発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害を持つ子どものためのトイレトレーニング!やさしいステップと進め方のコツ

author:dekkun
発達障害を持つ子どものためのトイレトレーニング!やさしいステップと進め方のコツと記載されたイラスト

発達障害を持つ子どものトイレトレーニングは、特別な配慮とアプローチが求められる場合があります。子どもにとって大きな一歩であるこのプロセスは、親にとっても挑戦です。このコラムでは、発達障害を持つお子様のためのトイレトレーニングを、やさしいステップと効果的な進め方のコツを紹介し、親子での成功体験をサポートします。

発達障害を持つ子どものトイレトレーニングの進め方

発達障害を持つ子どものトイレトレーニングは、個々の特性に合わせたアプローチが必要です。

トイレトレーニングが進まない理由

発達障害の特性は子どもによって異なり、トイレトレーニングがうまくいかない原因もさまざまです。一般的に、トイレトレーニングを始める良いタイミングは、以下の条件を満たすときとされています。

  • トイレまで一人で歩いて行けること
  • トイレに座ることができること
  • 言葉での意思疎通が可能で、「うんち」「おしっこ」「トイレ」の意味を理解していること
  • おしっこの間隔が2時間以上空いていること

これらの条件を満たしていても、トイトレがうまくいかない場合、さまざまな原因が考えられます。原因はお子様によって異なるため、以下に挙げる例は参考の一つとしてご覧ください。

トイトレのつまずきの見極め

お子さまの日常を注意深く観察し、トイレトレーニングにおけるつまずきのポイントを見極めることが重要です。子どもの行動や反応に注目し、どの部分で困っているのか、どのようにサポートすれば良いのかを考えましょう。

感覚特性への対応とは?

発達障害を持つ子どものトイレトレーニングには、感覚特性への理解と配慮が重要です。聴覚過敏や触覚鈍麻など、感覚特性がトイレトレーニングに与える影響と、それに対応する方法を紹介します。

ASDの感覚特性とトイレトレーニング

ASD(自閉症スペクトラム障害)の子どもには、「感覚特性」が影響することがあります。これには、感覚過敏や感覚鈍麻が含まれ、トイレトレーニングに特別な配慮が必要です。

聴覚過敏の場合

トイレを流す音やジェットタオルの音が苦手で、トイレへの恐怖を感じる子どももいます。

触覚過敏の場合

便座の質感に苦手意識を持ち、トイレに座ることが困難な場合があります。

触覚鈍麻の場合

おしっこやうんちをした感覚が分かりにくく、トイレに行くタイミングを逃してしまうことがあります。

環境調整とサポート

感覚過敏のある子どもは、トイレの明るさやにおい、音に対して敏感です。このため、トイレの環境を調整し、ストレスを減らす工夫が必要です。一方、感覚鈍麻のある子どもは、トイレに行くタイミングを見極めるためのサポートが重要です。特性に合わせたサポートを通じて、トイレトレーニングを効果的に進めることができます。

こだわり特性への対応

自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもたちのトイレトレーニングは、彼らの「こだわり特性」に配慮したアプローチが求められます。こだわり特性によるトイレトレーニングの課題と、それに対する効果的な対応策を解説します。

ASDの「こだわり特性」による課題

ASD(自閉症スペクトラム障害)の子どもにはしばしば「こだわり特性」が見られます。このこだわりが、トイレトレーニングにおいて以下のような課題を引き起こすことがあります。

  • 決まった姿勢でしかトイレに行けないこと
  • おむつからパンツへの変更に強いストレスを感じること
  • 家以外の場所でトイレに行けないこと
  • トイレットペーパーの特定の種類やにおいにこだわりがあること

トイレトレーニングへの対応

これらのこだわりにより、おむつからパンツに移行する過程や、トイレでの正しい姿勢での排泄に慣れるまで、子どもには時間がかかることがあります。特に、特定の場所や体勢でしか排泄できない子どもには、徐々にトイレでの排泄に慣れさせることが必要です。

社会的な自立に向けて

こだわり行動が社会的な自立を妨げる可能性がある場合、段階的に「できる」範囲を広げていく練習が大切です。小さなステップで進めていき、子どもがトイレトレーニングに慣れるようにサポートしましょう。

発達障害を持つ子どもの夜尿症:原因と対策

発達障害を持つ子どもが夜尿症に直面する場合、特別な注意と対策が求められます。特にADHDの子どもに見られる夜尿症の原因と、それに対する効果的な医学的アプローチについて解説します。

