発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

author:dekkun
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらします。しかし、中には特別な注意と理解が必要な赤ちゃんもいます。本コラムでは、自閉症を含む発達障害(ASD)のリスクが高い赤ちゃんの特徴について探求してみましょう。生後1ヵ月から10ヵ月までの成長段階を通じて、早期のサインや兆候に焦点を当て、お子さんの成長に寄り添う一助となる情報をご紹介します。

赤ちゃんの成長とASDの関わり

小さな一歩からの大きな成長

新生児の赤ちゃんは、たった3000グラムほどの小さな存在です。しかし、1年が経つ頃には、その体重は3倍に、身長は1.5倍にも成長します。この驚異的な変化の過程には、体と心の成長が密接に結びついています。

体の成長と変化

成長する体を支えるためには、骨や筋肉の成長も欠かせません。外部からの刺激が体に与えられると、それが脳に伝わり、筋肉の動きに反映されます。視覚や触覚などの感覚が、運動に繋がる大切なステップです。外界からの刺激が多ければ多いほど、幅広い運動が促進され、筋肉の成長が促されるのです。

環境との関わり

外界からの刺激が豊かな環境では、赤ちゃんが様々な動きを試し、新しい体験を積むことができます。触ったり、つかんだり、動いたりすることで、筋肉や骨が強化され、発達が促進されるのです。親やケアギバーが愛情を込めて関わることも、赤ちゃんの成長に良い影響を与えることがあります。

親の役割

赤ちゃんの成長には、親の愛情とサポートが欠かせません。愛情を込めた触れ合いや遊びは、赤ちゃんの感覚を刺激し、成長を助けます。親が関わることで、赤ちゃんは自分の体を知り、発達していく過程を楽しく経験することができます。

成長の一覧表

以下のテーブルに、赤ちゃんの成長過程を示す一覧をまとめました。

項目生後0~1ヶ月生後3ヶ月生後6ヶ月生後12ヶ月
体重(倍)1倍1.5倍2倍3倍
身長(倍)1倍1.2倍1.3倍1.5倍
筋肉の発達初期の動き始める増加強化
骨の成長進行中進行中進行中進行中
外界刺激の重要視覚触覚触覚触覚

ASDの可能性と向き合い方

ハグしてる家族

興味の違いと外部刺激

生後1ヶ月の段階で、ASDのリスクを抱える赤ちゃんは、外界への興味を持ちにくいことがあります。そのため、外部からの刺激が少ない状況が考えられます。こうした興味の違いが、筋肉の成長に影響を与えることがあります。筋肉の発達が通常よりも緩やかに進行することもあるのです。

研究からの示唆

愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所の研究によれば、緊張の少ない子供たちの中に、生後1ヶ月の段階で自閉症の特徴が見られるケースがあるとされています。筋肉の成長と自閉症の関係性について、新たな知見が浮かび上がっています。

親の感じること

ASDと診断された子供たちの保護者たちは、共通して抱っこした際に「ふにゃふにゃ」感を感じることがあると語っています。これは、生後1ヶ月の段階での自閉症の兆候とされています。親がこうした変化に気付くことで、早期のサポートや評価を受けることが重要です。

専門家の助言

自閉症の兆候に関する情報は、専門家の意見を元に確認することが大切です。早期のサポートや適切な評価を受けることで、子供の発達に対する効果的なアプローチを見つけることができます。

脳の成長と感受性

虫眼鏡を持っている男の子のアイコン

脳の成長と感受性

脳の成長の旅路

赤ちゃんの脳は、感覚器からの刺激が脊髄に届くと「反射」として返るプロセスから発達をスタートさせます。視覚や聴覚、体性感覚による痛みや温度の感じ方が次第に成長し、思考や情緒を司る前頭前野へと脳の発達が進展します。この成長の道のりは、下位脳(首の近く)から上位脳(頭の上)へと連なっています。3歳までには、脳の基本的な発達はほぼ完了しますが、その後も視覚や聴覚、触覚などからの刺激を通じて、脳は20歳頃まで継続的に成長し続けます。

自然な成長の兆し

新生児はおっぱいを近づけると、乳首を吸う「反射」を示します。これを繰り返す過程で、次第に上手に乳首を吸う方法を学び、3か月を過ぎる頃には、満腹だけでなく、寂しいときにもおっぱいを吸う行動が感情とともに見られるようになります。

