発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

精神発達遅滞(知的障がい)へのサポート: 子どもの成長を共に育む道

author:dekkun
精神発達遅滞(知的障がい)へのサポート: 子どもの成長を共に育む道と記載されたイラスト

「精神発達遅滞(知的障がい)」は、子どもの発達において遅れや停滞が生じる発達障がいの一つです。この障がいを持つ子どもたちにとって、学習や運動、社会生活に様々な困難が生じることがあります。しかし、適切なサポートと愛情によって、彼らの成長を促進することができるのです。本コラムでは、精神発達遅滞を持つ子どもへの親のサポート方法に焦点を当て、子どもの可能性を最大限に引き出すためのアプローチを探ってみましょう。

精神発達遅滞(知的障がい)について

精神発達遅滞(知的障がい)は、発達障がいの一種であり、精神の発達が遅れるか、または発達途中で止まってしまう状態を指します。これは学力だけでなく、言語能力、認知能力、身体能力など、さまざまな能力の発達に影響を及ぼす障がいです。

定義

厚生労働省の定義によれば、知的障害(ID: Intellectual Disability)は、医学領域の精神遅滞(MR: Mental Retardation)と同じものを指し、以下の特徴を持ちます:

  1. 論理的思考、問題解決、計画、抽象的思考、判断、学校や経験での学習など、全般的な精神機能の支障があること。
  2. 発達期に発症し、概念的、社会的、実用的な領域における知的機能と適応機能の両面で欠陥を含むこと。

知的障害は一般人口の約1%程度の割合で見られ、男性の方が若干多い傾向があります。幼児期に症状が見られる場合もありますが、軽度の場合は小学生〜中学生の頃に診断されることも少なくありません。

このような状態にある人々は、適切なサポートや教育を受けることで、自己の能力を最大限に活かすことができる場合があります。社会的な支援や理解を持ちながら、個々の個性を尊重して共生できる社会の構築が重要とされています。

精神発達遅滞(知的障がい)の症状について

精神発達遅滞(知的障がい)の症状についての説明は以下のようになります。

学力の遅れ

言語能力や数学的思考など、学力の伸びが遅いことが特徴的です。新しい知識やスキルの習得に時間がかかる場合があります。

抽象化の困難

倫理的思考や抽象化が苦手で、具体的なことには理解がある程度可能でも、抽象的な概念には苦労することがあります。

コミュニケーションの障害

他人の話に共感するのが難しく、コミュニケーション能力が周囲よりも低い場合があります。会話が拙いことがあります。

運動能力の低下

手先の不器用さや運動能力の低下が見られることがあります。日常生活に影響を及ぼす場合があります。

自己管理の困難

金銭や感情など、自己管理がまったくできないことがあります。自分の行動を適切に制御することが難しい場合があります。

これらの症状の度合いは個人によって異なります。また、軽度な精神発達遅滞の場合は、学齢になってから気付かれることもあります。適切な支援や教育を受けることで、能力を最大限に引き出すことができる場合もあります。家族や専門家と連携し、個々のニーズに合わせたサポートが重要となります。

精神発達遅滞(知的障がい)の診断基準

精神発達遅滞(知的障がい)の診断基準は、一般的にIQ(知能指数)を基準にして分類されることが多いです。最重度から軽度までの4段階に分かれており、各段階の指標は以下のようになります。

  1. 最重度(Ⅰ):IQ 〜20
  2. 重度(Ⅱ):IQ 21〜35
  3. 中等度(Ⅲ):IQ 36〜50
  4. 軽度(Ⅳ):IQ 51〜70

これらの指標は厚生労働省の調査結果を元に示されていますが、診断には他にも精神疾患の診断・統計マニュアル 第5版(DSM-5)や日本版Vineland-II適応行動尺度などを利用することが一般的です。これらの尺度は症状を総合的に評価し、患者の認知能力、適応能力、コミュニケーション能力などを考慮して診断を行います。

