発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

耳の神経、普通とは違う?聴覚過敏チェックで知る、あなたの耳の敏感度

author:dekkun
耳の神経、普通とは違う?聴覚過敏チェックで知る、あなたの耳の敏感度と記載されたイラスト

日常の騒音や音に過敏に反応してしまう――それが聴覚過敏の特徴です。私たちの耳は、さまざまな音や刺激に対して耐性を持っていますが、中には耳が普通よりも敏感で、通常の音が不快なレベルで感じられる人々がいます。本記事では、聴覚過敏とは何か、その症状や原因、そして自己チェック方法について詳しく探っていきます。あなたの耳の敏感度を知る一歩を踏み出してみましょう。

耳の敏感さ、もしかして聴覚過敏?

耳に響く音がつんざくように感じられたり、耳を覆いたくなるほど大きな音に敏感に反応する――それが聴覚過敏です。この症状は、耳から聞こえる音に対して不快感や苦痛を伴うもので、感覚過敏の一種とされています。聴覚過敏は病気ではなく、あくまで特定の状態を指すものですが、その影響は身体的・精神的な負担を引き起こし、日常生活に支障を与えることがあります。

一方で、聴覚過敏の明確な定義は存在しません。医師によって異なる捉え方がされるため、個々の症状も多様です。今回は、聴覚過敏の特徴とそのメカニズム、そして軽減方法について詳しく見ていきましょう。

聴覚過敏の症状

聴覚過敏に悩む人々は、通常の音が過度に大きく感じられることにより、不快な状態を経験します。食器の音や人々の会話、交通騒音など、一般的な日常音が彼らにとって刺激的なものとなることがあります。耳が異常に敏感であるため、集中が難しいと感じることもあり、学業や仕事に影響を及ぼす場合もあります。

聴覚過敏の症状:音に敏感な耳の辛さ

聴覚過敏とは、一般的な音や環境音に過敏に反応し、その影響を強く感じる状態を指します。その定義は曖昧な部分もありますが、以下で一般的に表現される聴覚過敏の症状を見ていきましょう。

聴覚過敏の症状

聴覚過敏の症状影響
耳をつんざくように音が響く– 通常は気にならない音が耳に刺さるような感覚をもたらすことがある
– 不快な感じや耳の痛みを引き起こす可能性がある
耳を覆いたくなるほど、頭の中で音が響く– 音が耳だけでなく頭の中に残り、余韻が不快感を引き起こすことがある
– 耳や頭に不快な感じや痛みをもたらす可能性がある
耳に音が刺さるような感じ– 音が耳に直接刺さるような感覚が生じることがある
– 耳の不快感や痛みをもたらす可能性がある
脳が震えるように音が響く– 音が脳に強烈に響き渡り、振動感を引き起こすことがある
– 不快な感じや不安をもたらす可能性がある
音が響くあまり、耳が痛くなったり、頭痛が起きたりする– 過敏な反応によって、耳や頭に痛みや不快感が生じることがある
– 日常生活に支障を与える可能性がある

聴覚過敏の人々にとっての不快な音

耳が敏感な方々にとって、特定の音が不快感を引き起こすことがよくあります。普段の生活の中で、私たちが気に留めることなく過ごしている音でも、彼らにとっては耳障りなものとなることがあります。以下に、聴覚過敏の人々が不快に感じる可能性のある音の例を具体的に見てみましょう。

特に不快になりやすい音

特に不快になりやすい音影響
耳鳴り反響系– 耳鳴りが頭の中に響き、過敏な反応を引き起こすことがある
– 不快感や不安をもたらす可能性がある
人の話し声– 子供や女性の高い声、電話の声などが特に不快感を引き起こすことがある
– 音に対する敏感な反応が起こる可能性がある
騒音– ゲームセンターやボーリング場、繁華街など騒がしい環境の音が過敏な反応を悪化させることがある
– 不快感や集中力低下をもたらす可能性がある
接触音系– 物がぶつかる音に対する反応が起こりやすく、食器のぶつかる音やドアの閉める音が該当する
– 不快感や焦燥感をもたらす可能性がある
執着系– 静かな状態で聞こえる小さな音に対して過敏な反応が起こることがある
– 時計の秒針の音やキーボードを使う音に対する不快感が生じる可能性がある

不快に感じる可能性のある音の例

No.不快な音の例
1子どもの声
2赤ちゃんの泣き声
3駅や街中での人ごみの声
4人が継続的にする咳の音
5体育館のような広い場所での声
6BGMの音や館内放送
7救急車のサイレン
8スーパーでカートがきしむ音
9エスカレーターが動く音
10掃除機やドライヤーの音
11水洗トイレの流れる音
12食器がぶつかる音
13ドアの開け閉めやノックの音
14キーボードをたたく音
15時計の秒針の音
16ボールペンをカチカチとノックさせる音

聴覚過敏の方々の状態や感受性は人それぞれ異なるため、周囲の理解とサポートが大切です。彼らの日常生活を少しでも軽減するために、配慮あるコミュニケーションを心掛けてみましょう。