反射と脳の関係

反射は、生まれながらの生命維持のための動きです。これらの反射を通じて運動を覚え、向上させる過程で反射は次第に薄れていきます。しかしながら、本来見られるべき反射が見られない、あるいは反射が消えるべき時期に残っている場合、脳の機能に障害がある可能性が考えられます(生体的な障害を除く)。

感覚とASDのリスク

ASDのリスクが高い赤ちゃんでは、神経系の成長に影響を与える「感覚鈍麻」や「感覚過敏」が目立つことがあります。これらの特徴も、自閉症スペクトラム障害と関連しています。

脳の成長と感受性の一覧表

脳の成長と感受性の関係についての一覧をまとめました。

発達段階特徴と成長関連性と兆候
生後1ヶ月反射の形成自閉症の兆候の一端かもしれない
3ヶ月反射から行動へ感情と連動する行動の出現
3歳基本的な成長完了自然な発達の節目
20歳頃継続的な成長刺激による脳の継続的な発達

心の成長と感受性

笑顔で手を振る2人の子供のイラスト

初めての感情からの一歩

新生児の心は、最初に興奮を感じることから始まります。その後、快や不快な感情を覚え、成長の過程で快い感情は次第に得意や愛情などに区別されるようになります。

感情の色と運動のリズム

心の成長は、運動機能や思考にも大きな影響を与えます。視覚的な対象に対する好奇心や、触れたい、口に入れたいといった欲求は、赤ちゃんの体を動かす原動力となります。その結果、筋肉や骨の成長が促進されるのです。多様な感触や体験を通じて、違いを考える力や新しいものへの興味が次第に芽生えるのです。

ASDのリスクと心の特徴

ASDのリスクを持つ赤ちゃんの心の成長には、バランスのとれた段階が重要です。しばしば、特定の興味が極端に欠けるか、逆に極端に強いといった特徴が見られることがあります。新しいおもちゃへの無関心や、限られたおもちゃへの強い興味を示す様子も見受けられます。

保護者の視点から

新しいおもちゃに無関心だったり、特定の遊び方しかしなかったりする様子を見て、「ASDかもしれない?」と考える保護者の方が多くいらっしゃいます。これは、親が赤ちゃんの興味や感受性に真摯に向き合っている証でもあります。

心の成長と感受性の一覧表

以下のテーブルに、心の成長と感受性の関係についての一覧をまとめました。

心の成長段階特徴と進行関連性と特徴
新生児興奮の始まり感情の初期のステップ
成長の過程快や不快な感情感情の多様化と成熟
運動と思考の影響欲求と成長の促進運動と感情の結びつき
ASDのリスク特異的な興味興味における極端な傾向の関連
保護者の視点焦点の変化保護者の感受性に影響を与える

関心だったり、特定の遊び方しかしなかったりする様子を見て、「ASDかもしれない?」と考える保護者の方が多くいらっしゃいます。これは、親が赤ちゃんの興味や感受性に真摯に向き合っている証でもあります。

早期診断の可能性と展望

医療の専門職が並んでいるイラスト

発達の個人差と課題

1歳未満の段階でASDを正確に診断することは難しいです。成長の進み方は個人差が大きく、発達の遅れや進み過ぎを見極めるのは一般的に難しい課題です。現時点では、個人の発達に関する差異とASDの兆候を区別することは挑戦となっています。

技術の進化と早期発見

しかし、医療技術の進化により、脳の働きを観察する手段が向上しています。特に、脳の特性を可視化するための技術が進歩し、脳の状態を早い段階で評価できるようになってきています。

小児専用MEGの役割

日本では、金沢工業大学、金沢大学、リコーグループが開発した小児専用MEG(脳磁計測システム)が注目されています。この技術は早期の発見と介入を可能にしています。リコーが取り組む「個々の脳の個性をスキャンする」プロジェクトも、その一環として脳の画像解析を駆使しています。

AIと脳画像解析の貢献

2017年に発表された研究では、生後6か月から12か月の脳画像データを元に、人工知能を活用してASDの予測を行いました。その結果、生後24か月において、ASDの予測的中率が81%という成果が得られました。このようなAIと脳画像解析の組み合わせは、子どもの気分に影響されず、より確実な診断を支援する方法として期待されています。

展望とまとめ

1歳未満の段階でのASDの早期診断はまだ限定的ですが、技術の進化と研究の進展により、将来的にはより精度の高い早期診断が可能になる可能性があります。こうした取り組みは、ASDの早期介入やサポートにとって重要な一歩とされています。

