発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ゲルストマン症候群:謎めいた症状と向き合う道

author:dekkun
ゲルストマン症候群:謎めいた症状と向き合う道と記載されたイラスト

私たちの脳は、その複雑な仕組みによって私たちの日常生活を支えています。しかし、時折、奇妙な現象が脳機能に影響を及ぼすことがあります。その一つが「ゲルストマン症候群」です。この症候群は、文字の書き込みが難しかったり、左右の区別がつかなかったりするといった謎めいた症状を引き起こすものです。このコラムでは、ゲルストマン症候群の特徴や起こる年齢、そしてその治療法について探ってみましょう。

ゲルストマン症候群とは

ゲルストマン症候群は、脳の機能に影響を及ぼす病気で、失書(文字の書き間違い)、失算(計算の困難)、左右識別障害、手指失認などの症状が現れます。これらの症状が全て揃うことは少なく、一部の症状が出ることが一般的です。

ゲルストマン症候群の原因とは

ゲルストマン症候群の原因は、脳の頭頂葉などが損傷を受けることによるもので、脳卒中や交通事故の後に発症することが多いです。主に大人に影響を及ぼし、アルツハイマー症候群と混同されることもあります。

子供に発症する場合は発達性ゲルストマン症候群と呼ばれ、その原因は未だ明確ではありません。文字や計算が苦手で、学校での学習に遅れが出ることがあります。このため、発達障害との鑑別が難しく、専門医の検査が必要です。

ゲルストマン症候群は身体的な疾患ではなく、日常の動作に支障をきたすことがありますが、医療機関や家族の支援によって生活の質を改善することができます。

ゲルストマン症候群の発症年齢

小児型

「発達性ゲルストマン症候群」とも呼ばれる珍しい疾患です。学校での学習過程で、文字を書くことが難しかったり、計算がうまくできないなどの問題が見つかることがあります。手指の認識や左右の識別が困難であり、模写が難しい「構成失行」や読むことができない「失読症」が同時に現れることもあります。高い知能を持つ子供にも発症することがあります。経過によって症状が軽減する場合もありますが、トレーニングや対症療法を行うことで改善することができる場合もあります。

成人型

脳卒中や脳障害などによって発症します。経過によって症状が改善することが多いです。

ゲルストマン症候群の症状

ゲルストマン症候群の症状について詳しく見てみましょう。これに加えて、他の脳機能に関する問題も同時に現れることがあります。

失書

文字を書くことや文章を組み立てることに障害があります。漢字の書き間違いや、言葉の意味を理解できないことがあります。相手の話を理解しにくかったり、思考を文章に表現することが難しいです。

失算

基本的な計算が難しく、数の大小や順序の理解に困難を抱えます。数字の概念が理解しにくく、日常的な計算が難しくなる他、時計の読み取りも困難です。

左右識別障害

自分や他人の体の左右を認識できず、空間的な位置関係を理解しにくくなります。集団行動の指示を理解するのが難しかったり、手の使い方に不便が生じたりします。

手指失認

手指への刺激が正常に働かなくなります。指を触られてもどの指かわからなかったり、指示に従うことが難しいです。これにより、日常生活の動作が難しくなります。

ゲルストマン症候群かな?と思ったら…

もし症状が気になる場合は、医療機関に相談することをおすすめします。大人の場合は脳外科や脳神経外科、子どもの場合は小児感覚器科などが担当となります。診断には以下のような検査が用いられます。

検査の種類と方法

脳の異常の検査CTスキャンやMRIを使用して脳の状態を調べます
手指認知テスト触られた指を正しく認識する能力を検査します
左右認知テスト左右を認識する能力を評価します
読み書きテスト読み書き能力を測定し、問題のある箇所を特定します
数の認知・操作・計算テスト数の理解や計算能力を評価します

ゲルストマン症候群の診断には明確な基準はなく、医療機関ごとに評価方法が異なることがあります。診断よりも、どのような問題があるのかを理解し、適切な支援を受けることが大切です。

ゲルストマン症候群とアルツハイマー、発達障害の違い

ゲルストマン症候群が疑われる場合、アルツハイマー型認知症と発達障害との間に区別がつきにくい場合があります。これらの疾患は似たような症状や病巣を持つことがあり、医療機関で詳しい検査を受ける必要があります。似た症状でも、それぞれ異なる対処法があるため、正しい診断を受けて適切なケアを考えることが大切です。

