発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ダウン症について知ることで、インクルーシブな社会を実現

author:dekkun

多様な人々が存在する社会において、ダウン症のある人々やその家族を含め、誰もが自分らしく生きることができるインクルーシブな社会を実現するためには、ダウン症について正しく理解することが欠かせません。ここでは、ダウン症に関する正しい知識を深めることで、インクルーシブな社会を実現するために必要なことについて考えていきます。

インクルーシブとは?

?マークの家族が並んでいるイラスト

日本語では「包括的」と訳され、すべての人が参加しやすい、誰もが大切にされる社会を指します。すなわち、障がいや性別、年齢、国籍、人種などの違いを認め、多様性を受け入れ、あらゆる人が互いに支援し合う社会を目指すことを言います。

インクルーシブな社会を目指す意義

インクルーシブな社会を目指すことは、多様な価値観や意見を受け入れることができ、個人の尊厳を守り、誰もが自分らしく生きることができる社会を実現することができます。また、障がいや特性がある人たちが、偏見や差別に苦しむことなく、あらゆる場面で自己実現や社会参加を果たすことができるようになります。

海外と日本の現状と課題

海外では、インクルーシブな社会の実現に向けた取り組みが進んでいます。障がいや特性がある人たちに対する支援や教育、就労支援、バリアフリーなどの施策が整備され、社会参加の促進が図られています。一方、日本では、法律上は障がいや特性がある人たちの権利保障は進んでいますが、現実には社会の偏見や差別により、社会参加や自己実現に向けた課題が多く残されています。

障がいや特性がある人たちが抱える、日本社会のインクルージョン課題

日本においては、法律上は障がいや特性がある人たちの権利保障が進んでいます。しかし、現実には社会の偏見や差別によって、彼らが社会参加や自己実現に向けた課題が多く残されています。

教育環境

多様な子どもたちが、自分らしい教育を受けることができる環境が不十分です。学校や保育園、療育施設などで、個々のニーズに合わせた教育や支援がまだまだ十分に行き届いていない場合があります。

例えば
子供たちが学校や保育園に通っている際に、個々の特性やニーズに合わせた支援や教育が十分に行き届いていない場合があります。そのため、子供たちが自信を持って学び、成長することができない環境が生まれる可能性があります。障がいや特性に関係なく、すべての子供たちが、自分らしく学び、成長することができる教育環境が必要とされています。

就労環境

障がいや特性がある人たちが就労する場合、職場が彼らに対応できる環境を整えることが大切です。そのためには、障がいや特性に合わせた支援やアドバイスが必要とされます。また、職場での相互理解や配慮が求められ、それによって彼らが働くことができる職場環境を整えることができます。

例えば
障がいや特性に応じた職場環境の整備というのは、例えば車椅子での移動が必要な場合には、車椅子でも通行可能な広さやスロープを設けること、また、コミュニケーションの困難がある場合には、コミュニケーション手段を工夫して配慮することなどが挙げられます。適切な配慮がなされることで、障がいや特性を持つ人たちも職場での能力を発揮し、自己実現や自己成長ができるようになります。

バリアフリー、ユニバーサルデザインなど

障がいや特性がある人たちが社会的に参加するためには、どこでも気軽に入れるような環境が必要です。でも、まだまだバリアフリー化が進んでいない場所が多く、思い通りに外出や活動することができない場合があります。

例えば
車いすを利用する人が安心して移動できるためには、障がい者用駐車場やスロープが設置されていることが必要です。また、視覚に障がいがある人が利用するためには、点字ブロックや音声案内が整備されていることが望ましいです。さらに、聴覚に障がいがある人が利用するためには、手話通訳者が常駐していることが必要です。これらの施設やサービスが整備されることで、障がいのある人たちも社会的な参加を自由に行うことができます。

誰もが自分らしく生きるために

ダウン症や発達障害を持つ人たちは、日常生活の中で様々な困難に直面しています。しかし、彼らも普通の人と同じように、自分らしい生き方を望んでいるのです。彼らが自分らしく生きることができる社会を実現するために、私たちは障がいや特性がある人たちを理解し、支援することが必要です。インクルーシブな社会を目指すことで、多様性を受け入れることができ、誰もが自分らしく生きることができる社会を実現できるでしょう。