早期診断の可能性と展望の一覧表

以下のテーブルに、早期診断の可能性と展望に関する情報をまとめました。

技術の進化と脳の可視化小児専用MEGの役割AIと脳画像解析の貢献展望とまとめ
脳の働きを観察する手段の向上早期発見と介入の実現精度の高い予測支援未来の早期診断の可能性
脳の特性を可視化する技術の進歩脳の画像解析を活用子どもの気分に影響せず重要な一歩とされる

赤ちゃんの特徴とASDとの関連性についてよくある質問

乳児を抱っこした家族の?アイコン
赤ちゃんの足の力が強いと、自閉症の兆候があるのでしょうか?

赤ちゃんの足の力が強いと、自閉症の兆候とは一般的には関連がありません。赤ちゃんの筋力や動作は個人差があり、強い筋力は正常な健康な兆候ともいえます。ただし、自閉症は多くの要因に影響される総合的な発達障害であり、足の力だけで診断することはできません。

赤ちゃんの筋肉が柔らかい場合、発達障害の兆候と言えるのでしょうか?

赤ちゃんの筋肉が柔らかいことは、発達障害の兆候とは一般的には直接的には関連しません。赤ちゃんの筋肉の柔軟性や状態は成長段階や個人差によって異なります。発達障害の診断には、筋肉の状態だけでなく、行動やコミュニケーションなど、幅広い要素を考慮する必要があります。

みんな気になる生後4ヵ月、7ヵ月、10ヵ月の赤ちゃんの発達障害の兆候

もちろん、それぞれの段階での赤ちゃんの特徴や兆候、そして具体的な例を解説してみましょう。

生後4ヵ月の発達障害の特徴

生後4ヵ月の赤ちゃんの発達障害の特徴は、他の同じ年齢の赤ちゃんと比べて、特定のスキルや行動の発達が遅れることがあります。赤ちゃんが周囲の刺激に適切に反応しない、視線を合わせることが難しい、または特定の音や刺激に興味を示さないことがあります。

生後4ヵ月の赤ちゃんが、他の子供たちが手招きをすると無視し、視線を合わせることが少ないような場合が考えられます。また、笑顔を見せることが少なく、人の顔に注意を向けることが難しい兆候もあります。

生後7ヵ月の発達障害の兆候

生後7ヵ月の赤ちゃんに発達障害の兆候が見られる場合、一般的な発達のペースと比較して特定のスキルの取得が遅れることがあります。社会性やコミュニケーションの発達に関して、他の子供たちと比べて明らかな差が現れることがあります。赤ちゃんが視線を合わせることや周囲とコミュニケーションを取ることに苦労する場合があります。

生後7ヵ月の赤ちゃんが、他の子供たちが笑ったり声を出すと反応せず、周囲の刺激にあまり反応しない様子が見られることがあります。また、音に対する関心が少なく、物音や声に反応しないことも兆候の一つとされます。

生後10ヵ月の赤ちゃんの発達障害の特徴

生後10ヵ月の赤ちゃんの発達障害の特徴は、個人差があるものの、一般的な発達と比較して遅れが見られることがあります。例えば、言葉やコミュニケーションの発達が遅れることがある他、社会性や対人関係の発達にも課題が現れることがあります。赤ちゃんは、他の人への関心を示すことが難しく、視線を合わせることや笑顔を交わすことが少ないかもしれません。

ASDの特徴の1つとして、生後10ヵ月の赤ちゃんが周囲の人々と目を合わせることなく遊んでいる光景が見られることがあります。また、発話が遅れ、他の子供たちと比べて言葉の数やバラエティが少ないことも考えられます。

まとめ

赤ちゃんの成長は、我々の未来の礎です。特にリスクが高い状況において、早期の理解とサポートが将来への道を明るく照らす役割を果たします。もし、お子さんの成長に関して心配や疑問がある場合は、遠慮せずに医療専門家や専門機関に相談してみることをおすすめします。そして、愛情と理解をもってお子さんの成長を見守り、彼らが豊かな未来を迎えるための一助となっていきましょう。

こちらも参考にそうぞ

成長と変化:年齢別 自閉症の特徴解説 – 0歳から6歳までの就学前と記載されたイラスト
子どもの成長には、年齢によってさまざまな特徴が現れることがあります。特に自閉症については、幼児期からの兆候を理…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today