発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

離婚による子供への影響、親としてできる支援策

author:dekkun
親としてできる支援策と記載されたイラスト

親の離婚は子供にとって大きな試練です。子供が抱える可能性のある混乱や不安、感情的な問題を理解し、適切に対処することは親として重要な役割です。このコラムでは、離婚が子供に及ぼす影響に焦点を当て、親がどのように支援し、愛情を伝え続けることができるのかを探ります。

子どもの成長段階別に理解する離婚の影響:サポートのための15のポイント

子どもの年齢に応じて離婚が与える影響は異なります。以下は、子育て中の親が理解しやすい形で整理した15のポイントです。

乳幼児期(0-2歳)

愛情不足による不安定な心理状態が見られることがあります。

幼児期(3-6歳)

家族構成の変化に敏感で、親の不在に対して疑問や不安を抱きやすいです。

学童期(7-12歳):離婚による学業の悪影響や友人関係の変化が起こる可能性があります。

青少年期(13-18歳)

精神的、行動的な問題が増加し、将来の人間関係に影響を与える可能性があります。

早期成人期(19-22歳)

両親の離婚が結婚観や将来の関係に影響を与えることがあります。

全年齢層共通の影響

  • 学業成績の低下
  • 社会的地位の変化
  • 精神的な負担の増加
  • 日常生活の変化への適応
  • 愛着と関係の変化
  • 安全感の喪失
  • 両親間の対立と孤独
  • 精神的健康への影響
  • 成人後の離婚率の上昇
  • 喫煙や依存症のリスク増加
  • ストレスによる健康問題

これらのポイントは、子どもが離婚によって直面する可能性のあるさまざまな課題と影響を、年齢段階に応じて理解し、適切なサポートを提供するためのものです。

離婚を子供に伝える際の心構えと方法

離婚の事実を子供に伝える際には、子供の感情と心理的な健康を第一に考えたアプローチが求められます。以下は、親として留意すべきポイントです。

反応への理解とサポート

子供が離婚のニュースにどのように反応するかは、その後の対応策を決定する上で重要です。驚きや予測された反応のどちらも、子供の感情をサポートし、理解を示す必要があります。

適切なタイミングの選択

離婚の伝達は、子供の学校生活や友人関係、感情的な準備を考慮して、慎重に行うべきです。特に学校での転校や引越しを伴う場合は、子供の動揺を最小限に抑えられるタイミングを選ぶことが重要です。

正直さと透明性

子供に対しては、離婚の事実を正直に、かつわかりやすい方法で伝えることが重要です。信頼関係の維持と子供の心理的な安定を図るために、嘘を避け、事実を伝えることが必要です。

子供への責任転嫁を避ける

子供が離婚を自分のせいだと思わないように、離婚が親間の問題であることを明確に伝えることが大切です。これにより、子供の自尊心を守り、自責感を避けることができます。

配偶者への尊重

子供の前で配偶者を批判することは避け、ポジティブな言及を心掛けましょう。これは、子供の感情的な安定を保つために重要です。

親子関係の維持

離れて暮らす親も引き続き子供の親であることを子供に伝え、子供に安心感を与えることが重要です。これにより、子供が感じる可能性のある不安や放棄感を軽減し、親子関係を維持できます。

離婚時の子供への影響を和らげる年齢別の方法

子供が離婚によって受ける影響を和らげるためには、子供の年齢に合わせた対応が効果的です。

乳幼児期(0-5歳)

乳幼児は親の身体的な接触や愛情表現を通じて安心します。たくさん抱きしめて、積極的に愛情を表現しましょう。

学童期(6-12歳)

この年齢の子供は、親とのコミュニケーションを通じて安心感を得ます。一緒に活動すること、例えば食事の準備や趣味の共有を通じて、親子の絆を強化しましょう。

思春期(13-18歳)

思春期の子供は自立心が芽生えますが、親からのサポートが引き続き重要です。親子でのオープンな会話を奨励し、子供の意見を尊重することで、信頼関係を築きましょう。

これらの年齢別のアプローチを通じて、子供が離婚のプロセスをより良く乗り越えるサポートができます。

まとめ

離婚体験をする子供たちをサポートすることは、時に困難かつ複雑ですが、愛情深い接し方と適切な対応によって、子供たちはこの変化を乗り越える力を育てることができます。親としてできる支援を理解し実践することで、子供の心の健康を守り、未来への道を共に歩むことができます。親の愛とサポートは、子供がこの難しい時期を乗り越えるための最も重要な要素です。

【女性が離婚を決めたらする事】ママのための離婚準備ガイドと記載されたイラスト
離婚を検討しているママたちに向けて、この大切な変化の時期をどのようにナビゲートするかをご案内します。離婚は感情…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today