発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害と体幹の弱さ、その理由と対策5選!

author:dekkun
発達障害と体幹の弱さ、その理由と対策5選!と記載されたイラスト

発達障害を持つ子どもたちが体幹の弱さを示すことはよく知られていますが、その背後にある理由は一体何なのでしょうか?このコラムでは、神経学的視点からこの問いに迫ります。発達障害児に見られる体幹の弱さが、どのようにして生じ、どのような影響を与えるのかを探ります。専門的な知見をもとに、子どもたちの発達とその支援に役立つ洞察を提供します。

発達障害と体幹の弱さ、深く根差した理由を理解する

発達障害がある子どもたちの体幹の弱さには、いくつかの深い理由があります。これらを理解することで、子どもたちの日常生活における困難をより良く支援できるようになります。

固有受容覚と体幹の弱さ

固有受容覚は、私たちが自分の身体の位置や動きを感じ取る感覚です。この感覚がうまく機能しないと、物にぶつかりやすくなったり、立っているときにふらついたりすることがあります。これは、身体を空間の中で正確に制御するのが難しくなるためです。筆記具の使用が難しいのも、固有受容覚の処理に課題があるためかもしれません。

発達障害の特性から見た体幹の弱さ

ADHDの特性である「じっとしていられない」という行動は、体幹が弱いように見えることがありますが、これは子どもが内的な落ち着きを得るために体を動かしている可能性があります。また、感覚過敏や感覚鈍麻の特性がある場合、特定の感覚刺激を強く求めたり、過剰に反応したりすることで、体を動かす行動につながることがあります。

発達障害児の体幹の弱さを支える、神経学的な理解からのアプローチ

発達障害を持つ子どもたちがなぜ体幹が弱いと言われるのか、神経学的な視点からその理由を探ってみましょう。体幹の弱さには、主に3つの要因が関係していることがわかっています。

運動制御の課題

発達障害児の中には、体を動かす際の運動制御に課題を持つ子どもがいます。筋肉の動かし方、バランスの取り方、体の協調動作がうまく行かないのは、脳の運動を司る部分の機能が十分に発達していないからです。この影響で、体を支える筋肉がうまく働かず、体幹が弱くなってしまうのです。

感覚処理の課題

また、触れたものの感覚や体の動きを感じ取る感覚処理に問題を抱えている子どももいます。特に触覚やバランス感覚が正しく処理されないと、安定した姿勢を保つことが難しくなり、体幹の弱さにつながります。

脳の発達の遅れ

脳の成長が遅れることも、体幹の弱さに影響を与えます。特に、脳の前頭葉や運動を制御する領域の発達が遅れると、運動制御や体の協調動作に必要な筋肉の働きが十分に得られず、体幹がサポートされにくくなります。

これらの要因から、発達障害児に体幹が弱いと言われる理由が見えてきます。運動制御の課題、感覚処理の問題、脳の発達の遅れは、それぞれ個別の支援が必要です。神経学的な評価や運動療法を通じて、子どもたち一人ひとりに合ったサポートを提供することで、体幹の強化を目指しましょう。子どもたちが自分の体をしっかりと支えられるようになることは、彼らの健やかな成長にとって非常に重要です。

発達障害と体幹の弱さ、日常生活での挑戦

発達障害を持つ方が日常で直面する体幹の弱さに関する挑戦を探ります。ADHDやASDなど、発達障害のある子どもたちが体幹の弱さを感じやすいシーンをいくつか紹介します。これらの状況がご自身やお子さんに当てはまるかもしれません。

集中が必要な時のふらつき

学校で先生の説明を聞く時や、家庭で宿題に取り組む時など、集中が求められる場面で体が安定せず、ふらふらしてしまうことがあります。このような時、周囲の目が気になって集中できないことも。姿勢を保つことが難しく、座っていることすら一苦労になることがあります。

物にぶつかる頻度の増加

日常の動作で、壁や家具にぶつかってしまう、通路を歩いていても障害物に気付かず接触してしまうなど、物理的な障害にぶつかることが多いです。これは「固有受容覚」の処理に課題があるためかもしれません。固有受容覚は、自分の身体の位置や動きを感じ取る感覚で、これがうまく機能しないと、空間内での自身の位置を正確に把握することが難しくなります。

バランスを保つことの難しさ

片足立ちや軽いストレッチなど、少しバランスを要する動作でふらついてしまうことがあります。これは、自分の身体をコントロールする能力に影響を与えています。身体のどの部分をどのように動かせば良いか、その感覚が鈍いために、バランスを取ることが一層難しくなってしまうのです。

運動活動時の課題

体育の授業や運動遊びなど、体を動かす活動が苦手と感じる子どもも多いです。特にチームスポーツや縄跳び、ボール遊びなど、体の協調性が求められる運動では、自分の身体を上手にコントロールできないために、他の子どもたちと同じように活動に参加することが困難になります。このような状況は、自信を失う原因となり得ます。

