発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

療育とは何か?簡単に理解するABAと発達支援

author:dekkun
療育とは何か?簡単に理解するABAと発達支援と記載されたイラスト

療育とは、発達に特別な支援が必要な子どもたちへの教育とケアのことを指します。しかし、この概念は多くの人にとって未知のものです。ABA(応用行動分析)という手法を取り入れた療育は、特に効果が認められています。この記事では、療育が何であるか、そしてABAを用いた療育がどのように発達支援に役立つのかを、簡潔かつわかりやすく解説します。

療育とは?

療育とは、心身に何らかの障がいを持つ子どもたちに対して行われる教育やケアのことです。この支援は、それぞれの子どもが社会で自立し、充実した生活を送れるようにするために重要です。元々は身体の障がいを持つ子どもたちを対象に始まりましたが、今日では身体的、知的、精神的な障がい(発達障がいを含む)を持つ18歳未満のすべての子どもがこの支援を受けることができます。

療育と発達支援の違い

療育は、基本的には治療と教育の組み合わせですが、発達支援はこれをさらに拡張したものです。発達支援では、障がいを持つ子どもだけでなく、その家族や地域の機関への支援も含まれています。近年、児童福祉法の改正に伴い、全国に児童発達支援センターが設置され、発達障がいに対する意識が高まっています。

療育(発達支援)の目標について

療育(発達支援)とは

療育(発達支援)は、障害を持つお子さんや、その可能性があるお子さんに対して、一人一人の発達の状況や障害の特性に合わせた支援を行うことです。この支援の目的は、現在直面している問題の解決と、将来の自立及び社会参加を促進することにあります。

療育の変遷

かつては身体障害を持つ子どもたちへの治療と教育の組み合わせを指していましたが、今では障害を持つ子どもたちの発達をサポートする総合的な取り組みを意味します。「発達支援」という言葉も、療育と同じ意味で用いられています。

個別のアプローチ

子どもたちは一人ひとり異なるスピードで発達します。特に障害を持つ子どもたちの場合、個々の状況に合わせた対応によって、新しい能力を引き出すことが可能です。療育(発達支援)では、子どもの現在の課題や発達の段階、障害の特性に合わせて、オーダーメイドの支援計画を立て、進めていきます。例えば、コミュニケーションが困難な子どもには、話し方の練習やコミュニケーションの技術を教えます。また、家族へのサポートも重要な役割を担っています。

早期療育の重要性

最近では、自閉症の傾向がある子どもへの早期療育が注目されています。早期からの介入により、自閉症の特性自体を変えることは難しいものの、いじめや不登校、抑うつなどの二次的な問題の予防に効果があるとされています。

療育施設と保育所の違い

保育所と療育施設では、子どもたちのクラス分けや関わる専門職に違いがあります。保育所では年齢によってクラスが分けられるのに対し、療育施設では子どもの発達の程度や障がいの種類に応じてクラス分けが行われます。また、療育施設では保育士だけでなく、作業療法士や児童指導員などの専門職が子どもたちの成長をサポートします。

療育を担う施設について

療育センター

療育センターは、障がいを持つ子どもたちへの教育やケアを提供する主要な施設です。これらの施設は、児童福祉法に基づいて設立されており、障がいを持つ子どもたちが社会で自立するための様々なサポートを提供します。

障害児通所支援

児童発達支援

0〜6歳の未就学の障がい児を対象に、日常生活の動作の指導や集団生活での適応支援を行います。保育所や幼稚園のような環境で、生活の基本スキルの習得や社会的自立のための訓練を提供します。

放課後等デイサービス

6〜18歳の就学児を対象に、放課後や休校日に生活能力向上のための訓練や様々な活動を行います。放課後の居場所としても機能し、子どもたちの社会参加や交流を促します。

保育所等訪問支援

集団生活に参加する障がい児に対して、児童指導員や保育士が保育所や幼稚園を訪問し、直接支援とスタッフへの指導を行います。このサービスは、集団生活への適応をサポートすることを目的としています。

これらの施設やプログラムは、障がいを持つ子どもたちがそれぞれの能力に応じて成長し、社会の一員として活躍できるように支援するための重要な役割を果たしています。親御さんやケアを必要とするお子さんのための情報源として、これらの施設の存在を知っておくことが大切です。

障害児入所支援について

福祉型障害児入所施設

福祉型の施設では、18歳未満の障害を持つ子どもたちが生活するための支援を提供しています。これには、家庭での養育が難しい子どもたちへの保護や、食事、入浴、排せつなどの日常生活の介助、さらには生活技能の訓練や教育も含まれます。こうした施設は、子どもたちが社会との交流を持ち、地域社会に溶け込むための活動も行っています。

医療型障害児入所施設

医療型の施設では、福祉型施設のサービスに加えて、専門的な医療ケアを提供します。これには、治療や看護、医学的な管理の下での日常生活のサポートが含まれます。こうした施設は、より専門的な医療ニーズを持つ子どもたち、例えば自閉症児や重症心身障害児のケアに特化しています。

居宅訪問型児童発達支援

自宅で療育を受けることも可能です。居宅訪問型支援は、日常的に医療ケアを必要とする子どもたちへのサービスです。このプログラムでは、子どもの自宅に専門職が訪れ、遊びを交えながら日常生活に必要な基本的な動作の指導や生活能力の向上を目指します。看護師や理学療法士、作業療法士などが個別にカスタマイズされたプログラムを用いて、子どもの能力を育成します。

