発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

情緒障害に対応する特別支援学級の理解と子育てへのアプローチ

author:dekkun
情緒障害に対応する特別支援学級の理解と子育てへのアプローチと記載されたイラスト

子どもたち一人ひとりは、独自の学習ニーズと感情的な課題を持っています。特に情緒障害を抱える子どもたちにとって、学校生活は多くの挑戦を伴います。このコラムでは、情緒障害を持つ子どもたちを支援するための特別支援学級の役割とその効果について、詳しく解説します。保護者や教育関係者が、これらの特別なニーズにどのように対応し、子どもたちの学習と情緒的な成長を支援できるかに焦点を当てています。

「情緒障害」ってなに?

「情緒障害」とは、お子さんが自分の気持ちの出し方をうまくコントロールできない状態のことです。これがあると、学校やおうちの生活に影響が出ることがあります。普通の子どもや大人も時には気持ちが高ぶりますが、通常はすぐに落ち着きます。でも、情緒障害のあるお子さんは、感情が強く、何度も同じような状況が繰り返されることがあります。

お子さんが直面する課題

これらのお子さんは、クラスの活動や勉強に集中するのが難しいことがあります。特に2つのタイプがあります。

発達に関連する課題を持つお子さん

例えば、自閉症のお子さんは、言葉を使うのが遅かったり、友達との付き合い方が難しかったりします。

心のことで苦しんでいるお子さん

このグループには、特定の場所や人の前で話せない子、学校に行きたがらない子、じっとしていられない子、同じ動作を繰り返す子などがいます。これらのお子さんは、心の中で何か大きな問題を抱えていることが多いです。

自閉症ってどんな状態?

自閉症は、お子さんの発達に関わる障害で、次のような特徴があります:

  • 他の人とのつながりを作るのが難しい。
  • 言葉の発達が遅れることがある。
  • 興味や関心が特定のものに限られている。

これらの特徴は、だいたい3歳くらいまでに現れることが多いですが、小学生になるまではっきりしないこともあります。

特別なサポートが大切!

これらのお子さんたちには、それぞれの状態や必要に合わせた特別なサポートが必要です。適切な支援を受けることで、学校や日常生活を楽しく過ごせるようになります。

「選択性かん黙」と「不登校」の子どもたちへの配慮

選択性かん黙ってどんな状態?

「選択性かん黙」とは、お子さんが特定の場所や状況では話せなくなることを指します。これは、お子さんが言葉を理解し、話す能力を持っているにも関わらず、心の中で感じる緊張や不安から、話せなくなる状態です。原因としては、グループ内の恐怖や人間関係のトラブルが考えられます。大切なのは、お子さんに話を強要せず、リラックスできる環境を提供し、自然に話せるようにサポートすることです。

不登校の子どもたちへの理解

不登校の子どもたちは、心理的や感情的な理由から、学校へ行くことができない状態です。彼らは学校へ行くことの重要性を理解しているものの、何らかの理由で行けない状態に陥っています。災害時など緊急の場合でも、家庭での対応が重要です。家族との緊密な連絡を保ちながら、他の子どもたちと同様に指導やサポートをすることが大切です。

心理的要因への配慮

情緒障害のある子どもたちは、異なる状態であっても、心理的な要因が大きく影響しています。子どもたちとの信頼関係を築き、安心できる場所や時間を提供することが、関わりの基本です。

自閉症と情緒障害教育の変遷

特別支援学級の歴史

自閉症や情緒障害の子どもたちのための特別支援学級は、もともとは「情緒障害特殊学級」と呼ばれていました。日本で最初の自閉症児童を対象とした学級は、1969年に東京都杉並区に開設されました。

自閉症の理解の変化

過去には、自閉症の原因が親の育て方や関わり方にあると考えられていました。しかし、現在では、自閉症は脳の機能に関連する問題であると理解されています。以前は、子どもが人に関心を示さない、すぐに怒りっぽくなる、手を振ったり体を揺らしたりする独特の動きから、親子関係に問題があると思われていました。

自閉症と情緒障害の区別

文部科学省は2009年に、自閉症と情緒障害は原因も状態も異なるとして、学級の名称を「自閉症・情緒障害特別支援学級」と変更しました。現在では、知的障害がない自閉症やアスペルガー障害なども含め、自閉症スペクトラム症(ASD)として一つのカテゴリーで扱われています。

自閉症・情緒障害特別支援学級の子どもたち

自閉症の子どもたちの特徴

自閉症の子どもたちは、他の人との意思疎通や関係作りが難しいことが特徴です。言葉の発達が遅かったり、ジェスチャーや相手の表情を読み取るのが苦手です。このため、友達を作ったり、信頼関係を築いたりするのが難しいことがあります。また、年齢に応じた社会的な行動や、他人との関わりをうまくこなすのが難しいこともあります。

