発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

不登校と関連する昼夜逆転の原因と対策方法

author:dekkun
 不登校と関連する昼夜逆転の原因と対策方法と記載されたイラスト

不登校と関連する昼夜逆転は、多くの若者にとって現実の問題です。学校に行かず、昼夜が逆転してしまうことは、彼らの生活にさまざまな課題をもたらすことがあります。この記事では、昼夜逆転の原因と、その対策方法について探ってみましょう。不登校や昼夜逆転に関心がある方に、有用な情報を提供します。

不登校の子供たちの多くが昼夜逆転に悩んでいます!

不登校の子供たちの中には、昼夜逆転に悩んでいる人がたくさんいます。古い情報ではありますが、文部科学省が平成18年度に行った調査によれば、「不登校の小中学生の生活リズムの乱れ」という問題がかなり一般的でした。具体的な割合は次の通りです。

  • 不登校中に「生活リズムが乱れて苦労した」と回答した割合:
  • おおいにあった: 33.8%
  • 少しあった: 34.0%
    (合計で約70%)

この結果から分かるように、不登校の小中学生の約70%が生活リズムの乱れに苦しんでいることが示されています。

(出典: 文部科学省の『「不登校に関する実態調査」~平成18年度不登校生徒に関する追跡調査報告書~』)

昼夜逆転のデメリットとメリットについて考える

日本には、夜勤や時差の仕事をしている人々が多く、その結果、昼夜逆転の生活を送ることがよくあります。しかし、この生活スタイルが本当に問題ないのか、デメリットとメリットを比較してみましょう。

昼夜逆転のデメリット

昼夜逆転生活は、生体リズムを乱すことから、健康に悪影響を及ぼすことが知られています。その主なデメリットには以下があります。

  • 睡眠障害
  • 胃腸の不調
  • 生活習慣病(高血圧、高脂血症など)
  • 心筋梗塞や脳卒中のリスク増加
  • 特定の癌(乳がん、前立腺がん)の発症リスク増加

また、昼夜逆転することで、家族や友人との予定が合わなくなり、孤立感を抱くこともあります。大多数の人々が昼間に活動し、夜に休むサイクルを持つため、昼夜逆転の人々は社会的に孤立しやすくなります。

昼夜逆転のメリット

夜間に活動することには、一部の職種や状況においてメリットも存在します。例えば:

  • 24時間連続操業の工場や医療機関
  • 暑い昼間に作業を行う建設作業員

これらの職種では夜間の活動が必要であり、その点で昼夜逆転の生活がメリットとなることがあります。

また、夜間に活発なオンラインコミュニケーションやゲームが行われているため、夜にネット活動を好む人々にとってもメリットと言えるでしょう。

しかし、夜間の活動が習慣となり、昼間の生活リズムが乱れることで睡眠障害や健康問題を引き起こす可能性が高まります。そのため、デメリットを上回るメリットは限られています。

不登校の子供たちの昼夜逆転問題に迫る~怠け者ではない、3つの原因~

不登校の子供たちの中で、昼夜逆転が多く見られることはよく知られています。なぜ不登校の子供たちは昼夜逆転に陥りやすいのでしょうか?ここでは、この問題の主な原因について3つ紹介します。

原因①: 自責の念

不登校の子供たちは、学校に行けないことに対して罪悪感を抱くことが多いです。朝や昼間は、自分が不登校であることを強く実感します。この罪悪感から逃れたくなり、昼間は寝て時間を過ごし、夜中に活動することが多くなります。不登校の子供たちは自分を責めることが多いため、昼夜逆転に陥りやすいのです。

原因②: 学校の縛りがないための自己管理の難しさ

不登校の子供たちは学校の縛りがないため、生活の自己管理が難しいことがあります。学校や仕事がない状態では、規則正しい生活を維持するのは難しいです。親御さんも考えてみてください。毎日決まった時間に起きて規則正しい生活を送れるでしょうか?自己管理は大人でも難しいものであり、子供たちにも同様に適応するのは難しいことです。親と子供は、個々の睡眠ニーズや体内リズムが異なることを理解しましょう。

