発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子どもの障がいや発達障害に寄り添う機関はたくさんある

author:dekkun
子どもの障がいや発達障害に寄り添う機関はたくさんありますと記載されたイラスト

障がいや発達障害グレーゾーンの子どもを持つ親にとって、子育ては喜びと共に様々な困難も伴います。日本には多くの相談・支援機関が存在します。こうした機関は、親と子どもをサポートするために様々なサービスや助言を提供しています。早めの相談と適切な支援を受けることで、より安心して子育てを進めることができます。

周囲の支援を受けながら子育てを進めるには

日本では、障がいのある子どもや発達に問題のある子どもに対して、自治体ごとに数多くの相談・支援機関が存在しています。もし子どもの様子に気になることや困ったことがあれば、早めにこれらの機関に相談し、アドバイスを受けることが重要です。

障がいのある子どもを隠すことは、地域の中で親子が孤立する原因となることがあります。そのため、子どもの障がいを受け入れながら周囲の協力を得て子育てを進めることが重要です。周囲のサポートを受けながら子育てを進めることで、親の心にもゆとりが生まれることでしょう。

子どもの障がいを受け入れるためには、親が冷静に状況を受け止めることが必要です。子どもの障がいを否定したり、無視したりすることは、子どもの生活の質を低下させてしまう可能性があります。子どもの状態を受け入れながら、必要な支援を求めることが大切です。周囲の支えを受けながら子育てを進めることで、より良い未来を築くことができるでしょう。

主な相談機関

障がいのある子どもや発達障害グレーゾーンの子どもを持つ親を支援する機関は多岐にわたります。以下に代表的な機関をご紹介します。自治体によって名称が異なる場合があります。

児童相談所

各都道府県や政令指定都市に設置されており、児童福祉司や児童心理司、医師、保健師などの専門スタッフが在籍しています。知的障害や肢体不自由、重度の心身障害、視覚障害、聴覚障害、言語障害、自閉症などを抱える子どもに関する相談に応じ、適切な指導や援助を行います。

児童相談センター

児童相談所の役割を果たすとともに、総合的な診断・治療・指導や研修、研究なども行う施設です。緊急の場合や行動観察のために一時保護を行い、児童養護施設や乳児院、児童自立支援施設、障害児施設への入所などの措置も取ることがあります。

保健所

都道府県や政令指定都市などが設置主体となっており、医師や保健師、管理栄養士、薬剤師、精神保健福祉相談員などが所属しています。地域の住民の健康を支える役割を担い、障がい児の療育に関する指導や、長期にわたる治療が必要な子どもへの相談や指導を行います。

市町村保健センター

市町村が設置・運営しており、保健師、看護師、栄養士などの専門スタッフが所属しています。障がい児や地域住民の健康相談や保健指導を行っています。児童福祉に関する業務としては、乳幼児への保健指導や訪問指導、1歳6カ月健診、3歳健診などを実施しています。

福祉事務所

都道府県や市に設置が義務付けられている機関で、福祉全般に関する幅広い相談を受け付けています。身体障害者福祉司や知的障害者福祉司などの専門職員が在籍し、福祉サービスの利用方法や手続きに関する相談に応じます。

児童家庭支援センター

子どもたちが健やかに成長する権利を守るために、相談や助言を行う施設です。児童相談所や児童福祉施設と連携し、関連機関との調整も行います。

まとめ

障がいや発達障害グレーゾーンの子どもを持つ親をサポートする機関は、多様なニーズに対応しています。早い段階で相談し、専門的な助言やサービスを受けることで、より安心して子育てに取り組むことができます。周囲の協力を得ながら子育てを進め、子どもとともに成長していくことが大切です。

こちらも参考にどうぞ

発達障害と遺伝の関係は、多くの人々にとって興味深いトピックです。私たちの家族や自身の健康について考える際、遺伝…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today