発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

笑顔とつながりを育む、乳幼児向けSSTで子どもの成長をサポートしよう!

author:dekkun
笑顔とつながりを育む、乳幼児向けSSTで子どもの成長をサポートしよう!と記載されたイラスト

乳幼児期は、愛情と学びがふんだんに詰まった大切な時期です。そんな大切な時期に、社会的なスキルやつながりを育むために、乳幼児向けのSST(ソーシャルスキルトレーニング)があります。SSTは、保護者の方々がお子さんと共に取り組むことで、笑顔と成長を育むサポートをしてくれます。

愛情のかけあいで信頼関係を築こう!

両親と子ども1人が並んでいるイラスト

お子さんと触れ合い、コミュニケーションを大切にしましょう。愛情のかけあいは、お子さんとの信頼関係を深め、安心感を与える大切な要素です。

お子さんと過ごす時間を大切にし、笑顔やぬくもりで包みましょう。触れ合いや抱っこは、愛情と信頼を育むために効果的です。また、おしゃべりや歌を楽しんだり、お子さんの表情や仕草に寄り添って反応することも大切です。

コミュニケーションで絆を築く

コミュニケーションはお子さんが心地よく感じる方法で行いましょう。お子さんが喜ぶような遊びやコミュニケーションのスタイルを取り入れることで、お互いの関係がより深まります。 愛情のかけあいを通じてお子さんとの絆を築き、信頼関係を育みましょう。お子さんが安心して自分自身を表現し、社会的なスキルを発展させることができるようになります。愛情とコミュニケーションの力で、お子さんの成長を支えましょう。

遊びを通じて感覚と認知を発展させよう!

お遊んでいる子ども2人のイラスト

お子さんの発達には遊びが欠かせません。遊びを通じてお子さんの感覚と認知を発展させましょう。楽しく遊びながら学ぶことで、社会的なスキルや学習能力を育むことができます。

さまざまな遊びを提供し、お子さんが興味を持つものを選びましょう。おもちゃやブロックを使った積み木遊びや、絵本を読み聞かせる時間など、お子さんが楽しめる遊びを取り入れます。

五感で楽しく成長できる!感覚刺激の遊びとは

遊びの中で、お子さんの感覚を刺激しましょう。触ったり、聞いたり、見たり、嗅いだり、味わったりする経験は、感覚統合や認知能力の発展に役立ちます。お子さんが自由に遊びながら感覚を磨くことで、自信をつけ、コミュニケーション力も向上します。 遊びは楽しみながら学ぶ大切な時間です。お子さんの興味や能力に合わせて適切な遊びを提供し、感覚と認知を発展させるサポートをしましょう。遊びを通じてお子さんの成長と社会的なスキルの向上を促しましょう。

ルーティンと予測性を取り入れて安心感を育もう!

子どもと!マークのアイコン

乳幼児期は予測可能な環境とルーティンが重要です。お子さんに安心感を与えるために、ルーティンや予測性を取り入れましょう。

同じ順序やパターンで日常の活動を行うことで、お子さんは何が起こるかを予測しやすくなります。例えば、食事や入浴、寝る時間など、特定の時間帯に同じような活動を行うことで、お子さんは安定感を感じ、自己統制力が向上します。

次に何が起こるかを分かりやすく伝えて、ルーティンを楽しもう!

また、ルーティンの中には予測可能なステップを含めましょう。例えば、お風呂に入る前に「おもちゃを片付けるよ」と伝えたり、寝る前に「絵本を読んであげるから」と伝えたりすることで、お子さんは次に何が起こるかを理解しやすくなります。 ルーティンと予測性は、お子さんの安心感と自己統制力を促進します。お子さんが日常のパターンを理解し、予測することで、社会的なスキルの発達にも繋がります。安定した環境と予測可能なルーティンを提供し、お子さんの成長を支えましょう。

日常生活での練習を大切にしよう!

医療の専門職が並んでいるイラスト

お子さんと一緒に、日常生活の中でSSTの練習を取り入れることは非常に重要です。

例えば、挨拶やお片付けなどの日常のシチュエーションで、お子さんに適切なスキルや行動を教えていきましょう。一つずつステップを分解して説明し、実際にお手本を示すことでお子さんが理解しやすくなります。

また、練習の際には具体的なフィードバックを行いましょう。良いところを褒めたり、改善点を伝えたりすることでお子さんは自己評価をする機会を得ます。日常生活の中での練習は継続的に行うことが重要です。少しずつ取り組み、繰り返し練習することで、社会的なスキルがお子さんにとって自然なものとなっていきます。

お子さんと一緒に日常生活を楽しみながら、SSTの練習を取り入れていきましょう。日常生活での練習がお子さんの成長をサポートします。

まとめ

乳幼児向けSSTは、お子さんの成長とつながりを育むための貴重なツールです。保護者の方々が積極的に参加し、愛情と学びを大切にしながらSSTに取り組むことで、お子さんの未来に笑顔と豊かな人間関係を築いていけるでしょう。お子さんの成長を一緒にサポートしましょう!

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today