情緒障害の子どもたちの特徴

情緒障害の子どもたちは、選択性かん黙のように、特定の状況で話せないなどの問題を抱えていることがあります。これらの子どもたちは、通常のクラスでの学習や集団生活に参加するのが難しいため、特別な指導や支援が必要です。しかし、選択性かん黙や不登校の原因を正確に理解するのは難しく、教育内容や指導方法を決める際には慎重に進める必要があります。

自閉症・情緒障害特別支援学級の指導内容

自閉症の子どもたちへの指導

自閉症の子どもたちの教育目標は、日常生活のスキルを身につけること、運動や感覚機能を高めること、言語能力を向上させること、そして対人関係を築く力を育てることです。これらの指導は、子どもが持っている知的な能力によっても異なります。

自閉症の子どもたちへの指導内容
日常生活スキルの獲得(例:食事のマナー、衛生習慣)
運動や感覚機能の向上(例:簡単なスポーツ活動、感覚統合療法)
言語能力の向上(例:基本的な会話練習、言語理解のゲーム)
対人関係の獲得(例:グループ活動、友達との協力プレイ)

情緒障害の子どもたちへの指導

情緒障害の子どもたち、特に長期にわたる不登校の場合には、生活のリズムの乱れや学習の遅れが見られることがあります。そのため、日常の生活習慣を整えること、コミュニケーション能力を高めること、基礎的な学力を伸ばすことが教育の目標となります。

情緒障害の子どもたちへの指導内容
基本的な生活習慣の確立(例:規則正しい睡眠、食事時間)
コミュニケーション能力の向上(例:感情表現の練習、友達との会話)
基礎学力の向上(例:個別指導、学習ゲーム)

知的に遅れがない自閉症児童の教育方法

自閉症児童の国語学習へのアプローチ

知的に遅れがない自閉症の児童に対しては、国語の授業で特に工夫が必要です。例えば、物語の中心人物の感情を理解する学習において、自閉症の児童は言葉に直接表れている感情以外、例えば行間を読むことや心象を理解することが難しいです。彼らは文脈や状況を総合的に判断することや、比喩や例えを理解するのが苦手です。また、身振りや表情から相手の心情を読み取ることも難しい場合があります。

教師は、このような特性を理解し、丁寧な教材の作成や体験を取り入れた指導を行います。例えば、物語の特定の部分で、さまざまな感情語を使って理解を助けるような方法です。

共同学習と交流の方法

知的に遅れがない自閉症の児童にとって、体育や音楽のような共同学習や交流が難しいことがあります。これは、音に対する過敏さや集団行動の難しさが原因です。そのため、教科選択には、これらの障害特性を考慮することが重要です。

特別支援学級における子どもたちの学びと成長

特別支援学級の週時程表とその重要性

特別支援学級では、各児童の個性とニーズに合わせて、週時程表が慎重に作成されます。これにより、日常生活スキルの向上や学業の基礎学習に焦点を当てることが可能になり、子どもたち一人ひとりが自分のペースで学ぶ環境が整えられます。生活技能の向上からアカデミックなスキルの習得まで、幅広い教育ニーズに対応しています。

日常生活スキルと基礎学習の重視

子どもたちが日常生活で必要なスキルを身につけ、基礎学習を通じて知識を深めることが目標です。これにより、社会的自立への基礎が築かれます。

教育目標と指導内容の概要

特別支援学級では、子どもたちが人との関わりを円滑にし、生活する力を育てることが教育目標です。国語や算数などの基礎教科の学習に加え、音楽や体育、図画工作などを通じた社会性の育成も重要視されています。これにより、子どもたちは社会性やコミュニケーション能力を高めることができます。

基礎教科学習と社会性の育成

学校教育の基本である読み書き計算のスキルの習得と並行して、共同活動を通じた社会性の育成が重視されます。

自立活動の役割

自立活動は特別支援学級の教育において重要な部分です。これには、日常生活に必要なスキルの学習や生活単元学習が含まれ、子どもたちは実生活で役立つ知識や技能を習得します。こうした活動を通じて、子どもたちは自信をつけ、自立への一歩を踏み出すことができます。

実生活でのスキル習得

子どもたちは、日常生活で必要な技能や知識を実践的に学び、自立への基礎を固めます。

まとめ

情緒障害を持つ子どもたちへの理解と適切な支援は、彼らの学びと成長に不可欠です。特別支援学級は、これらの子どもたちに特化した教育とサポートを提供し、彼らが自分自身の可能性を最大限に引き出せるよう助けます。保護者、教師、そして社会全体がこれらの子どもたちを支援することで、彼らが自信を持って学び、成長していくための環境を整えることができます。今回のコラムを通じて、情緒障害特別支援学級の重要性とその役割について理解を深めることができたことを願います。

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today