発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

不登校特例校とは?不登校の子どもに対する柔軟な学校の紹介

author:dekkun
不登校特例校とは?不登校の子どもに対する柔軟な学校の紹介と記載されたイラスト

不登校は子どもと家族にとってつらい問題ですが、幸いにも不登校特例校という制度があります。この制度では、不登校の児童生徒に対して特別な学校が提供され、柔軟な教育課程が編成されます。本コラムでは、不登校特例校の概要や対象児童生徒について解説し、特色や支援体制についても紹介します。不登校の子どもたちにとって、安心して学び成長できる環境を提供するために、不登校特例校の存在を知っておきましょう。

不登校特例校とは何ですか?

不登校特例校は、不登校の児童生徒のために設けられた特別な学校です。文部科学省の指定を受け、教育課程を柔軟に編成することができます。現在、全国には24校が指定されており、公立と私立があります。不登校特例校では、元の学校に戻ることもでき、通常の学校と同じ卒業資格を取得できます。

不登校特例校の対象となる児童生徒は誰ですか?

不登校特例校の対象となる児童生徒については、文部科学省の調査で示された年間30日以上の欠席が一つの参考とされています。ただし、具体的な判断は各学校や管理機関が行います。不登校状態や不登校の傾向が見られる児童生徒が対象となります。一方、不登校でない児童生徒には特別な教育課程は提供されません。

不登校特例校の特色は何ですか?

不登校特例校では、多くの学校がスクールカウンセラーやボランティアのサポートを受けています。教育課程は各校で工夫されており、総時間数や体験型の学習などが取り入れられています。さらに、教育支援センターやフリースクール、福祉部局との連携も行い、情報交換や事例検討を行っています。これにより、不登校の児童生徒に対する綿密なサポートが提供されています。

不登校特例校への入学方法

提出先

入学を希望する不登校特例校

提出書類

転入学通知書

添付書類

  • 在籍証明書
  • 教科書給与証明書

関連法令等

学校教育法、学教則56・79・796・86・108、義務教育機会10

提出先入学を希望する不登校特例校
提出書類転入学通知書
添付書類在籍証明書
教科書給与証明書
関連法令等学校教育法、学教則56・79・796・86・108、義務教育機会10

不登校特例校とフリースクールの違い

主な違いは、フリースクールが独自の教育方針と自主的な運営を行っているのに対し、不登校特例校は教育委員会の指定を受けた公的な学校であるという点です。また、不登校特例校では通常の学校と同じ卒業資格を得ることができるため、学歴や進学においてもメリットがあります。どちらの選択が最適かは、子どもや家族の状況やニーズによって異なるため、適切な選択をするためには相談や情報収集が重要です。

フリースクールとは

フリースクールは、不登校や学校に適応しづらい子どもたちが通う学校です。これらの学校は、教育委員会の管轄外で独自の教育方針やカリキュラムを持ち、自主的な運営が行われています。フリースクールでは、学校に通わない期間や特別な理由で学校に通えない期間に、子どもたちが学びや交流を行う場を提供しています。教師やスタッフは専門のカウンセラーやサポートスタッフとして、個別のサポートやアドバイスを提供します。フリースクールでは、子どもたちの自主性や個性を尊重し、自由な学びの環境を提供しています。

一方、不登校特例校は、文部科学省の指定を受けた学校であり、不登校の児童生徒に対して特別な教育を提供する制度です。不登校特例校では、児童生徒の事情に合わせて教育課程を柔軟に編成することができます。元の学校から転校することも可能であり、通常と同じ卒業資格を得ることができます。不登校特例校では、児童生徒の心理的なサポートやカウンセリングも行われます。また、一般的な学校と同様に教師やカリキュラムが存在し、学習が進められます。

まとめ

不登校特例校は、不登校の子どもたちに対する希望の光です。柔軟な教育課程や綿密なサポート体制を通じて、彼らが元の学校に戻ることができる道を提供しています。子どもたちの個々の事情に合わせた学びの場が整えられており、彼らが自信を取り戻し、学びを楽しむことができるよう支援されています。不登校特例校の存在は、子どもたちと家族にとって心強いものです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today