発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断基準と他疾患との違い

author:dekkun
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断基準と他疾患との違いと記載されたイラスト

子供たちの成長過程には多くの発達段階があり、その中には注意力や行動の制御に関する課題を抱える子供も少なくありません。その中でも、ADHD(注意欠陥・多動性障害)はその特徴的な症状で知られています。しかし、自閉スペクトラム症や学習障害とADHDの違いを理解することは、適切な支援や介入を行う上で重要です。本コラムでは、ADHDの診断基準と他の疾患との違いについて解説していきます。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断基準とは

男性医師のイラスト

発達障害の多様性

子供たちの成長過程には、それぞれの子供の個性が影響を与えます。中でも、ADHDは特別な発達のあり方を持つ子供たちに見られる特徴のひとつです。日本国内では、小・中学生の20人に1人がADHDの兆候を示していると言われています。

不注意と多動性・衝動性

ADHDの特徴は、「不注意」と「多動性・衝動性」という2つの側面からなります。不注意な傾向が強い子供は、注意を持続することが難しく、小さなことに気が散りやすいです。また、多動性や衝動性の傾向が強い子供は、座ってじっといることが難しいことや、思わぬ行動や言葉を発してしまうことがあります。

特徴説明
不注意な傾向注意を持続することが難しく、細かいことに気が散りやすい。
多動性の傾向座ってじっといることが難しく、活動的な行動を好む。
衝動性の傾向思わぬ行動や言葉を発してしまうことがあり、制御が難しい。

診断基準:DSM-5

ADHDの診断は、アメリカ精神医学会が定めたDSM-5(精神障害の診断および統計マニュアル)に沿って行われます。このマニュアルは、ADHDの症状がどれだけ長い期間にわたり続いているか、また日常生活にどの程度支障をきたしているかを評価する基準を提供します。

『DSM-5』は、アメリカ精神医学会が発行する「精神疾患の診断・統計マニュアル」の第5版です。これは、心の病気…
calendar_today

脳機能の影響

ADHDの具体的な原因は完全には解明されていませんが、多くの研究が脳の働きに着目しています。脳の一部の領域の発達に関わる問題が、注意力や行動のコントロールに影響を与えている可能性が考えられています。


もちろんです。以下が、提供いただいた内容をもとにして、ADHDのセルフチェックに関する説明を作成しました。

ADHDのセルフチェック

症状が見られる年齢

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は生まれつきの特性ですが、特徴がはっきりと分かるのは、おおよそ小学校に入学してからの時期です。小学校では、保育園や幼稚園よりも集団行動やルールを守る機会が増え、その違いが顕著になることがあります。こうした環境変化により、他の子どもたちとのトラブルが目立ちはじめ、そのような場面で専門機関へ相談するケースもあります。

ADHDの診断基準とは

ADHDの診断は、「不注意」と「多動性・衝動性」という症状をチェックする方法を用いて行われます。それぞれの症状が9項目のうち6項目以上見られ、かつ6カ月以上継続し、家庭での生活や学校での活動、学業において困難さを感じはじめた場合、ADHDの可能性が考えられます。以下に症状の一例を示します。

不注意の症状チェック

以下の質問に該当するかどうかをチェックしてみましょう。

No不注意の症状
1勉強中に、不注意な間違いをすることがある
2活動中に、注意を持続することが難しい
3人の話を聞いていると思われないことがある
4指示に従って勉強や課題をやり遂げることが難しい
5課題やタスクを順序立てることが難しい
6精神的な努力が必要な課題を避けることがある
7日常の中で必要なものをよくなくす
8外部からの刺激によって、すぐに気が散ることがある
9日々の活動で、物事を忘れることが多い

多動性、衝動性の症状チェック

No多動性、衝動性の症状
1手足をそわそわと動かすことがよくある
2席に長く座っていることが難しい
3不適切な場所やタイミングで走り回ることがある
4静かに遊ぶことが難しく、落ち着いていられない
5じっとしていることが難しく、身体が動きたくなる
6他人に対して過剰に話すことがある
7質問が終わる前に答え始めることがある
8順番を待つことが難しいと感じることがある
9他人の邪魔をすることが多い

自閉症、学習障害との違い

乳児を抱っこした家族の?アイコン

自閉スペクトラム症と学習障害

自閉スペクトラム症(ASD)は、脳機能障害に関連する複雑な遺伝的要因が影響し、生まれつきの特性が表れるものです。一方、学習障害(LD)は、特定の領域(たとえば読み書き能力や計算力)においてのみ発達が遅れる特異的な障害です。ADHDや自閉スペクトラム症との併存がある場合、適切なサポートがより重要となります。

ネガティブ思考と睡眠障害

ADHDのお子さんは、学校や家庭での約束を守ることが難しく、トラブルが増えることがあります。これがネガティブな自己イメージを形成する一因となり、気分の浮き沈みや不安を引き起こすことがあります。同時に、ADHDのお子さんは睡眠障害のリスクも抱えており、正常な睡眠リズムの乱れや夜泣きが見られることがあります。

前向きなアプローチが大切

ADHDの行動や特性を否定するのではなく、前向きな視点で受け入れることが大切です。治療やサポートを受けつつ、お子さんのポジティブな面を育てることで、困難を乗り越えていく能力が高まることがあります。例えば、ADHDの偉人たちの成功事例からもわかるように、個々の特性を活かすことが、将来の成果に繋がることがあります。

ADHDの偉人たち

野口英世

野口英世は、黄熱病の研究で知られる日本の偉人です。彼は「過剰集中」とも言えるほど、一つのテーマに没頭し、寝食を忘れるほどでした。しかし、日常生活では無頓着な一面もあり、同じ服を何日も着て過ごすことがあったと言われています。

モーツアルト

音楽家のモーツアルトは、オペラや管弦楽曲、ピアノ曲といった幅広い分野で成功を収めた作曲家です。彼は子供の頃から非常に「多動」だったとされ、父親の影響を受けて5歳で作曲を始めました。父親は彼の才能を理解し、サポートすることで彼の才能を伸ばす手助けをしました。

ADHDの特性をポジティブに捉え、個々の能力を引き出す努力が、お子さんの成長に大きな影響を与えることがあります。

まとめ

ADHDは、多くの子供たちが抱える注意力や行動制御の課題を持つ障害ですが、他の発達障害や疾患との違いを理解することが大切です。適切な支援や専門家のアドバイスを受けながら、お子さんの個性を尊重し、健やかな成長をサポートすることが重要です。異なる状態や特性を理解し、ポジティブなアプローチで向き合うことが、お子さんの未来への一歩となることでしょう。

こちらも参考にどうぞ

ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)の違い:行動・場面別に症状と診断を解説と記載されたイラスト
ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)は、発達障がいの一つであり、注意力や社会性などの特性…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today