ダウン症について正しく理解することが大切

ダウン症は、体の細胞にある染色体の特殊な状態によって引き起こされる症状の一つです。多くの場合、これは生まれつきの遺伝的な特徴として現れます。実は、赤ちゃんを持つお母さんの年齢が高いほど、ダウン症を持つ子どもを産む可能性が少し上がるとされています。そのため、年齢が高めの妊婦さんには、出生前の検査を受けることが推奨されることがあります。

ダウン症の子どもたちは、時に知的な発達に遅れを見せることがありますが、それぞれにユニークな個性と才能、魅力を持っています。彼らが持つ多様な能力を認め、尊重することは非常に大切です。社会から排除されることなく、ダウン症の人たちが自分らしく、豊かな人生を送るためには、私たち一人ひとりがダウン症について正しく理解し、支えることが必要です。ダウン症に関する知識を深めることは、彼らが社会で自分らしく生きるための一歩となるのです。

ダウン症に関する偏見や差別をなくすために

ダウン症とは何か、正しい理解の大切さ

ダウン症は、染色体の特殊な状態によって引き起こされる症状です。特に高齢の妊婦さんでは、出生前の検査が推奨されることがあります。ダウン症の子どもたちは、知的な発達に遅れがあることもありますが、彼ら一人ひとりにはユニークな個性と才能があります。彼らを社会から排除することなく、それぞれの能力を認め、尊重することが重要です。

ダウン症に対する偏見と差別の克服

残念ながら、ダウン症のある人たちやその家族が社会で直面する偏見や差別は現実に存在します。誤解や先入観をなくすためには、正確な情報を持つことが不可欠です。また、ダウン症のある人たちが自立して生活できるよう支援するサービスが多く存在します。これらのサービスを通じて、彼らが自分らしい人生を送ることを支援しましょう。

家族への支援と社会的役割

ダウン症のある子どもを持つ家族には、特別な支援が必要です。家族が子育てにおいて安心できる環境を提供することは、社会全体の責任です。家族が情報を得たり、相談できる場を設けることも大切です。私たち一人ひとりが、ダウン症のある人たちとその家族が心地よく暮らせる社会を目指して協力することが重要です。

インクルーシブな社会を実現するためには、個々の多様なニーズや能力を理解し、それに対する適切なサポートや環境を提供することが必要です。ダウン症のある人たちは、それぞれ異なる程度の発達や能力を持っています。したがって、個々の状況やニーズを理解し、それに適したサポートを提供することが重要です。ダウン症について知ることで、個々の多様なニーズや能力に寄り添い、それぞれが自分らしく生きることができるインクルーシブな社会を実現することができます。

ダウン症と社会環境の関係

ビジネスマンとオフィスのアイコン

理解を深める

ダウン症は、単に遺伝的な要因だけでなく、社会的・文化的・経済的な環境とも密接に関わっています。例えば、近年では、女性が仕事などの理由で出産を遅らせるケースが増えており、これが高齢出産の増加につながっています。また、医療技術の進歩により、妊娠中の様々な検査が普及しています。このような検査によって、妊娠中に子どもの障害が分かることも増えてきています。これらの現象は、社会や文化の変化、そして医療システムの進化によるものです。

偏見と差別、社会的・文化的な影響

社会や文化の中には、ダウン症に対する偏見や差別も残念ながら存在します。ダウン症のある人々やその家族がどの程度理解や支援を受けられるかは、周囲の人々の意識や社会的な環境に大きく左右されます。さらに、経済的な状況によって、医療の利用やサポートの質に差が出ることもあります。地域や社会の福祉制度の差が、これらの状況に影響を与えることもあります。

相互に影響する社会とダウン症

ダウン症と社会的・文化的・経済的な背景の関係は、単純な原因と結果ではなく、相互に影響し合っています。社会的・文化的・経済的な環境が、ダウン症を持つ人々が受けられる支援やサポートに大きな影響を与えるため、これらの環境を整えることが重要です。つまり、ダウン症に対する理解を深め、適切な支援体制を築くことが、社会全体で求められています。

ダウン症が気になる、気にする理由とは?

乳児を抱っこした家族の?アイコン

ダウン症は一般的な知識が少なく、違いを理解することが難しいことがあるため、人々はダウン症に興味を持つことがあります。また、社会的に求められる「正常」な状態と比較して、異なる特徴を持つことがダウン症に関心を持つ要因となるかもしれません。しかし、ダウン症に対しては偏見や差別が存在するため、言葉遣いや行動には注意が必要です。また、ダウン症を持つ人やその家族に対して適切な支援や理解を示すことが大切です。

ダウン症の人々は、個性的で豊かな人生を送ることができます。私たちは、ダウン症を抱える人々を差別するのではなく、理解し、受け入れることが大切だと思います。

なぜ偏見が生まれるの?