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症は、脳にさまざまな問題が生じる病気で、記憶力の低下や被害妄想などの症状が現れます。

具体的な症状

判断力の低下、発話困難、記憶力の減退、「誰かが私のものを盗んだ!」といった被害妄想などがみられます。

原因

アルツハイマーの原因は、脳のニューロンの機能低下、神経伝達物質の減少、ホルモンバランスの乱れなど、多岐にわたる要因が考えられています。

対処法

現在、アルツハイマーに対する確実な治療法は存在せず、介護が必要となることもあります。ただし、一部の薬物が症状の軽減に寄与することがあります。

発達障害

発達障害とは、脳の成長に関する違いや個人の環境とのずれから、社会生活に困難をもたらす疾患です。ADHD、自閉症スペクトラム障害、学習障害(LD)などがあり、特にゲルストマン症候群と学習障害は似ているため、区別が難しいことがあります。

具体的な症状

注意散漫、学習に困難、落ち着きがない、怒りっぽい

原因

脳の発達によるものと考えられていますが、詳細は不明です。

治療法

根本的な治療法は現在存在せず、環境の調整や支援、スキルトレーニングなどが有効です。一部の場合には症状を和らげるための薬物治療も行われます。

見分けの難しさは?

ゲルストマン症候群、アルツハイマー型認知症、発達障害の症状は似ているため、見分けるのは難しいことがあります。

これらの疾患は、いずれも脳の機能に影響を及ぼすため、正確な診断が難しいことがあります。

さらに、症状も似ています。ゲルストマン症候群の4つの症状は、アルツハイマー型認知症の「着衣失行」や発達障害の計算や文字の問題と似通っています。

どう見分けるか?

原因や症状が似ていても、3つの疾患を区別するためには、専門家による詳細な検査が必要です。問診やさまざまな検査、脳の特定部位の評価などを行い、正しい診断を行います。

もし症状が気になる場合は、医師に相談し、適切な検査を受けることをおすすめします。その際に、早期の診断が適切な治療法を見つける一歩となることを覚えておいてください。

ゲルストマン症候群の治療とリハビリ

ゲルストマン症候群は治療法が確立されていませんが、時間の経過とともに症状が軽減することが知られています。自然な回復を待つだけでなく、リハビリテーションによって日常生活で必要な動作が向上する可能性もあります。リハビリを希望する場合は、医療機関のリハビリテーション科で相談することをおすすめします。以下に、ゲルストマン症候群のリハビリの一例を紹介します。

作業療法

作業療法では、症状のうち日常生活において特に困難を感じる部分を選び、具体的な目標を定めます。例えば、「箸を使って食事ができるようになること」や「自分の名前を書けるようになること」などです。目標を設定したら、それを実現するための練習を繰り返します。

文字の書き方

ひらがなから始めて、文字を段階的に練習します。模写やトレースを行い、慣れてきたら見本なしで練習します。ひらがなの練習ができるようになったら、同様の手順で漢字も練習します。

数字の理解

数の変化を理解するための練習を行います。積み木やおはじきを使って視覚的に数の変化を捉えられるようにします。

その他の日常動作

日常動作の練習では、動作を簡素化して始めます。徐々に難易度を上げながら練習を進めます。例えば、爪切りの練習では、洗濯バサミを使って安全な持ち方を練習し、次にはさみで物を切る練習を行います。

日常動作の練習時には、自助具を活用したり、動作を平面上で始めるなど、工夫が必要です。リハビリテーションの成果を保つためには、退院後も継続的な練習が必要です。家族のサポートを受けながら練習を続けることが重要です。

その他の治療法

他にも高圧酸素療法や計算機やワープロを使用した練習なども行われます。高圧酸素療法は、脳に酸素を供給する方法として検討されています。計算機やワープロを活用することで、文章作成や計算の練習を行い、負荷を軽減しながらスキルを向上させることができます。

まとめ

ゲルストマン症候群は、脳の神秘的な世界が私たちの日常生活にどのように影響を及ぼすかを示す一例です。この症候群を理解し、向き合うことで、私たちは脳の複雑な機能とその不思議な障害についての知識を深めることができるでしょう。また、ゲルストマン症候群の治療法やリハビリ方法に焦点を当てることで、その症状に苦しむ人々に希望と支援を提供する一歩となることでしょう。私たちは、科学と医療の進歩によって、これからも未知の領域に挑戦し、新たな発見を重ねていくことでしょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
4
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today