発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

親が知るべき、言葉が遅い子の特徴と対応策とは

author:dekkun
親が知るべき、言葉が遅い子の特徴と対応策とはと記載されたイラスト

子どもの言葉の発達は、個々のペースで進むため、すべての子どもが同じ速さで話し始めるわけではありません。しかし、言語の遅れが見られる場合、親としてはどのように支援すればよいのでしょうか?このコラムでは、言葉が遅いと感じられる子どもたちの一般的な特徴と、それにどう対応すれば良いかについて、実践的なアドバイスを提供します。早期に適切なアプローチを行うことで、子どもたちの言語発達を効果的にサポートしましょう。

言葉が遅い子の特徴とは?

言葉が遅い子の特徴とは?と記載された子供のイラスト

言葉の発達には個々に差がありますが、言葉の遅れが気になる子供には以下のような特徴が見られることがあります。

自ら言葉を話そうとしない

多くの子供は、自分の思いや要求を言葉で表現しようとします。しかし、言葉の発達が遅い子供は、自分から積極的に話そうとすることが少ないかもしれません。

3歳を過ぎても言葉がカタコト

一般的に、3歳頃には子供の言葉は次第に流暢になります。言葉が遅い子供は、3歳を過ぎても一語文や短いフレーズで話すことが多いです。

成長のペースには個人差がありますが、もし上記のような特徴に心当たりがある場合は、この記事で紹介する内容を参考に、ご自身のお子さんに当てはまるかどうかをチェックしてみてください。言葉の発達が遅れていると感じたら、早めに専門家に相談することがお子さんの言語能力の向上に役立ちます。

年齢ごとの言葉の発達目安を知ろう

お子さんの言葉の発達が心配な時、実はその発達が年齢に合っていることも少なくありません。ここでは、お子さんの成長に合わせた言葉の発達目安を詳しく見ていきましょう。

新生児期(生後6ヶ月まで)

新生児期(生後6ヶ月まで)と記載された子供と母親のアイコン

この時期の赤ちゃんは、最初の言葉として「アー」「ウー」といった単純な音を出し始めます。これは言語の基礎を形成する重要な段階です。また、上下の唇を使って「バッブ」「プップー」といったより複雑な音を発することもあります。これらの音は、大人が話しかけるときの声の真似をすることで、次第にコミュニケーションの初歩を学んでいきます。

幼児初期(1歳〜2歳)

幼児初期(1歳〜2歳)と記載されたイラスト

1歳を過ぎると、子供は言葉のマネをするようになります。初めて「パパ」「ママ」など、意味のある単語を使うことが増え、「ワンワン」「ブーブー」といった身近なものの名前を覚え始めます。また、言葉にならない子供でも、例えば「パパどこ?」と問われると、理解して指を指すなどの反応を示します。

幼児後期(2歳〜3歳)

幼児後期(2歳〜3歳)と記載されたイラスト

3歳になると、子供はものの名前や用途に興味を持ち始め、「これなに?」と質問することがよくあります。この頃から、「まんま、たべた」や「ブーブー、きた」など、二語文を使って状況を説明することができるようになります。

幼少期(3歳〜4歳)

幼少期(3歳〜4歳)と記載されたイラスト

子供が3歳を過ぎると、さらに言語能力が向上し、「どうして」「なぜ」といった疑問を持ち始めます。友達との簡単なコミュニケーションも可能になり、物の貸し借りや簡単な遊びでの交流が見られるようになります。

前学齢期(4歳以上)

前学齢期(4歳以上)と記載されたイラスト

歳になると、子供たちは日々の出来事や感じたことを詳細に話すようになります。自分の経験を親や友達に話すことで、言葉を通じた表現の幅が広がり、更に複雑な言葉の使用が見られるようになります。

言葉の発達が遅れる主な原因

初心者向けに解説をする男女の医師のアイコン

言葉の発達に遅れが見られる場合、いくつかの原因が考えられます。それぞれの原因を詳しく見ていくことで、対応策を考える手助けになります。

単純性言語遅滞

この状態は、単に「言葉の遅れ」とも呼ばれ、他の発達領域(聴力や知能など)に問題がない場合に見られます。単純性言語遅滞の子どもは、2歳から3歳にかけて言葉の発達が急速に進むことが多いです。この場合、焦らずに子どものペースを見守ることが重要です。

内向的な性格

性格が内向的な子どもは、自分から積極的に言葉を使ってアピールすることが少なくなりがちです。これにより言葉の使用が少なくなることがありますが、周囲の言葉を理解している場合、特に心配する必要はありません。

言葉の機会の喪失

時には、家族や周囲の大人が子どもの言葉を待たずに先回りして行動をとることで、子どもが言葉を発する機会が減ってしまうことがあります。会話や反応を通じて言葉を学ぶため、子どもに発言のチャンスを積極的に与えることが重要です。

言語理解の遅れ

子どもが特定の単語や指示を理解していない場合、それに応じて言葉を発することはありません。名前を呼んで反応するか、簡単な言葉に対する反応を観察することで、言葉の理解度を確かめることができます。

聴力の問題

言葉が聞こえていない場合、当然ながら言葉を発することが難しくなります。子どもが音に反応するかどうかを確認し、反応がない場合は聴力検査を検討することが推奨されます。

発達障害や知的障害の可能性

3歳を過ぎても言葉が出ない場合、発達障害や知的障害の可能性が考えられます。自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなどが関連することがあります。また、こだわりが強い、目が合わない、同じ行動を繰り返すなどの特徴が見られる場合も、専門的な評価が必要です。

よくある質問

女性のアイコン
2歳児が喋らない原因は?