聴覚過敏のメカニズム

聴覚過敏が発生するメカニズムは複雑で、いくつかの要因が関与しています。

要因影響
自律神経の乱れ– 音に対する感受性が増加する可能性がある
– 音による不快感や苦痛が強まる場合がある
音の伝達システムの異常– 耳の内部の音の伝達が適切に行われない可能性がある
– 音が過度に強調されることで不快感が生じる場合がある
音の調節システムの異常– 音の強弱を調節する機能が正常に機能しない可能性がある
– 音が過度に響いて感じられることがある
脳の音の処理異常– 聴覚情報を処理する脳の機能が問題を抱えている可能性がある
– 音に対する反応が過敏になることがある

つらい聴覚過敏を軽減させる方法

聴覚過敏の症状を軽減するためには、いくつかの方法があります。自分でできる2つの対処法は以下です。

対処法影響
環境を変えてリラックスする– 落ち着いた環境を選ぶことで、過敏な状態を軽減できる
– ストレスや不安を和らげる助けになる
音を遮断する– ノイズキャンセリングヘッドフォンやイヤープラグを使用して外部からの音を遮断する
– 過敏な反応を緩和させる

聴覚過敏は、耳の敏感さが日常生活に影響を及ぼす症状ですが、その症状やメカニズムは人によって異なります。自己でできる対処法を試す一方で、専門家のアドバイスも受けることで、快適な生活を取り戻す手助けとなるでしょう。聴覚過敏についての理解を深め、健やかな耳を守ることを心がけましょう。

聴覚過敏チェックリスト:あなたの聴覚のお悩みをチェックしよう!

もしかして、普段の音に敏感に反応していませんか?以下のチェックリストには、聴覚過敏の特徴を理解するための10の質問が用意されています。あなた自身の状態を確認してみるために、各項目に当てはまるものにチェックを入れてみてください。

【聴覚過敏チェックリスト】

No.項目
1周りでは気にならない音に敏感に反応することがある
2些細な音でも大きく響いて、不快な気分になることがある
3人が多い場所にいると疲れたり体調が優れなかったりすることがある
4人の声が気になって、注意を集中しにくいことがある
5冷蔵庫やエアコン、時計の秒針など、家の中の音が気になることがある
6大きな音を聞くと不安を感じたりパニックになることがある
7大きな音でなくても、耳をふさいでしまいたくなることがある
8特定の音が気になって頭痛やめまいを引き起こすことがある
9子供や赤ちゃんの声など高い声が苦手だと感じることがある
10食器がぶつかる音や機械の高い音が、どうしても苦手だと感じることがある

これらの項目についてご自身の状態を確認してみてください。2つ以上の項目に当てはまる場合、聴覚過敏の傾向があるかもしれません。ただし、このチェックリストだけでは完全な診断はできませんので、専門の医療専門家に相談することもおすすめです。

聴覚過敏の背後に潜む要因

聴覚過敏の根本的な原因は依然として解明されていない点が多々ありますが、現時点での知見を整理してみましょう。大まかには、以下の3つの分野に分類され、しばしばこれらの要因が複合的に結びついて症状が現れることもあることが報告されています。

耳に関連する要因

内耳性の難聴

突発性難聴やメニエール病などの内耳性の難聴に関連して、聴覚過敏が現れることがあります。これらの難聴によって、聴力の減少に対抗するため、脳が音を補正しようとする現象が生じ、通常以上に音が拡大されて聞こえてしまうことがあるのです。

顔面神経麻痺

耳内には音の影響を緩和する役割を果たすアブミ骨がありますが、顔面神経麻痺が生じると、アブミ骨の機能が阻害されて音が過度に増幅されてしまう可能性があります。

  1. 内耳性の難聴: 突発性難聴やメニエール病などの内耳性の難聴に関連して、聴覚過敏が現れることがあります。これらの難聴によって、聴力の減少に対抗するため、脳が音を補正しようとする現象が生じ、通常以上に音が拡大されて聞こえてしまうことがあるのです。
  2. 顔面神経麻痺: 耳内には音の影響を緩和する役割を果たすアブミ骨がありますが、顔面神経麻痺が生じると、アブミ骨の機能が阻害されて音が過度に増幅されてしまう可能性があります。

脳による要因

てんかん・偏頭痛

てんかんや偏頭痛の状態では、脳の神経細胞が過度に刺激され、適切な音とそうでない音を正しく区別できなくなることがあります。その結果、不快な音を含むすべての音が耳に届き、過敏な反応が引き起こされます。

発達障害

自閉スペクトラム症やADHDなどの発達障害の人々が聴覚過敏を経験しやすい傾向があります。発達障害の人々は、外部刺激に特に敏感であり、音に過度に反応することがあるとされています。

心に関する要因

ストレス

過度なストレスは、自律神経の乱れを引き起こし、アドレナリンの過剰分泌を招く可能性があります。その結果、聴覚過敏を伴う難聴や耳鳴りが生じることがあり、頭痛や肩こりなどの他の症状も引き起こすことがあります。

