発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

話が理解できないのは病気?APD、ASD、ADHDに対する理解と戦略

author:dekkun
話が理解できないのは病気?APD、ASD、ADHDに対する理解と戦略と記載されたイラスト

「なぜ彼らは理解できないのだろう?」これは、聴覚情報処理障害(APD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)など、特定の認知・発達障害を抱える人々が日常で直面する共通の疑問です。話は聞こえるのに、言葉の意味が頭に入ってこない。この状況は、仕事や日常生活でのコミュニケーションに大きな障害となります。本記事では、これらの障害の基本的な理解を深め、彼らが直面する挑戦にどのように対処すべきかを探求します。

話の内容が理解できないことは病気のサインかもしれません

「話は耳に入るけれども、意味が頭に入らない」ことは、皆さんにも経験があるかもしれません。これは、体調が悪い日や考え事に夢中なときなど、特定の状況で起こりがちです。しかし、これが体調に関わらず頻繁に起こり、日常生活や職場での業務に影響を与えているなら、以下の疾患が原因かもしれません。

聴覚情報処理障害(APD)の特徴と対処法

APD(Auditory Processing Disorder、聴覚情報処理障害)は、聞いた言葉を正しく処理できない状態を指します。多くの人には馴染みの薄い障害ですが、重要な理解を必要とします。

APDの人がどのように聞こえるかの例

聞き手のタイプ聞こえ方の例
通常の人「このプロジェクトの期限は来週の金曜日です。全員で協力してください。」
APDの人「このプロジェクトの×××は××××の×××日です。×××で協力して×××。」

この例では、「×」の部分がAPDの人には聞こえにくい部分を表しています。通常の人がクリアに聞き取れる内容も、APDの人にとっては断片的にしか聞こえないことがあるのです。このような聞き取りの難しさは、日常のコミュニケーションや仕事上の指示理解に大きな影響を及ぼします。

APDの特徴

聴覚情報処理障害(APD)は、聞こえる言葉の処理に困難を抱える状態です。日常生活や職場でのコミュニケーションに影響を及ぼすこの障害の特徴として、言葉の聞き返しや、雑音の中での聞き取りの困難、口頭での指示の理解や記憶の問題などが挙げられます。

特徴説明
言葉を聞き返すことが多い聞こえた言葉の理解に苦労するため、頻繁に聞き返す
雑音があると特に聞き取りにくい雑音の中では特に、聞こえる言葉を正しく聞き取るのが困難
口頭での指示を理解しにくく、忘れやすい聞いた指示の理解や記憶が不十分になることがある
長い話を聞くのが難しい継続して注意を払って聞くことが難しい
聴覚よりも視覚情報の方が理解しやすい視覚を使った情報の方が処理しやすい

APDの対処法

対処法としては、職場でのボイスレコーダーや補聴機器の利用、視覚的なツールの併用、静かな環境での作業などが有効です。以下のテーブルは、APDの特徴と対処法をまとめたものです。

対処法説明
職場でのボイスレコーダーや補聴機器の使用を検討する聞き逃した部分を後で確認できるようにする
口頭の指示だけでなく、視覚的なツールを併用するマニュアルや手順書を使って、聴覚に頼らない情報伝達を行う
静かな環境での作業を優先する聞き取りが難しい雑音を減らすことで、集中しやすくする

自閉症スペクトラム障害(ASD)の理解と対応策

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、社会的コミュニケーションや柔軟な思考に課題を持つことが特徴です。この記事では、ASDの基本的な特徴と有効な対応策について探ります。

ASDの主な特徴

ASDのある方は、他人の感情や意図を読み取ることが難しく、また一点に集中する傾向があります。これにより、対人関係や複数のタスクを同時にこなすことに課題を持つことが多いです。ASDの理解は、その人の振る舞いや感じ方に対する洞察を深めます。

特徴説明
感情共有の難しさASDの方は、他人の感情や考えを理解するのが苦手です。他人の表情や言葉から感情を読み取ることが困難なため、会話の意味を完全に理解することが難しいことがあります。
一点集中の傾向一つのことに強く集中する特性があり、そのため他のタスクを同時に行うことが難しい場合があります。例えば、メモを取りながら話を聞くことが困難になることも。

