発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ADHDとASDの違い:行動・シーンごとの特性と診断について詳しく解説

author:dekkun
ADHDとASDの違い:行動・シーンごとの特性と診断について詳しく解説
と記載されたイラスト

ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)は、発達障害の代表的なタイプであり、個々の特性や行動において異なる特徴を持ちます。ここでは、ADHDとASDの違いに焦点を当て、異なる行動やシーンごとの特性について詳しく解説していきます。また、どのように診断が行われるのかについても触れながら、両特性の理解を深めていきましょう。

ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)とは

ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)は、神経発達に関連した障害ですが、それぞれ異なる特性を持っています。以下では、異なる行動やシーンに焦点を当て、それぞれの症状や診断の違いについて探ってみましょう。

ADHD(注意欠如・多動症)の特性・症状

ADHDは、発達障害の一種であり、主に注意力の欠如と多動性、衝動性の特性が特徴とされています。この障害は、不注意型と多動型の2つに大別され、症状は個人によって異なる場合もあります。しかし、それぞれのタイプに共通する特徴も存在します。

不注意型の特徴

不注意型のADHDは、主に注意力の欠如が特徴です。このタイプの人々は、物事に集中することが難しく、小さなミスや忘れ物が頻繁に起こります。また、作業や活動の途中で気が散りやすく、長時間の集中が難しい場合があります。順序を立てて進めることや計画を立てることも困難とされています。

  • ミスや忘れ物が頻繁
  • 集中力に課題がある
  • 小さなミスが目立つ
  • 順序を立てるのが難しい

多動型の特徴

多動型のADHDは、過度な活動性と衝動性が主な特徴です。これらの人々は、常に動いているように見えたり、静かに座ることが難しかったりします。また、突発的に行動に移してしまうことや、他人の発言に割り込むことが多いです。衝動的な行動や言動が目立ち、思慮深さが欠如していることがあります。

  • 落ち着かない
  • 過度な活動性がみられる
  • 静かに座るのが難しい
  • 発言に割り込むことが多い

これらの2つのカテゴリーは、ADHDの特性の一端を示すものであり、一人ひとりの症状は異なるため、正確な診断を専門医によって受けることが重要です。治療や支援は、その人の特性に合わせて行われるべきです。

ASD(自閉スペクトラム症)の特性・症状

ASDは自閉スペクトラム症とも呼ばれ、その主な特徴は「こだわりの強さ」と「社会性の困難」です。ASDは幅広い症状を包括するスペクトラムであり、一人ひとりの特性が異なりますが、以下に共通する特徴を解説します。

  • 極端な好き嫌いが存在
  • 他人の気持ちを理解しにくい
  • 表情から感情を読み取りにくい
  • 感覚過敏や感覚鈍麻が見られることも

行動とシーンごとにみる特性と症状

学校や職場の場面において、ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)はそれぞれ特有の特性と症状を示します。ここでは、それぞれの発達障害が表れる具体的な行動とシーンに焦点を当ててみましょう。

学校や職場の場面

学校や職場の場面でのADHD

ADHDの人々は、注意力の散漫さや集中力の持続が困難な特性が現れることがあります。学校や職場での具体的な特性と症状は以下の通りです。

学校や職場の場面でのADHDの特性・症状具体的な症状
注意力が散漫になることがある授業やミーティングなど、長時間の集中が難しく、周囲の刺激に敏感に反応することがあります。このため、大切な情報を見落とすことがあるかもしれません。
細かなミスが目立つことがある注意力の欠如から、細かなミスやミステイクが発生しやすいです。宿題や業務において、小さなミスや詳細を見落とすことがあります。
集中が持続しない長時間の作業やタスクに対して、持続的な集中力を保つのが難しいことがあります。突発的な興味や切り替えが多いため、一つのことに熱中することが難しいかもしれません。

学校や職場の場面でのASD

ASDの人々は、こだわりの強さや社会的なコミュニケーションの困難さが特徴的です。学校や職場での具体的な特性と症状は以下の通りです。

学校や職場の場面でのASDの特性・症状具体的な症状
こだわりが強く、日課を崩すことが難しいASDの人々は特定の興味やルーティーンにこだわりを持つことが多いです。このため、日課や作業の進行を変更することが難しい場合があります。
コミュニケーションが苦手なことがある社会的なやり取りやコミュニケーションが難しいことがあります。感情や意図を読み取るのが難しく、適切な表現やジェスチャーが難しいことがあります。

