発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

大人のアスペルガー症候群とは?特徴と診断方法についても解説

author:dekkun
大人のアスペルガー症候群とは?特徴と診断方法についても解説と記載されたイラスト

アスペルガー症候群は、社会的な相互作用やコミュニケーションにおける課題がある一方で、特定の分野で優れた能力を発揮することがある発達障害の一つです。本コラムでは、大人のアスペルガー症候群に焦点を当て、その特徴や診断方法について詳しく解説します。また、アスペルガー症候群を持つ大人が日常生活や仕事で成功するためのヒントも共有します。アスペルガー症候群に関心がある方や、サポートを必要とする方にとって、有益な情報を提供できることを願っています。

アスペルガー症候群とは?

「アスペルガー症候群」という言葉は、以前の診断名で、今では「自閉スペクトラム症」と呼ばれています。これは、主に以下の特徴を持つ発達障害の一種です。

コミュニケーションと対人関係の難しさ

アスペルガー症候群の人たちは、他人と適切なコミュニケーションをとるのが難しいことがあります。対人関係を築くことも、少し難しいことがあります。

反復的な行動と興味

アスペルガー症候群の人たちは、特定の対象に強く興味を持ったり、同じ行動を繰り返すことがあります。柔軟な対応が難しいことがあります。

このような特徴がアスペルガー症候群に関連しています。自閉スペクトラム症は多様であり、個人によって表れ方が異なることもありますが、理解とサポートが提供されることで、彼らの成長と発展を支えることができます。

自閉スペクトラム症(ASD)の理解

ASDとは何か?

自閉スペクトラム症(ASD)は、かつて「アスペルガー症候群」や「自閉症」と呼ばれていた状態を含む、広範なカテゴリーです。これらは共通する特徴があるため、今では一つのグループとして扱われています。この変更により、レット障害や小児期崩壊性障害はASDの範疇から除外されました。

個々に合わせた支援の重要性

ASDにはさまざまな特性がありますが、それぞれの人によって特性は異なります。このため、個々に合わせた治療と支援が非常に重要です。この記事では、ASDの診断基準に基づいて、「アスペルガー症候群」という用語を使っていますが、これはASDの一部として理解することができます。

大人になってからのアスペルガー症候群の診断

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は、知的な障害を伴わない特殊な発達障害です。子供時代や学生時代には、困りごとが目立たないため、診断されることが少ないです。

大人になってからの診断

しかし、大人になり職場での仕事を始めると、人との関わり方や柔軟な対応が求められるようになります。この変化に対応するのが難しく、人間関係での悩みが出やすくなることがあります。これらの問題がきっかけとなり、病院で診断を受ける方もいるのです。

アスペルガー症候群の特徴

コミュニケーションと対人関係における特徴

アスペルガー症候群の人は、他人の感情や意図を読み取るのが苦手です。周囲の雰囲気や非言語的なコミュニケーション(目線や身振りなど)の理解にも困難を感じることがあります。また、人との共感や、興味関心の表現にも特徴が見られます。

反復的な行動や興味・こだわり

アスペルガー症候群の人は、特定の手順やルールに強くこだわる傾向があり、突然の変更に対応するのが難しいことがあります。また、特定の分野に非常に強い興味を持ち、同じ動作を繰り返すことがあります。感覚に対する反応も個人により異なり、過敏な場合もあれば鈍感な場合もあります。

アスペルガー症候群とその併存症

アスペルガー症候群に伴う他の症状

アスペルガー症候群の人は、他の症状や障害と同時に苦労することがあります。

一般的な併存症

  • ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害):集中力の欠如や落ち着きのなさなどが見られます。
  • LD(学習障害):読み書きや計算など、特定の学習分野で困難が生じることがあります。
  • てんかん:発作を伴う神経系の障害です。
  • うつ病:気分の低下や活動の減退などが見られる精神疾患です。

アスペルガー症候群と二次障害

二次障害の発生

アスペルガー症候群の人は、対人関係の困りごとが続くことにより、他人との接触を恐れるようになることがあります。これが原因で、不登校や引きこもりなどの二次障害が発生することがあります。

アスペルガー症候群の原因・診断・治療

原因

アスペルガー症候群の正確な原因はまだ明らかではありませんが、脳の機能に関わるものと考えられています。親の育て方や子供の性格が直接の原因ではないことは分かっています。

診断

診断は、専門医との面談や検査を通じて行われます。DSM-5の診断基準を基に、子ども時代の情報(母子手帳や通知表など)も含めて総合的に評価します。

治療

アスペルガー症候群を完治させる治療法はありませんが、カウンセリングを通じて、困りごとを軽減する方法を学びます。必要に応じて、薬物治療が検討されることもあります。

アスペルガー症候群を疑ったときの対処法

不安や戸惑いを感じたら

アスペルガー症候群を疑うと、不安や戸惑いを感じるかもしれません。しかし、理解と環境の調整によって、困りごとを解決することが可能です。

困りごとの原因と対処法

アスペルガー症候群における困りごとは、本人の特性と環境の相互作用によって生じます。例えば、手順にこだわる特性がある場合、マニュアルのある仕事では生きやすさを感じることができます。

得意なことに焦点を当てる

アスペルガー症候群の特性には、不得意な面もありますが、これを「強み」として捉えることも大切です。例えば、一人で集中して作業をすることが得意な場合、これを活かす環境を見つけることが重要です。

アスペルガー症候群のサポートと支援機関

主な支援機関とそのサービス

病院(精神科・神経科・心療内科)

アスペルガー症候群の診断や治療が行われます。また、専門医によるカウンセリングや薬物療法の提案が可能であり、精神障害者保健福祉手帳の取得を通じたさまざまな福祉サービスへのアクセスもサポートされます。

発達障害者支援センター

ここでは日常生活や職場での困りごとについての相談が可能です。専門の相談員が個々の状況に合わせたアドバイスを提供し、必要なサポートへと導きます。

ハローワーク

求人紹介や就職に関するセミナーの提供があります。特に発達障害を理解するスタッフによる個別相談は、アスペルガー症候群のある方が就職活動を進める際に大変役立ちます。

障害者就業・生活支援センター

就職に関する支援だけでなく、日常生活全般にわたるアドバイスやサポートが受けられます。健康管理や趣味活動など、より充実した生活を送るための支援も提供されます。

地域若者サポートステーション(サポステ)

15歳から49歳の若年層を対象に、就職に向けたサポートを提供します。キャリア相談やコミュニケーション講座など、就労に直結するサービスが豊富です。

就労移行支援事業所

一般企業への就職を目指す方を支援します。必要な職業スキルの習得から、実際の職場でのインターンシップまで、就職に向けた包括的なサポートが提供されます。

支援機関の重要性

アスペルガー症候群のある方々が自分の特性や能力を理解し、適切なサポートを受けるためにこれらの支援機関は非常に重要です。各機関は個々のニーズに応じたサポートを提供し、個人の困りごとに対応することで、より良い生活や就労の実現をサポートします。

まとめ

アスペルガー症候群を持つ大人たちは、適切なサポートや理解を受けることで、自己実現の道を歩むことができます。診断や治療の選択肢、そして仕事や対人関係の工夫は、アスペルガー症候群の大人たちが豊かな生活を送る手助けとなります。このコラムが、アスペルガー症候群を持つ大人たちやその家族、支援者にとって、貴重な情報源となることを願っています。お読みいただき、ありがとうございました。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法と記載されたイラスト

熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法

子どもが熱を出したとき、ただの発熱とは違う異変を感じたことはありませんか?熱によって引き起こされる「熱せん妄」…

calendar_today