夜尿症とは

夜尿症は、5歳以上の子どもが睡眠中におしっこをしてしまう状態を指し、少なくとも月に1回以上、3か月以上続く場合に診断されます。

ADHDと夜尿症

ADHD(注意欠如・多動性障害)を持つ子どもでは、次のような原因が夜尿症につながることがあります。

  • 排尿をコントロールする脳の機能が未発達で、おしっこを我慢するのが難しい
  • 行動の抑制が苦手で、就寝前に水分を摂りすぎてしまう

これらの要因により、子どもは睡眠中に無意識におしっこをしてしまうことがあります。

対応方法

夜尿症の場合、泌尿科を受診し、生活習慣の見直しや薬物療法などの医学的なアプローチを検討することが推奨されます。子どもの夜尿症には適切な医療的サポートが有効です。

発達性協調運動障害(DCD)を持つ子どもとボディイメージ

発達性協調運動障害(DCD)を持つ子どもにとってのトイレトレーニングは、身体の感覚とコントロールの課題を伴います。DCDによるトイレトレーニングの困難と、それに対する効果的な練習方法を解説します。

DCDにおける身体のコントロールの難しさ

DCD(発達性協調運動障害)を持つ子どもは、身体の感覚やコントロールに課題を持つことがあります。これにより、以下のようなトイレトレーニングの困難が生じることがあります。

  • 尿意や便意を感じる感覚が鈍い
  • 排泄時にどの筋肉を使うかが分からない
  • 座った状態で適切に力を入れられない
  • トイレットペーパーでうまく拭けない
  • 便座に座ると上手にできなくなる

練習と繰り返しによる学習

これらの課題を克服するためには、トイレに行く動作を普段から練習することが重要です。特に、「トイレに行く」「踏み台を使う」「トイレに座る」といった一連の動作を何度も繰り返して練習し、身体の動かし方を定着させることが効果的です。

事前の準備と指示

また、トイレの立ち位置の決め方なども、事前にしっかりと理解させておくことが大切です。尿意や便意を強く感じているときに指示を出しても、子どもは混乱してしまう可能性があります。そのため、事前の練習と準備を通じて、トイレトレーニングにおける成功体験を積み重ねていくことが推奨されます。

発達障害を持つ子どものトイレトレーニング、5つの進め方とコツ

個々のニーズに合わせた段階的なアプローチ

子どもがトイレに苦手意識を持つ理由を理解し、小さなステップで段階的にトレーニングを進めます。繰り返しの練習が重要です。

ワンポイント

子どもがどのステップで困っているかを注意深く観察し、その部分に特化した練習を重ねることが重要です。

トイレのメリットを理解させる

トイレトレーニングの意義を子どもに理解させ、ポジティブなイメージを持たせる工夫をします。好きなキャラクターのポスターやご褒美シールを活用するのが効果的です。

ワンポイント

トイレトレーニングをゲームのように楽しくすることで、子どもの関心を引き、積極的な参加を促しましょう。

感覚的な快適さの確保

感覚過敏を持つ子どもの場合は、トイレの環境(明るさ、におい、音)に慣れさせることから始め、徐々にトイレトレーニングへ進めます。

ワンポイント

トイレの環境を子どもが心地よく感じるよう工夫し、トイレに対する恐怖や不安を減らします。

失敗を恐れない肯定的な環境作り

トイレトレーニング中の失敗を叱らず、成功体験を積み重ねることで、子どもの自信を育てます。小さな成功を褒めて励ましましょう。

ワンポイント

おもらしをした場合も怒らずに、積極的に励ますことで、子どものトイレトレーニングへの意欲を維持しましょう。

家庭外での練習も積極的に

家庭でのトレーニングに成功したら、外出先や保育園・幼稚園でのトレーニングにも挑戦し、集団生活への適応をサポートします。

ワンポイント

外出先でのトイレトレーニングにもチャレンジすることで、子どもの適応能力を高め、自信を構築します。

まとめ

発達障害の子どものトイレトレーニングは、忍耐と理解、そして愛情が重要です。各ステップにおいて子どものペースを尊重し、小さな進歩を一緒に喜びながら進めることが大切です。このコラムが、発達障害のお子様を持つご家族が、トイレトレーニングをよりスムーズで心地よい経験にするための一助となれば幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法と記載されたイラスト

熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法

子どもが熱を出したとき、ただの発熱とは違う異変を感じたことはありませんか?熱によって引き起こされる「熱せん妄」…

calendar_today