ダウン症に対する偏見が生まれる主な原因は、誤解や無知によるもの、さらにはマスメディアやSNSによる偏った報道や情報、描写も影響していると言われています。また、社会的な差別や偏見の根底には、人々が異なる者を対象として「他者化」する傾向があるという見方もあります。このような偏見が生まれることで、ダウン症を持つ人やその家族が差別や排除を受けることがあるため、社会全体で偏見をなくすための取り組みが必要です。

「ダウン症を産む人の特徴」というキーワードが多く検索されています

「ダウン症を産む人の特徴」というキーワードが多く検索されるのは、ダウン症を持つ子どもを出産することに不安や恐怖を感じている人が多いからです。例えば、高齢出産や遺伝的な要因がある家族に多いといった情報を知りたいと思う人もいるでしょう。また、ダウン症の子どもを持つ家族や友人を持っている人が、その背景や特徴を知りたいと検索することもあるかもしれません。検索する気持ちに寄り添いながら、ダウン症を持つ人々やその家族に対する理解と支援が必要であることを広く知ってもらうことが大切です。

また、ダウン症は生まれつきの障がいであるため、子どもを授かることに対する期待や、育児に関する不安や困難がある場合もあります。そのため、周囲の人々がダウン症について不安や疑問を抱くことがあります。

高齢出産の増加による影響

現代社会においては、出産年齢が高い女性たちが増えていることが挙げられます。この背景には、結婚や出産を遅らせる女性たちが増えていることや、女性が社会進出することによる社会構造の変化などがあります。年齢が上がることで、染色体異常が起こりやすくなるため、ダウン症の発症リスクも高くなります。特に、35歳以上の女性ではそのリスクが大きく上昇します。

出生前診断や遺伝子検査の普及による影響

妊娠中に出生前診断や遺伝子検査を受けることが一般的になったことで、ダウン症のリスクがあることが分かった場合に、ダウン症を産む可能性のある女性たちが検索をすることもあります。これは、医療技術の進歩によって、障がいの発見がより早く、正確に行われるようになった結果です。

ダウン症を抱える人々への理解や支援に対する関心の高まり

近年、障がいを抱える人々への理解や支援に対する関心が高まっています。そのため、ダウン症を抱える人々やその家族が、情報や支援を得ることができるよう、インターネットでの検索が行われることもあります。また、障がいを抱える人々の生活や支援について、広く社会に向けて発信することも重要とされています。

高齢出産や出生前診断、社会の意識の変化などがダウン症を産む人の特徴というキーワードが検索される背景となっています。それに伴い、ダウン症を抱える人々やその家族への理解や支援を促す情報が広く求められるようになっています。

ダウン症を超えて、社会をインクルーシブにするために必要なこと

私たちの社会には、ダウン症のある人々を含め、多様な個性を持つ人々がいます。しかし、これらの人々が時に排除や偏見、差別に直面することがあります。こうした状況を変えるために、私たちにはインクルーシブな社会を実現するための取り組みが求められます。

すべての場での受け入れとサポート

まず、ダウン症のある人々が学校や職場など、社会のあらゆる場所で受け入れられ、支援されるような環境を整えることが必要です。彼らが自分らしく生きることを支えるためのインクルーシブな環境の構築は、社会全体の責任です。

自己決定権の尊重

ダウン症のある人々が自分の人生を自分で決めることができるように、必要な情報やサポートを提供することが重要です。彼らが自分らしい人生を送るための援助は、彼らの尊厳を守る上で欠かせません。

家族への支援と情報提供

ダウン症のある人々とその家族に対して、適切な医療ケアや社会的支援を提供することが重要です。また、ダウン症に関する情報提供を通じて、家族が必要な知識を得られるようにすることも大切です。

多様性の尊重と偏見への対抗

最後に、私たちは、ダウン症を含む多様な人々が平等に権利を享受できる社会を目指して、偏見や差別に立ち向かう必要があります。多様性を尊重し、誰もが自分らしく生きることができる社会を築くことが、インクルーシブな社会実現のためには不可欠です。

