発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

author:dekkun
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子様の健やかな成長をサポートする上で非常に重要です。このコラムでは、専門家の知見をもとに、一歳半の子どもに見られる発達の節目と、その中での注意すべきサインについて詳しく解説します。また、これらのサインに気づいた場合の適切な対応方法もご紹介します。

1歳児の成長にはそれぞれのペースがある

子どもたちの成長には、それぞれのペースと個性があります。1歳から2歳にかけてのお子様は、以下のような発達の特徴が見られますが、これはあくまで一般的な目安です。

  • 1歳頃になると歩き始める子が多くなります。
  • 好奇心が強くなり、周囲の世界に興味を示し始めます。
  • 自我が芽生え、自分の意志を表現するようになります。

これらは通常の発達の兆候ですが、すべての子どもが同じタイミングでこれらのステップを踏むわけではありません。お子様一人ひとりがユニークな発達の軌跡を描いていることを念頭に置いて、それぞれの成長を見守ることが大切です。

1歳0ヶ月〜4ヶ月児の主な発達ステップ

歩行の始まり

  • 足腰の発達:この時期の子どもたちは足腰が強くなり、よちよち歩きやつかまり立ち、伝い歩きを始めます。また、しゃがんだり立ち上がったりする動作も可能になります。

コミュニケーションの基礎

  • 喃語の発生:「アー」「うー」などの単純な音から始まり、徐々に「ママ」「パパ」などの単語を使って話し始めます。

食事の発達

  • 離乳食から幼児食へ:この時期は、子どもたちが大人と同じような食事に移行する時期です。1日3回の食事が標準となり、6~8本の歯が生えてくることで、食べ物を噛み切ることができるようになります。

細かい動作の向上

  • 指先の発達:1歳を過ぎると、子どもたちは指先の使い方が上手になります。親指と人差し指を使って物をつまむ動作が可能になり、小さな物を掴むことに興味を示します。公園での小石や砂の探索、家庭内での小さなゴミの拾い集めなどが見られるようになります。

1歳5ヶ月〜11ヶ月児の主な発達の特徴

動きの向上

  • 走りと階段の使用:この時期の子どもは一人で歩くだけでなく、駆け足や階段の昇り降りも可能になります。階段の使用には大人のサポートが必要です。また、腕力が発達し、重い物を動かす力もついてきます。

会話の発展

  • 2語文の会話:「ブーブー」などの単語を超えて、「ブーブー大きい」「パパまって」などの簡単な2語文を話せるようになります。また、自分の名前を認識し始めるのもこの時期です。

自我の芽生え

  • 自己主張の始まり:1歳半頃から自我が芽生え始め、自分の意見を表現し、嫌なことに反応するようになります。

理解力の発展

  • 指示の理解:話された内容を理解し、簡単な指示に従えるようになります。例えば、「待っててね」「それちょうだい」といった指示を理解し、適切に反応します。

これらのポイントを把握した上で、次に1歳から2歳の発達障害の兆候について詳しくご紹介します。早期発見のためのチェックリストを用いて、お子様の発達を観察しましょう。

1歳〜1歳半の子どもの発達障害の見分け方

1歳から1歳半のお子様において、発達障害の判断は非常に難しいとされています。この年齢では、発達のペースに個人差が大きく、また子どもの環境がその成長に大きく影響します。

発達障害の判断は慎重に

1歳から1歳半のお子様において、発達障害の判断は非常に難しいとされています。この年齢では、発達のペースに個人差が大きく、また子どもの環境がその成長に大きく影響します。

早期の兆候に注意

一部の明確な症状が見られる場合、専門家による評価が可能ですが、多くの場合、発達障害の確定的な判断は2歳から3歳の間になされることが一般的です。1歳半頃の子どもたちは、多くの刺激とコミュニケーションを必要とします。日々の対話や遊びを通じて、お子様の発達をサポートすることが重要です。

早期の相談がカギ

もし発達に関する不安があれば、早めに専門家に相談することをお勧めします。発達の個人差や環境要因を考慮しつつ、お子様一人ひとりに合った支援を受けることが大切です。

自閉スペクトラム症がある場合の特徴と対応

言葉の理解が難しい場合

子どもが言葉の理解に苦労している場合があります。このような時には、絵カードなど視覚的なツールを使ってコミュニケーションを取ることが効果的です。特に幼児期には、この方法を試してみるのがおすすめです。

話し言葉の遅れ

ここで大事なのは、子どもに話す楽しさを教えることです。言葉が出てきたら、自然に文法を修正してあげましょう。他人との関わりに興味を持たせ、子どもの関心事に合わせて会話を楽しむようにしましょう。

吃音(きつおん)について

1歳から2歳の間に吃音の初期症状が見られることがあります。これはコミュニケーション障害の一種ですが、5歳から6歳までには自然に改善することも多いので、焦る必要はありません。

癇癪(かんしゃく)を起こす場合

嫌なことがあると癇癪を起こす子どももいます。このような時は、安全を確保しつつ、子どもの話を聞いてあげましょう。気を紛らわせるために外出するなどして、落ち着いたら必ず褒めることが大切です。

指差しの遅れ

指差しはコミュニケーションの基礎となります。子どもが指差しをしたくなるような環境を作り、絵などでトレーニングを行うと良いでしょう。

1歳半の子どもの発達と健康チェック

1歳半の子どもは、通常、ある程度歩くことができるようになっています。しかし、以下のような状況が見られる場合は、注意が必要です。

  • 歩かない: 歩行が遅れている場合
  • 話さない: 言葉を話し始めるのが遅い場合
  • 物を握らない: 手の発達が遅れているように見える場合
  • 親と手をつなぐのを嫌がる: 身体的な接触に対して抵抗を示す場合

これらの特性が強く見られる時は、身体疾患の可能性があります。そのため、一度、医師に相談して子どもの健康状態をチェックすることをおすすめします。

一歳児~二歳児の発達に関する相談先

1歳から2歳のお子さまの発達について心配事がある場合、以下のような相談先があります。

小児科や児童精神科

専門の医師による診察が受けられます。

自治体や発達障害者支援センター

地域によっては、発達障害に関する支援センターや専門家がいます。

相談する前には、以下のことを心がけましょう。

子どもの行動のメモ
不思議だと感じたり、心配な行動をメモしておき、医師や専門家に相談する際に参考にしましょう。

まとめ

発達障害のサインを早期に識別し、適切な支援を受けることが、お子様の可能性を最大限に引き出す鍵です。何か気になるサインがあれば、早めに専門家に相談することをお勧めします。このコラムが、お子様の健全な成長と発達のサポートに役立つ一助となれば幸いです。

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト
新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…
calendar_today

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today