2歳児が話さない原因は様々で、性格や発達のペース、コミュニケーションの機会不足、聴覚問題、または先天的な病気が考えられます。性格が内向的な子や発達がゆっくりな子は自然と言葉の使用が少なく、また周りに反応してくれる人が少ないと言葉の習得が遅れがちです。聴覚に問題がある場合も言語の発達に影響し、中耳炎や耳垢の詰まりが原因であることもあります。さらに、自閉症スペクトラム障がいや注意欠陥多動性障がいなどの症状がある場合、コミュニケーション能力や集中力の欠如が言葉の習得を困難にすることがあります。これらの症状に気付いた場合は、専門医の診断を受けることが重要です。

2歳児の言葉の遅れの特徴は何ですか?

2歳児で言葉の発達が遅れている場合、いくつかの特徴が見られます。まず、一般的に同年齢の子供たちが使う簡単な単語や二語文を話すことが少ないか全くない場合があります。また、コミュニケーションへの反応が遅かったり、指示に対する理解が浅かったりすることがあります。さらに、同年代の子供たちと比べて、ジェスチャーや身振りを使って意思を表現することが多いです。これらの特徴が見られる場合は、言葉の発達に関して専門家の診断を受けることをお勧めします。

一歳半の子どもに見られる発達障害のサインは何ですか?

一歳半の子どもにおける発達障害のサインには、以下のような特徴があります。まず、社会的な相互作用に関するサインとして、目が合わない、名前を呼んでも反応しない、または他の子供たちや大人との交流に興味を示さない場合が挙げられます。次に、言語の発達に関しては、同年齢の子供たちが使用する単語や単純なフレーズを使わないことが指摘されます。また、行動や遊びにおいて、特定の物に異常な執着を見せる、遊びが単調である、または変化に対して極端に敏感であるといった特徴も発達障害のサインとされます。これらのサインが見られる場合は、早期に専門医の診察を受けることが重要です。

家庭でできる!言葉の発達促進方法7選!

家庭でできる!言葉の発達促進方法7選!と記載されたイラスト

子どもの言葉の発達をサポートするには、日常生活の中で意識的に取り組むことが大切です。ここでは、親が実践できる7つの方法を紹介します。

1. 子どもとの会話を増やす

子どもと一緒に過ごす時間を活かして、たくさん会話をしましょう。テレビや動画を見る際も、内容について質問したり感想を求めたりして、会話の機会を増やすことが重要です。

2. 絵本の読み聞かせをする

言葉を使った遊びの一環として、絵本の読み聞かせを日常的に行いましょう。物語を通じて新しい単語を学び、言葉の使い方を理解する良い機会になります。

3. 言葉を使った遊びを取り入れる

おままごとやごっこ遊びなど、言葉を必要とする遊びを積極的に取り入れましょう。遊びを通じて自然に言葉を学ぶことができます。

4. 子どもの話を最後まで聞く

子どもが話をするときは、最後までじっくりと耳を傾けてください。子どもの言葉を尊重することで、自信を持って話す練習になります。

5. 身振りを言葉に変える

子どもが指さしたものや興味を示したものに対して、それを言葉で説明してあげましょう。これが、物の名前とその概念を結びつける良い練習になります。

6. 言葉の間違いを指摘しない

初期の言語学習では、子どもが間違った言葉を使うこともありますが、すぐに訂正せずに受け入れてあげましょう。自然と正しい言葉の使用へと進化します。

7. 一緒に新しい言葉を学ぶ

親自身が新しい単語や表現を学び、それを子どもと共有することも言葉の発達を促します。一緒に新しいことを学ぶ楽しさを共有し、言葉の興味を深めることができます。

これらの方法を積極的に取り入れることで、子どもの言語発達を効果的にサポートし、豊かなコミュニケーション能力の基礎を築くことができます。

まとめ

言葉の発達には個人差があることを忘れずに、お子さん一人一人のペースに合わせた支援を心がけることが大切です。今回ご紹介した対応策を活用し、お子さんが自信を持って言葉を使えるようサポートしてあげてください。何か心配事があれば、専門家に相談することも恐れずに。言葉を通じて子どもたちの世界が広がる手助けをすることで、その成長を一緒に楽しむことができるでしょう。

一歳半のお子さんに見られる発達障害の初期サインを見逃さないためにと記載されたイラスト
子供の発達には個人差があり、一律のマイルストーンを全ての子が同じ速度で達成するわけではありません。しかし、発達…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
5
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today