発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

赤ちゃんの睡眠パターンとは?月齢別の必要な睡眠時間と安心のコツ

author:dekkun
赤ちゃんの睡眠パターンとは?月齢別の必要な睡眠時間と安心のコツと記載されたイラスト

赤ちゃんの成長と発達において、睡眠は非常に重要です。しかし、新生児から幼児期にかけて、赤ちゃんの睡眠パターンは個人差があり、親はどのくらいの睡眠が必要で、赤ちゃんが寝すぎているのかどうかを理解する必要があります。この記事では、月齢ごとの赤ちゃんの必要な睡眠時間と、赤ちゃんが安心して睡眠できる方法について詳しく探っていきます。

赤ちゃんの必要な睡眠時間は?

赤ちゃんの睡眠時間は個人差があり、月齢によっても異なります。ある赤ちゃんは夜ぐっすり寝る一方、別の赤ちゃんはなかなか眠れないこともあります。赤ちゃんの睡眠について心配することは一般的です。一般的な目安として、以下のような月齢ごとの睡眠時間があります。

月齢ごとの睡眠時間

  • 0~1ヶ月:16~17時間
  • 1~3ヶ月:14~15時間
  • 3~6ヶ月:13~14時間
  • 6~12ヶ月:11~13時間
  • 1~3歳:11~12時間

ただし、これらの数値はあくまで目安であり、個々の赤ちゃんには異なる睡眠リズムがあります。月齢が上がるにつれて、朝起きて夜寝るサイクルが整ってくることが一般的です。ですので、あまり心配せず、赤ちゃんの成長に合わせて睡眠時間が変化することを受け入れることが大切です。

赤ちゃんが寝過ぎても心配はいらない?

赤ちゃんが授乳の時間に寝ている場合、無理に起こす必要はありません。ただし、前回の授乳から6時間以上経過している場合、赤ちゃんを優しく起こすために、体をさするかおむつを交換するなどして、授乳を行いましょう。

赤ちゃんの睡眠時間は個人差があるので安心してください

赤ちゃんが良く寝ることは、成長にとって重要です。しかし、自分の赤ちゃんが長時間眠っていると、心配になることもあるでしょう。

特に月齢の低い時期は、睡眠のリズムが不規則で、授乳の時間にもかかわらず赤ちゃんが寝続けることがよくあります。授乳やおむつ替えのタイミングなど気になることはあるかもしれませんが、あまり神経質になる必要はありません。赤ちゃんが寝ている間、一緒に休むのも良い方法かもしれません。安心してください。

新生児の起こし方について

新生児は睡眠のサイクルが不規則で、日によって起きている時間が異なります。日中に長時間寝ている場合、親は「起こすべきか?」と悩むことがありますが、基本的には赤ちゃんの自然な睡眠を尊重しましょう。

新生児は昼と夜の区別がつきにくいとされています。昼夜の区別がつくまで、赤ちゃんが自然に起きるまで待つことができます。赤ちゃんのよく眠ることは成長の証でもあるため、無理に起こす必要はありません。

ただし、授乳やおむつ交換のために赤ちゃんを起こす必要がある場合、ちょっとした刺激を与えることが役立ちます。声をかけたり、日の光を浴びせたりして目覚めさせることができます。また、おっぱいを近づけると目を覚ますこともあるので、授乳のタイミングで試してみてください。

赤ちゃんの体をやさしく抱き起こす際は、首の支えが必要です。新生児の首はまだ安定していないので、頭をしっかり支えて起こしましょう。

よく寝る新生児の観察ポイント

基本的に、赤ちゃんは自然に起きるまで寝かせておいても問題ありません。ただし、赤ちゃんの健康状態をチェックすることは重要です。

赤ちゃんは自分の状態を伝えることができないので、親は定期的に注意深く観察する必要があります。長時間の睡眠中でも、赤ちゃんの変化や異常な兆候がないか確認しましょう。

赤ちゃんの呼吸が異常に早い、止まったり、体温が高い場合は、体調に問題がある可能性があるため、医療機関を早めに受診しましょう。

夜泣きが続く場合も、赤ちゃんの健康に影響があるかもしれません。過度に心配する必要はありませんが、不安がある場合は医療機関で相談してみてください。

まとめ

赤ちゃんの睡眠は親にとって重要な関心事ですが、月齢ごとに適切な睡眠時間を把握し、赤ちゃんが快適に眠るサポートを提供することは可能です。親と赤ちゃんの信頼関係を築きながら、健康的な睡眠環境を整え、成長と幸福な日々を共に過ごしましょう。あなたの赤ちゃんが良い睡眠を得ることで、健康な未来への第一歩を踏み出していくことでしょう。

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト
赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today