インクルーシブな社会を実現するために大切な3つのポイント

3のアイコン

教育の多様性の尊重と支援

すべての子どもたちが自分にあった方法で学べるように、教育現場において多様性を尊重し、適切な支援を提供することが必要です。例えば、特別支援学校だけでなく、通常の学校でもダウン症の子どもたちが適切な支援を受けられるよう、教育環境の整備が求められます。

バリアフリーな社会の構築

障害のある人たちが自分らしい生活を送るためには、社会環境のバリアを取り除くことが不可欠です。例えば、公共交通機関や建築物のバリアフリー化、情報のアクセシビリティの確保などが求められます。

個性を尊重した雇用の推進

ダウン症のある人たちが社会参加するためには、適切な雇用環境の整備が必要です。個性を尊重し、働くことができる環境の整備や、雇用支援制度の充実などが求められます。

日本と外国でのダウン症に対する捉え方と理解度の違い

地域の人々

教育・就労支援の面

ダウン症を抱える人々の教育・就労支援について、日本と欧米諸国の違いがあります。

欧米諸国

欧米諸国では、ダウン症を抱える人々が一般の学校に通うことが一般的です。また、就労支援や生活支援も広く提供されています。たとえば、フランスやスウェーデンなどでは、特別支援学校に通わずに一般の学校で学ぶことができる制度が整っています。また、イギリスでは、特別支援学校や一般学校での教育を終えた後も、就労支援や生活支援が受けられる体制が整備されています。

日本

一方、日本においては、障がいを抱える人々の教育・就労支援は、まだまだ不十分な面があります。一般的には特別支援学校に通うことが多く、就労支援も十分に整っているわけではありません。たとえば、ダウン症を抱える人々が働くことができる企業は限られており、差別や偏見に直面することがあるとされています。

社会の理解度の面

ダウン症を抱える人々に対する社会的な理解度について、日本と欧米諸国の違いがあります。

欧米諸国

欧米諸国では、障がいを抱える人々に対する差別や偏見が少なく、ダウン症を抱える人々が自己実現を追求することができる環境が整っています。たとえば、ダウン症のモデルとして活躍する人も多く存在し、多様性が受け入れられる社会風土があるとされています。

日本

一方、日本においては、ダウン症を抱える人々に対する理解度はまだまだ不十分であり、差別や偏見に直面することがあります。たとえば、就労においても、ダウン症を抱える人々に対する差別や偏見があるとされています。また、ダウン症を抱える人々の権利保護や社会参加の促進に向けた取り組みも、まだまだ不十分な面があります。

ダウン症の子どもを育てるために必要な社会的支援とは?日本での取り組みについて

日本において、ダウン症を含む障がい児を育てる家族に対する支援は、法的にも積極的に進められています。主な支援策としては、以下のようなものがあります。

  • 障がい者手帳や療育手帳の交付
  • 児童福祉法に基づく医療費の助成
  • 学校教育法に基づく特別支援学校や通級指導の充実
  • 障がい者雇用促進法に基づく就労支援
  • 福祉サービスや生活支援の提供など

また、地域によっては、親子支援施設や障がい者支援団体、親の会などが存在し、情報交換や相談などを通じて、子育てに必要な知識や技術、そして支援や励ましを受けることができます。

ただし、社会的な認知度や理解度はまだまだ低く、障がい者とその家族が抱える課題や困難に対して、まだまだ十分な支援がなされているわけではありません。さらなる支援の拡充や、社会的な意識改革が求められています。

諸外国は?

世界中の国々で、ダウン症の子どもを育てるための支援や制度は異なりますが、日本と同様に様々な支援が存在しています。例えば、アメリカでは「Individuals with Disabilities Education Act(IDEA)」という法律があり、ダウン症の子どもたちに特別教育を提供することが求められています。また、カナダでは「Canadian Down Syndrome Society」という団体がダウン症の啓発活動やサポートを行っています。一方、インドでは社会の理解不足や偏見が根強く、ダウン症の子どもたちが抱える困難に対する支援は不十分な状況が続いています。