療育に関わる職種と彼らの役割

療育の世界には多様な専門職が関わり、それぞれが大切な役割を果たしています。

保育士

保育士は、子どもたちの日常生活に必要な基本動作や集団生活への適応を支援します。子ども一人ひとりの発達段階や個性を理解し、個別に合わせた療育を提供するのが彼らの仕事です。

具体例な役割

食事や着替えの手伝い、友達との遊び方を教えるなどが含まれます。

児童指導員

児童指導員は、学習や生活上のサポート、進学や就職の準備などを行います。また、保護者への育児アドバイスやサポートも提供します。

具体例な役割

宿題の手伝いや生活習慣の指導、将来の職業についての相談などです。

児童発達支援管理責任者

この専門職は、子どもが利用する福祉サービスにおいて個別の支援計画を作成し、その実施を管理します。

具体例な役割

子どもの発達レベルに合わせた教育プログラムの計画や、進捗の監視などを行います。

看護師

看護師は、日常の健康管理や必要な医療ケアを提供します。特に医療が必要な児童をサポートする施設で活躍しています。

具体例な役割

体調のチェック、必要に応じた薬の管理、病状の監視などが含まれます。

言語聴覚士

この専門職は、子どもたちのコミュニケーション能力の向上をサポートします。遊びを通して感情の表現を助けたり、非言語的なコミュニケーション方法を教えたりします。

具体例な役割

発音の練習、ジェスチャーやサイン言語を使った意思疎通の訓練などです。

作業療法士

作業療法士は、日常生活を送るのに必要な食事や遊びなどのサポートを提供します。たとえば、手の動きが難しい子どもには、手を使って食事をするための訓練を行います。

具体例な役割

フォークやスプーンの使い方を教える、パズルや絵を描くための手の動かし方の指導などです。

理学療法士

理学療法士は、立ったり座ったりするような基本的な運動能力の発達を促進し、遊びを通してリハビリテーションを行います。

具体例な役割

ボール遊びやバランス運動を通じた身体のコントロール能力の向上などです。

公認心理士/臨床心理師

心理学に基づいたアプローチで、子どもたちの機能訓練や指導を行います。特に重症障害児を受け入れる施設では、これらの専門職が重要な役割を担います。

具体例な役割

感情の表現方法の指導や、困難な状況への対処方法の教育などです。

これらの職種は、療育の現場で子どもたちの成長と発達をサポートするために欠かせない役割を担っています。親御さんがこれらの専門職の重要性を理解することは、子どもたちの成長において大きな助けとなります。

子どもたちの療育ニーズの増加について

療育施設の利用者数の増加

最近の数年間で、療育施設を利用する子どもたちの数が大きく増加しています。2012年には約47,000人だった利用者数が、2021年には約134,000人と、ほぼ3倍に増えました。これは、児童の発達に関する意識の高まりと、児童福祉法の改正により、発達障がいを持つ子どもたちも支援の対象となったことが大きな理由です。

療育施設の急増

同じく、療育施設の数も2012年から2021年の間に約4倍に増えています。民間事業者の参入が促されたことも、この増加の一因とされています。

もちろんです。以下に、子育てウェブサイト向けに分かりやすく書き換えた文章を示します。

「ABA療育」とは?その効果について

ABA療育の基本

ABA(応用行動分析)療育は、特に発達障害や自閉症スペクトラム障害を持つ子どもたちに効果的な、心理社会的サポートの一つです。この療育法では、子どもの行動の「きっかけ」と「結果」を分析し、望ましい行動へと導くためのアプローチが行われます。

ABA療育の4つの主な目的

望ましくない行動を減らす

子どもが問題行動を起こす原因を分析し、それを減らすことを目指します。

望ましい行動を増やす

子どもが良い行動をした際には、ほめることやご褒美を与えることで、その行動を促進します。

認知・コミュニケーション能力の向上

言語や社会的スキルの発達を促します。

保護者の理解を深める

ABA療育を通じて、保護者が子どもの行動の理由を理解し、適切な対応を学びます。

ABA療育の具体的なアプローチ

「ABCフレームワーク」の活用

子どもの行動(Behavior)、行動のきっかけ(Antecedent)、行動の結果(Consequence)を分析します。

環境の調整

問題行動のきっかけを変えることで、その行動を起こさせないようにします。

望ましい行動への報酬

良い行動に対しては、積極的にほめたり、ご褒美を与えることで、その行動を定着させます。

ABA療育で得られる効果

「できた!」の体験を増やす

子どもが自分の力で何かを成し遂げる体験を増やします。

自己肯定感の向上

成功体験を積むことで、子どもの自信を育てます。

保護者の理解の深化

ABA療育を通じて、保護者は子どもの行動の理由を理解し、より良い対応を学ぶことができます。

ABA療育は、子どもの発達をサポートするための有効な手法であり、保護者にとっても子どもへの理解を深めるための重要なツールです。

まとめ

療育とABAについての旅は、ここで一旦終わりますが、この分野の探求はまだ始まったばかりです。発達に課題を持つ子どもたちにとって、療育は貴重なサポート手段であり、その効果は計り知れません。今日ご紹介した情報が、子どもたちの可能性を最大限に引き出す一助となれば幸いです。ABAと療育に関するさらなる情報は、当サイトや専門の機関で引き続きご確認ください。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法と記載されたイラスト

熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法

子どもが熱を出したとき、ただの発熱とは違う異変を感じたことはありませんか?熱によって引き起こされる「熱せん妄」…

calendar_today