発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

一歳半のお子さんに見られる発達障害の初期サインを見逃さないために

author:dekkun
一歳半のお子さんに見られる発達障害の初期サインを見逃さないためにと記載されたイラスト

子供の発達には個人差があり、一律のマイルストーンを全ての子が同じ速度で達成するわけではありません。しかし、発達には特定のサインが見られることがあり、これらは時に早期の注意が必要な問題を示唆している場合もあります。特に一歳半は、子供の成長において多くの重要な発達が見られる時期です。このコラムでは、一歳半のお子さんに見られる発達障害の初期サインについて解説し、どのようにこれらのサインを見極め、適切な対応をすればよいのかをご紹介します。発達障害の早期発見は、お子さんの将来に大きな違いをもたらすことができます。

一歳半のお子さんの発達とは?何が普通で、何に注意すべきか

「一歳半という年齢は、お子さんの発達において多くの変化が見られる重要な時期です。この時期に普通に見られる発達の特徴と、注意すべきサインを理解することは、お子さんが健やかに成長するための第一歩となります。本コラムでは、一歳半のお子さんの発達の標準パターンと、発達障害の初期兆候に焦点を当て、どのようにこれらの情報を活用し、必要な対応を行うかを解説します。親として知識を深めることで、お子さんの将来をより良いものにする手助けとなるでしょう。

一歳半の子どもの一般的な発達特徴

一歳半の子どもたちは、活動的で好奇心旺盛な時期を迎えます。この段階での主な発達のマイルストーンには、歩き始めることや初めての単語を話すことが含まれます。彼らはまた、積み木遊びや絵本に示された物語に興味を持ち始めるなど、基本的な自己表現を試みるようになります。

一歳半の子どもに見られる発達障害の兆候

一歳半の子どもの発達には個人差がありますが、特定の行動や反応の遅れは、発達障害のサインである可能性があります。言葉の発達が極端に遅い、社会的な相互作用に興味を示さない、または簡単な指示に応じないなどの行動は、専門家に相談するべき重要な指標となり得ます。

適切な対応と早期介入の重要性

早期に発達の特異性を認識し対応することは、お子さんの成長において極めて重要です。異常を感じた場合は、遅れを追いつかせるための支援や治療を提供する専門の医師や発達支援の専門家への相談をお勧めします。早期介入によって、お子さんが社会に適応しやすくなるだけでなく、将来的に自立した生活を送るための基盤が築かれます。

一歳半の子どもの発達における重要なサインとその対処法

子供の発達過程には多くの重要なマイルストーンが存在しますが、一歳半の時期には特に注目すべきサインがいくつか現れます。このコラムでは、一歳半のお子さんの言葉の発達、社会的相互作用、運動能力、そして反応や注意力における特定のサインと、それらにどのように対応すべきかについて詳しく解説します。また、これらのサインに気付いた際の専門家への相談方法についてもアドバイスします。早期の理解と適切な対応が、お子さんの健全な成長と発達を支える鍵となります。

言葉の発達に見られるサインと対処法

一歳半の子どもたちは通常、簡単な単語を使い始め、身の回りの物を指名したり、自分の要求を表現したりします。日常生活で例えば、「ボール」という単語を使っておもちゃを要求するのが普通です。しかし、言葉の使用が非常に限られている、または全く話さない場合は、子どもが指をさす、身振りを使うなど他の方法でコミュニケーションをとっているかを観察し、それを言葉に繋げるよう積極的に支援することが重要です。たとえば、子どもが指をさしたものを言葉で繰り返し説明し、子どもが真似をする機会を増やします。

社会的相互作用のサインと対処法

一歳半の子どもは親や他の子どもたちとのやり取りを楽しむことが一般的です。もし目の合わせ方が少なかったり、社会的な笑顔が見られなかったりする場合、親が積極的に顔を合わせて話しかけることが助けになります。また、子どもが他の人との相互作用に興味を示さない場合、小さなグループ活動や遊びの日に参加させ、社会的なスキルを促進することが推奨されます。

運動能力の発達に関するサインと対処法

歩行が遅れているか不安定な場合、安全な環境での裸足での活動を促すことでバランス感覚を養うことができます。また、物を持ったり投げたりする動作に困難がある場合は、遊びを通じて手の使い方を教えることが有効です。たとえば、大きなブロックでの積み木遊びや、軟らかいボールを使ったキャッチボールを日常的に取り入れることが推奨されます。

反応と注意に関するサインと対処法

子どもが特定の刺激に過剰に反応するか反応が乏しい場合、その反応を詳細に記録し、何が刺激となっているのかを理解することが第一歩です。音や光への適応を助けるために、日常生活での刺激の量を徐々に調整することも一つの方法です。また、集中力が異常に高いか低い場合、活動のバリエーションを増やし、短時間での切り替えを促すことで、注意の持続力を育てることができます。

専門家に相談する際のアドバイス

これらのサインに気づいたら、まずは日常の観察記録を整理し、具体的な事例を挙げて専門家に相談すると良いでしょう。発達の専門家、小児科医、または早期介入プログラムに参加することで、適切な評価と必要な支援が得られます。専門家との初めての面談では、子どもの行動のビデオや写真を持参することも役立ちます。これにより、専門家が子どもの行動を直接見ることができ、より具体的なアドバイスを提供することが可能になります。

専門家提供するサービス役割説明
小児科医一般的な健康診断、発達のスクリーニング発達に関する一般的な問題を診断し、適切な専門家への紹介を行います。
心理士発達評価、カウンセリング詳細な発達評価を提供し、発達障害が疑われる場合に具体的な指導や治療を行います。
言語聴覚士言語評価、言語療法言葉の遅れやコミュニケーション障害を持つ子どもに対して、言語能力の向上を図ります。
理学療法士運動機能評価、物理療法運動発達が遅れている子どもに対して、適切な運動や療法を提供します。
作業療法士日常生活スキルの評価とトレーニング手先の器用さや自己管理能力の向上をサポートします。
保健師など総合的な評価、家庭訪問、各種療法の提供家庭環境での支援を提供し、子どもの発達を促進します。

まとめ

一歳半のお子さんに見られる発達障害のサインを理解し、適切に対応することは、子供の健やかな成長と発展をサポートする上で非常に重要です。もしも上記のサインがお子さんに見られる場合は、決して不安に思うことなく専門家へ相談してください。早期介入は、お子さんの能力を最大限に引き出し、可能な限り充実した日々を送るための第一歩です。親として知識を深め、お子さん一人一人の個性とペースを尊重しながら、必要なサポートを提供できるよう努めましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
5
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today