学校や職場の場面では、ADHDとASDが異なる特性を示し、それぞれの発達障害に対する理解と適切なサポートが重要です。個々の特性を尊重しながら、環境の調整やコミュニケーションの工夫を通じて、より良い学習や職場環境を構築していくことが求められます。

社交関係の場面

社交関係の場面では、ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)それぞれが異なる特性と症状を示します。

ADHD(注意欠如・多動症)の社交関係の特性・症状

ADHD(注意欠如・多動症)の社交関係の特性・症状説明
社交的で友人関係を築くことがあるADHDの人々は、エネルギッシュで活発な性格が多い傾向があり、社交的な環境で友人関係を築くことがあります。その魅力的なコミュニケーションスタイルによって、新しい友人を作ることが得意です。しかし、注意散漫さが影響し、関係を深める際にも注意を払う必要があります。
衝動的な行動が人間関係に影響を与えることがあるADHDの特性である衝動性は、社交関係においても影響を及ぼすことがあります。衝動的な行動や意思決定が友人関係に影響を及ぼす可能性があり、周囲の人々との調和を保つために注意が必要です。

ASD(自閉スペクトラム症)の社交関係の特性・症状

ASD(自閉スペクトラム症)の社交関係の特性・症状説明
コミュニケーションが苦手で孤立しやすいASDの人々は、コミュニケーションの理解と表現に課題を抱えており、社交的な場面で孤立しやすいです。感情や意図を正しく読み取ることが難しく、適切なコミュニケーションが難しい場面があります。支援を受けることで、コミュニケーションのスキル向上が期待されます。
他人の気持ちを理解しにくいASDの特性の一つに他人の気持ちを理解する難しさがあります。友人関係においては、相手の感情や意図を正確に理解することが難しく、誤解が生じることがあります。自分自身の感情や意図を適切に伝えるための支援が重要です。

社交関係の場面において、ADHDとASDの特性は異なる影響を及ぼすことが分かります。個々の特性に合わせた支援や理解が、良好な社交関係の構築に寄与します。

こだわりと興味関心

ADHD

ADHDの人々は、短期間の興味や関心を持つことがある傾向があります。新しい活動や趣味に対して一時的な情熱を抱くことがありますが、それが長続きせずに次のことに移ることがあります。また、活動の切り替えが難しく、一つのことに集中している際には他のことに切り替えるのが難しいことがあります。これにより、プロジェクトや課題の完了までに時間がかかることがあるかもしれません。

特性と症状ADHD
短期間の興味や関心を持つことがあるADHDの人々は、短期間の興味や関心を持つことがあります。新しい活動や趣味に対して一時的な情熱を抱くことがありますが、それが長続きせずに次のことに移ることがあります。
活動の切り替えが難しいまた、活動の切り替えが難しく、一つのことに集中している際には他のことに切り替えるのが難しいことがあります。これにより、プロジェクトや課題の完了までに時間がかかることがあるかもしれません。

ASD

ASDの人々は、こだわりが強く、特定の分野に深い関心を持つことが多いです。その特定の分野においては、広範な知識や情報を持ち、熱心に学ぶことがあります。しかし、他のことに対しては無関心であることがあります。このことにより、独自の関心分野以外のことに興味を持つのが難しく、幅広い活動やトピックに参加することが難しいかもしれません。こうした特性を理解し、その人の強みを最大限に活かすサポートが重要です。

特性と症状ASD
こだわりが強く、特定の分野に深い関心を持つことがあるASDの人々は、こだわりが強く、特定の分野に深い関心を持つことが多いです。その特定の分野においては、広範な知識や情報を持ち、熱心に学ぶことがあります。
他のことに無関心しかし、他のことに対しては無関心であることがあります。このことにより、独自の関心分野以外のことに興味を持つのが難しく、幅広い活動やトピックに参加することが難しいかもしれません。こうした特性を理解し、その人の強みを最大限に活かすサポートが重要です。

