮上することがあります。再婚によって養育費がどのように影響を受け、どのように取り決めるべきかについて、このコラムでは詳しく探っていきましょう。再婚家庭における養育費の支払いや減額に関する重要な情報を解説します。再婚家庭で幸せな未来を築くために、養育費の問題を適切に理解し、解決していくことが不可欠です。

第2 再婚した場合の養育費

養育費とは、その名の通り、未成熟な子どもを監督保護・教育するために必要な費用のことを指します。では、なぜ離婚後も養育費を支払わなければならないのでしょうか?その理由は以下の通りです。

1親には子どもを扶養する法的義務がある

親と未成熟子の間には、扶養に関する法的な義務が課せられています。民法第877条1項によれば、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と規定されています。親と子供の場合、この「生活保持義務」は、絶対的に扶養しなければならないとされています。つまり、どのケースでも親は子供の生活を支える法的義務を負っています。

2子どもへの愛情表現にもなる

養育費を支払うことは、子どもへの愛情表現とも言えます。子供は、養育費を通じて親の愛情と責任を感じることができます。特に離婚により親が離れて暮らす場合、養育費の支払いが続くことで、子供は自分を見捨てられていないことを実感しやすくなります。養育費は単なる金銭的な支援だけでなく、愛情と関心を伝える手段でもあるのです。

3教育への投資が未来に影響を与える

養育費は子供の教育に使われることが多く、教育への投資は子供の将来に大きな影響を与えます。教育投資は、学力や職業選択に影響を与えるだけでなく、経済的な未来にも大きな差を生むことが研究で示されています。親が養育費を支払うことで、子供の将来に向けた適切な支援を提供できるのです。

養育費は、親としての法的責任だけでなく、子供への愛情や未来への投資として捉えるべきものです。離婚に伴う養育費の金額についての争いがあるかもしれませんが、その背後には子供の幸福と将来へのサポートがあることを忘れずに考えましょう。

第3 再婚後の養育費について

「再婚後の養育費」とのタイトルの記載と、背景にモノクロの花の絵がある。

再婚による養育費の変更について

再婚した場合、養育費の支払いは減額されることがあるか、どのように変更されるかについてご説明します。

1再婚相手が子供と養子縁組をした場合

再婚相手が子供と養子縁組をした場合、養育費の減額を請求できる可能性があります。ただし、減額は自動的に行われるわけではなく、親権者と再婚相手との合意が必要です。合意が得られない場合、裁判所の判断が必要となります。

親権者・再婚相手からの養育が子供にとって十分であると判断されれば、養育費の支払いが不要となる可能性もあります。ただし、これは裁判所の判断に依存するため、状況によっては再度支払いが求められることもあります。

2籍を入れていない場合

籍を入れずに同棲している場合、養育費の減額は難しい場合があります。同棲相手が子供と養子縁組をしていない限り、養育費の支払い義務は続きます。同棲相手が扶養しない者であっても、養育費の減額は基本的には認められません。

3減額の金額

再婚による養育費の減額金額は、具体的な状況に応じて異なります。再婚相手の経済状況や子供の状態によって変動します。減額金額について詳しく知りたい場合は、専門家に相談することをおすすめします。

再婚に伴う養育費の変更については、親権者と再婚相手との合意が最もスムーズな方法ですが、合意が難しい場合には法的な手続きが必要となります。専門家の助言を受けながら、適切な対応を検討しましょう。

第4 再婚と養育費減額

再婚による養育費の変更について

典型的なケースである、父(元夫)が養育費を支払い、母(元妻)が受け取る場合に、再婚がどのように養育費に影響を与えるかについて簡単に説明します。

1母(元妻)が再婚した場合

(1)子どもが再婚相手と養子縁組をしている場合:

子どもは再婚相手の法的な子供となり、再婚相手の収入に応じて養育費が減額される可能性があります。ただし、再婚相手が子どもを十分に扶養できない場合は減額されないこともあります。

(2)子どもが再婚相手と養子縁組をしていない場合:

養育費を支払っている父(元夫)は、引き続き養育費の支払い義務を負います。再婚によって養育費の減額は認められません。

2父(元夫)が再婚した場合

父(元夫)が再婚相手と再婚した場合でも、養育費の支払い義務は自動的に免除されるわけではありません。以下の条件が影響を与えます:

(1)再婚により、子どもができた場合:

再婚相手との間に子どもが生まれた場合、養育費の支払いは増加します。これは扶養家族が増えたため、1人当たりの養育費が減少するためです。

(2)再婚相手の収入が少ないもしくは無収入の場合:

再婚相手の収入が低い、または無収入であっても、裁判所が養育費の減額を認める可能性は低いです。再婚相手の潜在的な稼働能力が考慮され、働けば自分の生活費程度の収入を得ることができると判断されることが多いです。

再婚相手が病気などで働けない場合には個別の事情が考慮されることもありますが、減額の可能性は低いです。

再婚による養育費の変更については、具体的な状況や法的な要因に影響を受けます。詳細について知りたい場合は、専門家に相談することをお勧めします。

第5 養育費減額の方法

実際に養育費を減額する方法について簡単にご紹介します。養育費の減額を検討する場合、まず最初に弁護士に相談することがおすすめです。弁護士のアドバイスを受けることで、スムーズな進行や不安の軽減が可能となります。