うつ・抑うつ

うつ病や抑うつ状態の際には、自身を保護するために脳が過敏に反応し、これまで無視していた音が不快に感じられることがあります。ただし、具体的なメカニズムについては未解明な部分もあります。

これらの要因は、個人差があり、症状の現れ方や深刻さも異なることに留意してください。聴覚過敏に関する専門家の指導を受けることは、症状の理解と管理において重要です。

聴覚過敏の治療法:根本的な疾患に注目

聴覚過敏の治療には、その背後にある根本的な疾患に注意を払うことが重要です。疾患の種類によって、治療方法や受診する医療科が異なることがあります。以下では、疾患ごとに考えられる治療方法と関連する医療科について説明します。

耳に由来する治療法

耳に関連した聴覚過敏の治療法としては、TRT療法(Tinnitus Retraining Therapy)が有益とされています。音響療法とカウンセリングの組み合わせにより、効果的なアプローチが可能です。

さらに、補聴器を使用する治療も考慮されます。聴力の低下に伴って脳の感度が高まっている場合、補聴器を通じて音を脳に伝えることで、過敏な反応を抑えることができます。

顔面神経麻痺による治療方法

顔面神経麻痺による聴覚過敏の治療では、投薬が主なアプローチです。ステロイド薬やウィルス対策薬、ビタミン剤などが使用され、神経炎の症状を軽減します。

耳に関連する要因による聴覚過敏の場合、耳鼻咽喉科を受診することが適切です。

脳に由来する治療法

てんかんや片頭痛による聴覚過敏に対しては、一般的に薬物療法が採用されます。痛み止めや予防薬のカテゴリに分類され、適切な薬物の使用が考慮されます。

特殊な手術が必要なケースはまれですが、治療薬の使用には注意が必要です。誤った使用は症状を悪化させる可能性があるため、専門医の指導のもとで治療を進めることが重要です。聴覚過敏の原因が脳に由来する場合、神経内科を受診することが適切です。

心に関連する治療法

耳や脳に特定の異常がない場合でも、心理的な要因によって聴覚過敏が引き起こされることがあります。日常的なストレスを見直すことが大切です。

心の要因による聴覚過敏の場合、精神科や心療内科を受診することが適しています。薬物療法やカウンセリングを通じて治療を受けることができます。

耳栓の使用と聴覚過敏

聴覚過敏に関する耳栓の有効性について、科学的な研究結果はまだ得られていません。特定の周波数をカットする耳栓が効果的である可能性が示唆されることもありますが、確固たる証拠はありません。

耳栓が引き起こす影響

一方で、耳栓の使用が聴覚過敏の慢性化を招くという見方もあります。耳栓によって外部の音が遮断されることで、脳がさらに過敏になり、結果として症状が悪化する可能性が指摘されています。

個々の状況に応じて

ただし、症状は個人によって異なるため、一概には判断できません。一部の人にとって、耳栓なしでは不快な音に耐えることが難しいほどの厳しい状況もあります。生活に支障をきたすほどの苦しみを感じる場合、無理に耐える必要はありません。

適切な対処法を見つけるために

不快な音に悩む場合は、まずは耳栓を使わずに対処策を考えることが大切です。静かな場所に移動したり、他の音を聴いたりすることで、症状を軽減できるかもしれません。その上で、状況に応じて耳栓を使用することも一つの選択肢となるでしょう。聴覚過敏の症状を和らげるために、個々に適した方法を見つけることが大切です。

聴覚過敏の対策・予防:快適な日常を実現するために

聴覚過敏を未然に防ぎ、その症状を軽減するためには、日々の生活習慣を見直し、ストレスの管理に心を配ることが大切です。また、特定の方法や具体的なアプローチを活用して、快適な状態を築くことができます。

生活習慣の見直しとストレス管理

生活習慣を見つめ直し、ストレスを軽減することが聴覚過敏の予防につながります。健康的な食事や十分な休息、定期的な運動などを取り入れましょう。また、ストレスが蓄積されるときには、リラックス法や深呼吸を活用して緊張を解きほぐすことが重要です。

ノイズキャンセリングイヤホンの利用

ノイズキャンセリングイヤホンは、周囲の騒音を軽減する優れたツールです。人の声などが気にならなくなり、騒々しい場所でも静けさを保つことができます。

環境の調整

職場や家庭の環境を適切に整えることで、聴覚過敏を緩和できます。音を和らげるために家具にクッションを設置したり、静かな場所で仕事を行うなどの工夫が考えられます。これによって、騒音や過敏な音による不快感を軽減し、快適な環境を保つことが可能です。

日常生活の工夫

日常生活に些細な工夫を加えることで、快適な状態を実現できます。テレビの音を小さくし、字幕を活用する、買い物をオンラインで行うなどのアイデアがあります。これらの工夫によって、日常の騒音や刺激を軽減し、過敏な反応を緩和できます。

まとめ

あなたの耳の敏感度を知ることは、日常生活をより快適にするための大切なステップです。聴覚過敏があなたの生活に影響を与えている場合、専門家の支援を受けながら、適切な対処法を見つけていくことが重要です。耳の健康を守り、心地よい音に囲まれる日々を楽しんでください。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today