感覚過敏と感覚鈍麻

ASD

ASDの人々は感覚過敏がみられることがあります。これは、通常よりも感覚刺激に対して敏感に反応する状態を指します。例えば、光や音、触覚などの刺激に対して、一般的な人よりも過敏に反応することがあります。このため、明るい光や大きな音に対して過度な反応を示すことがあります。また、衣服の素材や食べ物の食感にこだわりがある場合もあります。

一方で、感覚鈍麻も見られることがあります。感覚鈍麻は、通常の刺激に対して鈍感な状態を指し、痛みを感じにくいことがあります。このため、怪我や痛みに気づかないことがあるかもしれません。感覚過敏と感覚鈍麻が同時に存在することもあり、感覚刺激に対する個別の反応が異なることが考えられます。

これらの感覚過敏と感覚鈍麻の特性は、ASDの人々の日常生活に影響を与えることがあります。環境の調整や適切なサポートを通じて、感覚刺激に対する快適なバランスを見つける手助けが大切です。

併発するケース

ADHDとASDは併発することがあり、一人の個体に両方の特性が同時に現れる場合があります。これにより、ADHDの注意散漫さや衝動性と、ASDのこだわりや社会的な課題が同時に影響し合うことがあります。両方の特性が組み合わさると、社会適応が一層難しくなる可能性があります。例えば、社交的な場面でのコミュニケーションの難しさに加えて、注意散漫さが関係を悪影響を与える可能性があります。このような場合、適切なサポートや戦略を通じて、両方の特性に対処することが重要です。

診断の難しさとアプローチ

ADHDとASDは似た症状があるため、専門家でも正確な区別が難しいことがあります。一部のASDの人々にはADHDの症状も見られることがあり、診断の際に混同されることがあります。しかし、重要なのは診断名やラベルではなく、その人の困りごとを理解し、個別に適切なアプローチを見つけることです。本人が抱える課題やニーズに焦点を当て、個々の特性に適したサポートを提供することが大切です。支援者や専門家と連携し、日常生活や社会参加の中で困難を克服する方法を見つけていくことが求められます

ADHDとASD、それぞれの特性と違いを理解することで、適切なサポートと支援を提供し、個々のニーズに合わせたアプローチを見つけることが大切です。

【行動・場面別】ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)の違い

特性/症状ADHDASD
対人関係– うっかりミスや遅刻が多い
– 積極的なコミュニケーション
– 新しい友人を作りやすい
– 衝動的な行動がバランスに影響
– 感情や意図の読み取りが難しい
– 不適切な発言で怒らせる可能性
– 適切な距離感の難しさ
– 孤立や馴れ馴れしさのリスク
集中力の持続– 短期間の興味や関心
– 活動切り替えの難しさ
– こだわりが強く深い関心
– 特定分野への集中力
仕事– 不注意によるミスが多い
– タスク管理の難しさ
– 規則性のある作業得意
– 自己計画の難しさ
– 感情読み取りの困難さ
計画的な行動– 衝動的な行動が多い
– 適切な計画実行の難しさ
– 計画通りの行動
– 急な予定変更への困難さ
整理整頓– 散漫で整理整頓難しい
– 物の位置がわからないことも
– 物事へのこだわりで整理整頓
– 物の位置を把握
スポーツ・運動– 衝動性でルール遵守難しい場面も– 個人競技に向いている可能性
– コミュニケーションの困難さが影響
感覚の異常– 比較的こだわり少ない– 感覚過敏や鈍麻の可能性

特性や症状ごとに、ADHDとASDの違いが表にまとめられています。この比較表を通じて、両者の異なる側面を理解しやすくなっています。

【対人関係】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDの人々は、人との対人関係において特定の課題が見られます。例えば、待ち合わせに遅れてしまったり、うっかりミスをしてしまったりすることが多く、これが人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。一方で、エネルギッシュで活発な性格から人とのコミュニケーションに積極的に取り組む姿勢があり、新しい友人を作りやすいです。ただし、衝動的な行動が時に制御できず、会話のバランスを保つのが難しいこともあります。