ASDの対応策

ASDのある方への対応策としては、具体的で論理的な質問を利用することや、タスクを一つずつ処理するシングルタスク化が効果的です。これらの方法は、コミュニケーションの質を向上させ、ASDのある方がより快適に日常生活を送るのを助けます。

対応策説明
具体的な質問を活用ASDの方は論理的思考が得意です。不明な点は、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」といった具体的な質問を通じて確認することが効果的です。
タスクの分割一度に多くのことを行うのではなく、タスクを分割して行うことで理解がしやすくなります。例えば、まずは会話の内容を聞いてから、その後でメモを取るなど、タスクを一つずつこなすことが役立ちます。

これらの対応策を取ることで、ASDのある方とのコミュニケーションがスムーズになります。

話が理解できないときの「5つの対策」

簡単な表現に直してもらう

話が理解しにくい場合、相手に簡潔かつ具体的な言葉で説明してもらうことが重要です。特に専門用語や比喩、たとえ話が多用されると、本来のメッセージが伝わりにくくなります。例えば、医学用語や高度な技術的な内容が含まれる話では、日常言葉に置き換えて説明を求めるとよいでしょう。この方法は、特に複雑なテーマや新しい概念に対する理解を深めるのに役立ちます。

集中力を維持できる環境で話をする

話を理解するためには、集中力を維持できる環境を確保することが不可欠です。騒がしいカフェや混雑した場所では、周囲の雑音や動きに気を取られ、肝心の会話に集中できなくなることがあります。したがって、静かな会議室や閉じた空間で話をすることで、集中力を高め、会話の内容をしっかりと頭に入れることが可能になります。重要なビジネスミーティングや個人的な会話の際には、この点を特に考慮すると良いでしょう。

話を聞き取る能力を高める

聞き取り能力を高めるためには、会話の内容をメモする習慣をつける、聞き返し方を練習する、注意力や記憶力のトレーニングを行うことが有効です。例えば、話を聞きながらキーポイントを書き留める練習をすることで、重要な情報を逃さずキャッチできるようになります。また、話の途中で疑問点が生じたら、適切なタイミングで明確に聞き返すことも大切です。これにより、会話の内容を正確に理解し、効果的なコミュニケーションを図ることができます。

重要な点は復唱して確認する

会話中に重要な点を復唱することで、自分の理解を確認し、誤解を防ぎます。特に指示や要求事項が多い会話では、聞いた内容を自分の言葉で繰り返し、相手に確認を取ることが効果的です。これにより、互いの理解度を高め、コミュニケーションの質を向上させることができます。また、復唱することで、記憶にも残りやすくなります。

ビジュアルエイドを使用する

複雑な情報や長い指示を視覚化することで、理解を深めることができます。図表、マインドマップ、グラフなどのビジュアルエイドを活用することで、話の内容を一目で捉えることが可能になります。視覚的な情報は、特に詳細が多い内容やプロセスを説明する場合に有効です。また、視覚ツールは、情報を整理し、要点を明確にするのにも役立ちます。

病院での治療による改善

医師に相談するメリット

病院では、特定の症状に合わせた治療を受けることで、症状の改善が期待できます。もし自分で試した対策が効果を示さない、日常生活に支障をきたす、または精神的な苦痛を感じる場合は、専門の医療機関で相談することをお勧めします。

どの診療科に行くべきか

自閉症スペクトラム(ASD)

精神科や心療内科を受診することをお勧めします。これらの診療科は、ASDの特性や症状に関する専門的なアプローチを提供します。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

ADHDの診断や治療には、精神科や心療内科が適しています。ここでは、ADHDに特化した治療法や支援が受けられます。

聴覚情報処理障害(APD)

耳鼻咽喉科での診察が推奨されます。APDに関連する聴覚の問題について、専門的なアドバイスや治療を受けることができます。

まとめ

言葉の理解に苦しむことは、単なる個人的な問題ではありません。これは、社会全体が共に対処し、理解を深めるべき課題です。聴覚情報処理障害(APD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)について学び、適切な支援と理解を提供することで、私たちはもっと包括的で理解ある社会を築くことができます。この記事が、言葉を理解する上での困難に直面している人々、またはそうした人々を支援したいと考えている人々の一助となれば幸いです。

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today