発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害は遺伝するの?父母から子への影響を解明

author:dekkun
発達障害は遺伝するの?父母から子への影響を解明と記載されたイラスト

発達障害についての理解は日々進化していますが、多くの親御さんが直面する疑問の一つに、「発達障害は遺伝するのか?」という問いがあります。このコラムでは、現代の科学研究が明らかにしている発達障害の遺伝的要素に焦点を当てます。遺伝がどのように影響を及ぼすのか、また父親と母親のどちらからの影響が大きいのかといった疑問について、最新の研究成果を基に解説していきます。この情報が、発達障害を抱えるお子さんを持つご家族にとって、より深い理解とサポートの道標となることを願っています。

発達障害って何?

発達障害とは

発達障害は、子どもの脳の機能がうまく働かないことで、学びや行動に影響を及ぼす状態です。この状態は、子どもが小さいうちに現れることが多いんです。文部科学省では、発達障害を「自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)など」と説明しています。

発達障害の種類

発達障害には、大きく分けて4つの種類があります。

自閉スペクトラム障害(ASD)

人とのコミュニケーションや行動の特徴が見られます。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

注意が散漫になったり、じっとしていられないことがあります。

限局性学習障害(SLD)

読み書きや計算など、特定の学習面で困難があります。その他の障害:これ以外にも、発達に関わるさまざまな障害があります。子どもによっては、これらの障害が1つだけでなく、複数あわせて現れることもあります。また、学習の遅れなど、知的障害を伴うこともあります。

なぜサポートが必要なの?

発達障害があると、学校や家庭での生活に困り事が生じやすいです。例えば、勉強の進み方が他の子どもと違ったり、友だちとの関わり方が難しかったりします。だからこそ、子どもたちが生きやすくなるように、家族や学校、地域社会での支援がとても大切なんです。

発達障害が起こる理由と遺伝の関係

発達障害の原因は何?

発達障害は、赤ちゃんがお腹にいる時から脳の働きに特別な状態があることで起こります。でも、「なぜ脳の働きに問題があるの?」という質問には、まだはっきりした答えがありません。遺伝が関係しているかもしれないと考えられていますが、これだけが原因ではないようです。

大切なことは、発達障害は親の愛情不足やしつけ、教育の仕方で引き起こされるわけではないということです。

遺伝子は発達障害とどう関係しているの?

遺伝子と発達障害は密接に関係していますが、特定の遺伝子だけが原因というわけではありません。自閉スペクトラム症などで関連が見られる遺伝子もありますが、それだけで発達障害が起こるわけではなく、環境要因も関わっています。

たとえば、注意欠如・多動性障害(ADHD)に見られるような衝動性は、多くの子どもに見られる特性です。成長と共に、これらの特性は通常は社会に合わせて調整されます。しかし、ADHDの場合、この調整が難しく、日常生活に困難が生じることがあります。

発達障害は遺伝するの?

親に発達障害がある場合、その子どもにも発達障害が現れる可能性はあります。しかし、必ずしもそうとは限りません。親が健康でも子どもに発達障害が見られることもありますし、兄弟の中で1人だけが発達障害を持つこともあります。

遺伝の影響はあるとされていますが、遺伝だけが原因とは限らないのです。発達障害は「多因子遺伝疾患」とも考えられており、これは遺伝と環境の両方の要因が関わっているという意味です。

発達障害が遺伝する可能性について

発達障害は遺伝するの?

発達障害が遺伝するかどうかは、はっきりとは言えません。お子さんが生まれてみないと分かることは少ないですが、科学者たちはこの疑問に答えるために、いろいろな研究を進めています。

親から子への遺伝の確率

発達障害を持つ親からその子どもに発達障害が遺伝する確率は、今のところ明確ではありません。研究者たちもまだ具体的な数値を出せていないようです。

兄弟間での遺伝の確率

特に自閉スペクトラム障害に関する研究では、以下のような結果が出ています。

双生児のタイプ発達障害になる確率
一卵性双生児(遺伝子が同じ)約77%
二卵性双生児(遺伝子が異なる)約31%
自閉スペクトラム障害の兄弟約20%

これらの数値は、アメリカの研究者によって発表されたものです。一卵性双生児でさえ、必ずしも100%の確率で両方が発達障害になるわけではありません。このことから、発達障害が遺伝だけで決まるわけではないことがわかります。

父親と母親のどちらが影響する?

男女の並ぶアイコン

発達障害の背景には、遺伝的要因と環境的要因が絡み合っています。特に、父親と母親の影響について、最近の研究がいくつかの示唆を提供しています。

父親の年齢と発達障害の関連

高齢の父親とリスクの増加

父親の年齢が高いほど、子どもが自閉スペクトラム障害を発症する可能性が高まるとされています。この事実は、親になる年齢を考える上で重要な要素となるかもしれません。

50歳以上の父親の影響

50歳以上で父親になると、孫が自閉スペクトラム障害を発症するリスクが高くなるという研究結果があります。このことは、親の年齢が子孫の健康に影響を与える可能性を示唆しています。

母親の妊娠中の薬物使用と発達障害

バルプロ酸の服用と自閉スペクトラム障害

妊娠中の母親がバルプロ酸を服用すると、子どもの自閉スペクトラム障害発症のリスクが高まる可能性が指摘されています。これは、妊娠中の薬物使用が胎児に与える影響を示しています。

大阪大学の研究結果

大阪大学の研究では、バルプロ酸と自閉症の関連性が調査されており、動物実験によりその関連性が支持されています。これは、妊娠中の薬物使用によるリスクについての理解を深める助けとなります。

発達障害の原因:さまざまな要因が絡み合う複雑なパズル

発達障害を引き起こすさまざまな要因

最新の研究によると、発達障害の原因は一つではなく、いくつもの要因が複雑に絡み合っています。これらの要因には、遺伝子、親の年齢、妊娠中の環境、食事、出産時の合併症などが含まれます。これらの要因がどのように影響し合うかは、今も研究が進められている未解明の領域です。

要因影響
遺伝子の役割遺伝子が発達障害の一因と考えられていますが、その具体的な関与はまだ明らかにされていません。
親の年齢とその影響受胎時の親の年齢が高いほど、発達障害のリスクが高まる可能性が示唆されています。
妊娠中の環境要因妊娠中に公害や汚染物質、薬剤にさらされることが、子どもの発達に影響を与える可能性があります。
食事と出産時の合併症妊娠中の食事や出産時の合併症も、発達障害のリスクを高める可能性があると考えられています。

未解明の領域:発達障害と遺伝の関係性

発達障害と遺伝の関係性については、まだ多くが未知です。どのような要因が発症の引き金になるのか、治療法は見つかるのかなど、分からないことが多いです。しかし、医学と脳科学の進展により、発達障害に対する理解が深まり、適切な支援が可能になってきています。今後も研究が進むことで、発達障害の全貌が徐々に明らかになることが期待されています。

まとめ

発達障害の遺伝に関する現在の知見は、多くの複雑な要素が絡み合っていることを示しています。このコラムを通じて、発達障害が父母から子へとどのように影響を与える可能性があるのか、またそれがどう子どもたちの成長に関わっていくのかについての理解を深めていただけたことを願います。最終的に、発達障害を持つ子どもたちへの理解と支援は、単なる遺伝的側面を超えた、家族全体の愛とサポートが必要です。発達障害について学び、共感し、サポートすることで、すべての子どもたちがその可能性を最大限に発揮できるようになることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today