原因③: 病気や障害の関与

不登校や昼夜逆転の問題には、病気や障害が影響していることがあります。不登校や昼夜逆転が病気や障害によって引き起こされることもあれば、逆に不登校や昼夜逆転が不規則な生活を通じて病気につながることもあります。心の病気は自己認識が難しいことがあり、親御さんにも気付きづらいことがあります。病気や障害は本人や親のせいではなく、理解と支援が必要です。

これらの原因を理解することで、不登校の子供たちの昼夜逆転問題に対する誤解を払拭し、適切なサポートが提供されることを望みます。

不登校の昼夜逆転から立ち直るための方法

自分を責めない

不登校の昼夜逆転の原因の一つは、自分への罪悪感です。不登校や昼夜逆転は罪ではありません。自分を責めず、受け入れましょう。

昼の12時までに起きる目標を設定

毎日早寝早起きを目指すのは難しいかもしれません。まずは、昼の12時までに起きることを目指しましょう。無理せず試してみてください。

午前中に用事を作る

午前中に用事を入れることで、朝早く起きる意欲が高まります。友達と会う、塾に行くなど、計画的に午前中の活動を増やしましょう。

日中に運動する

日中に運動すると、夜に眠りやすくなります。運動はストレス解消にもなります。散歩や家での軽い運動を試してみましょう。

寝室のカーテンを日光を遮断しないものにする

朝日を浴びると起きやすくなります。遮光カーテンではなく、日光を遮断しないカーテンに変えてみましょう。

寝室での活動を減らす

ベッドや布団は寝るとき以外で使わないようにしましょう。ベッドに入るのは眠くなったときに限ります。

夜に寝るための工夫をする

夜に寝るための工夫として、アイマスクやアロマ、ヒーリング音楽を試してみましょう。

病院や支援機関を利用する

昼夜逆転の問題が深刻な場合は、病院や支援機関の協力を受けることが重要です。病院や相談窓口を探し、サポートを受けましょう。

これらの方法を試すことで、昼夜逆転から立ち直る手助けになるでしょう。不登校や昼夜逆転は克服可能であり、自分を責めずに前向きに取り組むことが大切です。

子供の昼夜逆転に親ができる4つのアプローチ

昼夜逆転を叱らない

不登校のお子さんの昼夜逆転に対して怒ることは避けましょう。昼夜逆転は罪悪感によって引き起こされることが多く、叱責が罪悪感を増幅させます。親の理解とサポートが重要です。

子供の自己肯定感を高める

子供の自己肯定感を高めることで、昼夜逆転の原因となる罪悪感を減少させることができます。子供が好きなことや得意なことをサポートし、肯定的な言葉をかけましょう。

昼間の用事を計画する

昼間に活動するために、子供に昼間の用事を持たせることが役立ちます。外出、散歩、家事など、子供の状況に合わせて計画しましょう。

専門家に相談する

不登校や昼夜逆転の問題について、専門家のアドバイスを受けることが有益です。学校のカウンセラーや医師、心理士、地元の相談窓口、民間の支援機関、親の会など、外部の支援を活用しましょう。外部の専門知識が問題解決に役立つことがあります。

昼夜逆転を治す方法で生活を向上させる

昼夜逆転生活は、長期的に見ると健康や社会的適応に悪影響を及ぼす可能性が高まります。しかし、夜勤をしている方々も、この問題を理解し、対策を知っていることで多くのメリットを得ることができます。

まず、朝日を浴びて体内時計をリセットすることから始めましょう。人間は毎日朝日を浴びることで、体内時計を調整しています。したがって、日中の外出を計画することは、朝日を浴びて活動し、昼間に長時間寝ないために役立ちます。これにより、交友関係も築きやすくなります。

一方、夜間は良い睡眠環境を整えることが大切です。まず、アルコールやカフェインの摂取を制限し、体をリラックスモードに切り替えてください。寝る前にスマホを使用しないようにしましょう。スマホのブルーライトは目に刺激を与えるため、眠りを妨げます。

これらの生活習慣を意識的に実践することで、昼夜逆転生活を少しずつ改善できます。健康やメンタル面、人間関係など、昼夜逆転を治すことで多くの利益を享受できるのです!

まとめ

不登校や昼夜逆転の問題に立ち向かうことは挑戦的かもしれませんが、適切な対策を講じることで、改善の道が開けます。昼夜逆転の原因と対策方法を理解し、支援を提供することで、若者の生活を豊かにし、彼らが明るい未来を築けるよう手助けしましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today