ASDの場合

ASDの人々は、人との対人関係において独自の課題を抱えます。感情や意図を正しく読み取ることが難しく、不適切な発言で相手を怒らせてしまうことがあります。社交的な場面で適切な距離感を保つことも難しく、孤立することや過度に馴れ馴れしいと思われることもあります。これらの課題を克服するために、コミュニケーションスキルの向上や適切な支援が重要です。

【集中力の持続】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDの人々は、集中力の持続に課題を抱えることがあります。興味を持つことには熱中する一方で、その興味が急速に変わるため、同じ活動に長く取り組むのが苦手です。これにより、プロジェクトや課題の完了までに時間がかかることがあります。

ASDの場合

ASDの人々も、興味を持つ分野に対しては熱中し続ける姿勢があります。特定の分野においては広範な知識を持ち、熱心に学ぶことがあります。また、同じ行動の繰り返しに安心感を得るため、ルーティーンが確立されることも多いです。

【仕事】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

仕事において、ADHDの人々は注意力の欠如によるミスが目立つことがあります。面倒な仕事を後回しにしてしまうことや、タスクの管理が難しいことが挙げられます。同じ作業を繰り返す仕事や計画的なアプローチが求められる仕事には向かないかもしれません。

ASDの場合

ASDの人々は、規則性のある仕事や繰り返しの作業に向いていることがあります。しかし、自分で計画を立てたり他人とのコミュニケーションを取ることが難しい傾向があります。感情の読み取りや適切な言葉の選び方も難しいため、職場の人間関係に課題を抱えることもあります。

【計画的な行動】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDの人々は、物事を計画的に進めるのが苦手です。衝動的な行動が目立ち、予定通りに物事を進めるのが難しいことがあります。

ASDの場合

ASDの人々は、計画的な行動に安心感を覚える傾向があります。あらかじめ定められたルーティーンに従って行動することが得意ですが、急な変更に対応するのは難しいことがあります。

【整理整頓】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDの人々は、注意力の散漫さから整理整頓が難しいことがあります。物を無意識に置きっぱなしにしてしまい、後で物の場所が分からなくなることがあります。

ASDの場合

ASDの人々は、一つ一つの物に思い入れを持ち、物を捨てるのが苦手です。散らかったように見える部屋でも、彼らにとっては物の位置が分かっていることが多いです。

【スポーツ・運動】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDやASDによる運動能力への影響はまだ詳しくは解明されていませんが、ADHDの場合、衝動性が影響して競技中にルールを守るのが難しい場面が出ることがあります。また、興味の薄い競技では集中が続かず、挫折感を感じることもあるかもしれません。

ASDの場合

ASDの人々はコミュニケーションの困難さから、チームやペアでの競技が負担となる可能性があります。個人競技や予測可能な環境での運動に向いているかもしれません。

【感覚の異常】ADHDとASDの違い

ADHDの場合

ADHDだけの場合、感覚へのこだわりは比較的少ないようです。

ASDの場合

ASDの人々は、感覚過敏なケースが多く見られます。五感のいずれかが過敏で、特定の刺激に敏感に反応することがあります。逆に、感覚鈍麻の症状も見られ、痛みを感じにくいことがあります。

ADHDとASDはそれぞれ異なる特性を持ち、日常生活のさまざまな場面で影響を及ぼします。個々の特性を理解し、適切なサポートを提供することで、彼らの能力を最大限に引き出し、豊かな生活を送ることができるでしょう。

【専門医の重要性】ADHD(注意欠如・多動症)とASD(自閉スペクトラム症)の判断

ADHDやASDの判断は、専門医を受診することが非常に大切です。しばしばネット上で見かけるセルフチェックリストも参考にはなりますが、正式な診断とは異なることが多く、症状や特性の正確な評価には専門家の知識が必要です。自己診断ではなく、専門医に相談することで適切な診断が行われ、必要な対処法やサポートが提供されるでしょう。

適切な対処法と支援

診断を受けることで、適切な対処法や支援を受けることができます。発達障がいには個々の特性や課題があり、専門医による診断を通じてその人に最適なアプローチが見つかるでしょう。専門医の指導の下で症状や困りごとの改善を目指しましょう。