日常生活での小さな事故

さらに、日常生活での小さな事故が多発することも、体幹の弱さからくる課題です。例えば、食事中にうっかり飲み物をこぼす、階段を昇降する時につまずきやすい、小走りをするとすぐに転んでしまうなど、これらはすべて体幹が十分に支えられていないために、身体のバランスを崩しやすくなっているからです。これらの小さな事故は、子どもの日常生活における不安を高める要因となります。

対策と支援の拡充

これらの新たな挑戦に対しても、専門家のアドバイスを受けつつ、日常生活で子どもが直面する困難に対処する方法を学ぶことが重要です。家庭でできることとしては、運動活動や日常生活の中で子どもが直面する小さな困難に対して、具体的なサポートや励ましを提供することが効果的です。例えば、運動が苦手な子どもに対しては、個別の運動療法や、子どもが成功体験を積めるような運動活動を見つけること、日常生活での小さな事故を減らすためには、環境を整えることや、安全な行動方法を一緒に学ぶことが役立ちます。

子どもたちが体幹の弱さによる挑戦を乗り越え、自信を持って日々の活動に参加できるよう、家庭と学校、専門家が連携してサポートすることが大切です。

体幹の弱さが子どもに与える影響

体幹の弱さは子どもの日常生活や学校生活に様々な影響を及ぼします。全身の発達、運動能力、さらには学習や集中力にまでその影響は波及しています。

全身の発達への影響

子どもの発達は「中心から末端へ」という順序で進みます。つまり、体幹がしっかりしていないと、手足の発達にも影響が出てしまうのです。体幹が安定していないと、運動技能や日常生活でのさまざまな動作が難しくなります。例えば、立つ、歩く、ジャンプするなどの基本的な動作から、字を書く、ボタンを留めるといった細かな手作業まで、全ての動作に影響が及ぶ可能性があります。

学校生活での困りごと

体幹の弱さは、学校での学習や体育の授業、友達との遊びなどにも影響を及ぼします。姿勢が保てないために授業に集中できなかったり、運動能力の低さが原因で友達との関係に悪影響を及ぼしたりすることがあります。これらの問題は、子どもの自信や自己肯定感を低下させ、心の健康にも悪影響を与えることになりかねません。

適切な対策で子どもをサポート!対応策5選!

発達障害を持つ子どもたちが体幹の弱さを感じる時、その原因に合わせた対策を講じることが大切です。ここでは、具体的な対処法を紹介し、子どもたちが日々の生活で直面する困難を乗り越えるための支援方法を探ります。

固有受容覚の弱さへの対応

固有受容覚の弱さが体幹の弱さの原因である場合、運動が効果的な対処法となります。バスケットボールやサッカーなどの球技は、距離感を正確に把握する必要があり、固有受容覚を鍛える絶好の機会を提供します。また、バランスボールを使用した運動は、バランス感覚を養うのに役立ちます。これらの活動を通じて、子どもたちは自身の体をより良く制御する方法を学ぶことができます。

発達障害の特性への対応

発達障害の特性に起因する体幹の弱さには、その特性に応じたアプローチが必要です。感覚過敏を持つ子どもがソワソワしてしまう場合、過剰な刺激を取り除くことが重要です。環境を調整し、子どもが落ち着ける空間を作ることで、体を動かすことに集中できるようになります。刺激を求める場合は、エクササイズボールなど、適度な刺激を提供できるツールの活用が効果的です。これらのツールは、子どもが刺激を受け入れやすい形で提供し、体幹を強化する助けとなります。

姿勢を支える運動の取り入れ

体幹の弱さに対応するため、姿勢を支える特定の運動を日常に取り入れることが有効です。ヨガやピラティスなど、体の中心を強化し、全身のバランスと調和を促進する活動は、子どもたちの体幹を強くするのに役立ちます。これらの運動は、子どもたちが自分の体を意識し、制御する方法を学ぶのにも有効です。

感覚統合活動の活用

感覚統合活動を通じて、子どもたちが様々な感覚刺激に適切に反応する方法を学ぶことも、体幹の弱さを克服するのに役立ちます。例えば、異なる質感の物質を触る、揺れる橋を渡る、または安全な環境での軽い衝撃遊びなどが含まれます。これらの活動は、子どもたちが自分の体と環境との関係を理解し、体をより効果的に制御するのを助けます。

安全な環境での自由な遊びの促進

子どもたちに安全な環境で自由に遊ぶ機会を提供することも、体幹を強化するのに重要です。公園での遊び、庭での活動、または室内での運動プレイエリアなど、子どもたちが自然に体を動かし、探索することができる場所を提供しましょう。このような自由な遊びは、子どもたちが自分の体を使って学び、新しい運動技能を発達させるのを助けます。

まとめ

発達障害児の体幹の弱さに対する理解を深めることは、彼らの支援において非常に重要です。神経学的視点からこの現象を解き明かすことで、適切な支援方法や療育のアプローチが明らかになります。このコラムを通じて、発達障害児にとって最適な環境の整備と、彼らの可能性を最大限に引き出すための理解が深まることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today