発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

インフルエンザ脳症の初期症状と後遺症、予防方法について

author:dekkun
インフルエンザ脳症の初期症状と後遺症、予防方法についてと記載されたイラスト

インフルエンザ脳症は、インフルエンザウイルスによって引き起こされる深刻な脳症で、特に子どもたちに影響を及ぼすことが多い疾患です。この記事では、インフルエンザ脳症の初期症状、後遺症について詳しく探求し、予防方法についても解説します。身近な知識と正しい対策を身につけ、この危険な疾患から身を守るための情報を提供します。

インフルエンザ脳症とは何か?原因と症状の解説

インフルエンザ脳症は、インフルエンザウイルス感染によって引き起こされる脳の病気です。この病気には「意識障害」「けいれん」「異常言動・行動」などの症状が現れ、主に子どもたちに影響を及ぼします。

インフルエンザとは

通常の風邪とは異なり、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。高熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛などの症状が現れます。通常、インフルエンザの症状は1週間ほどで収まりますが、子どもたちの中には急性脳症を発症することがあり、これをインフルエンザ脳症と呼びます。

現在、インフルエンザ脳症の正確な原因は不明ですが、インフルエンザウイルス感染がトリガーと考えられています。したがって、インフルエンザウイルス感染の予防が重要です。データによれば、インフルエンザの患者の中で、インフルエンザ脳症の報告は比較的少ないものの、特に子どもたちにとってはリスクが高いと言えます。

インフルエンザ脳症は重篤な合併症であり、治療後に後遺症が残ることもあります。したがって、症状が現れた場合は迅速に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが非常に重要です。

インフルエンザ脳症の初期症状と後遺症について詳しく解説

インフルエンザ脳症の初期症状とは?

インフルエンザ脳症の初期症状は「意識障害」「けいれん」「異常言動・行動」などです。特に、意識障害はこの病気を診断する際に最も重要な症状で、患者が呼びかけに反応しない状態を指します。意識障害がある場合、インフルエンザ脳症の可能性が高く、救急医療が必要です。

けいれんや異常言動・行動は通常のインフルエンザでも現れることがありますが、それだけではインフルエンザ脳症と診断できません。長時間にわたる異常行動・行動や、けいれんと異常行動・行動が同時に起こる場合、医療機関での詳細な検査が必要です。

インフルエンザ脳症の後遺症について

インフルエンザ脳症を発症した場合、無治療では死亡率が高かったものの、現在では治療により死亡率は低下しています(約10%以下)。しかし、治療後に後遺症が残ることがあることを知っておく必要があります。後遺症の割合は約25%と言われており、身体障害や精神障害が発生することがあります。

身体障害は比較的まれですが、四肢麻痺などが残ることもあります。精神障害としては知的障害、てんかん、高次脳機能障害が主な症状です。

後遺症が残った場合、リハビリテーションや精神的なサポートが必要です。学校や家庭でのフォローアップも重要で、子どもと家族のケアが必要です。

インフルエンザ脳症と熱せん妄の違いは?

子どもが高熱を持つと、時折異常な行動や言動を示すことがあり、これを熱せん妄と呼びます。インフルエンザ脳症と熱せん妄の違いについて考えてみましょう。

インフルエンザ脳症と熱せん妄の両者は、異常言動・行動に関して共通の症状を示すことがあります。しかし、インフルエンザ脳症では症状が1時間以上続き、患者の意識状態が明らかに低下する場合が多いです。このような場合、インフルエンザ脳症の可能性が高まります。

ただし、個別の症例により、病状の鑑別が必要です。一般的なガイドラインによれば、1時間以上続く異常行動・行動や明らかな意識障害が見られる場合、インフルエンザ脳症の疑いが高まり、医療機関での詳細な検査が必要です。

子どものインフルエンザ脳症の予防と治療について

インフルエンザ脳症を予防できる方法は?

インフルエンザ脳症を予防するためには、まずインフルエンザ自体を避ける努力が大切です。予防方法として以下のことが役立ちます。

  • インフルエンザワクチンの定期接種
  • 外出後の手洗いやアルコール消毒
  • 室内の湿度を50~60%に保つ
  • 室内をこまめに換気する
  • バランスの取れた栄養と十分な休息
  • 人混みなどへの外出を自粛する

予防措置を十分に講じていても、インフルエンザにかかることはあるかもしれません。その際は、症状が重くなった場合や意識障害、けいれん、異常行動・行動が見られた場合は、迅速に医療機関を受診しましょう。

インフルエンザ脳症の治療法は?

インフルエンザ脳症は症状が急速に進行するため、早期の診断と治療が重要です。治療法には主に次の2つのアプローチがあります。

対症療法

症状の緩和を図り、心肺機能を安定させる措置が含まれます。

特異的療法

高サイトカイン状態を抑え、炎症を和らげることを目的とした治療法です。抗ウイルス薬や点滴治療が含まれます。

解熱剤としては、高熱を下げるためにアセトアミノフェン(カロナール)が推奨されています。ただし、適切な服用量と間隔を守ることが重要です。アスピリン、ジクロフェナク、メフェナム酸は禁忌とされていますので、使用しないようにしましょう。治療については、医師の指導に従うことが必要です。

子どものインフルエンザ脳症を予防しよう

インフルエンザ脳症は、インフルエンザウイルスによる脳の病気で、症状には「意識障害」「けいれん」「異常言動・行動」などが含まれます。特に子どもたちに影響を及ぼすことが多く、後遺症のリスクもある疾患です。

予防策として、まずはインフルエンザそのものを避けるために、予防接種や手洗い、アルコール消毒、換気などの対策を徹底することが大切です。また、もしインフルエンザに感染した場合、意識障害などの異常症状が現れたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

まとめ

インフルエンザ脳症は深刻な健康リスクを伴う疾患であり、その早期診断と予防が極めて重要です。適切な知識と対策を持ち、医療専門家のアドバイスに従い、自身やご家族の健康を守るための努力を惜しまないことが大切です。インフルエンザ脳症に関する情報を通じて、安全で健康な生活を送りましょう。

dekkun.に相談しよう

弊社所属の専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・児童指導員 ・理学療法士 ・言語聴…

looks 人気の療育コラム

1
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
2
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
3歳児の発達と発達障害のチェックリストと記載されたイラスト

3歳児の発達と発達障害のチェックリスト

子供の成長と発達は、親にとって喜びと不安を伴う重要な時期の一つです。特に3歳は、子供の発達において重要な節目の…

calendar_today
5
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
6
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
7
WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方までと記載されたイラスト

WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方まで

WISC(ウィスク)検査は、子どもや青少年の知能を測定するための一般的な検査です。WISCは"Wechsler…

calendar_today
8
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
9

子どもの発達が気になる?7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

発達障害のチェックリストとは? 発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today