『DSM-5』は、アメリカ精神医学会が発行する「精神疾患の診断・統計マニュアル」の第5版です。これは、心の病気…
calendar_today

また、診断の際には症状だけでなく、障がいの原因となる要因も重要視されます。先天性の要因や後天性の要因が認められる場合、障がいの診断に影響を与えることがあります。

精神発達遅滞の診断は綿密な評価が必要であり、専門家による包括的な評価が行われることが一般的です。適切な診断により、個々のニーズに合わせた適切なサポートや教育が提供されることが重要です。

精神発達遅滞(知的障がい)の原因は特定できないケースが多い

精神発達遅滞(知的障がい)の原因は特定できないケースが多いです。原因は非常に複雑で、遺伝的な要因や環境的な要因、妊娠中の問題、出生時の問題、事後の問題などが組み合わさることがあります。そのため、特定の原因を特定することは困難な場合があります。

一部のケースでは遺伝的な要因による精神発達遅滞が特定されることがあります。たとえば、染色体異常によるダウン症候群などがその例です。一方で、多くのケースでは特定の原因が明確ではない場合があります。妊娠中の環境や胎児の発達に影響を与える要因、出生時の合併症、事後の疾患や外傷、あるいは他の複数の要因が組み合わさることが考えられます。

出生前の原因

出生前に原因がある場合は、主に遺伝子や脳の発達過程に異常が生じると考えられています。

  • 遺伝子の配列変異
  • 染色体異常
  • 先天性代謝異常
  • 神経皮膚症候群
  • 脳形成異常症
  • 妊娠時のアルコールや薬物摂取による影響

出生後の原因

出生後に原因がある場合、脳や神経へのダメージが低酸素状態や外傷、細菌性の病気などによって引き起こされると考えられています。

  • 低酸素性虚血性傷害
  • 外傷性脳損傷
  • 細菌性髄膜炎
  • 外傷による脳の損傷
  • 感染症による神経や脳の損傷

精神発達遅滞(知的障がい)を持つ子どものよくある3つの特性とは

精神発達遅滞(知的障がい)を持つ子どものよくある3つの特性は次の通りです。

学習能力の遅れ

言葉の理解や読み書き、数学などの学習が遅れることがあります。学校での進捗が周囲よりも遅れがちです。

運動能力の遅れ

身体の動作や筆記、箸の使い方などが苦手で、体育の授業や運動競技が難しいことがあります。

社会的生活に適応できない

相手の気持ちを理解する能力やコミュニケーション、社会的な判断力に課題を持ち、集団生活でトラブルが生じることがあります。

これらの特性は、個人によって程度が異なります。軽度の場合は学校での支援や特別な教育プログラムで進歩することも可能ですが、重度の場合は長期的なサポートが必要なこともあります。

早期に特性を認識し、適切な支援と介入を提供することが重要です。家族や専門家と連携して、子どもの個別のニーズに合わせたサポートを計画しましょう。適切な環境とサポートが与えられることで、精神発達遅滞を持つ子どもたちが可能な限り自己の能力を最大限に発揮できるようになります。

親のサポート方法とは

精神発達遅滞(知的障がい)の子どもへの親のサポート方法を以下のようにまとめました。

子どもの特性を理解する

子どもの発達レベルや個別のニーズを把握しましょう。子どもができることとできないことを知り、適切なサポートを提供するために重要なステップです。

周囲の協力を得る

学校の先生や専門家と協力し、子どもへの支援を計画しましょう。支援者とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの成長に向けたチームとして取り組むことが大切です。

分かりやすいコミュニケーションを心掛ける

抽象的な表現を避けて、子どもが理解しやすい具体的な言葉でコミュニケーションを取りましょう。子どもとの意思疎通をスムーズにし、ストレスなくサポートできるようにします。

これらのサポート方法を取り入れることで、子どもがより良い成長を遂げることができます。子どもの個性に合わせたサポートを心掛け、愛情と理解をもって子どもを支えましょう。家族や専門家と連携し、子どもの未来に向けて共に努力していきましょう。

まとめ

精神発達遅滞を持つ子どもたちが、支え合いながら成長する姿は、家族や専門家との連携と愛情の賜物です。子ども一人一人の個性やニーズに寄り添いながら、適切なサポートを提供することが大切です。その結果、彼らが自己を認識し、自立した社会生活を送ることが可能となるのです。私たちの理解と支援が、彼らの未来を明るく照らす一助となることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today