隠れた病気にも注意

発達障がいだけでなく、他の病気が見つかる可能性もあるため注意が必要です。子どもの様子に違和感を感じる場合は、病院で詳しい検査や診断を受けることを検討しましょう。早期の発見や治療は、その子の将来に大きな影響を与える可能性があります。

ADHDやASDについての相談

発達障がいについて相談できる機関がいくつか存在します。以下にその一部を紹介します。

  1. 発達障がい者支援センター
    発達障がいに特化した支援を行う機関で、本人や家族からの相談を受け付けます。福祉制度や医療機関の紹介も行っており、診断を受けていない場合でも利用可能です。
  2. 相談支援事業所
    障がい者が自立した日常生活を送るための支援を提供する機関です。福祉サービスの活用や相談に乗る役割を果たしています。
  3. 障がい者就業・生活支援センター
    就業面や生活面の支援を行う機関で、関係機関と連携しながらサポートを提供します。職業訓練や就労の機会提供などを行っています。
  4. 就労支援事業所
    障がい者の就労を支援するための機関で、職業訓練プログラムなどを提供します。就労後のサポートも行っています。

地域のサポート、市町村の窓口を活用しよう

上記の相談機関は各地域に存在しますが、全ての場所で提供されているとは限りません。どの機関を利用すべきか迷った場合は、まず市区町村の福祉窓口を訪ねてみることをおすすめします。地域のサポート情報を提供してくれるでしょう。

子ども家庭支援センターと児童発達支援センター、子どもに特化した支援

子どもに関する様々な相談を受け付ける支援機関が存在します。子どもの発達や成長に関する不安や悩みを気軽に相談でき、必要に応じて支援を提供しています。特に児童発達支援センターは、発達障がいのある子どもに対して適切な支援や訓練を提供しており、個別プログラムを通じたサポートが行われます。就学前の幼児期から小学生まで、適切な支援を受けることができるでしょう。

ADHDやASDについて受診・相談する際のアドバイス

  1. 子どもの様子や症状の整理
    医師に正確な情報を提供するために、子どもの日常生活や症状に関する情報を整理しておきましょう。保育園や学校の様子、睡眠や食事の状況などを具体的にメモしておくと役立ちます。
  2. セルフチェックシートの活用
    受診予定の病院や相談機関が提供しているセルフチェックシートを利用してみましょう。これに答えることで、子どもの特性や困りごとの傾向がわかるかもしれません。ただし、診断は専門医の判断が必要です。
  3. 専門医の受診
    ADHDやASDの診断は専門医によるものです。専門家の意見を受けるため、病院やクリニックで診察を受けることが重要です。セルフチェックや情報整理は参考になりますが、最終的な診断は専門医が行います。
  4. 医師とのオープンなコミュニケーション
    診察時に、子どもの様子や困りごとを率直に伝えることが大切です。医師とのオープンなコミュニケーションを通じて、正確な診断と適切な支援を受けることができます。
  5. 複数の専門家の意見を聞く
    一つの専門医の意見だけでなく、複数の専門家の意見を聞くことも検討してみましょう。異なる視点からのアドバイスを受けることで、より詳細な情報を得ることができます。
  6. 継続的なフォローアップ
    診断後も定期的なフォローアップを受けることが大切です。症状や特性は成長に伴って変化することがありますので、専門医と連携しながら適切なアプローチを継続的に考えていきましょう。

まとめ

ADHDとASDは、それぞれ異なる特性を持つ発達障害ですが、適切な支援や理解を得ることで、克服可能な課題も多くあります。診断は専門医によって行われるため、正確な情報を提供し、適切なアプローチを見つけることが大切です。また、家族や支援機関と連携して、個々の特性に合った環境を整えていくことが、ADHDやASDの人々の成長と適応に向けた一歩となるでしょう。

こちらも参考にどうぞ

アスペルガー症候群:自閉スペクトラム症の理解と支援と記載されたイラスト
アスペルガー症候群は、自閉スペクトラム症(ASD)の一種であり、個々の特徴や障がいを持ちながら、多様な人々が共…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today