1話し合いで請求する

  • 養育費の減額を希望する場合、まずは元妻と元夫との話し合いが重要です。事前に養育費を減額する根拠を整理し、話し合いに臨みましょう。
  • 話し合いの結果や内容は、もし話し合いがこじれた場合に備えて書面やメールで記録を残すことが大切です。
  • 弁護士への依頼も考慮し、交渉を専門家に任せることも一つの選択肢です。
  • 合意が取れた場合、合意内容を書面でまとめ、公正証書等を利用して記録に残しましょう。これにより、合意が後々無駄になることを防げます。書面の作成に不安がある場合、専門家に相談してください。

2. 養育費請求調停を申し立てる

  • 話し合いで合意が得られない場合、家庭裁判所に「養育費減額調停」を申し立てましょう。調停では、調停委員が双方の事情を聴き、解決案を提案または助言します。目標は話し合いによる合意の達成です。

3. 審判手続きで決定する

  • 養育費請求調停で合意が成立しない場合、「審判手続き」が開始されます。審判手続きでは、裁判官が提出された書類や家庭裁判所調査官の調査結果などを基に、養育費の金額を決定します。
  • 不服がある場合、2週間以内に不服の申し立てを行いましょう。この際、高等裁判所で再審理を受けることが可能です。

養育費の減額手続きについて、上記のようなステップがあります。詳細な情報や助言が必要な場合、専門家の意見を仰ぐことをお勧めします。

第6 再婚した場合と養育費打ち切り

「再婚と養育費打ち切り」とのタイトルの表示と、背景は何点もの光が煌めいている絵がある。

相手が再婚したからといって、自分から勝手に養育費支払いを打ち切ることは危険です。特に、離婚時に公正証書を作成したり、家庭裁判所で調停や審判を経て養育費が決まった場合、相手方の再婚を理由に養育費を中断すると、強制執行のリスクが生じます。

養育費の強制執行により、給与から差し押さえられる可能性があるため、差し押さえを解除するには時間と手間がかかります。また、会社にも支払いが滞っていることが露呈し、信用に関わる可能性があります。

相手方が再婚したことを知った場合、養育費の支払いを中断するのではなく、養育費の減額調停を家庭裁判所に申し立てることがおすすめです。この手続きを通じて、公平な判断が下され、問題解決に向けたスムーズなプロセスが確保されます。

第7 再婚して養育費支払いが打ち切られた場合の対処方法

1口約束で養育費を取り決めた場合

離婚時に口約束だけで養育費を決めた場合、約束通り支払いを受けるためには以下の手段を考える必要があります。

(1話し合いを行い、合意内容を公正証書にする:

口頭での合意内容を書面にまとめ、公正証書にすることを検討しましょう。公正証書には強制執行が可能なように強制執行認諾文言を含める必要があります。書面作成に自信がない場合は、専門家に相談することが賢明です。

(2)家庭裁判所に調停申し立てを行う:

合意がまとまらない場合、家庭裁判所に調停申し立てを行うことができます。調停委員が介入し、双方の話し合いを進めます。調停がまとまらない場合は、裁判に進むことになります(審判手続き)。

(3)書面で養育費を取り決めていた場合

公正証書を作成している場合は、強制執行が可能です(強制執行認諾文言がある場合)。ただし、離婚協議書や誓約書といった書面であっても、公正証書を作成していない場合は、口約束と同様の効力しか持ちません。したがって、注意が必要です。

養育費についての条件が調停離婚に含まれていた場合や、審判で定められた場合は、履行勧告や履行命令といった手段を検討できます。これらの詳細な条件や手続きについては、専門家に相談することをおすすめします。

第8 まとめ

再婚は家庭構成が変化することがあり、その際に養育費の支払いや減額についての検討が必要です。以下は、再婚における養育費についてのまとめです。

1再婚相手の養子縁組:

再婚相手が元配偶者の子供と養子縁組をした場合、養育費の支払い義務が一部減免されることがあります。ただし、減額や免除には裁判所の判断が必要です。

2再婚相手の収入:

再婚相手の収入が養育費の支払いに影響を与えることがあります。再婚相手が経済的に安定している場合でも、元の養育費支払い義務は継続されることが一般的です。

3強制執行の危険:

養育費を勝手に打ち切ることは危険です。公正証書や裁判所の調停・審判を経て養育費が決まっている場合、支払いを中断すると強制執行の対象になり、法的なトラブルに発展する可能性が高まります。

4話し合いと専門家の助言:

養育費の問題は話し合いから解決を試みるべきです。専門家の助言を受けることで、適切な合意を築く手助けができます。

5家庭裁判所の調停・審判:

話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所の調停や審判を利用して養育費の金額や減額の可否を決定できます。

再婚家庭における養育費の問題は複雑であり、個々のケースに応じて異なる解決策が必要です。法的なアドバイスを受けたり、話し合いを通じて合意を築くことが、再婚家庭での円満な生活を実現する鍵です。

私が作りました

女性のアイコン
「再婚後の養育費支払いについて」とのタイトルと、背景にブーケの写真
第1 はじめに 再婚は、離婚後の新たなステップとして多くの人にとって訪れる可能性があります。しかし、再婚する際…
calendar_today

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today