海外事例から見る、障がい者が社会的に受け入れられる環境の実現

一方、海外の一部の国々では、ダウン症や発達障害を持つ人たちが、社会的に受け入れられる環境が整っています。たとえば、スペインやポルトガルでは、ダウン症を持つ人たちが芸術やスポーツなどの分野で活躍し、社会的に高い評価を得ています。また、スウェーデンでは、子どもたちが学校で障がいを持つ子どもたちと一緒に学び、互いに学び合うことが奨励されています。また、障害者に対する支援や福祉制度が充実しており、インクルーシブな社会の実現に向けた取り組みが進んでいます。例えば、オランダでは、障害者の社会参加を促進する政策が積極的に行われ、障害者が通常の学校に通うことが当たり前となっています。また、スウェーデンでは、障害者の社会参加を支援する法律が整備され、障害者の雇用やバリアフリー化に対する取り組みが進んでいます。

スペインで「知的障害者のオリンピック」 選手たちの“栄誉”は? (朝日新聞デジタル) : https://www.asahi.com/articles/ASQ2Q6RZZQ2RUTIL03L.html
ポルトガルが「障害者最先端国家」と呼ばれる理由とは? 障害者向け観光も注目される (MONEY ZINE) : https://moneymedia.jp/20171218_176389.html
スウェーデンのインクルーシブ教育 (外務省) : https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100118751.pdf

日本でも、ダウン症や発達障害を持つ人たちが、自分らしい生き方を選び、社会参加できる環境を整えることが求められています。そのためには、彼らの多様なニーズや能力に応じた支援を提供することが必要です。例えば、就労においては、職場での理解と支援を促進することや、職種や労働条件を選びやすくすることが大切です。また、教育においては、個々の能力やニーズに合わせた教育環境の提供や、教員の専門性の向上が求められます。

インクルーシブな社会を実現するためには、誰もが自分らしい生き方を選び、社会参加できる環境を整えることが必要です。ダウン症や発達障害を持つ人たちに限らず、すべての人が、多様性を受け入れ、理解し合う社会を目指しましょう。

国連の「特別支援教育の中止」勧告とは?日本の現状と障がい児と健常児が共に学ぶインクルーシブ教育の意義とは?

国連が日本に対して、特別支援教育の中止を勧告する報告書を出しました。これは、日本が特別支援教育に偏りすぎており、障がい児が健常児から分離され、社会的に孤立する恐れがあるという指摘が背景にあります。一方で、欧米では障がい児と健常児が共に学ぶインクルーシブ教育が浸透しており、多様性を受け入れる社会を目指しています。

日本の現状

日本では特別支援教育の中止勧告が出されるなど、欧米諸国と比較して障がいのある子どもたちが学校で健常児と一緒に学ぶインクルーシブ教育が浸透していません。特別支援学校に通う子どもたちが多く、そのため特別支援教育を受ける子どもたちの集まりができ、身近に障がいを持つ人を知ることができるというメリットもありますが、一方で、健常児と隔離された環境で学ぶことで、社会的な偏見や差別を生み出す要因にもなっています。

欧米の取り組み

欧米諸国では、インクルーシブ教育が推進され、障がいのある子どもたちが健常児と一緒に学ぶ機会が増えています。教師たちは、子どもたちの特性に合わせた教育方法を考え、特別支援が必要な子どもたちを支援しています。また、学校環境やカリキュラムのバリアフリー化にも取り組んでおり、障がいのある子どもたちが学校生活を送るうえでのハードルを下げています。

国連「児童の権利条約委員会」の勧告:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_009141.html
内閣府「多様な子どもたちが支援を受けながら、ともに学ぶことのできる教育環境の整備に向けた取組」:https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/h27/12/03.html
文部科学省「特別支援教育について」:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokusyu/detail/1403338.htm

まとめ

ダウン症は、染色体異常によって引き起こされる生まれつきの病気です。日本でも多くの家庭でダウン症の子どもたちが育てられています。ダウン症の子どもたちやその家族が暮らしやすい社会づくりのため、各地で様々な支援や取り組みが行われています。例えば、保育所や学校において、個別支援や特別支援教育が行われています。また、地域の団体やNPOによる情報提供や支援活動も行われており、ダウン症の子どもたちやその家族が生活するためのネットワークが広がっています。今後も、ダウン症の子どもたちやその家族が、安心して暮らせる社会の実現に向けて、様々な取り組みが行われることを期待しましょう。

こちらも参考にどうぞ

ダウン症とは、遺伝子の異常によって引き起こされる状態であり、主に知的障害と特定の身体的特徴を伴います。このコラ…
calendar_today
ダウン症の子供たちは、個別の発達のペースを持っています。一般的に、言語や運動の発達に遅れがみられることがありま…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today